2007年01月08日

『ユダヤ人大富豪の教え』・・・ロビンソン4

前回は、トルストイの『人生論』4で、理性や愛によって人は、深い淵から高く舞いあがる翼を自分がもっているのを、さとることができる。ということだった。



今回は『ユダヤ人大富豪の教え』↓


(僕)
「年収5億円の人間と年収5百万円の人間のちがいは、どこからくるんでしょうか?」

(大富豪)
「どこが違うんだと思う?」

(僕)
「才能でしょうか?」

(大富豪)
「才能があっても、成功しない連中はたくさんいるよ」

(僕)
「では、努力ですかね?」

(大富豪)
「ほとんどの人間は、精一杯やっている。努力した人間がみな成功できたら、どんなにいいだろうね」

「ユダヤ人大富豪の教え」より

ユダヤ人大富豪の教え





「ほとんどの人間は、精一杯やっている。・・・・」
私もそう思う。
一生懸命がんばっているつもりなのに、うまく飛べない比翼鳥なんだ。



隣人愛で自分にも翼があることに気づける、『ユダヤ人大富豪の教え』をさらに見ていこう。↓
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

(大富豪)
「成功したければ、相手の人間性を5分で見抜くようにすることが大切だ。
・・・・・・

人を見極めるには、しっかりとその人の目をみなさい。

その奥に真実があるかどうかを確かめなさい。

それから、正直で楽しい人生を生きている人間は笑顔がさわやかだ。

人間性を見るためには、その人が直接、利害関係のない他人をどう扱うかを見たらすぐわかる。

たとえば、レストランのウェイトレスや掃除のおばさんをその人がどう扱うかを観察してみれば、おのずと人間性が出てくるものだよ。

人間が練られていれば、そういう人たちにも丁寧にお礼を言う。

人間的に裏表のある人間は、君にはいい顔をしても、自分よりも目下の他人にはぞんざいなものの言い方をしたりするものだ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(大富豪)
「想像してごらん。

君の知り合いの知り合いは9万人いる。
その知り合いになると2700万人もいるということなのだ。

だから、もし、君が最初の100人に満足できるサービスを与えられれば、3万人の潜在顧客を抱えることになる。・・・・君は一生お客とお金に困ることはないだろう。

これが、口コミのパワーだ。つき合う人が君の応援団になってくれれば、あっという間に成功者の世界に持ち上げてくれるのだよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は若い頃、成功者に出会っていくうち、おもしろいことに気がついた。

私みたいな取るに足らない人間に親身になって相談にのってくれ、
まるで、自分が彼らにとっていちばん重要な取引先だったかのように感じたものだよ。

そこまでしてもらったのだから、将来必ず何かの形で恩返しをしたいと強く思ったものだ。

成功者がいちばん大切にしているのは『信頼される人間になる』ということだと気づいた」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(大富豪)
えらい人には、あたかも彼が偉くないかのように接しなさい。
そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。

そうすると、どちらもが君に感謝し、好意をもつだろう。

偉い人は、本当は普通に接してもらいたいものなのだ。
そして、偉くない人は、偉い人のように扱ってもらいたいものだから。」

「ユダヤ人大富豪の教え」より

ユダヤ人大富豪の教え

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



「ほとんどの人間は、精一杯やっている。・・・・」
から、直接、利害関係のある人には、いい顔をする。

だけど、直接、利害関係のない他人にまでいい顔をできる人ってどのくらいいるだろう?


いい顔をするのって、相手に手間をかけることだから時間をとられるの。
時間を直接、利害関係のある人や物事に集中させて使いたいから、その他の人や物事には手間を省きたいわけ。
その結果ぞんざいに扱っているように、成功者には見えちゃうんだろうな。

トルストイの言う、「空間的時間的」にだけ精一杯やっているけど、翼で深い淵から舞いあがれることには気づいていないってこのことだ。(くわしくは、トルストイの『人生論』のページ参照)



生まれつき片方の羽しか持っていない比翼鳥は、自分に欠けたもう片方の目と羽をくれる他人の存在が必要なんだ。



また、「直接、利害関係のない他人」は、
その他人から見れば自分だって「直接、利害関係のない他人」であることが多いから、
その他人は自分にぞんざいな態度をとってきたりするわけ。

ぞんざいな態度をとってくる人には、目には目を、歯には歯をで、ぞんざいな態度を返してしまうんだ。



成功者はぞんざいな態度をとってくる人にも丁寧な態度をとるのかな?



成功者には、目の前のぞんざいな態度をとってくる人ではなく、
どんな人にも丁寧な態度をとる自分を見てくれている、取引したい人が見えているんだね。


成功者って視野が広〜い。後ろにも目がついている感じだね。



そういうわけで、隣人「愛」もやっぱり、

♪〜ありふれたこの魔法〜♪であって、

♪〜大きな力〜♪で、

うまく飛べない1羽の比翼鳥を飛べるようにしてくれるんだ。
(比翼鳥の説明は、長恨歌のページ参照)



次回は、ツルゲーネフの言葉


ここまで読んでくれてありがとう。ポチッとクリックしてくれるとうれしい。
   ↓
人気ブログランキング
hi_yo_ko1 at 11:27コメント(0)トラックバック(0) | その他の歌  この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
他の本のブログへの入り口
人気ブログランキング
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
管理人から一言
当ブログはリンクフリーです。リンクする際に連絡なども必要ありません。
あし@