2007年03月21日

エジソンの言葉3とアインシュタインの言葉3・・・Trust49

前回は、シャネルの言葉3

今回は、発明王エジソンの言葉を紹介。↓



この世でもっともすばらしい発明は、子どもの素直な心だ。


(解説)
ようするに、「子どものような素直な気持ちで、自分の内部に宿っている知性に従うことが大切だ」というわけである。


エジソンにとっては、努力も大切だが、

天才の魂が宿っている子どもの心を取り戻すことがもっとも大切だった、というわけだ。


『エジソンの言葉』より

エジソンの言葉―ヒラメキのつくりかた
エジソンの言葉―ヒラメキのつくりかた
クチコミを見る





子どもねえ〜


イエスは言った「子供のように小さな者になりなさい。そうすれば、天の国へ入ることが出来る」(イエスの言葉参照)


子どもは体も小さいけど、過去の栄光なんてものはないから、えらそうな大きい態度がとれない。
目の前のことに夢中になる。


よって、エジソンの言う、天才の魂が宿っている子どもの心とは、目の前のことに夢中になる心だろう。



また、

小学校3年の初めには子供たちの8割が高い自尊心を持っているが、

小学校5年になるころにはその割合は2割に下がり、

成長にするにつれ、自尊心を持つ割合は低下し続けるそうだ(心をつかむ技術1参照)


自尊心とは、今のままの自分ですばらしい、と自分自身の尺度で自分に自信を持つ気持ちらしい。
(一方、プライドとは自分と他人を比較し、自分の方が上であると思うことで得られる感情・・・・・自尊心とプライドのちがい参照)


もし、自尊心が低くなったら、すばらしいアイデアがひらめいても、

「どうせ、バカにされる」とか、他人の目を気にして発展させることができず、

せっかくのアイデアが埋もれてしまう。


よって、エジソンの言う、天才の魂が宿っている子どもの心とは、

目の前のことに夢中になっている自分自身に自信が持てる自尊心の高い心だろう。




いまひとつ、ピンとこないので、

エジソンと同じように子どもの心を持ち続けたアインシュタインの言葉を紹介。↓
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

学問の研究、真理と美の探究は、私たちが一生の間、子どもであり続けることを許される領域です。

大きな謎の前で、あいかわらず、子どものような好奇心を抱きつづけていれば、生きているかぎり老いることはありません。

このことが人間界に起きるどんな不満に対しても距離を与えてくれます。



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



子どもの心とは、好奇心で、
いったん火がつくと、人間界に起きるどんな不満も忘れてしまうものだったんだ。


♪〜初めて私に教えてくれたね
何が一番大切かを〜♪


天才の魂が宿っている子どもの心とは、好奇心

つまり、目の前のことに夢中になっている自分自身に自信が持てる自尊心の高い心であり、
人間界に起きるどんな不満も忘れることができる心である。


このような心を持っていれば、すばらしい発見ができることを、エジソンとアインシュタインが教えてくれた。





でも、なんで人は子どもの心を忘れてしまうんだろう?


自然は善良で、したがって人間も本性上、もともとは善良なはずなのに、文明によって損ねられている(ジャン=ジャック・ルソーの言葉参照)

けがれのない子ども時代を損なわせるのは文明。



この文明とは、メディアや広告で、自分の外見や所有物がどうあるべきかをたえず社会に訴えかけている。

そして、自分の尺度ではなく、他人の目を気にするようになり、自尊心がどんどん低下してしまう。(心をつかむ技術1参照)



いったん損なわれた子ども時代を取り戻すにはどうしたらいいか?



それは、好奇心にブレーキをかけずに真理と美の探究に夢中になればいいんだ。

人間界に起きるどんな不満も忘れられて、楽しいことらしい。




鏡に向かって自問自答し、人生を楽しんでいないようだったら、

何かに好奇心をもって夢中になればいいかもしれない。

(毎朝鏡に向かって、人生を楽しんでいるか自問自答し、その日のすごし方を決める。・・・・・バレンタイン監督の言葉2参照)




自分のような力の無い者が真理と美の探究したって、小さなことしかできないよ、と思っている人がいたら、

それでいいんだよ。


小さいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道なんだから(イチローの言葉1参照)




(エジソンの別の言葉の記事をもっと読みたい方は、エジソンのハンディキャップへどうぞ)

(アインシュタインの別の言葉の記事をもっと読みたい方は、アインシュタインの言葉1へどうぞ)


次回は、キング牧師の言葉


ここまで読んでくれてありがとう。ポチッとクリックしてくれるとうれしい。
   ↓
人気ブログランキング
hi_yo_ko1 at 10:11コメント(6)トラックバック(0) | その他の歌  この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by みゅー   2007年10月29日 12:15
子供こそ水のこころを持っているのかも
しれないね、ひよこさん(^-^

子供には妖精が見えるといいます。
妖精は
純真で真っ白いこころにしか見えません。
オトナになるに連れて
余計な色がついてしまうのかもしれませんね。

ちいちゃぃおじさんの姿をした妖精とか
見た人もたくさんいるみたいね。
私は残念ながら見たことないよ〜
ひよこさんある?
妖精に逢いたいねひよこさん(^-^*
2. Posted by ひよこ(管理人)   2007年10月30日 09:34
みゅーさん、

子供なら、水の心を持っていそうですね。

誰でも、水の心を持っていたころがあるのに、いつのまにか固まっちゃうんだ。
取り戻したいなぁ。('o')

子供のころでさえ、妖精を見れなかったな〜。

妖精じゃないけど、将来成功者になる人の多くは座敷わらしに出会う、
ていうの聞いて、座敷わらしが出る家に泊まりたい、と友人に話したけど、
今のところ、相手にしてもらえていません。(^_^;)
3. Posted by みゅー   2007年10月30日 14:35
ひよこさんとは
話があいそう( ´艸`)
難しい話になると
たぶん無口になるであろうみゅーですが

私は信じてるよ座敷わらしも宇宙人も。

だって他の星からすれば
私達は宇宙人だもんねヾ(´▽`;)ゝ

 
4. Posted by ひよこ(管理人)   2007年10月31日 11:10
みゅーさんも、座敷わらし信じてくれてうれしいわ。(*^_^*)

私も宇宙人信じてる。
ついでに、幽体離脱も信じているけど、なったことない。

そこで凡人の私でも出来ること、夢占いをやり始めました。
夢と予知って関係あるんじゃないかな、と思って。

初め、当たる、当たる・・・と思っていたけど、夢を見なかったり、忘れちゃったりするせいか、
現実の大事件を夢で当てることができないことが多いことがわかって、やめてしまいました。(^^ゞ
5. Posted by みゅー   2007年10月31日 11:55
幽体離脱もわかるわかる〜!
ひよこさん昔ね〜、
いとこが自分の寝てるとこを
上から見てたって言ってたよ。

男の子で結構霊感ある子なんだけどね。

夢占いもちゃんと意味あるらしいね〜(^▽^
やっぱりこれもコース中に習いました。

予知夢もあるんだろ〜ね〜
私が習ったのは自分の潜在意識の思いが
夢で解るってやつでした(^-^
毎日やったほうがいいんだけど
なんせめんどくさがりやなもんでさ〜...(^.^;
6. Posted by ひよこ(管理人)   2007年11月01日 09:27
みゅーさんのいとこにはすごい人がいるんだね。

みゅーさんは、前世のこととか、夢のこととか、目に見えない大切そうなこと、たくさん習えていいな。(^・^)

夢占いも、途中でやめちゃったけど、
「念」とか「気」は実感できる。(^O^)/
「いやだな〜」と思いながら頼まれごとをしていると、相手を怒らせることあるし、
頼まれたことがうれしいようにすると、好評を得たり・・・

念力によるスプーン曲げとかはできないけどね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
他の本のブログへの入り口
人気ブログランキング
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
管理人から一言
当ブログはリンクフリーです。リンクする際に連絡なども必要ありません。
あし@