2012年06月02日

D・カーネギーの『道は開ける』1(今一瞬を生きる)と『1分間目標達成術』『ロバート・アレンの実践億万長者入門』3

道は開ける 新装版道は開ける 新装版
著者:デール カーネギー
販売元:創元社
(1999-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

本書 『道は開ける』 は世界各国で翻訳されたが、いずれの国でもベストセラーになっている。

日本でも全国の書店のロングセラーのリストには必ず出てくる。

本書はあらゆる人間に共通する 「悩み」 の実態とそれの克服法を述べたものである。


著者は 「悩み」 についてのあらゆる本を読破したが、

それは心理学、精神医学、哲学、宗教、伝記と多岐にわたっている。

そのうち1冊でも我々が読了しようと思えば多大の努力を要する専門書が多い。


著者はこれら数多くの専門書を読みこなし、

フォードやルーズヴェルトなど各界の有名人にインタビューを重ね、

噛み砕き、整理し直した上で我々に提供してくれたのである。


さらに、著者は悩みの解消法に関して、学生たちに実生活の中で応用してもらい、

得られた結果をクラスで話してもらったのである。


本書は、私たちの生活から悩みを取り除く上で好結果をもたらし、

かつ時間のふるいに耐えた処方箋の集大成である


皆さんが本書から正真正銘の永久的な奥義を得たいというのなら、

何度も、本書を拾い読みして欲しい。



とまあ、『道は開ける』は、たいそうなもののような感じだ。


昔から廃れることなくロングセラーとなる本は、

きっと、真理がわかりやすく書いてあるのだろうと期待した。

(世界は、真実の岩床のうえになりたっている。非真実は、非存在を意味する。非真実は存在すらしないのだから、その勝利はありえない。そして真実は、けっして破壊されえないものである。
わたしにとっては、真実(愛を含む)こそ、ほかの無数の原則をそのなかに含んでいる大原則なのである。この真実は、絶対の真実、永遠の原則、すなわち神でもある。・・・・・マハトマ・ガンジーの言葉参照)


時間のふるいに耐えられたものは好き。

(吉田茂は「歴史書を読むと、人の行動がよく読める。何が変わって、何が変わっていないかよくわかるから」と話していた。「歴史を知らない国民は滅びる」と口癖のように言っていた。「現在まで残っている漢詩は、駄作が消えてなくなっている」といって漢詩も好んだ。・・・・・吉田茂の言葉参照)


時代がどんなにめまぐるしく変わっても、

人間の心というのは、そんなに変わらないものだ。

(すべての社会的現象がスピードアップして、転変きわまりない時代にあって、根本的に変わらないものがひとつある。それは何かというと、人の心というやつだ。いつ、誰が、どこで受け止めても、なるほどと納得できる思想を持つか持たないかで、企業の生命は決る。妥当かつ普遍的な民族を超えた哲学があれば、その企業は必ず世界へ伸びるといってよい。・・・・・本田宗一郎の言葉5参照)


『道は開ける』 という本の一つひとつの章について、

しっかり考えてみる事にした。


今日、1日の区切りで生きよ

多くの人々は、 「明日のことを思い悩むな」 というキリストの言葉に従わなかった。


1人の軍服姿の若者は、戦闘による極度の疲労病に陥った。

彼はこう記している。

「ある軍医の助言によって、私の身に一生の転機が訪れることになった。

『君の人生を砂時計と考えてみるんだ。

砂時計の上部には、無数の砂が入っている。

そして、それらの砂はゆっくりと、一定の速度で中央のくびれた部分を通過していく。

この砂時計を壊さないためには、君や僕が余計な手出しをせずに、

砂の1粒1粒が、くびれた箇所を通過するままにしておくほうがいい。


君にしても、僕にしても、他の誰にしても、この砂時計そっくりなのさ。


朝、仕事を始めるときには、

その日のうちに片付けてしまわねばならないと思われるものが山ほどある。

けれども、我々には1度に1つのことしかできないし

砂時計の砂がくびれた部分を通るように、

ゆっくりと、一定の速度で仕事を片付けるしか手はない

さもないと、肉体や精神の働きが狂ってしまうのだ』


私は、軍医から

『1度に1粒の砂、1度に1つの仕事』 という言葉を聞いた記念すべき日以来、

ひたすらこの哲学を実践してきた。

この助言のおかげで、私は戦争中、心身ともに救われたのだ。

またこの言葉は、印刷会社の広告宣伝部長という現在の地位に役立っている」


私たちは自分が生きられる時間、

言い換えると、

今から就寝までの時間を生きるだけで満足しようではないか


ロバート・ルイス・スティーブンソンは書いている。

「自分の荷物がどんなに重くても、

日暮れまでなら、誰でも運ぶことができる。

自分の仕事がどんなにつらくても、1日なら、誰でもできる

太陽が没するまでなら、

誰でも快活に、辛抱強く、親切に、貞淑に生きられる。

そして、これこそが人生の秘訣そのものだ


D・カーネギーの『道は開ける』より




やらなくちゃならないことが、いっぱい過ぎるとパニックになりそうになる


そういうときは、やらなくちゃならないことを、とにかく紙に書き出す。

複雑な作業が必要なことは、その作業も書き出す。

そうすると、決められた時間内に何をすればいいか見えてきて、

気分が落ち着く。

(20%の大事な仕事に全力をつくせ。優勢順位を決めるもっとも一般的な時間管理術は、80対20の法則だろう。これは、どんな活動リストでも、価値の80%は項目の20%にあるということだ。
最も重要なことから着手することだ。簡単な仕事をすべて片付けようという考えで始めると、雑用だけで1日が終わったということになりかねない。重要な仕事と責務が手つかずになったままで。・・・・・『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』7参照)


同じようなことが、『1分間目標達成術』にも書いてあった。


1分間目標達成術1分間目標達成術
著者:海原 悠雲
販売元:インデックス・コミュニケーションズ
(2009-02-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

私の先輩に時間管理の達人がいましたので、聞いてみました。

「何でそんなに何でもできるのですか?

TOEICでも900点以上とって、上司の評価も良くて、合コンもこなしているし、かわいい彼女もいるし、スノボもうまい。趣味もたくさんある。

何でそんなにたくさんのことができるのですか?」

すると彼は次のように答えてくれました。

目標達成するためには、

やるべきことを細かく書き出すのが大事だよ。

そして書き出したものを小さな目標にして、

小さな目標を全部やれば大きな目標が1つ達成できる
ように、

やる順番を決めるんだ。

そうしたら、後は順番通りにやっていけば、自然と達成できるよ」 と。


ハッとしました。

考えてみたら私は、

その時々にやるべきことのリストアップはしていましたが、

目標達成のために必要なことをリストアップして、

彼のように管理していなかったのです。

このとき小さな目標の管理の大切さに気づきました。

その結果、その後は劇的にいろいろなことを達成できるようになったのです。


『1分間目標達成術』より



やることがあり過ぎて頭が爆発しそうなとき、

気持ちを静めるために

(成功の条件は冷静な心にある。嫉妬や怒りで心の平和をかきみだされないように。・・・・・諸葛孔明の言葉5参照)


やるべきことをすべて書き出すと、

決められた時間内に、すべてが終わるか?

終わらないのだ


終わらないけど、優先順位が目に見えてわかって、落ち着ける

(1日、週間、月間のやることのリストをつくれ。優先順位を決めるには、いくつかの段階がある。まず、活動や仕事を始める前に、それらのリストをつくる習慣をつけることだ。これによって生産性が25%かそれ以上は上がる。・・・・・『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』7参照)


それで、やり残したことはどうするか?

残したまま、先延ばしにする。


先延ばしにすると、たまってきて、

同じようなもの同士を一緒に片付けられるから、

時間の効率が高められるらしい。

(似たような仕事は1度に片付けよう。電話はまとめてかける、など。同じ仕事を続けていれば、最初と最後で比べると、20%まで時間を短縮できる。1件ずつばらばらにこなしていたら、実現できない数字だ。・・・・・「『夢のリスト』で思いどおりの未来をつくる!」1参照) 


ナポレオンは先延ばしの達人だったと、

『ロバート・アレンの実践!億万長者入門』に書かれていた。

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法
著者:ロバート G. アレン
販売元:フォレスト出版
(2002-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

物事を先延ばしにする方法を学ぶ

これは冗談ではありません!

物事を先延ばしすることは、成功するために不可欠な要素なのです。

あなたはおそらく、

そんなことをするのは人生の敗北者だけだと思っているかもしれません。

しかし実際のところ、

大成功している人たちは “先延ばしの達人” でもあるのです。


敗北者は、80%の部分に関して仕事をして、

20%の部分を先送りにしています。

ですが勝者は、そのまったく反対を行うのです。

勝者は、レバレッジ効果の高い20%の部分に即座に取り掛かり、

重要でない80%について先送りにするのです



ナポレオンは1ヶ月に1度しか手紙の封を切らなかったそうです。


なぜでしょうか?

その手紙が1ヵ月後の時点で依然として重要なことであれば対応するし、

そうでなければ、ただ無視すればよいからです。


ナポレオンは、自分の時間とエネルギーを、

より早く確実に目的を達成するために集中させたのです。

そして、それ以外のことはすべて先延ばしにしました


『ロバート・アレンの実践億万長者入門』より










(D・カーネギーの『道は開ける』1の内容
◎今日、1日の区切りで生きよ
◎明日のことを思い悩むな
◎我々には1度に1つのことしかできない
◎『1度に1粒の砂、1度に1つの仕事』)

(D・カーネギーの『道は開ける』2もどうぞ
◎悩みを解決するための魔術的公式
◎失敗の結果起こり得る最悪の事態を予測
◎覚悟をする
◎冷静に自分の時間とエネルギーを集中させる)

(D・カーネギーの『道は開ける』3もどうぞ
◎悩みがもたらす副作用
◎心臓病の死亡者数は戦死者より多い
◎ガンが完治するという奇跡を起こすのは笑顔)

(D・カーネギーの『道は開ける』4もどうぞ
◎悩みの分析と解消法
◎事実の把握、分析、決断、実行
◎事実を書き記してから分析する方が、ずっと容易にいく
◎何かの行動で示すことを最優先)

(『道は開ける』5もどうぞ
◎心の中から悩みを追い出すには忙しくすること
◎人間は一度に 《1つのこと》 しか思考できない
◎1つの感情は別の感情を追い払ってしまう)

(D・カーネギーの『道は開ける』6もどうぞ
◎樹齢400年の木がカブト虫の大群に倒された
◎私たちは悩みという小さな虫に倒されてはならない
◎絶体絶命の危機にさらされているうちに悩みなど,吹っ飛ぶ
◎人生は短すぎる。小事にこだわってはいられない)

(D・カーネギーの『道は開ける』7もどうぞ
◎自分の力で耐えられないものは無い
◎キリスト「天国はあなたがたの中にある」
◎手立てがあるなら見つけよう
手立てがないなら忘れよう
◎柳のように曲がれ、樫のように抵抗するな)

(D・カーネギーの『道は開ける』8もどうぞ
◎2週間でウツを治すには
◎どうしたら他人を喜ばすことができるか毎日考えて。
◎うつ病とは、他人に対する長期に及ぶ憤怒、非難のごときもの。
◎うつ病患者が自殺するのは自己に復讐するため
◎したくないことは決してするな)

(D・カーネギーの『道は開ける』9(個性的に)もどうぞ
◎自分らしくふるまうのがいい
◎お前は自分以外のものになれるわけがない
◎自分の長所を考察)


(D・カーネギーの『道は開ける』10(いじめられなくなる方法)もどうぞ
◎私の敵は友人に変わった。
◎他人に興味を持ち、喜びそうなことを見つければ。
◎悪口を言われる代わりにお礼を言われた)


(D・カーネギーの『道は開ける』11(悩みを完全に克服する方法)もどうぞ
◎精神医学は、キリストの教えと同じことを教えている。
◎真に宗教心の深い人間は神経症には冒されない。
◎キリストも 「歓喜の科学」 の教師。
◎宗教には2つだけ大切なことがある。)


(D・カーネギーの『道は開ける』12(退屈を追い払う)もどうぞ
◎疲労の主な原因の1つは物事に飽きて嫌になること。
◎心をはずませながら何か興味深いことをしていると、めったに疲れない。
◎疲れる前に休息せよ。
◎自分の仕事に興味を持っているフリ)








(『ロバート・アレンの実践!億万長者入門』の別の記事をもっと読みたい方は、こちらへどうぞ)

(ナポレオンの別の記事をもっと読みたい方は、ナポレオンの言葉1へどうぞ)






ここまで読んでくれてありがとう。ポチッとクリックしてくれるとうれしい。
   ↓
人気ブログランキング
hi_yo_ko1 at 16:59コメント(8)トラックバック(0) | 命・スピリチュアル・人生訓  この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 夢Chan   2012年06月02日 18:29
5 コンニチハ^^
そうだよね☆≡
1日に沢山とやる事 本当にアルのは現実 な話しだよね♪
私自身は優先的に身体を労るのが今は優先なんだよね〜☆≡ 最近は自覚しているからね^^
コントロールしていますよ! 身体を優先する理由は☆少しでも長く生きていてやりたい事をこなす為 DAKARAだけどね☆≡ でも!優先的にするのは(^^)他の事も 少しずつこなしていくのもアルChan!その日に終わらないからと悔やまない!体調イイ状態の時は沢山とこなす事が出来るのも理解しているからね! いつも素晴らしい記事を提供して頂いて感謝致しておりますよぉ〜☆≡ サンサンサンキュー☆≡笑顔ビーム!
2. Posted by ひよこ(管理人)   2012年06月02日 21:33
夢ちゃん、

さっそくコメントありがとサンサンサンキュー

身体、大事だよね。

大事にしないと、突然ガクッと寝込んで、
「こんなんだったら、身体大事にして、何日も寝込まない方が、たくさんのことできたー!
てこと、多いもんね。

今日は、近所にオープンしたドミノ・ピザをたくさん食べて、お腹いっぱい過ぎた

食べることも計画的にできるようになれるといいんだけどね。
おいしいと、ツイ

いつもありがとう、サンサンサンキュー笑顔ビーム、夢ちゃん
3. Posted by ponsun.openid.ne.jp   2012年06月03日 07:44
5
『道は開ける』1(今一瞬を生きる)

懐かしいですね
高校生のときに、読み耽った記憶が
蘇ってきます


鮒に始まり、鮒に終わる
ではないですが、

『今一瞬を生きる』

ここに戻ってくるのでしょう


ありがとうございます
4. Posted by ひょい!   2012年06月03日 09:38
わ〜〜〜〜
実は、数か月前に
古本をたくさん引き取ってもらったんですが、
その中に、「道は開ける」があったと思うなぁ〜
「道は開ける」「人を動かす」「カーネギー名言集」の
3冊セットで、ほぼ新品。
そんなにいい本なら手放さなきゃよかったかな〜〜

ところで、私はいつも一度にいろんなことを考えて
パニックになります。
結局何一つ物事が進まないのです。
砂時計の話、まさにそのとおりだと、
わが身を振り返り、感じました。
でも、わかっちゃいるけど、何度も同じことを
繰り返してしまうんですよね〜〜

ひよこさん^^
1分間目標達成術!いいねぇ〜〜
私も、よくやることをリストアップはしてました。
でも、目標達成までのプロセスを考えた順序までは、
あまり考えていませんでした〜

そしてね、ひよこさん
私は物事を片付けるのも苦手だけど、
物事を先延ばしにするのも苦手なんです^^;
笑っちゃうでしょ〜
これからは先延ばしの達人を目指すことにします^^
無視していいことは無視して先延ばしにすればいい!
これですね!
考えてみたら、結構あるかもしれないね〜
ありがとう、ひよこさん^^
5. Posted by ひよこ(管理人)   2012年06月03日 20:39
ponsun.さん、

学生時代にすでに読んでいらっしゃったんですか?
は、早い!

『道は開ける』は、今でも書店によっては山積みになっているので、息の長い本ですね。
貴重な情報がつまっていると見て、
少しずつ、よくかみくだいて消化吸収し、
ponsun.さんに少しでも追いつこうと思います。

ありがとうございます。
6. Posted by ひよこ(管理人)   2012年06月03日 20:45
ひょいさん、

ひょいさんも「道は開ける」を、もうすでに読んでいらっしゃったんですね
本当に世界中でベストセラーになった本だったんだ。

目標達成までのプロセスを考えた順序は、私も考えていませんでした

明日はどんな日になっているかわからないし、
今日一日を生きるのに精一杯なので、
長期の目標達成計画を立てるのは苦手でした

一日、一日の積み重ねが重要なので、それで満足しましょう。

ひょいさん、物事の先延ばしをなさらないなんて、寝不足になりませんか?

私は、「思い立ったが吉日」という言葉が大好きで、
思い立ったことは、明日に延ばさず、今日やる!というのが理想なのですが、
グズなので、今日中に終わらず、
明日に伸びて、またあさってに伸びて・・・、そのうちやる気がなくなった、という笑っちゃう状態です

今回の先延ばしのお勧め記事は、私の得意な負け惜しみ記事です。

いつもありがとう、ひょいさん
7. Posted by のん   2012年06月04日 21:20
ひよこちゃん
すっごぉ〜ぃお久しぶりになってしまってて
ごめんちゃいです(>▽<)

好きなことに夢中になってて
肝心で大切なことがおろそかになってきてた

あたしの場合
1分間目標達成術以前の問題だな

そしたら神さまからひとつ宿題を出されて
ズキュンバキュンと心を打ちぬかれて
ハッと目が覚めたというくだり

先延ばしにしてた重要なこと
不器用な思考で取りかならなきゃ

ひよこちゃん♡やっぱりココは懐かしい♪^^v
8. Posted by ひよこ(管理人)   2012年06月05日 15:16
のんちゃん、久しぶり〜

好きなことに夢中になってたの?
いいね、いいねぇ
夢中になれるくらい好きなことって、ありそうでなかなかないから、
出会ったときには、何もかも忘れるくらい打ち込んで正解だと思うよ

先延ばしにしたことも、後で取り掛かって、じゅうぶん取り返せる。
私の今までの経験で、そうだったもん

いつも楽しい気持を持ってきてくれて、ありがとう、のんちゃん

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
他の本のブログへの入り口
人気ブログランキング
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
管理人から一言
当ブログはリンクフリーです。リンクする際に連絡なども必要ありません。
あし@