2012年11月24日

『フラット化する世界』(好きなことをやる)とスティーブ・ジョブズの言葉4

フラット化する世界 [増補改訂版] (下)フラット化する世界 [増補改訂版] (下)
著者:トーマス フリードマン
販売元:日本経済新聞出版社
(2008-01-19)
販売元:Amazon.co.jp

世界は 「フラット」 になった。

この言葉の意味を理解しなければ、

これからの企業や個人が生き延びることはできない。


ITの飛躍的発展はインドや中国にグローバルな競争力を与え、

その結果、先進国の仕事は次々に奪われている。


その一方、知識やアイディアが共有されることにより、

あらゆる場所でイノベーションが起きている。


競争とイノベーションの新時代を、

われわれはどう生き抜けばいいのか?


次のスキルと学ぶ姿勢は、フラット化した世界で

若者が新ミドルの仕事につく準備をするのに役立つはずだ。


教養


コンピュータやロボットが

もっと速くやることができない仕事や、

優秀な外国人が

安い賃金でやることができないような仕事を身につけるには、

創造力を身につければいい


創造ということに関して、はっきりわかっていることがある。

2種類以上のまったくちがう分野をものにした人間が、

離れた分野を合成し、点をつなぐことで、

飛躍的な革新が生まれるのだ。


頭に浮かぶ最適な例は、

アップル・コンピュータの創業者スティーブ・ジョブズの話だ。


「私(スティーブ・ジョブズ) の実母は未婚の母の大学院生で、

私を里子に出すことにしました。



私が生まれると、

実母は養子縁組の書類にサインするのを拒みました。


そして、数ヵ月後に、

大学に行かせると養父母が約束すると、

ようやく納得したのです。


17年後、私は大学に入りました。

でも、お金のかかる大学に入ってしまい、

授業料を払うのに労働者階級の養父母の貯金を

さんざん使ってしまったんです。


入学して6ヶ月たって、

そんなお金を払う値打ちはないと気がつきました。


自分の人生の道筋について何の考えもなかったし、

大学がそれを見つける手助けをしてくれるとも思えない。

それなのに、

養父母が一生かかって貯めたお金を使い果たそうとしている。


だからドロップアウト(正規の学業あるいは就業を放棄したまま,

正業に就くことなくぶらぶら状態にある者のこと)することを決意しました。


あの時はものすごく怖かったけれど、

振り返ってみれば一生で最も正しい判断だった


ドロップアウトすると、

興味のない必修科目は受けず、

面白そうな講義だけに出ました。


格好のいい話じゃありません。

寮には部屋がないので、友達の部屋の床に寝ました。


好奇心や直感に従って出会ったいろいろな物事が、

後で計り知れない価値を持つようになりました



例をひとつあげましょう。

カリグラフィー(能書・書道) の講座がありました。

ドロップアウトした私は、普通の授業を受ける必要がないので、

カリグラフィーの講座を受けて、能筆になる方法を学びました。


字体について学び、隣り合った字によって間隔を変えることや、

タイポグラフィー(文字印刷の技術) の素晴らしさを知りました。

科学では捉えきれない美と歴史と芸術のような繊細さがあって、

とても魅力を感じました。


こうしたことは、生活に実際に応用できるとは思えませんでした

しかし、10年後に最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計したとき、

それがすべてよみがえってきたんです。

マックは、美しいタイポグラフィーを備えた

最初のコンピュータになりました。


学校に籍もない私がその講座を受けなかったら、


マックは複数の活字書体や、

スペースの均整の取れたフォントを持つことはなかったでしょう。

もちろん、学生のころには、

先を見越して、その講座を受けたわけではありません。


しかし、10年後に振り返ると、

ものすごく賢いやり方だったことがわかりました



繰り返しますが、先を見越して点をつなぐことはできない。

過去を振り返って初めてつなぐことができるんです


だから、今は関係がないと思われている点同士が、

将来はつながると信じることです。


何でもいいから信じましょう

―――カン、運命、人生、カルマ、何でもいい。

生活に実際に応用できるとは思えなくても、

好奇心や直感に従うというやり方で失敗したことは、

一度もありません。

それが私の人生を切り開いてくれたんです



『フラット化する世界』より


ここで、お友達のひょいさんからコメントがあったよ。

ひょいさん、ありがとう。

ひょいさん
「私は不器用だから、今、目の前のことしかできないね
直感とか、そういうのもあまりピンとこない
ただ、今、必要だから、
不器用だから、今しか見えないのです」



(私)

私は、直感型で、今しか見えない型。

直感って言っても、
「将来、これがヒットする! とひらめいた」 的な直感じゃなくて、

スティーブ・ジョブズさんが言っているような、
「今、これがやりたい。これやろう」みたいな感じ。

勝手に、ジョブズさんを自分と同類にしちゃったけど、

ジョブズさんが言っている直感って、
将来のことを考えるより、今、わくわくすることに従おう。
という意味にとったの。

つまり、今自分がわくわくすることが何かを、直接感じることが、直感。

(あなたがワクワクすることは、あなたにとって大切なことだから、一つ残らず、今すぐに実行する価値のあることです。ワクワクをすべて同時に実行することで相乗効果が生まれ、人生に息を吹き込んで、夢にも思わなかった成果をもたらすのです。・・・・・『ソース あなたの人生の源は、ワクワクすることにある』2参照)



大好きなことをやるということは、

(アップルのスティーブ・ジョブズは、マイクロソフトのビル・ゲイツたちと同じ時期に生まれている。彼らが成功できたのは、当時、コンピューターが儲からないものだったからだという。成功するには面白いと思うことをしろ。そういうことなのだ。大好きなことを追及し、自分の使命を果たす。ジョブズも言っている。どこに行きたいのかは心が知っている、と。・・・・・『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』2 参照)


フラット化し続ける世界で生き抜くための他のスキル

―――「学ぶ方法を学ぶ」という能力(新しい仕事や産業がどんどん生まれてくるから必要)や、

右脳のスキル(他の人が簡単に真似できないから必要)

―――も身についてくるらしい。


フラットな世界では、IQ(知能指数)よりも

CQ(好奇心指数)とPQ(熱意指数)が求められる世界だそうだ。


コンピュータ出現前の世界は、

どれだけ暗記できるかが評価される、

IQ(知能指数)重視の世界だったけど、


コンピュータが出現してしまうと、

暗記しなくても、検索すれば見つかるので、

必要なことを探すための好奇心や熱意の方が

重要になってきたということかな?

(人間には、グライダー能力と飛行機能力とがある。受動的に知識を得るのが前者、自分でものごとを発明、発見するのが後者である。
グライダー専業では安心していられないのは、コンピューターという飛びぬけて優秀なグライダー能力の持ち主があらわれたからである。
自分で翔べない人間はコンピューターに仕事をうばわれる。・・・・・思考の整理学2参照)


今回、スティーブ・ジョブズさんの言葉を

記事にする気になったのは、

ジョブズさんの

「先を見越して点をつなぐことはできない。

過去を振り返って初めてつなぐことができるんです」

という言葉に、ホッとしたから。



ここで、お友達のponsunさんからコメントがきたよ。

ponsunさん、ありがとう。

ponsunさん
「>好奇心や直感に従って出会ったいろいろな
>物事が、後で計り知れない価値を持つようになり〜


>好奇心も直感に従うというやり方で
>失敗したことは、一度もありません。

>それが私の人生を切り開いてくれた〜



勇気づけられるメッセージですし、まったく
同感です!」



(私)

そう!
勇気づけられるでしょ。


ponsunさん
「好奇心や直感に、素直に従っておりますが、
その思いをますます強くさせてくれました」




ここで、夢ちゃんからコメントが来たよ。

夢ちゃん、ありがとう。

夢ちゃん
「私は、過去も覚えているけどぉ?
覚えているってのも確かに振り返るのも大事だけど?
過去を振り返る事で立ち止まる事も人には、 いるのだなぁ」



(私)

過去を振り返って、
「あの時、あんなことをしなければ、こんなことにならなかった」みたいに、
後悔する為に過去を振り返っている人は、
「立ち止まっている人」といえるのは、わかる。

だけど、スティーブ・ジョブズさんは、過去を振り返っても、
「あの時、ただ面白そうだから、と始めたことが、
今こんなに役に立つなんて、あの時は気づかなかった。
興味を感じるものって、やってみるもんだ」というノリだから、
立ち止まるどころか、前進しているよ。

わかりにくいまとめ方になっちゃって、ごめんね。



夢ちゃん、
「(過去を)忘れては、いけないとかもある事と
前に進む為に?どうするかとか人って沢山の人々がいるんだよ」



(私)

過去を振り返って、
今置かれている立場になった原因を探りましょう、という話じゃなくて、

すごくラッキーなことがあったときこそ、
過去を振り返って、何が原因かと考えて見ると、
ただ、面白そうだから、
ただ、心ひかれるから、という理由だけで始めたことだったりするよ。
という、大好きなことをやりましょう、ということの勧めなんだ。

こういう話って、肩の荷が下りるから、いいと思って記事にしたんだけど、
文が長いから、わかりにくくなっちゃったね。


夢ちゃん、
「過去も過去と本人が振り返るとしてもだけど?
どう今を生きる為に行う事とかが大事な気がすると思っているんだ」



(私)

そう、今が一番大事。


スティーブ・ジョブズさんの話は、

今、一番興味があることに没頭しよう、ということだから、

今を大事にしていると思う。


わたしの頭が痛くなるのは、計画を立てて、実行しようって話。

言われたって、できない。


「5年後、10年後の予定を計画しよう」

という話が、あちこちでよく聞かれるし、

(私は、自分の未来年表を作成しました。ここには、会社がどんなプロセスを経て、将来的に売り上げ10兆円の企業に成長していくかをすべて、数字で表現しています。売り上げや経常利益だけではなく、従業員数、グループ会社数、上場企業数など、細かい項目で数値目標を立てているのです。・・・・・『一冊の手帳で夢は必ずかなう』9参照)



実際、元サッカー日本代表選手の中田英寿さんは、

高校生の時から、日本代表になって、

何年に開催されるワールドカップに出場する、

なんていう夢を持っていたし。


本当に、日付の入っている夢を見ているのよ。

(夢に日付を入れることで、「今日やるべきこと」 が明確になります。実現する可能性はグンと上がります。・・・・・『夢に日付を! 〜夢実現の手帳術〜』参照)





中田英寿さん以外にも、

アーノルド・シュワルツェネッガーも、

「ハリウッドの映画スターになる」

といったら、バカにされるようなときから、

映画スターになって、政治家になって、

ケネディの血筋の人と結婚する!

と夢を描いて、本当に描いたとおり実現してしまった、

とTVの朝ズバ! でやっていた。


該当する朝ズバ! の記事が見つからないので、

代わりに、シュワちゃんが

「先ず自分がなりたいビジョンを創造し、

それがあたかも現実になったかのように振舞うんだ」

と言っていた記事と
「夢」の達成に向けて・・・DNSZONE 参考)


シュワちゃんが、10代のころから、

「歴史に名を残す人物になる」という夢をもって、

そのためにボディビルで優勝し、

それを踏み台に映画スターになって、

またそれを踏み台に政治家になっていったことが

書かれている記事を載せとく。
アーノルド・シュワルツェネッガーは如何にして夢を叶えたか?・・・BlueBloomBlog 参考)



中田英寿さんとか、シュワちゃんの話を聞くと、

遠い未来の予定を、

今から立てて準備していないといけないかな?


でも、私には無理、と思ってしまう。


これから、どこでどんなことが起こるかわからないから、

未来の綿密な予定は立てられないよ。

(人生は進化だ。そして進化のすばらしいところは、最終的にどこに行き着くか、まったくわからないところなんだ。
君は、最初に陸に上がった魚は、長期にわたる目標を持っていたと思うかね?
人生はそんなに規則正しいものじゃない。規則から外れたところでいろんな教訓を与えてくれるものだ。・・・・・『仕事は楽しいかね?』2参照)


スティーブ・ジョブズも先を見越して計画を立てる人じゃなかった。

こういう人に、成功者がいてよかった。

(日本の億万長者には、目標型と展開型のまったくちがうタイプがいるのに驚いた。ある億万長者は、「目標を立てずに、何が人生か!」 と言う。別の億万長者は、「目標を設定すると人生は制限されてしまう。人生は、自由に展開するから楽しいんだ。幸せに自由に生きたければ、目標は邪魔になるだけだ」と言うのです。
どちらも正しいのです。大切なのは、自分がどのタイプなのかを見極めること。・・・・・『きっと、よくなる! 人生はよくなるようにできている』2参照)


人生の指針に、情熱や好奇心しかなくても、うまくいくんだ。

(何かをしたいという衝動は情熱と呼ばれる。情熱を殺せば、神を殺すことになる。情熱とは「やあ、こんにちは」と言いたがっている神である。・・・・・「神との対話」2参照)


中田英寿さんとか、シュワちゃんは、目標型だけど、

私は展開型だ。


人には、それぞれ向いている進み方があるんだよね。

(今、ネットでは 「不屈の精神」 が成功者に共通する特徴だと話題になっている。しかし、これをうのみにして、今から 「不屈の精神」 を手に入れようと努力することは、むしろ成功へ遠回りすることになる。こんな努力をするよりも、 「不屈の精神」 を持っている人には持っている人なりの、持っていない人にはそれなりのやり方がある、と考えるべきだ。すぐに物事に飽きてしまう人も、どんどん切り替えて新しいことができれば、「不屈の精神」 を持っている人と同じくらい成功に近いはずである・・・・・『大人げない大人になれ!』1参照)


ひょいさん
「ひよこさんが仰るとおり、私も、
人には、それぞれ向いている進み方があると思うなぁ〜

今やるべきことを、一生懸命やる。
そして明るく前向きな言葉、笑顔と感謝を忘れない。
私はこれで一杯いっぱいです」



(私)

明るく前向きな言葉、笑顔と感謝。
これがあれば、今、発生している、いじめって、全部なくなるよね。


「自分が言われてイヤな言葉は、人に言っちゃダメだよ」
こんな生ぬるい説得じゃ、私は、聞かなかった。

むしゃくしゃするときに、悪い言葉を使わないって、偽善者だ!
ってくらいに思ってた。


それが、何で
「言葉は、明るく前向きな言葉を、自分にも他人にも使おう!」
となったかというと、

「言葉には、創造力があって、悪い言葉を使うと、
他人に向かっていった言葉でも、自分に不幸を招いてしまう」
とかいう内容のことを知ったから。

(自律神経系は、人称の区別がつかない。
主語を解さず、すべて言葉を発した当事者のこととして読み取り、言葉が実現するように作動しはじめるため、ほめた人のほうが魅力的になる・・・・・自分を変える魔法の「口ぐせ」2参照)


悪い言葉を遣わないって、自分のためでもあるんだ〜
と思ってから、止めてみたの。

そしたら、グングンいいことが起こるようになったので、
言葉の威力に恐れ入ったよ。


言葉には、創造力がある〜、とかいうと、宗教の話みたいになるから、
現代の義務教育では扱わないのかな?

義務教育で、宗教を取り入れば、
いじめも減るし、
若者が救われようとして、
へんな宗教を装った詐欺に引っかかるようなこともなくなると思うんだよね。






(スティーブ・ジョブズの言葉の別の記事をもっと読みたい方は、スティーブ・ジョブズの言葉1へどうぞ)

ここまで読んでくれてありがとう。ポチッとクリックしてくれるとうれしい。
   ↓
人気ブログランキング
hi_yo_ko1 at 19:59コメント(8)トラックバック(0) | 自分が楽しいことをしよう  この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 夢Chan   2012年11月24日 21:48
5 ひよこChanへ
スティーブンさんやシュワ省略さんなど 懐かしいというか! よくテレビでスティーブンさんのもミタなぁ。シュワさんのもだけどねっ。そういえば?ストレッチ 気に入ってくれたんだね♪よかったぁ。 とひよこChanの記事更新に?私は、過去も覚えているけどぉ?覚えているってのも確かに振り返るのも大事だけど?過去を振り返る事で立ち止まる事も人には、 いるのだなぁ。忘れては、いけないとかもある事と前に進む為に?どうするかとか人って沢山の人々がいるんだよ。それは、ひよこChanも理解しているよね。だから過去も過去と本人が振り返るとしてもだけど?どう今を生きる為に行う事とかが大事な気がすると思っているんだ。 コレは、私を例えた 話しだけどネッ。色んな人が沢山と人もだけど?例えば猫にせよ?性格もみんな違うのと同じだけだよ。機械も発展も大事かもだけど?違う所とかかもしれないと思った私でした。 ごめんね!たいした言葉を書けなくて☆ でも(^-^)寝る前に読みに来てよかったと 思ったよぉ♪微笑みビーム!ありがとう。
2. Posted by ひょい!   2012年11月25日 00:20
ひよこさん、こんばんは〜〜
ひよこさんが仰るとおり、私も、
人には、それぞれ向いている進み方があると思うなぁ〜
世の中にはいろいろな情報が氾濫しているし、
成功法則の数だって数えきれないと思う。
どれもそれなりに正そうだけど、
必ずしもみな同じことを言っていないよね〜

でも、私は不器用だから、今、目の前のことしかできないね
直感とか、そういうのもあまりピンとこない
ただ、今、必要だから、
不器用でバカだから、今しか見えないのです
将来必要(かもしれない)、将来困る(かもいれない)
というのでは、昔からどうもやる気にならない性分で、
だから学業の成績も悪かったんだと思う。
将来○○だから勉強しろと言われても、
自分としては今〇〇じゃないから、できないのです。

シュワちゃんみたいな人は立派だよ〜ホント
そんな遠くの将来のために何かするって、
私には無理
そこまで将来のこと考えつかないしね^^;

だから、今やるべきことを、一生懸命やる。
そして明るく前向きな言葉、笑顔と感謝を忘れない。
私はこれで一杯いっぱいです

ひよこさんの、
「人には、それぞれ向いている進み方があるんだよね。」
という言葉に、心救われました^^;
ひよこさんの、そういう柔軟なところが好きです

今日もありがとう〜ひよこさん
3. Posted by ponsun   2012年11月25日 05:38
5
うわぁ〜 素晴らしい記事です!

大好きなスティーブ・ジョブズ氏の
ありようやメッセージが散りばめられていて…



好奇心や直感に従って出会ったいろいろな
物事が、後で計り知れない価値を持つように
なり〜


好奇心も直感に従うというやり方で
失敗したことは、一度もありません。

それが私の人生を切り開いてくれた〜



勇気づけられるメッセージですし、まったく
同感です!
好奇心や直感に、素直に従っておりますが、
その思いをますます強くさせてくれました



ありがとうございます

4. Posted by ひよこ(管理人)   2012年11月26日 09:32
夢ちゃん、

ストレッチは大のお気に入りだよ。
パソコンしながら、座禅ができるようにストレッチしているくらいなの
座禅は、一体、いつになったらできるようになるのでしょう?

いろんな性格の人があることについて、猫の話が面白い!
同じ猫でも、1匹、1匹、個性があるよね。
我が家の猫は、私を起こすとき、頭をかじって、その後、「クスッ」って笑う猫だった。
田舎の猫は、私を起こすとき、起きるまで体当たりしてくる猫だった
猫って、寝坊を許してくれないよね。

私には、私の生き方がある!
人と比べて、気にすることじゃないよね。

微笑みビーム返し!ありがとう、夢ちゃん
5. Posted by ひよこ(管理人)   2012年11月26日 15:51
ひょいさん、

私は昔から、
「英語は将来役に立つから、英語をやれ、やれ」
と言われてきました。

で、やらなかったのかというと、
学習塾にまで行って、やったんです。
でも、話せないんです。

だから、英語の先生であるひょいさんって、すごいなぁ。と思います

シュワちゃんみたいに、将来のことを考えて、必要な階段を、一つひとつ登っていける人がいるって、驚きました。
私にも、無理


>明るく前向きな言葉、笑顔と感謝を忘れない  

これがあれば、今、発生している、いじめって、全部なくなりますよね。

ひょいさんみたいな先生が、もっと増えればいいと思っています

いつもありがとう、ひょいさん
6. Posted by ひょい!   2012年11月26日 21:03
ど〜〜〜も(^o^)丿

ハハハ〜〜〜

ひよこさん、私は英語の先生じゃないですよ〜〜

でも、英語の先生になりたかったことはあります。
英語、好きだったから。
英語だけは成績良かったんです。

学校の先生にもね、
ひょい!は、英語があんなにできるのに、
どうして他の教科はできないんだ〜〜〜って
言われるくらい。

中学のときの学習塾の英語の先生のお陰で、
好きになりました。
でも、英検は4級しか持ってません

7. Posted by ひよこ(管理人)   2012年11月27日 09:17
ponsunさん、

ponsunもスティーブ・ジョブズさんが好きで、うれしいです。

>好奇心や直感に、素直に従っておりますが、
>その思いをますます強くさせてくれました  

おぉ!私もです。


いつもありがとうございます。
8. Posted by ひよこ(管理人)   2012年11月27日 09:20
ひょいさん、

あれ?

すっかり英語の先生だとばかり信じ込んでいました。

勘違いって、すごいですね
どこまでも、どこまでも、空想が大きくなっていく感じでした。


ありがとうございます、ひょいさん

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
他の本のブログへの入り口
人気ブログランキング
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
管理人から一言
当ブログはリンクフリーです。リンクする際に連絡なども必要ありません。
あし@