ホーリー厩舎の愛馬たち

ラフィアンTCで一口馬主を始めて25年あまり。 愛馬たちの応援ブログです。

甘くない

今日、笠松で出走したWリベロは4着でした。
いかに地方競馬といえども、そう簡単には連勝はできないですね。
次走に期待しましょう。

さて、今週はWパーチェが2戦目を迎えます。
前走よりは追切もいくらか良くなっているよう。
前進を期待しましょう。

■ウインリベロの競馬場速報
【開催日】 2018年10月18日
【レース】 笠松 2R   【着順】 4着
【速報内容】
尾島徹調教師 
「ジョッキーによると、ペースが上がったところで置かれてしまうところがあったようですし、ラストももうひとつ伸び切れませんでした。今日は走破時計も速かったですからね。申し訳ありません。それでも11月の開催からは古馬編入となり、メンバーレベルがだいぶ落ちることが予想されますし、なるべく相手関係が弱そうなところをセレクトしながら2勝目を狙っていきます。次走は、11月5日(月)から始まる笠松開催での出走を目指していきます。」
片山駿の目 
「直線ではじりじりと前との差を詰めてきましたが、今日は勝負所で距離を置かれてしまいましたし、勝ち時計も速く、結果的には相手関係も悪かった印象です。この条件だとどうしても器用な立ち回りはできませんが、それでも大きく崩れず走れていますし、相手関係ひとつで2勝目を狙える立場にあると思います。次回からは古馬混合となり、メンバーも今日よりは落ち着くはずですから、早々に決めてもらいたいところです。」

【近況】        【更新日】2018年10月18日(木)
■ウインパーチェ
中1週で今週の出走を予定しているウインパーチェは、昨日17日(水)は坂路をキャンターで1本というメニューをこなし、本日18日(木)にはCWコースで最終追い切りがかけられました。
 松山騎手騎乗の2歳未勝利スーペルゴラッソとの併せ馬で菱田騎手が騎乗のパーチェが内を回り、ゴール前では互いに一杯に追われて併入にまとめています。時計は6F81秒7、ラスト1F12秒7でした。
 加用調教師は「3、4コーナーでかなり内目を回っていただけにこの時計も鵜呑みにはできませんが、追い切りの動きはいくらか良化してきた印象です。まだ大きく変わった感じはないだけに使いつつといった印象ですが、慣れも見込める今回は少しでも前進してくれるといいですね」と話していました。
 なお、午後の出馬投票では、今週の京都日曜3R芝1800mに高倉騎手とのコンビで出走が確定しています。
■ウインシトリン
次走まではまだ時間がたっぷりあるウインシトリンは、昨日17日(水)、本日18日(木)共に北馬場でキャンター調整が行われていました。
 鹿戸調教師は「体が戻らないようなら今週は軽めの調整でと考えていましたが、すぐに馬体は戻り元気もあるので、キャンターを長めに乗っています。疲れもないようですし、次は平場の牝馬限定戦ですから、期待は大きいですよ」と話していました。
 なお、次走は11月10日、東京土曜8R芝2000m牝馬限定戦を予定しています。
■ウインガナッシュ
ウインガナッシュは、先週12日(金)にCWコースで初めての追い切りがかけられました。2歳新馬イッツマイウェイとの併せ馬でしたが、直線入口あたりから徐々に後退し始めると、ゴール前ではバタバタの脚色となり、6馬身遅れでのフィニッシュとなっています。時計は6F85秒1、ラスト1F14秒7でした。
 昨日17日(水)は坂路をキャンターで2本というメニューをこなし、本日18日(木)にはCWコースで追い切りがかけられました。先週と同じ2歳新馬イッツマイウェイとの併せ馬で内を回って抵抗したガナッシュでしたが、直線ではリードを広げられて2馬身半遅れでのゴールとなっています。時計は6F84秒5、ラスト1F14秒1でした。
 担当の甲斐調教助手は「ハロン14秒を切るぐらいまでペースが上がるとトモが入ってこないようになり、それ以上はなかなかペースが上がらない現状です。カイバも他の馬たちよりも多く食べているのに、なかなか肉もついてきませんし、少しキツいところもあるのかもしれませんね。心臓の状態は悪くないのですが、まだ全体的に体がしっかりとしていないのかもしれません」と説明していました。
 また、西園調教師は「先週、今週とコースでビシッとやりましたが、どうも動ききれません。馬体の見栄えはいいのですが、今後、本数を重ねても動きが大きく変わりそうにありませんし、実戦を経験させるという意味でもとりあえず来週のレースに使ってみたいと思います」と来週デビューを決めていました。
 なお、デビュー戦は、来週の京都土曜4Rダート1200mを高倉騎手とのコンビで予定しています。
■ウインゼノビア
来週の東京土曜11R「アルテミスS・GIII」芝1600m牝馬限定戦を松岡騎手で予定しているウインゼノビアは、昨日17日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は古馬500万下ウインオルビットで、松岡騎手騎乗のゼノビアが後ろから追い掛け、5Fからピッチが上がります。コーナーでは外を回り、相手を射程圏内に入れると、直線では軽々と抜き去って2馬身の先着でゴールしていました。時計は5F68秒2、ラスト1F12秒9でした。
 松岡騎手は「ちょっと息が重いですね。下のクラスならばこれでも楽に勝てるのでしょうが、次は重賞でしかもメンバーも揃うとなると、生半可な仕上げでは望めません。この1本で上向いてくるでしょうが、来週も負荷を掛ける調整が必要かもしれません」と辛口な評価をしていました。
 また、青木調教師は「普通であればこの時計で楽に動けているのですから、悪い内容ではありませんが、松岡もこの馬には求めるものも高くなるのでしょう。今週コースで併せ馬をしたので、ここからグッと上向いてくるのは想定内ですが、週末と来週のメニューも含めて、またジョッキーと打ち合わせしたいと思っています」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日18日(木)は軽めの運動をこなしていました。
■ウインヒストリオン
前走後は立て直しのため休養を挟んでいたウインヒストリオンが、先週末14日(日)に栗東トレセン・五十嵐厩舎へ入厩しています。
 入厩翌日の今週15日(月)には坂路で4F59秒0、ラスト1F14秒5という時計をマークし、昨日17日(水)も坂路で4F61秒2、ラスト1F15秒1という大きめのところを乗られており、本日18日(木)は角馬場での騎乗運動にセーブされています。
 五十嵐調教師は「馬体はそれほど減らすこともなく、栗東へ到着後もいい体つきをキープできているのですが、帰厩後はいつになく坂路で行きたがるようになっています。以前も前向きなところはありましたが、鞍上が持っていかれてしまうことはありませんでしたし、少し調整が難しくなっています。順調なら新潟開催中の出走を考えていましたが、まずはまともに追い切りができるようになってから仕上がりとも相談して番組を決めていきたいと思います」と帰厩後の馬の状態を説明していました。
                                                                           (by ウインRC)

よく頑張りました

デビュー戦を迎えたWパーチェは10番人気で11着でした。
予想通り残念な結果だったけど、馬は一生懸命走っていたように見えました。
よく頑張りました。
次走に期待しましょう。

昇級3戦目のWシトリンはまたもや3着。
スローの流れで最後方から、よく3着に食い込んだとは言えるが。
今のシトリンはもっと前に行けるはずだと思っています。
調教師の先入観というか思い込みを消していただきたい。
一度、試していただきたい。

■ウインパーチェの競馬場速報
【開催日】 2018年10月8日
【レース】 京都 5R   【着順】 11着
【速報内容】
和田竜二騎手 
「調教だと馬場入りを嫌がったり、突っ張るような走りをしていましたが、実戦でそういうところは見せませんでした。ただ、走ることに対しての前向きさがまだまだですね。スローの流れでも前に付いていくのがやっとでしたし、今はとにかくレースを使い込んで慣らしていくべきでしょう。走りからはダートもこなしてくれそうですが、適性に関しては今の段階ではなんとも言えないですね。」
片山駿の目 
「日々の調教ではたびたび馬場入りを拒否するなどやや気難しい面を見せていましたが、実戦では特に問題なく、その点は少し安心しました。まだ追い切り時計が詰まらず、馬体にも余裕があったように、今日の結果については仕方のない部分もあったと思いますが、あとは実戦を経験しながらどこまで上向いてくれるかでしょう。次走は再び同じような条件のレースを使う予定ですが、使いつつ徐々に適性もはっきりしてくると思います。」
■ウインシトリンの競馬場速報
【開催日】 2018年10月8日
【レース】 東京 9R   【着順】 3着
【速報内容】
大野拓弥騎手 
「この馬の競馬をしましたが、もう少しペースが流れてくれれば良かったのですが・・・。それでも、坂を上るところまではモタモタしていたのですが、上りきったところからまたいい脚で伸びてくれたんです。この馬の形はできてきましたし、あとは流れが向けば勝てますね。」
押田の目 
「いつも通りチャカチャカはしていますが体もプラス体重ではありましたし、好調をキープしていたと思います。ただ、開幕週で前が止まらない馬場で雨も降りませんでしたから、シトリンにとっては厳しい条件だったことも確かです。さらにはスローペースで外を回ることになり、絶対絶命でしたが、最速の32秒台の上がりを使い、3着に入ったことは大いに評価していいでしょう。最近は末脚が安定していますし、あとは流れや馬場が向けばこのクラスは卒業できるはずです。この後は状態を見てからですが、東京で続戦の予定です。」
                     (by ウインRC)
プロフィール

ホーリー

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Powered by 一口馬主DB
livedoor 天気
フルーツメール
フルーツメール
Tremii
Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ