ホーリー厩舎の愛馬たち

ラフィアンTCで一口馬主を始めて25年あまり。 愛馬たちの応援ブログです。

ゾッとする

昇級初戦を迎えたWシトリンはしんがり人気にも拘らず、見せ場たっぷりの5着と頑張ってくれました。
前走から、馬がすっかり変わった印象ですね。
これを成長というのでしょうか。
今後が益々楽しみになってきました。

対して、初勝利をねらったWリベロは残念な結果に。
是非とも、騎手のコメントを聞きたかったのだけど、なんとコメント取れず。
こんな騎手が来週Wゼノビアが騎乗するのかと思うとゾッとする。

ところで、お仲間であるヤキニクさんの出資馬Wイノベーターがアヴドゥラさん騎乗で、見事未勝利脱出しました。
順当勝ちと言ったところでしょう。、
おめでとうございます。

アヴドゥラさん、来週は避暑も兼ねて北海道はいかがですか。
お待ちしてます。

■ウインシトリンの競馬場速報
【開催日】 2018年8月11日
【レース】 新潟 9R   【着順】 5着
【速報内容】
石川裕紀人騎手 
「道中は馬の後ろに入れておいた方がいいですね。前にスペースがあると少し力みが出て、ロスする感じがあります。外枠からうまく壁を作れて、直線に向いても手応え十分でした。最後、苦しくなりそうなところから、馬はまた頑張ってくれていますし、いい根性も持っています。いい内容の競馬だったと思いますし、このクラスは勝てる馬ですよ。」
鹿戸調教師 
「カイバ食いも良く、今日もプラス体重で出られると思っていたのですが、マイナスになっていたのは誤算でした。それでも昇級戦でいい競馬でしたし、新潟外回りも合うのでしょう。この後はトレセンに戻って、馬体の減り具合を見てから決めたいと思います。」
押田の目 
「前回がメンバーに恵まれたとはいえ、体が増えて成長を感じる内容でしたし、今回も追い切りでは馬なりで好時計を出していました。しかし、今日は牝馬限定戦とはいえ、かなり強力な相手関係でしたし、まずはこのクラスに慣れることが目標という印象でしたが、見せ場たっぷりの内容に驚かされました。ステイゴールド産駒でこれからさらに成長しそうですし、遠くないうちにこのクラスを勝つ時が来そうな気がします。」
■ウインリベロの競馬場速報
【開催日】 2018年8月11日
【レース】 札幌 6R   【着順】 8着
【速報内容】
水野調教師 
「もったいない競馬になってしまいました。内目にはいましたが、2着馬が動いた後ろをついていけば進路はありましたからね。この時期に権利も外してしまって申し訳ありませんでした。」
押田の目 
「入厩後はトモの踏み込みの悪さが指摘されましたが、日に日に回復に向かい、「不安はなく、いい状態」と毎日調教をつけている松岡騎手から太鼓判を押されるほどでした。体も増え、状態はかなり良く映っただけに、消化不良のレースになってしまったことは本当に悔やまれます。今後については、権利を外してしまい、出られるレースがなくなる可能性があり、進退を含め、今後の方針を近日中に決定します。」
                                                                          (by ウインRC)

ありそうな話

東京医科大学の女子一律減点の問題。
ここまでシステマチックにやっていたのは驚きだけど、いかにもありそうな話ですね。

私が聞いたことがあるのは、私大医学部には多額の寄付金さえ払えば誰でも合格できるという話だけど。

こうなると、この大学の男子出身者はさぞ肩身が狭いことでしょう、対して女子出身者は鼻高々かな。

さて、Wシトリンは昇級初戦。
馬場が渋れば、面白そうですね。天気はどうなんでしょう。

Wリベロは、残り少ないチャンスをものにできるか。
悪くとも、次走のラストチャンスの望みが繋がるような走りを期待です。

【近況】        【更新日】 2018年8月9日(木)
■ウインシトリン
今週の出走を予定しているウインシトリンは、昨日8日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は古馬500万下スプリングゲイルで、シトリンが先行してスタートし、コーナーで外を回り、相手を迎え入れます。直線では馬なりのまま脚を伸ばし、相手に先着してゴールしています。時計は5F68秒8、ラスト1F13秒5でした。
 鹿戸調教師は「相手は稽古も動く馬ですが、楽に先着したように動きは良かったですよ。カイバ食いも良く、体調も良さそうですし、いい状態で競馬を迎えれそうです」と状態には太鼓判を押し、「前回は500万でもかなりメンバーに恵まれたところはありましたからね。昇級戦でいきなりというのは難しいでしょうが、デキはいいですし、牝馬限定戦なら目途の立つ走りを見せて欲しいと思っています」と期待も語っていました。
 そして本日9日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の新潟土曜9R「三面川特別」芝1800m牝馬限定戦に石川騎手で出走が確定しています。
■ウインリベロ
今週の出走も視野に入っているウインリベロは、昨日8日(水)に函館Wコースにて追い切りがかけられました。松岡騎手が騎乗し、単走で5Fからピッチを上げて前半からいいペースで進むと、直線でも持ったままで脚を伸ばしてゴール板を駆け抜けていました。時計は5F68秒4、ラスト1F13秒1でした。
 松岡騎手は「トモの状態が良くなり、動きはかなり良くなってきました。強いて言えば、まだパンとしていないところがあり、走り過ぎるとまたクタッとしてきそうな雰囲気はあります。それでも、トモの不安がなくなり、最近にしては珍しく不安がない、いい状態だと思います」と好状態を伝えていました。
 また、水野調教師は「松岡からも『状態がいい』と連絡がありましたし、今週の競馬に行きましょう。使って反動が出るかもしれませんが、もう後がないわけですし、1戦1戦が勝負だと思います。なんとか勝ちたいですね」と話していました。
 そして本日9日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の札幌土曜6R芝2000mに松岡騎手で出走が確定しています。
■ウインゼノビア
先週、函館競馬場に無事に到着したウインゼノビアは、昨日8日(水)に函館Wコースにて追い切りがかけられました。松岡騎手が騎乗し、2歳新馬フクノマーチを大きく追走して半マイルからピッチが上がると、直線は馬なりのまま相手と並ぶ間もなく差し切り、12秒2と鋭く伸びてゴールしています。全体時計は4F55秒7で、楽に3馬身の先着でした。
 松岡騎手は「デビュー戦の後は乗っていなかったので、それ以来だったのですが、驚くくらい良くなっています。幅も出て、トモもひと回り大きくなり、力強さが増してきています。来週が本当に楽しみです」とゼノビアの成長を感じているようでした。
 また、青木調教師は「助手は『乗り出しの際、右トモが少しだけ気になる』と報告してきましたが、すぐにほぐれるようですし、心配はいらないでしょう。脚元もスカッしていますし、ソエや球節の不安もありません。追い切りは、しまいの反応も抜群で動きも良かったですね。息遣いも楽だったようですし、来週はもっと動ける相手を配し、しっかりと負荷を掛けたいと思っています」と話していました。
 そして本日9日(木)は軽めの運動を消化していました。
 なお、次走は来週の札幌日曜9R「クローバー賞」芝1500mを松岡騎手で予定しています。
                                                                             (by ウインRC)
プロフィール

ホーリー

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Powered by 一口馬主DB
livedoor 天気
フルーツメール
フルーツメール
Tremii
Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ