良く知らないんですけど、たまたま聞いてみてちょっとハマりました。

元々同人音楽出身の人でアニメ・ゲーム好きな人には一部で有名らしいですね。

言われてみればそんな感じかも。。



聴いたのは2nd CDのThanatos(タナトス)ってやつ。

「壊れたマリオネット」が一番良いと思う。

あっさりした日本語版ゴシックメタルって感じ・・?コレ系は好き嫌いはっきり分かれるんだろうけど。




Sound Horizon(サウンドホライズン)

概要:
自らを「幻想楽団」と称し、物語性の高い歌詞と組曲的な音楽形式による「物語音楽」を主な作風とする。

Revo個人のウェブサイトを前身とし、2001年末より同人音楽サークルとして活動開始。2004年にはラップ・クリエイティブ所属アーティストとしてメジャーデビューを果たす。

同人音楽出身ということもあり、当初はアニメ・ゲームファンを核とする若年層がファンの中心であったが、特に「Chronicle 2nd」以降の口コミ効果やライブコンサートの開催により、それ以外の層からも広くファンを獲得しつつある。

ファンの間からは「サンホラ」、「SH」の略称で呼ばれる事がある。

逆にSound Horizonのファンは「サンホラー」「ローラン」と呼ばれる。


作風:
幻想物語といっても、夢や希望に溢れた明るい世界観よりは、悲劇的・退廃的なものが中心。
人が死ぬ物語も頻繁に描かれることから、Revo自ら「人殺しソング界の貴公子」と冗談めかして自称するほどであるが、それらを必ずしもネガティブに描いているとは限らないのもまた特徴である。


音楽性:
所謂ポップス、ゲーム音楽、ロック、ジャズからクラシック、民族音楽、童謡等の様々な音楽要素が見られる。
物語性の強い作風においてはこれらを適材適所で使い分ける印象があり、一言でジャンルを言い表すのは難しい。
しかし基本的なバンドサウンドのアレンジにおいてはヘヴィメタルやハードロックの影響が色濃いと言われる。
また、特に初期の作品にはスクウェア所属時代の伊藤賢治の影響が強く見て取れる。

(※Wikipediaより一部抜粋)



○2nd story CD「Thanatos」(2002年8月11日)
1.Sound Horizon[mode:Thanatos]
2.そこに在る風景
3.壊れたマリオネット
4.銀色の馬車
5.輪廻の砂時計
6.珊瑚の城
7.タナトスの幻想