2007年06月01日

お引越し。

98cc5c71.jpgこちらに移動いたしました。
よろしくお願いいたします♪

http://ameblo.jp/hibi881



hibi881 at 14:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年03月31日

休刊のお知らせ。

13fcc23c.jpgしばらく留守にします。
ごめんなさい。


またね♪

hibi881 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月29日

笑い展・日本美術が笑う@森美術館4

e390692d.jpg六本木がアート戦争な時にこの脱力感。
仕掛け人に拍手。笑うが勝ちだ。
深く考えなくても心にゃ入るもんさね。
オノヨーコのための口角矯正器具とか
ジオラマを匍匐前進する政治家?とか
ビンラディンが日本に潜伏してたとか
大量の洗面器が降ってくるとか。。
人それぞれのツボを探せばいい。
日本美術にも若冲や木喰といった
あたしが見たかったモンが多くて満足。

「グレゴリー・コルベール展」も見たが
あまりのワザとらしい現実に早足で駆け抜けた。
たとえばドリカムが恥ずかしい感じかな(笑)

hibi881 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月28日

橋を渡ったら泣け@コクーン5

5e1fbffe.jpg奥の深いバランス良いお芝居だった。
登場人物全員が人間臭く「あ〜いるいる」に笑え
弱さから来る非情さにゾッとする。
役者がすげー合ってる。この布陣を揃えるには
何年前から企画すれば可能なんだろう。
音楽やセットも雄弁。
サービス満載なのにちょっとシャイな演出。
人間の歴史の本質までサラッと訴える。
舞台上では誰も死なない。
ラストには希望。わざととってつけたような希望。

hibi881 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月25日

モッカモッカ コントライブ2「バッタが邪魔で乳首が見えない」@OFF OFFシアター3

ea6eb8dd.jpg1が大好きだったモッカモッカの2。
ブルースカイ作かぁ。面白いけどアリガチだ。
流行ってないヤツが見たい。壊せ壊せ〜☆
白塗りの中村まこと密像をヤフーに出したり
豊川悦司が部屋中に増殖して見てるのとか
映像ネタがキレてる。
最後にバッタの大群が舞い(緑の紙吹雪)
セットの上額縁が降りてキリンになって
客席に向けウンコした、その一瞬が
シュールでやたら綺麗だった♪
迷わず媚びず、突き進んで欲しいぞ。

hibi881 at 23:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年03月24日

稲本響・武田双雲LIVE@スパイラルホール4

1002b401.jpgピアノと書のコラボで6800円也。
んまぁ〜オトナな空間でした。
しっかりとドラマ性のある演出。
カメラ3台?でキャンパス6個に映像。
古いシネマ仕立てにしたり書を重ねたり。
お客さんの書いた指示にピアノ弾くなど
笑いもあってとっても楽しめた。
演出はデジタル映画監督の奥秀太郎。
ふたりのイケメンアーチストの魅力堪能。
お洒落した女性ファンで客席は埋まってた。

hibi881 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月16日

夕刊フジ平成特選寄席@赤坂区民センター4

c2f1f2c4.jpg2列目の通路際で目の前が高座。
噺家さんの全身が表情が全部見える♪
三三は2度目。若いのに達者だなぁ。
真面目すぎるのか硬めで笑い薄。
で、次の花緑「若手を育てると思って笑って」
痛たたたな事、いじめとも取れる言い方を
結構みんな言うんだよね〜。客も笑うし。
年寄りに「早くくたばれ」とかさ。
昔はそれを笑える余裕があった。双方に。
でも現代に生きてる自分の中がギクッとする。
笑っちゃったらイカンやろ、と警報がなる。
心弱いから傷つくのよね。面と心の皮は厚い方がいい。
やわらかいものも守れるし。
お初の市馬がスゴかった。技あり。笛太鼓に鐘の口三味線。
ヒューマンビートボックスじゃん。自然に沸く満場の拍手。
続く志らくが早速ものまねして笑いにする。
いや〜レベルの高い会だった。満足。

hibi881 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月12日

東京のオペラの森「タンホイザー」ゲネプロ@東京文化会館

b5c9e28a.jpg3万ん千円もするオペラの、なんとゲネプロ!
そう滅多に見られるものじゃありません。
以前「レミゼラブル」のリハをキッシーから
招待され帝国劇場の袖まで見学できたんだけど
今回はLindaさんが出演者なのですね〜。
いやぁ〜感謝です〜☆
指揮は世界の小澤征爾。ノーネクタイ。
オーケストラの人も私服。友達に手振ったりね。
オペラは2度目。クラシックも今月デビューゆえ
正直、猫に小判。面白かったとアホな感想しか。

そういえば高校の合唱コンクールで指揮をやったっけ。
やたら褒められた記憶があるが、小澤さんを見て全く違っていたと判明。
下ろし出すのがタイミングじゃなく下についた瞬間がリズムなのねん。
常に音より先に強さやイメージを伝えなくちゃ演奏者は混乱する。
そんな当たり前な発見をしたド素人でございました〜(笑)

hibi881 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月09日

浅草橋ダンスクロッシング「The Very Best of AZUMABASHI」@アサヒスクエアA3

8d300f8f.jpgおもろなダンスのベストオブですって。
真面目に不真面目を追求しているような方々。
ダンスってなんとなく誰でも始められちゃうけど
ちゃんと表現にするには一番難しいんじゃないか。
表現てなんなのかは〜さておき(笑)
難しい事は分からないがチーム眼鏡が好きだった。
有名ドコがやるやる〜な振りをパロディ。
ふつうの身体が逆に表現になっている。
ゲストの宇治野宗輝&ザ・ローテーターズ、
電源のスイッチングで光と音をプレイ。
こんなやり方があったのかぁ〜♪目から鱗。
KATHYの観客の顔にタイツ履かせてステージに乗せ踊らせるのも面白かったな。
一緒に行った元白塗り舞踏家の十蔵さんに踊ってもらいたかったぜ〜(笑)

hibi881 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月03日

ニブロール「no direction。」@パナソニックセンター東京 有明スタジオ2

dd2f7982.jpgバリバリ近代的な建物なのに入口で座布団?
急斜面が客席。ヒールのブーツじゃ滑るって。
一番上にズルして座る。シルバーシートさ。
だって関係者席は椅子なんだぜ。ち。
ニブロールはコンテンポラリーダンスだけど
音や映像、服も創作。アートなんでもアリ。
俺たちスタイリッシュ?に縛られてる感も。
バック全面に流れる映像がグリグリくる☆
けどその分、人間用の照明が暗くなる。
そのうち映像に酔う。一番後ろなのに〜。
きっと頭の良い人が作っているんだろうな。
難しいコトをあえて散らかした感じにして。
だもんだからか何が言いたいのか分らなかった。
も少しヌケがあると嬉しい。おもてなしの心意気も。
いや、単純に自分とセンスが合わないだけかも知れないよなぁ〜(笑)

hibi881 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月02日

ヤン・ファーブル展@シュウゴアーツ3

28d34517.jpg清澄庭園で沈殿した時間を過ごし後、
シュウゴアーツを探した。
倉庫の荷物用エレベーターに緊張。
開くと、突然目の前に白い空間。
そこにあるのは脳、脳、脳・・。
ほんとに東京は断片の集まりだ。
体の中で最高にセクシーな部分=脳。
偏執的なのにコミカルでファンタジー。
奥にあるデカイ脳を掘る人体が最高。
100点あるような展覧会にあっても
きっと「コレがいい」と言ってしまう。
代表作の虫ドレスのインパクトには敵わないけどね。

hibi881 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月01日

のだめオーケストラコンサート@国際フォーラムホールA3

60f8cdab.jpgついにクラシックデビューです。
思いっきり初心者らしくのだめから(笑)
ものすご〜くイベントでした。
軽部アナ司会。声優がおなら体操歌う。
もちろんオーケストラはキチンと演奏。
おなじみのアレ。ドラマの衣裳着て。
全然気楽に聴けた。緊張感なく。
5千人収容ホールの2階後ろ端だと
リズムがほんの少し遅れて伝わるらしい。
目と耳に差。頭が良くなる曲は本当か?

hibi881 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月27日

ヒステリア あるいは、ある神経症の分析の断面@シアタートラム3

f3a6bb1b.jpgフロイトとダリが会話しちゃうお芝居。
精神分析されたくて押しかけてくる謎の女、
それと医者の4人芝居。
脚本が面白い。珍しい。興味深い。
絶対もっと笑えるはず!稽古不足なの?
フロイトの串田和美がセリフかむかむ。
肝心のシーンでもつっかえつっかえ。
泣いてるのにちっとも心に響かないし。
もっと方向性をきっちり出していけば
ダイナミックに揺さぶられたはずなのに。
知的な奥深さとか恐怖とか色くっきりと。
幻想のシーンでは映像を全体に映し、舞台そのものを歪めて見せた。
でも劇場入った瞬間にバレちゃったんだよね〜箱動く仕掛け。
やり方はいくらでもあったのにもったいない。ケラさん演出でコメディに!

hibi881 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月23日

『大友良英/幽閉者』発売記念LIVE@アサヒスクエアA3

9f841d35.jpg映画「幽閉者」の音楽メンバーでライブ。
とはいえインプロビゼーション。
6人丸くなって配置。内側に床座りの客。
残りは後ろに左右分かれて椅子席になっている。
楽器と背中で3列目でも演奏者の顔は見えない。
目的の(?)飴屋さんの横顔のみ死守(笑)
ジム・オルークの優しいメロディから入る。
飴屋さんが東スポの朗読でいきなり仕掛ける。
硬貨を降らせ、リンゴをミキサーに掛け、
音楽家に意地悪するように遊ぶ。ステキ♪
でも他はそれ程壊れることなくわりと淡々と進む。
やりつくしたのか飴屋さん何もしなくなる。
1時間以上ノンストップで。それなりにスリリングな一夜となった。
・・にしてもウ○コビルの階段は歩きづらい。バリアフリーどころじゃない。

hibi881 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月17日

ヤン・ファーブル「わたしは血」@彩の国さいたま劇場大ホール5

a8717353.jpgエロい!グロい!まさに血祭り!
よくもまぁ、芸術に仕上げたもんだよ。
花嫁10人ドレスまくってパンツに経血。
瀕死の兵士またいでオシッコかける女。
タブーは先端まで行けば美しくみえる。
全員が性器ふりまわして激しく踊る。
滑稽と尊厳と美がごちゃまぜになる。
極限の表現に吐きそうだ。
だって受け取るしかないんだもん。
安易に脱ぎたがるパフォーマーよ、糞食らえ。
このとんでもない志にシャッポを脱げ。
ゆるぎない精神力と自信。圧倒的なダンス技術。
すごい芸術だってコトは良く分ったが、満腹すぎて苦しい〜(爆)

hibi881 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月12日

キャレモジ作品鑑賞会

24336030.jpg額装が2点仕上がって最後のキャレモジ。
初めて「赤と黒で」と指定をしてみた『燃』
モダンでしょ?六本木のバーにありそう(笑)
集中して一気にバババと書き殴った。
もう1点は『空』へろへろに力を抜いて書いた。
緊張と緩和。自分の中の遊び。
先生に「空気で書く人を初めてみた」と言われた。
どういう意味なのかな?全くわかりませ〜ん。
1年間やったのでキャレモジは卒業です。
いっぱい誉められて楽しかったよ〜ん♪

hibi881 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月10日

竹久夢二展@千葉市美術館3

727eb1ae.jpg着物の師匠、大野さんがコーディネイトした
ファッションショー「夢コレ」を見に千葉まで。
モデルさんは素人。初々しくて可愛いの。
大野さん好みの派手系アンティーク着物は
どれもうっひゃ〜♪ポップな音楽も効いてる。
ああ、モデルに応募すれば良かった!
次回は絶対、出てやるぜ〜(笑)
余韻も醒めぬうちに「竹久夢二展」。
はかなさはもちろん、したたかさもある。
風景画もいいんだね。発見いろいろ。
千葉は地方都市の匂いがした。少しだけ旅気分。

hibi881 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月07日

サンティーズ vol.1 『 30 (さんじゅう) 』@AKASAKA RED THEATER

8745d6f4.JPG森山栄治と鷲尾昇、30才記念イベント。
早いなぁ〜もう30?出会った頃は23、4だった。
いつの間にかすっかりスターになっちゃった☆
二人だけで300程の会場8ステージ満席。
あたしゃ母親らしき方の横。特等席ですわ。
夏にした富士登山の映像見ながらのトーク。
オフの顔にファンが笑う。キャラ立ってるなぁ。
いい具合のボケとツッコミ。平和なゆるゆる感。
ゲストトークに歌も1曲。で最後に握手会。
楽屋にって言われたけど、逃げて帰ってきた。
なんだか場違いな気がしちゃってさ(笑)

hibi881 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月04日

リバース・ヒストリカ@シアターグリーンBOX in BOX

a53da2de.JPGもりしゃんの舞台を久しぶりに。
野球チーム「ハトス」のメンバーたちらしい。
これ作家はジャ○ーズのあの人に間違いない。
やってる事は*pnish*とほとんど同じなんだけど
観客全員がファンのアチラとは当然温度差が。
なにやってもウケるなんて方が異常なのよ。
ギャグがスベったのお客のせいにしないでね。
もりしゃんの殺陣がなかったのはなぜなんだろ?
一番動けそうだったのになぁ。
仲間同士楽しく演劇。ま、それもいいけどね。
森山くん&わっしーと会う。感想聞きたかった。

hibi881 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月03日

ジョセフ・ナジ「遊☆ASOBU」@パブリックシアター3

06b937f1.jpg昨日に続いて来てしまった!(爆)
どうしてももう一度見ないとイケナイ気がして。
意味深そうだったのに全然着地できてない。
ホントに面白かったのか自分を確かめたい。
当日券は3階最前列。高い。
冷静になってしっかり見る。
昨日集中してたからほとんど覚えてる。
言葉に置き換えながら言いたいコトを探る。
音は遠く、表情は見えない。チガうのか?
ま、いっか。と思考を放棄したら・・
やっぱり面白いなぁ〜!って興奮してきた。
楽しいなぁ〜ココ。あ、隣りの人も噴出してる。
哲学的な深いメッセージは何年か後に深層心理から湧き出すのでしょう。
子供はただ遊ぶだけ。でも成長には役立ってる。だって心動いたのは確かだから。
最初からバカみたいに開いておけばヨカッタ。もったいなかった。

hibi881 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!