SYA -- 写 --

私が撮り溜めた山や高山植物、野生動物の写真や鉛筆を使った動物画などを紹介しています。

ニシアメリカオオコノハズク

久々にこちらにもアップしてみました。

今描いているのは「ニシアメリカオオコノハズク」です。
このフクロウも小型の種なんですが、かなり模様も細かくて描くのが相当大変だろう・・・と、後回しにして来ましたが、ちょっと自信が付いてきたところでチャレンジすることにしました。

IMG_2302

まだ顔周辺だけですが、良い感じになってきた気がします。

が・・・

羽の模様もかなり細かいのでこの先どれ程描き込めば良いのか不安になってきますね(笑)

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 完成~

はい。完成です!

うちの悪童は日がな一日寝てばかりですが、時々目を覚ましては・・・エサをねだります(笑)
_DSC2403

さてさて今回の「悪童」、意図したのはインパクトと細密な表現の融合です。

どこまで上手く表現出来たのかというと、点数付けるなら45点くらいでしょうか。
描き方を刷新しての1枚目ですので、まぁ、方向性は正しい気がします。

同じ方針であと数枚描いてから、次のステップに進む予定です(^^)

それから、元写真の公開はやめました。
写真は写真ネタとして、ちゃんと記事にしたいと思います。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 5日目

5日目です。

いつものようにヒゲを入れて微調整で完了です!
IMG_2197

コントラストが低いのはスマホで撮ってるから・・・
微調整のつもりがやり過ぎるので、撮りっぱなしです^^;

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 4日目

4日目です。

本当はもっと間に日にちがあるのですが、だいたい4日分くらい描けているかな。という意味での4日目です^^;
IMG_2193

この後は体を含めて描き込みとボカシを交互に入れて調整し、上手く行けば1~2日で完成です(^^)

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 3日目

3日目です。
描いたのは昨日ですが、今日アップです^^;

これならさすがに進んだ気がするでしょう(笑)
IMG_2180

一応、当初意図していたイメージに近い雰囲気は出てきました。
ここから立体感を出していくつもりです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 2日目

2日目といって良いのか!?と、疑問を持ってしまう進みっぷりです。

大方の反応は、「あれ?進んだの?」でしょう^^;
IMG_2175

はい。言い訳しません(笑)
そんなに進んでないです・・・

でも、質感は今までよりも重厚になっているはず。
しばらくはこの路線で行きます!

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

悪童 1日目

鉛筆画、再スタートします。

今回はうちの悪童です(笑)
image

この画像だけで分かるかどうか不明ですが、(しくじったらシャレにならないので)鉛筆画展を前に急に描き方を変えるわけにはいかないと温存していた描き方でスタートしてみました。

まず下描きの仕方から変えています。
影が先、線が後です。
そして、眼の描き方も変えました。
今までが白を基調としてたとしたら、今度はダークグレーです。

リアリティと立体感、インパクトと繊細さを同時にどうやって表現するか?が、これからしばらくは私のテーマになります。

アップした画像はスマホで撮影したまんまですので、コントラストが下がり、色も暖色系にブレています。
実際はもうちょっと見栄えがしてるはず・・・^^;

完成までしばしお待ちを~(^^)

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

鉛筆画二人展を終えて

さて、久々の投稿です。

と、言いますのも、実は「鉛筆画二人展」のためにネットでの公開を控えていたんですねぇ。
だって、ネットで見た絵しかないと楽しさ半減じゃないですか・・・^^;

二人展の様子をアップしようかと思ったんですが、2日間のみの開催だったこともあってか2日間ともろくに座る時間も昼を食べる時間も無い状態で、ちゃんと周囲の状況が把握できていたか?と言われると微妙ですよね(笑)
image

ま、そんな状況でも、多くの方に私達の絵を見て頂き、アドバイス、ご指摘頂き、励まし頂き、さらに差し入れや花まで頂き・・・もう感謝の言葉しかありません!
皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

あ、この画像はセッティング中です。
実際はキャプションも貼りましたよ^^;

そして、この展示会で色々と得たものがあります。
見て頂いた方々と交流することが出来、また新たな交友関係を広げることが出来たことが、もっとも価値があったと思っています。
「そろそろ展示会やってみなよ」と、言って頂いた方たちに感謝ですね(^^)


皆さん、口々に「次はいつ?」「新作見せてよ」と言って頂けました。
オーケストラで鳴り止まない拍手を頂いた時ってのは、こういう感覚なのかもしれませんね。

次、実はあります。・・・近くなったら告知します!

最後になりましたが、一緒に二人展を開催したmayumiさん!
とても楽しい時間と素晴らしい経験をありがとうございます!
またの機会がありましたら、是非、ご一緒しましょう(^^)

鉛筆エクステンダーいろいろ

鉛筆は使えば使うほど短くなる宿命ですよね。
小学生の頃ならいざしらず、大人になってから極端に短くなった鉛筆を自在に使いこなすことは困難でしょう。
(小学生でも困難かも)

じゃ、昔はどうしてたっけ?と、考えてみると・・・そうですね。
鉛筆キャップ使ってました。
今風に言うとエクステンダーとかホルダー。
日本語では軸・・・でしょうか。

現物はこんな感じです。
_DSC2279

上から、100円ショップで3つ入りで売っていた鉛筆キャップ、どこで買ったのか忘れたホルダー、一番下がステッドラーのホルダー(ペンシルホルダー 900 25)です。

ぶっちゃけ、絵を描くにはどれが良いか?というと、鉛筆がまだ少し長いのであれば1番目がベストです。
軽いし鉛筆を傾けても紙に接触することはまずあり得ません。
ですが、短くなるとその軽さが災いし、バランスが悪くなってしまいます。
短くなったら別なホルダーを使った方が良いと思います。

では逆にNGなのはどれか?
実は2番です。
一見すると太軸木製で軽量なので使い易そうです。
しかし、木のグリップと金属部分が接着されているわけではないことから、ガタつかないように締め込んで使おうとすると、木製の部分がいくらでも回ってしまい増し締め不能です(-_-)
これはズバリ不良品でしょう・・・

ではステッドラーのホルダーはどうか?というと、金属製ですがアルミなので比較的軽量です。
しかも鉛筆が短くてもがっちりホールドしてくれます。
また、消しゴムも付いているので、文字を書くには普通に使い易いと思います。
ローレット(グリップ部分)も指にフィットして滑りにくく、書き心地も悪くありません。
しかしその反面、ローレットが金属製の細目ヤスリのようなので、ペンケースに入れて他の筆記具と一緒に持ち運ぶと危険です^^;
そして最大の難点は値段でしょうか。
5~6本買ったら1万とか・・・うーん(゜-゜) ケチらずに鉛筆箱買でも良いのでは?なんて思ってしまいますね。

造りが凝っているのでしょうがないのですが、消しゴムやクリップは不要なので500円くらい下げてもらえると嬉しい気がします。


ということで、うちでベストの組み合わせは~

鉛筆が長い間は鉛筆単体で使い、微妙に短くなってきたら100円均一、それでも使いづらくなったらステッドラーとなりました。

・・・え。当たり前だって?!^^;

ニホンザル 完成~

はい。ニホンザル完成です!(^^)

この2頭は上高地在住、人の往来がかなりある木道で毛づくろいをしていました。
特に警戒するわけでもなく、威嚇するわけでもなく。

もちろん人の弁当を奪ってダッシュしたりすることもありませんでした。
人との距離をどれくらい取っていればお互いに安全か理解しているようですね。
_DSC2152

日光のサルはちょっと目を離した隙にザックを開けて食べ物を奪って逃げるは、観光客を脅したり、お土産を奪い取ったり・・・
この差はどこから生まれるんでしょうね?!(-_-;)

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ 

さて、元写真はこちらです!

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログ村
  • ライブドアブログ