その後、毒ガスの濃度が十分には下がらない状態が続き、17時以降は濃度が上昇し始めた。20時に二酸化窒素、窒素酸化物、メタン、非メタンが高濃度に。22時、0時を過ぎても、異常な高濃度が続いている。

発生源は江東区有明、中央区の湾岸。メタンについては江東区東部のいつもの場所。非メタンは川崎市、大田区南部あたりが一番濃い。

過去2日は、浮遊粒子状物質も非常に多かった。自分の体感で、喉も目も埃っぽいと感じた。花粉だったのか中国本土からの黄砂だったのか。(気象庁の黄砂情報では「観測されていない」となっているので、きっと黄砂ではないのだろう。しかし、長時間にわたり都全体で浮遊粒子状物質が観測されている珍しい日だけどね。この埃をばらまいている人は誰?)

↓以下は22時の二酸化窒素の濃度を示した地図。

2007050922二酸化窒素



今日は最高気温が28度と夏の暑さ。自分については咳、鼻水こそ出なかったが、喉がいがらっぽく、喉が渇いた感じがしてやたらと水を飲んだ。終日、頭が重く、気分の悪い状態が続いた。まるで鬱だったが、これだけの高濃度の毒ガス汚染を見て、納得した。
花粉症 鼻炎 鼻水 咳 喘息 ぜんそく ダイオキシン 大気汚染 排ガス 排気ガス ごみ処理場 ごみ処理施設 清掃工場