2007年01月15日

風邪予防と受験対策?


ネギいよいよ冬・本番となり、本格的な寒さの中、
体調を崩した方はいませんか?

家族の中でひとりでも風邪ひきさんがいると、大変です! 
風邪をうつさないように、うつされないように……と
気をつかいますね。
特に受験生のいるご家庭では、なおさらです。


   そこで!


風邪予防や元気回復に良いといわれている
「長ネギ・にんにく」について調べてみました。
これらの何が良いのでしょうか……


ひびき&ぼたんでは、瀬山農園さんの「有機ネギ」の他に、
深谷ネギや茨城のネギを使わせていただいております。


そもそも「長ネギ」は、
「風邪と疲労回復の特効薬」と昔から言われています。
「風邪をひいたら……
ネギを細かく刻んで味噌、醤油と混ぜ合わせ、
熱いお湯を注いで飲めば、すぐに体が温まって汗をかき、
風邪が治る」などと言われたものです。


ネギやにんにくに共通した強い香りは、
硫化アリルの一種「アリシン」という成分です。

せっかく疲労回復に役立つビタミンB1(豚肉に多く含まれています)を
摂取しても、それを分解してしまう酵素「アノイリナーゼ」が邪魔をします。
アリシンは、そのアノイリナーゼの作用を抑えてくれるのです。

その結果、ビタミンB1の活性が長く持続するので、疲労回復に効果的!
というわけなのです。


   しかも!


ビタミンB1は、脳の栄養素でもある「ブドウ糖」の代謝にも深く関係
しているので、体力だけでなく、脳の活性化と持続力にも効果的! 
と言われています。


   さらに!


アリシンは、熱を加えると「アホエン」に代わり、強い抗酸化力を持ちます。
そのため、血栓を予防したり、がんにも効果的と言われています。
このアホエンの他にも、ネギに含まれる「ピラジン」やにんにくを
アルコールに漬けておくと生成される「S−アリルシステイン」は、
血液をサラサラにしてくれることが解っています。


いかがでしたか? 
ざっと調べただけでも、たくさんの働きが発見できました。
風邪をひきたくない人、風邪をひいちゃった人、
これからが本番だよ〜という受験生……

ネギやにんにく、豚肉で、冬を乗り切ってください。
そして、受験生は体力つけて
精一杯がんばってくださいね。(担当・明石 剛)


やきとり  
Posted by hibiki05 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)ミニコミ・特集

2006年12月18日

講演会こぼれ話


はじめまして、ライターの森田純子と申します。
先日、(株)ひびきの公式ページ http://www.hibiki-food.jp/index.html の中、
講演会情報のページ http://www.hibiki-food.jp/2006/10/post.html に、
感想が寄せられておりました。
それを読んで、この感想をお書きくださった五十嵐様にお話を伺いたくなり、
取材をさせていただくことができましたので、こぼれ話としてご紹介したいと
思います。


 11月定例会担当として日疋氏の講演会を企画された五十嵐様。
会員の方たちが喜んでくださったことが何より嬉しかったとおっしゃいます。
経営戦略的な話を予想していらしたので、
「今時、良い意味でこんなにハングリーな若者がいるのか」
五十嵐様の言葉をお借りするなら「ハンマーで殴られたような思い」だそうです。


 以前、「野生のテン(動物)を見たことがある」そうで、それは金色に輝く
ように美しかったといいます。その美しさは、身の危険と背中合わせの張り詰
めた野生の生き方、とぎすまされた精神と体が作るものだそうです。

五十嵐様は、日疋氏の生き方「目的意識を持ち、人との関わり・信頼を大切に
しながら、正しいを貫く」姿勢に、この野生のテンを思い起こしたと。
その話では、私自身が思わず背筋を伸ばしてしまいました(笑)

私は講演会を聞いておりませんが、感性豊かな感想に触れ、新たな感動を
させていただきました。こんな出会いもあるのだと、ご報告させていただきます。                                (森田純子)
  
Posted by hibiki05 at 02:09Comments(0)TrackBack(0)講演・セミナー

2006年11月16日

ホームパーティーの提案♪


クリスマス ホームパーティーの提案! in クリスマス
どんなに忙しくても、楽しいイベントはパスできませんよね?
でしたら、いろいろ工夫して、どんどん楽しんじゃいましょう♪

【提案その1】 準備はお早めに!
 お仕事を持っていてもいなくても、とにかくせわしない年末です。
早い人は、
11月から「忘年会」を始めないと消化しきれない!なんてことも……。

★自宅に集まるホームパーティは、週末を利用して早めの大掃除をします。
家族全員で「きれいにするぞー! おーっ!」なんて感じで楽しんでね。
  続きを読む

2006年11月14日

黒豚肉の味くらべ


「黒豚の味くらべ会」を開催しました!

「やきとりひびき」では、彩の国黒豚と鹿児島黒豚を商品化しております。
同じ黒豚とはいえ、育った環境や飼料の工夫によって、どのように味や食感が
違ってくるのかを知りたいと思いました。

全くの予備知識を入れないままで、お客様に召し上がっていただき、
その感想をいただきました。当日は、15名の方にお集まりいただきました。

結果は、ほとんどの方が「彩の国黒豚」と「鹿児島黒豚」の肉の旨みを評価
してくださいました。彩の国黒豚の脂身の甘さと食感が良いというご意見と、
鹿児島黒豚の肉らしい歯ごたえが良いというご意見があり、この点は
「好みの違いによるもの」と思われます。

コメカミ肉を使用した当社の“かしら”につきましては、
かしらの食感を感じさせながらも「噛みきれない」などということなく
食べられたとのご意見が多かったようです。

★お客様の生のご意見を伺うことができまして、大変嬉しく思います。
これからも、益々喜んでいただける商品づくりを目指して、
社員一同、精進して参ります。

これからも「やきとりひびき&やきトンぼたん」をよろしくお願い申し上げます。
  

2006年11月12日

コハクチョウがやってきた!


コハクチョウがやって来た!〜深谷市・荒川〜

白鳥の飛来地・深谷市本田の荒川をご存じですか?
冬の訪れを知らせる“コハクチョウ”が、今年もシベリアからやって来ました!
今年最初の飛来は、10月17日。餌付けを始めてから最も早い飛来だそうですよ。

コハクチョウの生息地は、シベリアのツンドラ地帯。
夏の間だけ、湿原になる場所です。

日中でも氷点下になるシベリアを発ち、約2週間をかけて日本にやって来るのは、
越冬のため。暖かい日本で過ごすためです。
やがて4月下旬頃になると、繁殖シーズンを迎えるためにシベリアへ戻ります。

5月下旬から6月にかかる頃、親鳥たちは流木を集めて「巣作り」を始めます。
卵は一度に3〜5個くらい産まれ、約1ヶ月をかけてふ化します。
誕生した雛は、翌日には水辺でエサの取り方を教わるといいます。
人間に比べたら、もの凄いスピードですよね? 

それから約3ヶ月、自分で飛べるまでに成長するのです。
一夫一婦制で、家族の中が良く、絆が深いのもコハクチョウの特徴だそうですよ。

★コハクチョウの見分け方★

オオハクチョウに比べて、頸(くび)が短めです。くちばしの黄色い部分も小さめになっています。

ミニコミ11/15号より    (坂戸店・石井道夫)

  
Posted by hibiki05 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ミニコミ・特集

2006年11月10日

東松山スリーデーマーチ

歩けあるけ            日本最大のウオーキング大会・スリーデーマーチ
【日程とコース】
11/3(金)和紙の里・武蔵嵐山ルート(北西)
11/4(土)吉見百穴・森林公園ルート(東北)
11/5(日)都幾川・千年谷公園ルート(西南)
50キロ 午前6:00〜6:45スタート
30キロ 午前7:00〜8:00 20キロと10キロは、
20キロ 午前8:00〜9:00 7:00〜スタートできま
10キロ 午前9:00〜10:00 す。
5キロ 午前10:00〜10:30


【スリーデーマーチの歩み】
1978年 群馬県新町を拠点に第1回開催。
1980年 第3回大会より東松山市へ。年齢制限を廃止、10kmコース設定
1983年 市内の全小・中学校の参加が開始される。
1984年 3日間共同生活をしながらの「ワンパク班」始まる。
1987年 国際マーチングリーグ結成・公式大会となる。
1988年 ごみを広いながらの「クリーンウォーカー」始まる。
1989年 日本マーチングリーグ結成。
1993年 国際市民スポーツ連盟(IVV)の認定大会となる。
1994年 “歩く町づくり”「ウォークサミット」開催、「ジョイアスロン」公式行事に。
1996年 車いすにサポーターが付き添う「ゆっくりウォーク」始まる。
2001年 新たに5kmコースを公認設定。
2002年 25回記念大・ 延参加者数108,998人を数える。
東松山市周辺は自然がいっぱい♪
マナーを守って楽しく歩きましょう!


ミニコミ10/15号より       (東松山店・新井 由夫)

  
Posted by hibiki05 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ミニコミ・特集

2006年11月08日

川越まつりだよ〜♪

山車              ★舟運で江戸と交流
新河岸川の舟運によって江戸と交流し栄えた川越は、
“小江戸”と呼ばれる情緒ある街。その風情が色濃く
残る蔵造りの街並みが、年に一度、最も賑わうのが
川越まつりです!

★350年の歴史を刻んで・・・
当時の川越城主・松平信綱が、祭礼用具(御神輿など)を
氷川神社に贈ったことから始まったとされています。
赤坂・日枝神社の山王祭と神田明神の神田祭の様式を
取り入れながら受け継がれてきました。
              国の重要無形文化財指定。

★江戸系川越型山車
2層の鉾と人形で構成された江戸型ですが、台座の上部分が回る作りは
川越型と呼ばれているそうです。
河越太郎重頼や徳川家光、牛若丸、太田道灌といった川越ゆかりの人物を
あしらったものが多く、人気を呼んでいます。

★祭りの見せ場・曳っかわせ
山車と山車が出会った時、お囃子はテンポアップしていきます。
曳き手や観衆の歓声にあおられるようにヒートアップしていく「曳っかわせ」は、
川越まつりの醍醐味。本当の祭りだ!って感じる一瞬ですよ〜。
ミニコミ9/15号より (川越八幡通店・山田 聡)  
Posted by hibiki05 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ミニコミ・特集

2006年11月06日

巾着田の曼珠沙華情報!


曼珠沙華

★巾着田の曼珠沙華情報★ 
毎年、9月中旬くらいから見頃になります。
7月8月の気温が低いと開花が早くなるそうですが、
暑い夏・・・ならば、開花が遅くなるってことですね。

今年はどうなるでしょうか?
一年を通して80万人もの人が訪れると言われますが、
特に、秋の曼珠沙華の時は、一番人気です。
さすが、「日本一の自生地」ですね。

          (イケメンカリスマ焼き師・自称)

ミニコミ8/15号より
  
Posted by hibiki05 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ミニコミ・特集

2006年11月04日

楽しく働ける喜びを感じて……


★楽しく働ける喜びを感じて・・・★ ―笠間 寧さん―

 呉服屋さんからの転身です。48才という年齢からも「心機一転」は大変
だったのではないかと思いました。

ところが・・・

「接客には自分なりに慣れていたつもりだったけど、ひびき流の接客には
目からウロコの状態だったんです。だから、とってもやりがいがあって
楽しいんです」という返事。

お客様が大勢になると、まだまだパニック状態だそうですが、一生懸命に
笑顔で応対する姿がなかなか爽やかでしたよ♪
元々やきとりひびきのファンだったという笠間さん。
だから
            
商品にも会社にも信頼感があったと言います。
会社の成長と共に、千葉でもニューヨークでも行きたいと夢は大きい。
この夏休み、愛妻弁当で小学生の息子さんとお出かけできるといいですね♪                           (取材・森田純子)

ミニコミ9/15号より
  

2006年11月02日

川越七福神めぐり


弁財天

その7―弁財天・妙昌寺―

 室町時代の地頭が、法華経を小石に書き写して塚を築き、
 弁財天を祀ったのが始まりだそうです。
 川越城の裏鬼門に向いているため、鬼門除けの守護神と
 して信仰されたのだそうです。
 開運・商売繁盛他・・・の御利益があると言われています。
                   (妙昌寺案内より)
  

2006年08月08日

川越七福神めぐり


布袋その6―布袋尊・見立寺―

七福神の中の六番目の神様は、“布袋尊”です。
中国に実在した僧・釈契此(しゃくかいし)が
本来の名前です。いつも大きな袋を背負っていた
ことから呼ばれた俗称が「布袋」だと言われて
います。その大きなお腹も特徴ですが、
死を迎えた時にも、袋を負い、喜悦の面相をして
いたところから「福神」とされて、七福神に加えられたのだそうです。菓子屋横町のすぐ裏手にある見立寺に祀られています。
  

2006年08月07日

川越七福神めぐり


福禄寿その5―福禄寿神・連馨寺―

七福神の中の五番目の神様は、“福禄寿”です。
中国では、昔から「家族の円満、財産、生命」が
最も大切なものと言われてきました。
もちろん今の世の中でも同じですね。この3つの
願いを聞き届けてくれるのが福禄寿というわけです。
しかし、連馨寺の住職さまによれば、
「ただ願っているだけでは叶いません」とのこと。
信念と努力と知恵が必要だということ、肝に銘じたいと思いますね。
★連馨寺へは、川越市駅より徒歩10分、本川越駅より徒歩5分です。
  

2006年08月06日

川越七福神めぐり


恵比寿その4―恵比須天・成田山―

小江戸川越七福神の第4札所として、恵比須天を
お祀りしているのは、成田山です。
恵比須天は「福の神」の代表ですね。
鯛を抱いた福々しいお姿は、なじみの深いものです。
七草寺として、「撫子(なでしこ)が植えられています。

 ★撫子の花言葉・・・貞節
  

2006年08月05日

川越七福神めぐり


大黒天その3―大黒天・喜多院―

川越市役所・市民会館の東側にある喜多院は、寛永15年の
火災の後再建された際、江戸城より「徳川家光誕生の間」
が書院、「春日の局化粧の間」が客殿として移築されて
います。小江戸七福神の大黒天が祀られています。
大黒天は、古代インドの闇黒の神、仏教では戦闘の神で、
食を司る台所の神と崇められました。
真っ黒になる程マメ(魔滅)に働き、大黒天を拝めば大福
利益を得られるといわれています。
  

2006年08月04日

川越七福神めぐり


寿老人その2―寿老人・天然寺―

七福神めぐりの2番目は「天然寺」です。
「川越駅」から15分、「妙善寺」からは約10分の国道16号沿いです。
ご本尊は「木造大日如来座像」で、川越市内最古の仏像だそうですよ。「長寿の神・寿老人」が祀られています。
富財・子宝・諸病平癒と御利益はありますが、
特に「元気に長生きしたい!」方におすすめ!
  

2006年08月03日

川越七福神めぐり


毘沙門天その1―毘沙門天・妙善寺―

川越七福神めぐりの旅は、まず「妙善時」から
スタートします。毘沙門天は、仏教の守護神で
多聞天とも呼ばれます。戦いの神、勝負の神と
言われているので、
「強くなりたい」「勝ちたい」と思っている人は、
お参りしてみてはいかがでしょうか。
JRと東武東上線の「川越駅」を降りて、右の方向にあります。

妙善寺のご本尊は、「薬師如来」でしたが、現在は「不動明王」を
ご本尊とし、側には阿弥陀如来、観世音菩薩、毘沙門天が安置され、
珍しいさつまいも地蔵尊もあります。
  

2006年08月02日

管理栄養士・武部圭子の耳よりQ&A


こんにちは! 武部圭子です♪

 まだまだ暑い日がつづきますが、夏バテなんかしていませんか?

【暑い!】

 暑いから・・・って、冷たいものばかりを摂っていませんか? 
冷たいものの摂りすぎは、胃腸を弱らせてしまいますよ〜。
自宅でもそうですが、どこへ出かけても建物の中は冷房が完備されています。
そんな状況で食事をするなら、逆に「体を温める」をキーワードに食材を
選ぶことをおすすめ! 皆様ご存じのにんにくや唐辛子、生姜などは体を
温めますから、状況に合わせて積極的に調理に活用すると良いですよ。

 「しそ」の香り成分はペリラアルデヒドで、強い抗菌作用と防腐効果が
ありますから、食中毒の予防になります。また、この香りが食欲不振や
疲労回復に役立つと言われています。

【冷やす!】

 暑い場所や、冷房のないところで摂る食事ならば、体を冷やす食材を活用
しましょう。夏に出回る枝豆やなすなどは、火照った体を冷やしてくれます。
毎日毎日、暑い状態が続くと消化酵素の働きが悪くなって消化不良を
おこしてしまいますから、冷やしてくれる食べ物も必要になります。

【疲労回復!】

 「暑い!」と汗をかくことも大切です。思いっきり汗をかいて代謝を良く
しましょう。でも、汗をかく・・・ということは、ビタミンCをたくさん
消耗することでもあるんです。たくさんビタミンCを補給しましょう。
そして、疲労回復には何といってもビタミンB1!
「食欲がない・・・」なんて言わないで、ビタミンB1をたっぷり含んだ
豚肉を食べることをお奨めします。
暑いのも残りわずか・・・元気に乗り切りましょうね♪

毎月第3土曜日 14:00〜 <集団栄養指導>開催中!
★廣瀬病院★049-222-0533
埼玉県川越市中原町1-12-1