HIBIKI

一般社団法人Moonlight Projectは若者たちが「楽に息ができて」「自分の未来」を見つけられ、いろんな人たちがつながるための場づくりのために、設立しました。運営の柱はHIBIKICAFÉと太鼓集団響です。この活動を土台に「新しい学校」設立を目指してもいます。HIBIKIは、これらの活動の発信ブログです。

一人ひとりが活躍できる地域づくり

23日の日曜日
市民会館おおみやにて
ワーカーズ1
上記のの演目で
お話をさせていただきました。

題名は主催者が決めてくれたものです。

内容は
Moonlight Projectが何に取り組み
どんな未来を描いているのかを
HIBIKICAFÉと
太鼓集団響と
宿カフェを中心に
ワーカーズ2
パワーポイントを使って
説明させていただいたのでした。

講演前には
響の演奏。

P4230558
旅の者
P4230564
Stargazer
Outsider
P4230597
おさんぽ
P4230621
Stranger

演奏に感動していただき
P4230632
マナブを描いていただいた
P4230631
画家さん
ありがとうございます。

かように来場者をつかみ
そのまま私の講演でした。

そしてシンポジウム
マナブも報告者の一人として
太鼓集団響の取り組みを
「働く」をキーワードに伝えて
私は報告者3名の
コメントをさせていただくことに。

それぞれの取り組みに
それを必要としている人と
用意しようとしている人がいて
その交流と
つながりが、とてもあつく語られていました。

私たちの取り組み
Moonlight Projectも
つながりが宝。

今後の活動の大切な
ヒントをたくさんいただきました。

明日は
第8回響きあう学びの会
午後8時からCAFÉにて
フランス映画
「奇跡の教室」をみます。
ぜひお集まりください。


Moonlight Project理事会

社団法人Moonlgiht Projectの
理事会を4月21日に開きました。

第3回目となる社員総会に向けての
原案審議が主な内容で
そこには監査役の
飛鳥井司法書士様にも
同席していただきました。

2016年度の振り返りと
今後の事業計画などが話し合われ、

総会は
5月10日(水)午後5時より
HIBIKICAFÉにて
開かれることになりました。

HIBIKICAFÉのこと
太鼓集団響のこと
宿カフェのことなどを含めた
プロジェクト全体の事業報告と
これからの計画を中心に
話し合われます。
決算も合わせて行い
その前に
近藤税理士事務所で
監査を5月2日に受けることになっております。

今回理事会で決定させていただいた中に
プロジェクトが
学校づくりに一歩を進めるというのがあります。

これまでも
学校をつくりたい
浦商定時制を復活させるなどと
いろんなところで話してきていましたが、

社員総会で認めていただければ
Moonlight Projectの活動目的に
学校づくりが明記されるのです。

学校設立準備委員会の準備会に
取り組みます。

第8回響きあう学びの会のお知らせ

今週金曜日
4月28日午後8時より
CAFÉにて
第8回響きあう学びの会を開催します。
今回は映画鑑賞と意見交流
2016年度
教育界で話題になった
「奇跡の教室ー受け継ぐ者たちへー」

映画鑑賞後
意見交流
みんなで話し合いを
食事をしながら予定しています。

ぜひご参加ください

4月23日(日)
ワーカーズコープ北関東本部主催の
生活困窮者自立支援フォーラム
「ともに暮らし、ともに働く、すべての人が輝く地域へ」に
P4230555
太鼓集団響の演奏とともに
参加してきました。
P4230558
平野は「一人ひとりが活躍できる地域づくり」という演題で
話をさせていただきました。

詳細は後日アップさせていただきます。


HIBIKIブログ

改めまして・・・こんにちは

太鼓集団「響」ブログを
装いも新たに?
HIBIKIとして
一般社団法人Moonlight Projectの情報発信を
中心に復活です。

昨日、
Moonlight Projectの理事会を開き
第3回社員総会の原案をつくりました。

その中で、
学校づくりを
新たな活動の柱として
入れていくことが了承されました。

このブログでは引き続き
響やカフェのことを
綴らせていただく予定です。
が、
中心は学校づくりを目指す
取り組みやその周辺の情報を
発信するブログとなります。

今後ともよろしくお願いします。

響の情報は
メンバーブログで
http://blog.livedoor.jp/japanesedrumhibiki/

カフェの情報は
カフェブログで
http://blog.livedoor.jp/hibikicafe/
チェックお願いします。

今後ともよろしくお願いします。

4月15日

お天気ですが
風の強い本日
タープの下でおいしい珈琲はどうですか。
P4150463

昨日はカフェの常任スタッフ会議
P4140460
感謝祭を振り返り
新メニューについて話し合いました。

本日4月15日は
私が担任をした
Mari
映画「月あかりの下で」にも
映し出されていた生徒が
亡くなって1年です。
http://blog.livedoor.jp/hibikikizuna/archives/47387235.html
響メンバーメグミの
大親友でもあります。

心優しい生徒で
自分も大変だった時期でも
他者を気にかけている
そんな彼女は
一人娘を残して
旅立ちました。

実は昨年のこの日から
なんとか、1年、
このブログを欠かさずに綴ろうと
決心したのでした。

エディンバラでも
インフルエンザにかかっても
綴り続けたのは

かつて彼女を担任していた時の
学級通信を思い返し
毎日綴ろうと取り組んだのだけど
やはり抜ける日があり、
学級通信を楽しみにしてくれていた
Mariへ鎮魂の意味を込め、
そして、響を見守り続けていただく
多くの方々に
今の響を
きちんと伝えなければとの思いも重なり
やり抜くことできました。

エディンバラ後、
響の活動や運営は
響メンバーが中心となり取り組むことになり

響の発信も
フェイスブックや
響のブログに譲ります。
http://blog.livedoor.jp/japanesedrumhibiki/

カフェの運営も
スタッフに移りつつあります。
こちらも
カフェスタッフの
http://blog.livedoor.jp/hibikicafe/
ブログで発信します。

これから私はのんびりと
Moonlght Projectや
私の周りのこと
そしてカフェや響のことを
好き勝手に綴っていこうと思います。
・・・これまでと同じ?

でも、
しばらくお休みします。

多分、すぐにでも再開させていただき
みなさまと再会すると思いますが
装いも新たにとも考えています。

しばらくさようなら

これまで読み続けていいただいた方々
どうもありがとうございました。

それでは。

和太鼓と身体技法はじまる

武蔵野美術大学
和太鼓と身体技法の講義が
始まりました。

西武線鷹の台駅を降りて
P4140443
玉川上水沿いの径を歩いて
大学に向かいます
途中の公園では
まだ桜が咲いていました。
P4140445

P4140449
ムサビに到着
P4140452

本日は講義室にて
オリエンテーション

響のDVDもみせて
7月までの講義
全体像を把握してもらいました。

「響の映像、かっこよかったです。特に音階がないのに、叩き方次第で、ひとつの大きな音楽になっていくのがすごかったです」
「和太鼓の演奏を聴いたら、とても心がワクワクしました。一つ一つ違う太鼓の音とリズムが重なるとても素敵な音楽になるな、と感じた。一体感を感じられるのがとてもよい」

私からはまだ一言も響が目指しているもの、
太鼓のこと、説明もしていないのに
彼らが感じ取った

太鼓は音楽
一つ一つの違うリズムがつくりだすハーモニー
理解してくれて、うれしい

中には
「一昨年前に、体育館で響のワークショップ、演奏に参加したので、太鼓を少しだけ叩いたことがあるのですが、DVDとしてPVとして一つの作品としてみてみると、また違った感覚でみることができました。授業としてじっくり技術などを学ぶのが楽しみになりました」
一昨年前の課外講座に参加してくれた学生もいます。
ムサビフライヤー1

そして
「母の実家が八丈島なので、叔父が八丈太鼓をやっています。小さいことはお遊び感覚で叩かせてもらっていました。」
なんという経験の持ち主
もう決まりです。響、この学生つながりで
八丈に行きます?

太鼓台数に限りがあるために
25名限定の講座
実際には倍以上の申し込みがあったのだとか

日本を代表する太鼓集団「鼓童」を
支えた伝統のあるこのムサビで
太鼓を指導できることの幸せと
つながりを感じています。

響も6月に入ると
この講座の指導者として
学生と太鼓を間につながります。
どんな講座になるのか
楽しみです。


本日はこれから
HIBIKICAFÉにて
CAFÉ常任スタッフによる会議です。

今、私は川越で
桶川行きのバスを待ちながら
このブログをつづっています。

本日4月14日
熊本震災1年目を迎えています。

文化が人をつなぐ

気持ちのいい1日が始まっています
まだまだ桜も見事に咲き誇っています。
P4130435

本日、平野は
埼玉県飯能市内の大学へ
3つの講義のために
朝1番で出講です。

キャンパス内の桜は
今が見どころ
P4130427
学生たちも写真を撮ったり
花を愛でたり
ゆったりと時間が過ぎています。

昨日読了したのは
原田マハの
太陽の棘
P4120424

沖縄終戦後の
混乱期
アメリカ基地内に
大学を卒業したばかりで
赴任した
精神科の医者と
沖縄で絵を描き続けていた
沖縄の人々との交流

沖縄の人が綴ったのではないので
限界があるのは承知
でも、作者、原田が最後に
主人公に述べさせる
「絵」という文化があったから
つながった。
濃密な時間が過ごせたという
言葉に感銘を受けると同時に
その純粋で当たり前の
こたえにたじろく私。

文化が人をつなげる
そしてその文化は
多分、本物。

このところ

奄美のShindou先生に
紹介された
「みおつくし料理帖」の
高田郁と
「楽園のカンヴァス」で
はまった原田マハを
読み続けています。

平野
本日の講義を終えるのは
午後4時30分
それからカフェに向かいます。

響はスタジオにて
教室と稽古となっています。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • 一人ひとりが活躍できる地域づくり
  • Moonlight Project理事会
  • Moonlight Project理事会
  • 4月15日
  • 4月15日
  • 和太鼓と身体技法はじまる
  • 和太鼓と身体技法はじまる
  • 和太鼓と身体技法はじまる
  • 和太鼓と身体技法はじまる
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド