太鼓集団「響」

一般社団法人Moonlight Projectに所属するプロの太鼓集団。母体は埼玉県立浦和商業高校定時制太鼓部。事務所を桶川市に置き、稽古場(響スタジオ)を本庄市児玉町飯倉に構え活動しています。2014年4月5日、事務所のある桶川に「若者たちの居場所」HIBIKICAFÉをオープンさせました。

夕焼けと月あかり

PC061989

昨日、大学の帰り道
夕焼けがあまりもきれいなので

少し高いところに行くと
富士山も見えて
PC061986
南には月も
PC061982
でていました。

月のあかりは
とっても小さかったけど
美しかった。

私たちが取り組んでいる
月あかりの計画
Moonlight Projectは
学校づくりを目指しています。

最終的な目標は
誰もが幸せでいられる
幸せになるために
自らの力を育てる
学校に仕上げたい、
と考えています。

その場所をつくるにあたり
たくさんの課題と壁があり

たくさんの力が寄せられなければいけません。

2020年に動きだすはずの
この学校づくりのプロジェクトは
ほんの少しずつだけど
いろんな人が集まって
一歩を進めています。

今年の師走に入り
それが大きく
一歩進みました。

HIBIKICAFÉと
響が核にあったからこその
新たな展開でもあります。

具体的なことは
まだ語れませんが、
学校を立ち上げるための
難問がひとつ
クリアーできそうなのです。

学校をつくれば
そこに仕事も生まれます
たくさんの化学反応も起こせます。
人が集います。
人が集うための文化がうまれます。

自分たちで学校をつくれば
自分たちの未来も自分たちで描けます。

まだまだよちよち歩きのプロジェクトですが。
もう少し下準備をさせていただき
1年ほど繰り上げて
2019年には
動き出したいと思っています。

私も参画したいと思ったら
HIBIKICAFÉにおいでください。
響の演奏にぜひご来場ください。
そして私たちとつながりましょう。

偉そうでごめんなさい。
でも、私。
本気で学校をつくろうと思っています。

ディテールにこだわる

大山勝美という
演出家がいます。
山田太一作の
ドラマ「ふぞろいの林檎たち」を
演出、プロデュースした人ですが、

彼が作家 奥田英朗との対談の中で
述べていたのが
作品づくり、
まずは
「テーマよりもデイティールにこだわる」
なのでした。

響は今
レクイエムという「テーマ性」の高い
作品に取り組んでいます。

だからこそ、
そのテーマだけに振り回されず
ディテール、こだわり、
技術を磨き
アンサンブルを手抜かない

11月後半から
どれくらいこの作品に
時間を割いているのでしょう。

昨日ようやく
舞台にあげてもいいレベルの直前に
たどり着いたと思うのです。

四部作
それぞれの場所で
叩く太鼓が異なり
叩き方も変わる

一部・・・祈り
PC051946
マナブは締太鼓を手で叩きます。
PC051942

二部・・・鎮魂
ナツコの締太鼓からはじまります。
PC051947

三部・・・槌音
マナブが叩く枠うちが
PC051958
槌音をあらわし
時に激しくはいる
平胴大太鼓の音が
遅々として進まない復興の
PC051962
心のとげをあらわす。
PC051953
PC051954

この三部を通して
メグミの篠笛の
PC051956
メロディーラインが
そこに生きている人たちの
物語を語る。

そして四部・・・希望
PC051977
ヤマチャンのチャッパと
PC051974
マナブの桶と
PC051967
ナツコの締を
PC051975
メグミがリードして
PC051970
幸せを呼ぶといわれる
南阿蘇にいた
青い蜂の舞いを
あらわす。

これだけの稽古ができたからと
簡単に納得いかない

それは沖縄や、水俣や
東日本震災や
熊本地震をへて、経験した
私たちの思いと願いを
平和へのメッセージを伝えたいから
そんなテーマを持った作品だから。
PC051980

昨夜はいつまでも
レイクエムに向き合っていました。

12月20日
川口北高校学校公演で披露します。

発表に向けて その2

「全体図が見えてきたとたん、とても楽しくなった。自分がどこで何をやればよいのかが、はっきりしてきて、太鼓の音に集中することができた。またテツクのリズムを変えると、はねるような調子になり、全く印象が変わった」
PC021758
いよいよ発表に向けて
武蔵野美術大学
和太鼓と身体技法
学生たちが本腰を入れ始めました。
先週金曜日の講座です。

豊年太鼓の
リズムをベースに自分たちの表現を!
が、今回の課題
5分ほどのオリジナルをつくっています。

「発表に向けて練習したが、3人なだけあって、見せ方の工夫が大変だった。パフォーマンスより、音を合わせることに力を入れていこうと思った。発表は成功させたいので、残りの練習時間は音合わせを頑張ろうと思った。リズムを皆で合わせて素晴らしい発表にしたい」
PC021763
他の班よりもメンバーが少ないグループ
知恵を寄せ合い
パフォーマンスに走らず、
じっくり音に向き合うことにしたようです。

「テックがカッコよくて、とてもいい感じでした。発表はとても不安弟子が、他のチームが楽しみ。テックもですが、身体の動かし方、打ち方、打つ場所によって、様々な音がなって、面白いと思いました」
ベースのテツクをテックと軽やかな感じに変えたグループです。
PC021764

「違う曲を曲に合わせて作るのは初めてなので、とても新鮮です。また三宅を教えたり、練習することが久しぶりなので、とても楽しいです。発表も完成度を上げてのぞみたいのと思います」
PC021761
豊年をベースに三宅太鼓も取り入れて
練習しているグループです。

「練習すごく楽しいです。パフォーマンスとかかけ声とか、まだまだで、リズムもまだスムーズさにかけるので心配ですが・・・ここまでくるとなるようになれ!です」
PC021759
女子5人組。中国からの留学生も入り
異文化をぶつけあっているのでしょうか。

何しろ16日の発表に向けて
自分たちの創作の時間

作品をつくり上げることに
さすが美大生
熱中できる
学生たちです。

そんな彼らの制作意欲に
私も刺激を受けています。

秩父夜祭りでたくさんの収穫

昨晩の秩父夜祭り
PC031896
平野、珍しく撃沈せず
最後まで、きちんと
祭りを堪能してきました。
と、言ってもそこにはからくりが・・・

そんなに大げさなことではないのだけど・・・

昼間から、というより朝から
祭りの雰囲気にあおられて

ビールに始まり
日本酒
イチローズモルト
そして
お世話になっている
慈眼寺の住職のいただきものの
PC031868
南泉という
種子島の焼酎を
たくさんたくさん・・・
で、夕方には撃沈

すると
屋台が巡行をはじめたころ
メンバー、何度も何度も
起こしてくれて・・・・

何度めだったのでしょう。
あるとき
はっと「俺は何しに来ているのだ」と
我に帰り
復帰。

ちなみに南泉は
住職のペンネーム
PC041928
こんなにたくさんの本を出されています。

その後は、祭りを楽しみ
この場所に集まってくれた
響の関係の方々と語りあい
素敵な時間を過ごしたのでした。

Super Asia関係の人
太鼓教室の生徒さんの家族
マナブが佐渡島で修行していた時の仲間
新しい学校をデザインからつくろうと
奮闘している、仲間

感謝してもしきれない
人とのつながりの中で
私は今
幸せと
二日酔いに酔っています。

それも
メンバーたちの働きのおかげ
慈眼寺境内で
販売した
うどんや、味噌田楽や
アルコール類は
PC031921
完売。

ユネスコ登録と
土曜日開催と
気持ちのいい天気が
重なって
38万人を超える
観客もあったでしょうが、
PC031917
身動き取れないほどの人、ひと、ヒト

献身的に働く
響メンバー
PC031870
ヤマチャン、メグミ
PC031806
ナツコ
PC031865
マナブは海外のお客様の対応中

ネクストメンバーの
PC031900
ワカと、昔からのつながり
Naganumaくん
ネクストネクストメンバーの
PC031901
ツカサも
一生懸命お手伝いをしてくれて

そんな一生懸命さが
地元の方にも伝わる。

今年は
ヤマチャン、マナブ
15350489_1715007515482967_5854097908071267127_n
なんど、中町の山車を
曳かせていただいたのでした。
PC031918

秩父夜祭の真っただ中へ
響のメンバーが入る
それは、かなわないと思っていた夢

一歩をしるしたのでした。

それも慈眼寺の
住職やMakiさんのおかげ
本当にありがとうございました。

本日、すでにワカやNaganumaさんは
出発し
ナツコもお墓参りのために
慈眼寺をあとにしています。

残ったメンバーで
PC041932
記念撮影

そうそう社務所に
Super Asiaのポスターも
PC041926
張っていただきました。

みんなの期待にそうため
響は
本日もスタジオで稽古です。

夜祭りワクワク

秩父に来ています。
朝、浦和を出て
レッドアロー号で
10時30分に到着
PC031830
夜の祭りに向けて
準備が進んでいます。

ユネスコ文化遺産に登録され
PC031792
今年は暦が具合よく
土曜日の開催
例年よりもたくさんの人が
集まってきています。
PC031825

まずはお世話になる
慈眼寺にあいさつ
PC031808
すでに響メンバーは
テントの下で
甘酒やうどんを販売しています。
PC031800

秩父神社
PC031813
屋台で子ども歌舞伎
PC031821

すでに街中には
屋台がお披露目
PC031835
響が今年、お世話になる
中町の屋台は
PC031840
こんなにきれい
PC031848
夜の巡行に向けて
PC031854
提灯などの準備が進められています。

ワクワク
お祭りって
その前から
気持ちを盛り上げてくれます。

このワクワク感を
舞台でお客様に届けたい

そんなこと考えながら
PC031856
イチローズモルトを
飲みながら
このブログをアップしています。

夜祭りの詳細は
明日アップします。
お楽しみに!

夜祭り宵宮

秩父の喧騒が聞こえてきそうです。

本日は夜祭り宵宮
屋台も引き回しがあったり
雰囲気が盛り上がっていることでしょう。

響は本日、
桶川で太鼓講座を開催し

明日の早朝、秩父に向かいます。

今年は
例年とちょっと違った形で
夜祭に参加できるとのこと
秩父13番慈眼寺さんのおかげです。
楽しみです。

さて、昨日の稽古は
学校公演に向けて
民間教育団体の集会へ向けて
テーマ性の深い楽曲
「Requiem」に
集中して取り組みました。

四部作の
それぞれに
違ったテーマがあり
その思いを楽曲であらわすという
難しくて
楽しい作業に没頭しています。

一部 祈り
PC011736
二部 鎮魂
PC011737
PC011740
三部 槌音
PC011741
PC011745
四部 希望
PC011749
PC011753

響がつながった様々な地域や
人との中で培われた
思いをテーマにのせて
太鼓のアンサンブルを
再調整しているのです。

高校生や
教育実践の現場の方々に
きちんと届くといいな
響メンバー
音と知恵を寄せ合っています。
PC011755

そして、明日の秩父研修
屋台囃子も
二つの舞台で披露するつもりです。

秩父の人たちが
どんな思いで受け継いできたのか
少しでも組み取れるように
響は祭りの中に
きちんと入ってきます。

屋台囃子の音の
シャワーを浴びてきます。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 夕焼けと月あかり
  • 夕焼けと月あかり
  • 夕焼けと月あかり
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
  • ディテールにこだわる
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド