2017年07月19日

42期B1リーグ第7節

2312で+47.3でした!

image



ここんとこ麻雀の調子も出来も良くなくて、焦りや苦しさを感じていました。
Aリーグから落ちて早く戻りたい気持ちや周りからの期待をマトモに受け止めていたんだと思います。
本来ならもっと謙虚に向き合うべきで。実は謙虚に向き合うと勝てないことは当たり前。勝って当たり前と思うから、焦るし苦しいのだと思います。
こういった気持ちのバランスをうまく取るために、麻雀プロの中には「結果は気にせず良い麻雀を」と言う人も多いですね。

今日は2つ決めて行きました。
1つは、劣勢でも苦しい顔をしないこと。
もう1つは、卓に入り込むこと。

やっていて思ったんですが、苦しい表情と超集中しているときの表情ってちょっと似ていて、苦しい顔しないようにって思ってる所為で入り込むまでに時間がかかってしまったかもしれません。
相変わらずミスはありましたが、今日はしっかり打てたと思います!

残り5節、もちろんポイントは気になりますし残留したいしあわよくばの昇級も当然まだ諦めていませんが、自力を付けることを意識して残りを闘っていけたらと思います!



そういえば、ねこけん放送するそうです。そちらもお楽しみに!

hibikim at 18:21|PermalinkComments(0)42期リーグ戦 

2017年07月06日

42期B1リーグ第6節

3424で△115.9
大敗しました(*_*)

反省点3つ。昔と比べないようにはしてたけど、昔は出来ていて出来なくなったことがいくつかありそうです。
型を作らず進化していこうというスタンスでやっていたからか、一回ゴチャッとなるとよくわからなくなってしまうんですよね。

それでも良い内容で打てているときももちろんあるので、そういうときをもっと増やせるようにしていきます。

image



降級の危機!
内容が悪いから降級の危機、というのは成り立つと思いますが、
降級の危機だから内容が悪い、とはならないので、1戦1戦大切にしようと思います。

hibikim at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)42期リーグ戦 

2017年06月11日

42期B1リーグ第5節

4122で+34.2でした!

降ろされる局面が多くて厳しい闘いでしたが、気合い入れて打ち切れたと思います。

嬉しかったのはこれ。


3回戦南3局1本場
親番 ドラ七索

二萬三萬一筒一筒二筒六筒七筒六索八索八索西西發發

4巡目

メンツ手メインですがチートイツもあるので三萬切り。
九筒が3枚切れていてピンズリャンメンの方が待ちは良さそうなため。
次巡ツモ六索、チートイツに決めて打六筒
二萬を引いてテンパイし、ション牌の待ち選択は七筒単騎を選び4800は5100の出アガリ!
こういうアガリは嬉しいですね!裏ドラ乗ったらもっと嬉しいですが。

そういえば今日、裏ドラ全然乗ってくれなかったな(@_@)

次節も頑張ります!降級圏脱出までもう少し!

image


hibikim at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)42期リーグ戦 

2017年05月28日

42期B1リーグ第3節その2

こんばんは!
今更ながら、B1リーグの第3節から難しかった場面を一つ。
牌譜がなく書きづらかったので放置していましたが、書き留めておきたい内容なので書いてみます。


南2局親番 1本場供託1
36000点くらいの2着目
北家がトップ目で38000点くらい

3着目南家が發ポンとマンズ四萬五萬六萬をチー
2フーロ目、マンズのチー出しが五萬

ドラは二萬

南家はホンイツではなさそうで、1000点からドラアンコまで打点は幅広くありそう。1000点あがって供託回収も十分ありそうです。マンズはドラ以外は待ちになってなさそう。

そこへトップ目の北家がいかにも当たりそうなピンズの無筋とソーズの無筋を連打。
刺し込みにいっているというよりは無視して手を進めている感じ。ピンズリャンメン全部と四索が通ったところに、手出しで八索を更に押してきています。

そんな12巡目、自分がドラ雀頭のタンヤオドラドラ二索-五索待ちでテンパイ。
二索-五索二索五索を1枚ずつ、メンゼンでゼンツしているトップ目北家が切っています。2枚見え。

南家がリャンメン待ちだとすると残っているスジは二索-五索三索-六索六索-九索しかありません。ドラドラなら愚形もありそうですが。
ただ、北家の押し方だと二索-五索もこのまま押しそう。


リーチ?ダマテン?


よくわかんなくて、実践ではダマを選択。
何人か強者に聞いてみましたが、半々でした・・!どっちなんや(;_;)

リーチのメリットは、仕掛けている南家を降ろせるかもしれないこと。
ダマテンのメリットは、メンゼンゼンツの北家から二索-五索出アガリ確率の上昇。


実践では、南家が私にとって最悪のドラツモ切り!リーチなら押されてなかったかもしれない牌です。
そして次巡の私のツモは六索・・
南家はドラドラじゃない→リャンメン率アップ→六索は65%当たりなんですけど!
打っても1000点だし、万が一通ったらリターンが大きいので押して1000点に放銃しました。

リーチだったか?!
ちなみに北家はツモり四暗刻のテンパイだったそうです。
リーチで南家が降りていたら、16000点の係になっていたかもしれません。
結果だけを追うと優劣は追えなくなってしまいますね。


hibikim at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)42期リーグ戦 

2017年05月24日

42期B1リーグ第4節

遅くなりました。
B1リーグ第4節、配信卓でした。
2243で△40.6でした(;_;)


"【麻雀】第42期最高位戦B1リーグ 第4節" https://freshlive.tv/threearrows-ch/110061 "FRESH!"


image


厳しい闘いが続いています。
配信卓だったので放送を見直しているんですが、やはり一番心に残ったのはこの場面です。

image


2回戦の東1局
なんてことのない私の一人テンパイで流局。
このときの村上さんの解説が、なんというか、嬉しさと悔しさで複雑な気持ちでした。
私の麻雀を恐怖だと認めてくれた上で、最近は怖くないと否定してくれています。タイムシフト視聴できる方は是非。


いやーでも、やっぱり悔しい気持ちの方が上回ります。がんばります!!!


次節は6/11です。

hibikim at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)42期リーグ戦