2009年06月22日

天鳳最強戦を通して

ずっと迷っていたんですが、やっぱり触れることにしました。
本当に失意を覚えたユーザーの方もいっぱいいらっしゃるでしょうし、そういう方に対して、麻雀プロを名乗る一人として、最高位戦に所属する一人として、ネットの第一線に立つ一人として、全く触れず放置したままというのは真摯でないと思い、この場で書く決断をしました。
擁護するつもりも批判するつもりもありません。
ただ、放置するのはネットユーザーの皆様にあまりに失礼だと感じたので。
僕は一応最高位戦の理事補佐という立場なので(1年目のペーペーですが)、思ったことを好き勝手に書くわけにはいかないのですが・・。



恐らく現在最高位戦に所属している麻雀プロの中で、ネット麻雀の存在を一番重く見ているのって僕だと思うんです。
それは自分が今までネット麻雀と付き合いがあるからで、その存在の重要性を理解しているつもりだし、愛着を持っているからだと思います。
逆に身内贔屓みたいな感情もあるかもしれません。


最高位戦からのゲストプロは自分を除いて5人。
彼らがネット麻雀に対して、自分と比べて重きを置いていないことを、僕は始まる前から感づいていました。
でも僕は5人に対して明らかに実績・経験・年齢・所属年数すべて劣るので、情けないことにその場で意見できなかったんです。

今回のゲストプロ面々を見ると、僕のゲスト参戦価値は下から数えた方が早い。
それならとにかく打荘数を多くして本気で優勝を狙う事と、対戦記を書く事。
僕にはこの二つしかできないので、自分の出来得る限りを尽くしたつもりです。

それはもちろん、ゲストとして呼んでいただいた天鳳様への敬意が一番ですが、みんな僕の取り組みに触発されてくれないかな、という思いもありました。

でもちょっと甘いですよね。本当にネット麻雀の価値をわかってもらいたいなら、いくらでもやりようがあったように思います。


今回ゲストプロだった5人は、本当の麻雀打ちだと僕は思っています。
ちょっと悔しいけど、多分僕よりずっと麻雀に対して真摯だと思う。
そして、その麻雀には非常に価値があると僕は思っています。
だからこそ今Aリーグで活躍しているんでしょうけど。

すべてを犠牲にして麻雀を打ってきた人達なので、パソコン使える人も少なくて。
村上さんなんか、「まーじゃん」とタイピングするのに、「伸ばす棒どこにあるかわかんねーよ!」っていうレベルなんですよ。笑
そんな人達にネット麻雀の価値をわかってもらおうとしていなかった自分にも、大きな責任があると思っています。
決勝を楽しみにしていたユーザーの皆様には、本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

実は、今回天鳳最強戦の話をまとめてきたのは張さんなんですよ。最高位戦にも、パソコン不得意ながらも挑戦しようとしているプロも多くいますし。
すぐには難しいかもしれませんが、将来的には最高位戦とネット麻雀がうまく関わっていけたらと思っています。
また個人的にも、麻雀プロの一人として、ネット麻雀ユーザーの一人として今後も関わっていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願いします。



最高位戦日本プロ麻雀協会 佐藤聖誠


hibikim at 14:50│Comments(9)TrackBack(0)麻雀(天鳳) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たま   2009年06月22日 22:23
天鳳最強戦と並行して行われた、
最強戦の実況中継で参戦ゲスト・開発者らを
ゲストによんで喋ってもらってましたが、

最高位戦からは石橋さん・村上さん・水巻さんの
Aリーガー三人をゲストに呼んで、
喋ってもらった話はそれぞれ面白かったですよ。
(ほかには小倉さん・須田さん、運営のつのさん、
折原さん・とつげきさんなど豪華メンツ。。)

聖誠さんは前のゲストの話がいろいろ押して、
喋る時間が少なかったのであらためて聞かせてください。


ps
今後は飯田さん・金子さんといった、
大御所に喋ってもらうとかできそうですか。。

仮に当人がパソコン操作が不慣れだとしても、
まわりがセッティングして
当人は当日に喋るだけって準備すればできるかも。。
2. Posted by MS   2009年06月23日 12:34
天鳳のユーザーとして、また最強戦を楽しみにしていたものとして、また麻雀プロへ様々な期待をもっているものとして、今後少しずつでもネット麻雀を軽視した風潮が少なくなっていけばなと思います
例えネット越しとはいえ、相手は生身の人間なのですから
3. Posted by いぶしのけん   2009年06月23日 13:09
プロのお立場でありながらのこの日記は非常に価値のあるものだと個人的には思っています。


私の尊敬する長嶋茂雄の言葉にこんなのがあります。
「勝負の世界に身を置く者にとって、最大の背信行為はギブアップです。」
というのがあります。私自身にとっても座右の銘です。


私は張さんのトビルールを知らなかったことは仕方のないことと言えば仕方の無いことだと思っています。
ですが、プロとしての自意識があるなら「ルールくらいきっちり理解していて欲しかった」というのがあります。ルールによっては打ち方が全く異なる麻雀なのですから。

つづく
4. Posted by いぶしのけん   2009年06月23日 13:10

つづき

「すいません、トビありでしたね(笑)」
の『(笑)』に関しても物議を醸しているようですが、これに関しては私はPCスキルの無いと思われる張さんにある意味同情しています。

ネットに常日頃振れている私もこの『(笑)』の使い方で相手を傷つけてしまった経緯があります。
顔で表情を出せないのでニュアンスの取り方でどうにでも取れてしまいます。

まあ欲を言えば「通常の大会ルールと同じと勘違いしてロンボタンを押してしまいました。すみません>< 」
がベストであったと思われますが、仕方のないことだと思っています。



私はリアル麻雀のスキルとネット麻雀のスキル(PCスキル含む)は別物だと思っています。
(特にプロの方はマウス操作が不慣れであるのではないかと推測します)
なので個人的にはゲストプロは普段からPCに慣れ親しんでいる人にすべきだと個人的には思っています。



長文失礼しました。
5. Posted by キングカス   2009年06月27日 11:31
あなた、えらいですな。
なかなか書けませんよこういうのは。
麻雀に関してのネットスキルはともかく、
ネットにおける表現とか2ちゃん耐性なんてのは慣れだし、ちっとも偉くない。
だいたい寒いレスしてこの表現はネットじゃおかしいんだなとか覚えましたからw

6. Posted by 佐藤聖誠   2009年06月29日 09:00
>たまさん
配信は僕も後日聞きました。
やはりみんな、喋るの上手ですよね。

飯田さん・金子さんは、どうでしょう?
とりあえず飯田さんはまず無理でしょうけど・・(ネット云々に関係なく、「喋れない麻雀プロ」代表なので。笑)
とりあえず、会の価値観が変わっていかない限りは実現しないでしょうね。
7. Posted by 佐藤聖誠   2009年06月29日 09:02
>MSさん
なんかもっと、お互いの世界がお互いにとって得なように融合していけばいいのになーとは思いますよね。

8. Posted by 佐藤聖誠   2009年06月29日 09:07
>いぶしのけんさん
PCに慣れ親しんだ人に、ゲスト参戦価値があるとは限らないんですよね。
プロとはいえ、例えば今回のゲストが名も知らないCリーガー5人だったら興ざめじゃないですか。
最高位戦のPC音痴率は、かなり高いですよ・・w

でもこの前村上さんが、「新人研修でパソコン講座ってどう思う?」みたいに言ってました。
さすがに運営上使用するPCスキル講座になるでしょうけど。
ていうかまず、村上さんにPC教えなきゃいけないんですけどね・・w
9. Posted by 佐藤聖誠   2009年06月29日 09:13
>キングカスさん
僕の中では、書かずに済ますって選択肢は無くて、どこまで書くかって話だけだったんですが。
結局中途半端な感じになってしまいましたけど。笑

ちなみに僕はまだ、2ちゃん見て簡単に嬉しがったりへこんだりしちゃいますけどね。
全然慣れてません。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字