2017年03月14日

最高位に揉んでもらう十二番勝負より

よくわからないタイトルをつけてしまいました。ブログお久しぶりです。
ツイッターに書いたら結構反響があったのでこちらで取り上げようかなと。
タイトルはそのまんまで、B1リーグへ降級が決まった翌月から月1で最高位様に稽古つけていただいています。
とりあえず一年は挑戦権がないので、それを良いことにお願いしています。残り二人も同じメンバーは呼ばないようにして、いろんな人にお願いしています。
昨日もそれでした。そこからの1局。

最高位戦ルール(一発裏ドラあり、オカ無し10-30)

オーラス西家
東家 46900
南家 20500
西家(私)27200
北家 25400

トップ目親と197差。ハネツモでも届かないので焦点は2着争い。3着と18差、ラスと67差です。

7巡目ドラ七筒

一萬三萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒四筒七筒八筒四索六索八索

ここからドラの七筒を切ったお話。

あってるかどうかはわかりませんが、このとき考えていたこと書いてみます。

まず、197差の親。自分だったら?チャンスタイムだと思って攻めると思います。
このとき、序盤普通の捨て牌から6,7巡目に東の対子落としが入っていました。リーチきそう・・
自分は僅差2着目、親への放銃は困ります。親の現物は一萬だけだったので、ここからのマンズ切りが選択肢から外れました。

次に六筒九筒の良し悪し。六筒が表示牌に1枚、九筒は北家の3巡目と南家が7巡目に手出しして2枚見え。
ただ南家は6巡目に五筒を手出ししていて、1〜5巡目は平凡な捨て牌。ドラそばだしなんか六筒九筒もう1枚くらいありそう・・北家の九筒も合わせたら、六筒九筒もう1枚ちょいくらいカウントして良さそうだなと思っていました。感覚的には六筒九筒4枚ちょい見え。(次巡南家は手出し九筒、対子落としでした)
4枚見えの六筒九筒埋まるかな・・?埋まらないと判断して外すにしても七筒はドラだから、2000点条件の北家(下家)はチーしたいかも。
外すなら早い方がいいな、どうせテンパイは目指さないといけない状況だし。

という感じで選びました。七筒ムリヤリ鳴かれましたけど(^^;

この先はただの結果ですが、

一萬二萬三萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒四筒四筒六索六索

こうなり、一筒四筒が良い待ちだったので勝負のリーチをして、まっすぐ来た親からあがって無事2着で終えました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

あってるかどうかはわかりませんが、こういう選択が増えてくると自分としては嬉しいです。


ブログさぼらずまた書きます(^^;

hibikim at 23:32│Comments(0)TrackBack(0)麻雀(その他) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字