2017年11月17日

元記事

今週は、リビングランド探検でストームナイトが直面する敵と脅威について紹介する。

恐竜

まずはリビングランドのアイコニックな生き物、つまり恐竜である。リビングランドの恐竜に現代の科学的正確さは必要ではないと正直に認める。しかし、有史以前の生物に関する1980年代時点の知識により強く基づいている。ヴェロキラプトルは想像以上に大きかった。ティラノサウルスと並んで走り回るそれらは、羽毛ではなく鱗で覆われている(訳注:おそらく映画「ジュラシックパーク」に比べての話)。そしてこの脅威カテゴリには、翼竜のように厳密には全く恐竜ではない生物も含まれる。

しかし、アンキロサウルスやブロントサウルス(米ドラマ「ストレンジャーシングス」でダスティンが着ていた服のやつだ)といった古典的なものに気付くだろう。そして旧版からの愛すべきあいつ、ボーアカにも。

(β) ボーアカ
ボーアカは立つと全高80メートルで、4本の太い脚は大きな重い鱗に覆われている。背中に沿ってカーブを描く巨大なトゲが生え並び、隙だらけの背中への攻撃を邪魔している。図体がでかいので、赤顎族(Redjaw Clan)はこの巨獣を戦争の道具に利用し、またその筋力と体重によってたいていの建物を倒せる。ボーアカはレルムでは一匹しか目撃されていないが、まちがいなくもっと多くがやって来ている。

能力値:魅力3、敏捷度4、知力3、精神力8、筋力34
技能:回避6、発見5、威嚇(28)、間合い(14)、トリック(13)、格闘10
移動4、耐久力39(5)、ショック14、負傷5
装備:なし
特典(Perk):なし
ポシビリティ:決してない
特殊能力
・アーマー:鱗の皮膚+5
・噛み付き:筋力+2(36)ダメージ、20mまで届く
・恐るべき存在/Dread:この生き物がいるとき、いかなるスタンダードシーンも代わりにドラマチックシーンとなる。
・怪物/Monster:ボーアカはあまりにも大きく、ほとんどの敵に気付かないので、「怪物」ではない相手からの対人行為は無効。部位狙い(Called Shot)では、この獣にいかなる追加効果も与えられない。
・超大型/Very Large:ボーアカは頭から尻尾までの全長が160mある。その大きさにより、ボーアカへの攻撃者は、攻撃ロールに+4ボーナスを得る。
・弱点/Vulnerable Spot:敵がボーアカの背中を護るトゲトゲの鋭い鱗の下に潜り込めば、そこは弱点となる。それが可能な場所にたどり着くにはドラマチックな行動解決を行い、それぞれの手順には敏捷度判定を行い、難易度は標準(Standard、難易度10)だ。毎ラウンド、ボーアカは身をよじり鱗をこすり合わせ、背中にいる敵それぞれに1回の噛み付き攻撃を行うものとして処理する(これには複数目標/Multi-Targetのペナルティはつかない)。この作業を完了させたキャラクターはボーアカのアーマーを無視し、部位狙いで急所に命中したとして処理する(ダメージ+4)が、この部位狙いには命中ペナルティはつかない。ボーアカは、鱗の下に潜り込んだ者をもう傷つけることはできないが、赤顎族や寄生虫(獣?)が中にいるかもしれない!


アンデッド恐竜

(いまのところ)ほとんどが米中西部の北部で目撃された新たなアンデッド恐竜たちが、脅威の章に掲載されている。Z-Rexは既に紹介したし、その他の例としてはグーラサウルス(Ghoulasaurus/食屍竜?)やスケレラプトル(Skeleraptor/骸骨ラプトル?)がある。

エディーノス

リビングランドの脅威の章は、ストームナイトの戦いの相手(あるいは助け)となる実に幅広い様々なエディーノスが載っている。これらには、エディーノス司祭の例、主な部族(clan)の戦士の例、そしてそうした部族のチャンピオン(ベータレベル用の敵)が含まれる。それらのうちの1人、白槍族(Whitespear clan)の無言のチャンピオンであるスピアハンド(Spearhand)を紹介する。

(β) スピアハンド
スピアハンドは白槍族の無言のチャンピオンだ。彼は奇妙な骨格を生まれ持ち、右腕が突出していた。部族から忌避されたが、その腕力と忍耐力で何とか生き延び続けた。レックシュタレクがこの若き追放者に可能性を見出し、骨細工(Bone shaping)の奇跡を使い、その部下のトレードマーク武器を作り上げた。それは彼の骨格に直接繋がっているのだ!

台詞「……」

能力:魅力6、敏捷度12、知力8、精神力14、筋力12
技能:回避17、信教17、威嚇22、間合い17、白兵戦17、隠れ身15、サバイバル9、挑発10、トリック13、格闘17
移動12、耐久力16(3)、ショック14、負傷4
装備:骨の鎧/Bone Armor(+3)、骨の槍/Bone Spear 筋力+3(15)ダメージ
特典(Perk):Bone Marked、Hardy、Razor Scales、Scarred、トレードマーク武器/Treadmark Weapon(骨の槍、この武器でのBDは出目1を振りなおせる)
ポシビリティ:3
特殊能力
・噛みつき/爪:筋力+2(14)ダメージ
・繋がれた槍/Grafted Spear:スピアハンドの武器は骨格の一部であり、武器を落とさせることはできない。


未確認生物と人間

リビングランドの生き物のすべてがタクタカー由来ではなく、コアアースで「生まれ育った」ものもいて、サスカッチ(Sasquatch)やチュパカブラ(Chupacabra)のような未確認生物、あるいはカルテル(中米麻薬組織)の用心棒(Enforcer)や、Losangradosの司祭(アステカっぽい!)のような人間も載っている。(訳注:Losangradosは、スペイン語のLo Sangrados=出血、ということかな?)

ゴスポグ

最後にゴスポグについて。これは旧版とよく似ていて、第五世代まであり、同じ畑を継続的に使うことで、数は少なくなるがより強力な種類のゴスポグが収穫できる。しかし、トーグエターニティのゴスポグは、(旧版の)ご先祖に比べても危険な存在になっている。もしポシビリティ能力者の死体がゴスポグの種の苗床になったら、第四世代ゴスポグになる確率が高い。第五世代になるには、ポシビリティ能力者の死体を使うことが必要であり、ゴスポグ自体がポシビリティ能力者になるだろう!

(β) リビングランド 第五世代ゴスポグ
この素晴らしいゴスポグは小さな丘ほどの大きさがあり、コケ、キノコ、這い回るツタで形作られ、なんとなく人型の獣の形をしている。個体数は少なく非常に危険な存在で、ひと睨みで恐怖を増幅させる波長を送り出す能力を持っている。多くのコアアース兵のうち、対峙して恐るべき触手にやられる者よりも、恐怖に逃げ出す者の方がずっと多かった。ありがたいことに、こうしたゴスポグは動きが鈍く、別の場所に行くにも時間がかかるので、リビングランドの大きな戦いで彼らを活用するにも普通では限界がある。

能力値:魅力5、敏捷度6、知力7、精神力10、筋力17
技能:回避8、発見8、威嚇15、間合い8、リアリティ12、隠れ身6、トリック(9)、格闘19
移動6、耐久力21(4)、ショック無効、負傷3
装備:なし
特典(Perk):執念深いVengeful(負傷を受けると、負傷を受けた敵に対する次の攻撃に高揚を得る)
ポシビリティ:5
特殊能力
・アーマー:分厚い粘液で覆われた肉 +4
・爪:筋力+2(19)ダメージ
・恐るべき存在/Dread:この生き物がいるとき、いかなるスタンダードシーンも代わりにドラマチックシーンとなる。
・恐怖/Fear:ゴスポグは死体と腐った植物質が融合した怖ろしい存在だ。意志力か精神力で判定し、失敗すると「すごい萎縮(Very Stymied)」となる。
・可燃性/Flammable:この生き物に日による攻撃が命中すると着火する。1分間、火のダメージ+1BDを毎ラウンド受ける。不幸にも、この火は「肉喰らいのコケ(下記)」と同じように他者(ゴスポグへの攻撃者)にも及ぶ。
・肉喰らいのコケ/Flesh Eating Moss:このゴスポグの外側を覆って形作っているコケは、酸性で触れた物を溶解する。白兵戦攻撃をしたものは、攻撃がよい成功(Good)以上でない限り12ダメージを受ける。また、つかまれている敵は12+1BDダメージを毎ラウンド、ゴスポグの手番の最初に受ける。
・精神なし/Mindless:ゴスポグには威嚇と挑発の対人行為は効かない。
・執拗さ/Relentless:ゴスポグにはショックダメージは無効。
・超大型/Very Large:このゴスポグは、差し渡しと高さがふつう10mある。これへの攻撃者は、攻撃ロールに+4ボーナスを得る。
・アンデッド/Undead:ゴスポグには、毒や、呼吸・食事など「生命」プロセスが必要な効果は無効。


hibikisan at 20:56コメント(0)TORG Eternity 

2017年11月11日

元記事

キックスターター期間に選択できる製品の一つが、リビングランドGMスクリーンとアーキタイプのセットだ。これには、新しいリビングランドのテンプレートと、この地域にいそうなコアアースのアーキタイプが含まれる。

コアアースのアーキタイプは以下の通り。

Cartel Assassin:カルテル(中米の麻薬組織?)の暗殺者
Dinosaur Hunter:恐竜ハンター
Embedded Journalist:従軍記者
Gang Soldier:ギャングの下っ端(?)
Hockey Enforcer:ホッケーのラフプレイヤー
Medicine Walker:旅の呪術師(語り部?)
Renewed Nun:新たな尼僧(修道女)
Royal Mountie:王立カナダ騎馬警察

新たなリビングランド用アーキタイプは以下の通り。

Banished Scout:追放された斥候
Blood Witch:血の魔女
Chosen Human:選ばれし人間
Dinosaur Whisperer:恐竜と囁く者(語る者?)
Edeinos Brute:暴れん坊エディーノス
Edeinos Outsider:はぐれエディーノス
Edeinos Wanderer:エディーノスの放浪者
Primitive Warrior:未開人の戦士

そしてここに、アーキタイプのサンプルとして、ホッケーのラフプレイヤーを紹介する。

ホッケーのラフプレイヤー
種族 人類  コズム コアアース
アクシオム 魔法9 社会23 信仰10 技術23
クリアランスレベル アルファ

能力値 魅力7 敏捷度9 知力6 精神力7 筋力11
移動9 疾走27 合計耐久力12 アーマー1
防御 回避10 白兵戦12 格闘10
ショック上限9 負傷上限3

技能
銃器戦闘10、白兵戦12、投擲武器10、格闘10、威嚇9、間合い10、挑発8、回避10、発見7、地上車操縦10、説得8、リアリティ8、裏街8

特典(Perk)
頑健/Endurance:ショック上限+2(計算済)
トレードマーク武器/Trademark Weapon:ホッケースティックのダメージロールの出目1は振り直し

武器
ホッケースティック(白兵戦) アクシオム18 ダメージ筋+2(13)
グロック9mm(銃器戦闘) アクシオム22 ダメージ13 装弾数15 射程10/25/40
素手(格闘) ダメージ筋+0(11)

装備
デルファイサバイバルキット アクシオム23 テント、コンロ、水筒
ロープ アクシオム8 10メートル

アーマー
革のベスト アクシオム19 修正値+1 特記:胴体、最大敏捷度12

概要
君はいつでもチームのラフプレイ担当で、他の誰かを護り、君やチームメイトを傷つけようとするなら誰にでも痛い目を見せた。リビングランドの戦場でも君は同じようにしている。ただの乱暴者ではなく、チームの中心人物で、いざという時は驚くほどの説得力を発揮する。

戦術
君はタフだが、前に出ながらホッケースティックで適当なものを打って、敵を狙うことができる。高いショック上限を持つがダメージ軽減は苦手なので、呼吸整復(Second Wind)や奮起(Rally)のようなデスティニーカードを見つけたら手元に置くか、回復(Recover)のために1ラウンド使うしかない。強力な対人行為技能を持つので、推奨行動で必要なカードを引いてくるための助けとなる。
移動速度はとても速いので、もし遠距離攻撃をする味方がいるなら、攻撃後に移動することを忘れないように。接近戦から離脱すると隙あり(Vulnerable)となるが、君のチームメイトの銃弾の巻き添えを食らうよりはましだ!

危機的瞬間
メールシュトロームブリッジが下りてきたとき、君はニューヨークでの試合を終えた帰り道だった。ストリートの人たちが奇妙な生き物に攻撃されているのを見たとき、君はホッケースティックを握りしめて突っ込み、君のチームはそれにつき従った。その日誰でもが理解したわけではないが、地球を解放する手助けをしなければ、君は別のリーグに移籍しなければならない、と君は気付いた。

セリフ
「任せろ!」

描写
行き当たりばったりで楽観的、と君を二通りに言い表せる。逆転されても気を落とさず、あきらめない。他のリアリティが侵略してきて世界は危機的状況でも、君は笑顔で向う見ずな態度をとりながら歩み続けている。君が無謀な人で、うぬぼれ屋であるとさえ考える人もいるが、勝率は既に君に有利だ。

アジェンダ
ポシビリティ戦争はずっと危険だが、君のいつもの試合と大きな違いはない。どちらの場合も同じで、君の課題はチームを護ることだ。時に、君が敵の攻撃を引き受けることを意味し、時には侵略者を懲らしめることを意味し、そして時には皆の精神を鼓舞し続けて試合に向かわせることが重要な意味を持つこともある。

名前の例
クラッシャー(Crusher), デニス(Dennis), ハマー(Hammer), ケン(Ken), リンク(Link), ピエール(Pierre), リッパー(Ripper), ルーディ(Rudy), ステュー(Stu)


GMスクリーン

GMスクリーンは、GM側にある追加の表がリビングランドでの冒険用に特化していて便利だ。特にGMが「神秘」を即興で示さないといけない場合には。























d20由来/素材目的中の様子は……
1獣皮や革集合墓地、墓住民が動きを止めている
2プラスチック軍事用前哨基地埃のみ、放棄され空っぽ
3研究センター魔法か錬金術の手順書(レシピ)
4分泌樹脂監視所埃だらけの知識の書
5保育所/飼育施設権力の象徴(たとえば王笏や王冠など)
6金属病院旗、垂れ幕、タペストリ
7ガラス家屋敷(農場?)壊れているか機能しない乗り物
8クリスタル狩猟小屋壊れた武器および/またはアーマー
9機械仕掛け寺院/廟詳細な地図や星図
10立体映像発電所(パワープラント)日記や日誌の断片
11生きている植物/木水/食料貯蔵場所サバイバル道具、新鮮な水、食べられる食料
12流体金属/水銀商店/工場知覚力のない見慣れない植物や動物
13巨大キノコ図書室や学校儀式用の品物(たとえば指輪、法衣、ストール)
14彫られた石通信センター機能するバッテリーや発電機
15トーテム信仰の偶像戦勝碑保存された死体の入った石棺/棺桶
16種類不明の金属玉座の間高飛車(ツン)な自我を持つコンピュータ
17虫のキチン質船(帆船/宇宙船)歴史か政治に関する文書
18もう一つの地球貯蔵庫/牢獄機能する武器またはアーマー
19地球の遠い過去貯蔵施設財宝(価値レベル=10+2BD)
20地球のあり得る未来催事場(娯楽センター?)マッドサイエンス製の装置か、聖別された物品


hibikisan at 07:26コメント(2)TORG Eternity 
元記事

今週は、野蛮なリアリティ出身のストームナイトが選択できる新しい特典についてお見せする。信教、エディーノス、武技(Prowess)、そして社会のカテゴリのものだ。これらの新しい特典の多くは、ベータクリアランス(50XP以上)のストームナイトだけが選択できる。

信教

コアブックの奇跡(Miracles)特典と並列して選択できるゴタック(Gotak)特典、オプタント(Optant)特典に加えていくつもの新しい特典が選択可能で、それにはラナーラに選ばれしもの(Chosen of Lanala)、信仰による強化(Fortified by Faith)、熱情(Vehemence)が含まれる。

熱情(Vehemence)
前提:ベータクリアランス、精神力10以上
詠唱時間1分以下の奇跡を1ラウンドで発動できる。このように詠唱時間を短縮するときには、奇跡の難易度は+6される。


エディーノス

エディーノスキャラクターは生得能力をさらに個性化し、コアブックから選択した特典をさらに拡張するものもある。水中呼吸できるもの、カメレオン化能力を強化するもの、彼方への旅人(Farwalker)のような外交家になる特典もある。

彼方への旅人(Farwalker)
前提:エディーノス、魅力8以上
エディーノスの中には、自然と外交家としての才能が備わったもの、すなわち深遠な精神的繋がりを適切な深さで調和させるために活動する実直さを備えたものがいる。こうしたエディーノスは多くの部族から使節、相談役、仲裁役として大切にされ、部族の土地を離れて多くの旅をする功績を賞して「彼方への旅人」と呼ばれる。他の種族との間でも、彼方への旅人は容易に信頼を得て尊敬を勝ち取る。この特典を持つキャラクターは、エディーノスの種族特徴である「よそもの(Outsider)」のペナルティを受けず、説得が得意判定(Favored)となる。


野蛮(Savagery)

野蛮カテゴリには、さらなる動物の相棒(ベロキラプトル=小型恐竜を含む)、騎乗戦闘技術を強化したり、筋力をしっかり強化する野蛮な筋力(Savage Strength)が含まれる。

野蛮な筋力(Savage Strength)
前提:ベータクリアランス、筋力10以上
毎日生き延びるために戦っているため、キャラクターの体は筋肉と凶暴さで鍛え上げられた。筋力に+1する。


武技と社会

この2つのカテゴリの特典は、どのコズム出身のストームナイトでも習得でき、毒への許容量(いずれ君たちに紹介するがこれは重大だ)を増加したり、そしてドラミング特典を持つ「アルファナイト」であることを敵たちに見せつけることができる。

ドラミング(Chest Beating)
前提:筋力8以上、1レベル以上の威嚇
威嚇が推奨行動なら、社会アクシオム8以下の敵に対して、複数目標(Multi-Target)のペナルティを8点まで無視できる。動物はそのコズムのアクシオムに関わらず、常にこのアクシオム条件を満たすものと考える。


hibikisan at 07:14コメント(0)TORG Eternity 
元記事

ハロウィンなので、今週は骨まで凍り心胆寒からしむるようなプレビューを。合衆国の北中西部に勢力を増す脅威である、スラクモスについてだ。

レックシュタレクの高僧

スラクモスの父は、死せるものとユスタナに相互干渉的に魅入られ侵略された文明から異物を集めていたエディーノスである。スラクモスの父は追放され間もなく死んだが、その息子は父の妄執に興味を持った。スラクモスは他の多くのエディーノスたちのように地球へやって来たが、彼の部族は相次いで死に、気づくと生き残ったのは彼だけだった。

スラクモスは北中西部をさまよい、ある神秘を見つけ、その中にはレックシュタレクの寺院があった。レックシュタレクは太古の死の神で、ラナーラに挑んで敗れた。神の本質の断片は残っており、スラクモスはこの邪心に忠誠を誓い、死の神への崇拝をリビングランドに広めると約束した。

レックシュタレクの力を受け取ったすぐ後に、スラクモスは白槍族(Whitespear clan)の支配を獲得し、彼らを破壊の熱狂に導き、北中西部の人々を無数に殺させた。デトロイトとシカゴは、今は死のモニュメントで、アンデッドでいっぱいである。

スラクモスは致命的で強力な敵であり、しかも彼は前線から統率するのを好まないので、ストームナイトはまず彼を見つけ出してから戦わなければならない。アルファやベータクリアランスのストームナイトが遭遇したら、悲惨なことになる! 彼は強力な、高い技量を持つ戦士かつゴタックで、死の神が彼に与えた聖遺物(sacred item、これについては以後のプレビューで)である「骨の剃刀(Bone Razor)」を携えている。これには他にも利点があり、ダメージは筋力+5で、信教判定が得意判定(Favored)となる!

レックシュタレクの奇跡

・レックシュタレクのゴタック:バニッシュ*、ブレス*、ブラインド、ボーン・ブレード、コミューン・ウィズ・スピリッツ*、カース*、アースクエイク、キル、メンド・コープス、プリザーヴ、リペル*、リザレクト、シャイプ・ボーン、ストライク*、アンライフ、ウィザー、ワード・エネミー*
(訳注:*印はコアブック掲載の奇跡という意味か)


レックシュタレクのゴタックは、独自の奇跡リストにアクセス可能で、それにはアースクエイクや、プリザーブという(ラナーラの意に反して)死体が腐るのを防ぐ奇跡、そしてメンド・コープスも含まれる。

メンド・コープス(Mend Corpse/死体修繕)
アクシオム:12
技能:信教12
詠唱:1行動
難易度:標準(10)
範囲:50メートル
持続:瞬間
 メンド・コープスは腐った肉や砕けた骨を集めて繋ぎ合わせるが、対象は既に死体であるか、アンデッドでなければならない。ゴスポグやその他のアンデッドを機能させ戦わせ続けるのに特に有効だ。奇跡の発動に成功すると、そうしたクリーチャーの1負傷を回復する。あるいは、倒れた死体のKOをすぐに回復するが、その場合は負傷は治らない。
成功レベル
 よい(Good):2負傷を回復するか、範囲内の倒れたアンデッド2体を(1負傷ずつ?)回復する。
 すごい(Outstanding):3負傷を回復するか、範囲内の倒れたアンデッド3体を回復する。


アンデッド恐竜、アンデッド、恐竜

Z-Rexについて、話せるとこだけ話そう。

(β) Z-Rex
スラクモスの作り出したアンデッドの中で最強であり、強力なティラノサウルスレックスを操って暴れさせもので、合衆国中南西部のコアアースの目撃者は、すぐにこのゾンビ化した怪物をZ-Rexと名付けた。Z-Rexは名前の示す通り、巨体と強い力を持つアンデッド恐竜だ。しかし、スラクモスが作った他のアンデッド恐竜と違い、ほとんど制御できない攻撃的本能に満ちている。時々、野獣は狂暴化し、友も敵もかまわず動くものすべてを攻撃する。

能力値:魅力4、敏捷8、知力4、精神8、筋力17
技能:回避10、発見8、間合い10、追跡9、格闘15
移動8、耐久力20(3)、ショック-、負傷4
装備-
特典(Perk)-
ポシビリティ:まったく無い

特殊能力
・アーマー:鱗の皮膚+3
・噛みつき:筋力+3(20)
・恐るべき存在:Z-Rexがいるとき、あらゆるスタンダードシーンは即座にドラマチックシーンとなる
・恐怖(-4):このクリーチャーに幕で最初に会ったとき、-4ペナルティで精神力か意志力判定をし、失敗するとすごい萎縮となる。
・精神なし:Z-Rexには威嚇と挑発の対人行為は無効
・毒:Z-Rexの口の腐った肉からは、独自の種類の毒が生成される。噛みつき攻撃が目標の耐久力を超えるダメージを与えたら、毒が弱まるまで隙ありとなる。またこの毒は生命の法則の直接効果を無効にする。
・執拗さ(Relentless):ショックダメージ無効
・アンデッド:毒や、呼吸・食事など「生命」プロセスが必要な効果は無効
・超大型:最大18メートル長


hibikisan at 07:09コメント(0)TORG Eternity 

2017年10月21日

元記事

リビングランドに付け加えられた、最も重要で興味深いものの一つが神秘であり、それは同じ名前の世界法則(神秘の法則/The Law of Wonders)に支えられている。こうした神秘的な遺跡や空想的な場所は、無作為に現れては消える。それはリビングランドのあちこちで、そして地表の下ですらも! こうした神秘がなぜ起きるかはわからない。バラク・カーは、こうした遺跡は彼の数々の勝利を示す戦勝碑や記念碑なのだと考えている。その他の者は、失われた世界は警告であり、過去の過ちの残余なのだと警戒している。あるいは、神秘がコアアースの守護者に道具、遺物、情報を提供していることから、ラナーラが穢れたバラク・カーとダークネスデバイスを抹消するための手段であると考える者もいる。

失われた世界

こうした失われた世界はそれぞれ唯一無二で、トーグエターニティのGMが創造的を柔軟に働かせる機会だ。ポケットコズムについての様々なアイデアがあてはめられるので、ストームナイトはポシビリティ戦争から完全に離脱することなく、新たな世界を冒険できる。そうした世界は、唯一無二のコズム出身のキャラクター、つまりハイロードによって滅ぼされた世界の生き残りが登場する裏付けにさえなる。

多くの神秘はリビングランドリアリティ内に(神秘の法則/The Law of Wondersによっていくらかの調整をされて)完全な形で残されているが、中にはリアリティの一部分や全部だったり、アクシオムや世界法則まで一式完全に備えているものもある。

驚くべき科学と工学

神秘の法則は、出現した遺跡の中を調べた者に計り知れない衝撃を与える。高い技術と魔法を持つ世界の遺跡が、神秘的な場所で見つかることがある。神秘の法則は、リビングランドのアクシオムでは不可能な記念碑や建築物を作ることを許容し、これはまたコアアースの街がなぜ残っているかの説明にもなる。見た目は遺跡になっても、完全に変身するわけではないのだ。

神秘の法則は、珍しい道具が残ることを許容するので、それらは発見されるのを待っているし、その多くは神秘そのものの中で見つかる事が多い(訳注:リビングランドのジャングルの中でもオーパーツは見つかるけど、神秘の場所でその場所にふさわしい道具が見つかる事が多い、位の意味か?)。ナイル帝国出身者にとって最大の驚きは、パルプパワーやマッドサイエンスが、そうした遺跡の近くや中では矛盾なしで機能するということだ。

神秘の例

多くの失われた世界の例が、リビングランドソースブックに載っている。それには、旧版トーグの他種族や文明についてのヒントとなるものも含まれる。

しかし、それらすべての中で最も印象深いものが、リビングランドソースブックと共に発行されるシナリオである「神の箱(The God Box)」に実に詳しく載っている。ネタ晴らしをすると、そのドーム世界の名はメレティカ(Merretika、ランドビロウとして知られる)で、多くのファンが大好きな炎飼いのピリア族(Pyrian Fire Tamer)、レパードマン(Lepard Man)、もちろんダローニの蜂乗り(Darooni Wasp Rider)も完備だ! メレティカはバラクカーの攻撃の生き残りのための救命艇(箱舟?)と考える者もいるが、この洞窟に逃げ込んだ多くの者にとっては、リビングランド侵攻時に穴が開き、気が付くとドーム世界にいたのだ。

hibikisan at 22:15コメント(0)TORG Eternity 
元記事

地球を侵略するレルムの中で、リビングランドは最も信仰の力の強い場所だ。ほとんどのジャカット(ラナーラの信徒)はコズムの豊富な信仰エネルギーを使って植物を操ることができ、より強力な祈念者は驚くべき力に通じ、文字通り大地を砕くことができる。

それが不十分なのか、ラナーラはリビングランドを歩きまわり、つまりストームナイトは彼女と対面するかもしれない……願わくば良い状況での出会いであることを。

オプタントとゴタック

ケタカルズは生命の循環を認めている。生命はラナーラに新たな経験を提供するために重要だが、死もまた、より多くの生命のために道を譲るため、そして他を生かすために重要である。ラナーラの祈念者は2種類に分けられる。オプタント(生命の司祭)はラナーラの生命と豊かさの側面に焦点を置き、病気を癒し、ラナーラの意志を紐解き、部族の生き残りに助力する。ゴタック(死の司祭)は、ほとんどのジャカットが不快に思うようなこと、例えば部族の誰かの死体を扱ったりする。ゴタックはしばしば忌避されるが、それでもその献身により尊敬されている。かつてゴタック珍しかったが、バラクカーの隆盛とともにゴタックは新たな増加を見せている。

そしてスラクモスが死の神レックシュタレクの力を受け入れた。レックシュタレクはかつてタクタカーの覇権をラナーラと争ったが、敗れた。今、彼の力は盛り返し、ゴタックたちはラナーラから離れスラクモスに、死とそして不死の信奉者に加わった。

奇跡リスト

リビングランドソースブックには、様々な信者が習得できる奇跡の新たなリストが掲載されている。それらにはコアブックの奇跡(Miracles)の特典(Perk)によって習得できるものもあるが、ケタカルズのオプタントとゴタック用に特化した専用リストにアクセスできる新たな特典が2つ提供される。オプタント用特典では以下のような奇跡にアクセス可能で、シェイプ・プラント、ワード・エネミーとあと2つの奇跡を修得できる。

オプタントやゴタックの特典を習得しても、ストームナイトはさらに(コアブックの)奇跡の特典も習得できるので、(コアブックのケタカルズのリストはずいぶん制限されているが)ずっと多くの奇跡を獲得できる。

ケタカルズのオプタントの奇跡リスト
ブレス*、バウンティ*、コール・アニマルズ*、コミューン・ウィズ・アニマルズ*、キュア・ディジーズ*、キュア・ポイズン、ヒーリング*、ハンターズ・イヤー、インヴォーク・ラナーラ、リジェネレイト、リペル*、リザレクト、ライド・ビースト、シェイプ・プラント、スーズ*、ストライク*、タッチ・オブ・タイム、アンカウンテド・スピアーズ、ワード・エネミー*
(訳注:*印はコアブック掲載の奇跡という意味か)


奇跡

リビングランドソースブックには、多くの新たな奇跡が掲載され、シェイプ・プラントのようにジャカットなら奇跡の特典などがなくても誰でも使用できる奇跡も含まれる。

シェイプ・プラント
アクシオム:14
技能:信教8
詠唱時間:1分
難易度:易しい(8)または物品の(価値?)基本値
範囲:接触
持続:永続

 この奇跡はリビングランドのほとんどのジャカットが知っている。シェイププラントは植物(生きていても死んでいても)を曲げ、ねじり、編み上げ、様々な単純な物品を作り出す。どこにでも生えるフロクトという植物は軽く、成長が早く、尖らせた場所が保てるほどに固いので、この奇跡の対象としてよく使われる。
 祈念者は武器、鎧、その他の物品を近くにある植物で作り出せるが、それを作るのに十分な量の植物が必要だ(GM判断)。この奇跡は動かず意志を持たない植物にしか効果がない。つまり食虫植物やリビングランドのゴスポグには効果がない。
 手に持てる程度の単純な物品なら難易度は8。より複雑な物品なら、その物品の(価値?)基本値を難易度として用いるが、最低は8である。例えば、フロクトの若芽の槍を作るなら最低の8を、フロクトの根の鎧を作るなら13を使う。
 特殊:リビングランド内では、ジャカットの信教技能が前提を満たしていれば、奇跡の特典を持っていなくてもこの奇跡を試みることができる。
成功レベル
 ・よい(Good):十分な材料があれば、ぴったり揃いの物品2個まで作ることができる
 ・すごい(Outstanding):十分な材料があれば、ぴったり揃いの物品3個までを作ることができる。


高い信仰アクシオムも具体化され、それには強力なアースクエイクの奇跡が含まれる!

アースクエイク
アクシオム:18
技能:信教16
詠唱時間:10分
難易度:英雄的(18)
範囲:500m
持続:1分

 大地の怒りが解き放たれると、見る者を恐れさせる。この奇跡は大地を揺らし、振動させ、割る。大きな爆発範囲(Large Blast)内にいる者は皆、その範囲に居続ける限り15+1BDダメージを毎ラウンド受ける。地面に固定された物品(建物など)は代わりに30+2BDダメージを毎ラウンド受ける。
成功レベル
 ・よい(Good):目標にした震央から半径100メートル内のあらゆるものに影響するように範囲が広がる。
 ・すごい(Outstanding):目標にした震央から半径500メートルのあらゆるものに影響するように範囲が広がる。


hibikisan at 21:57コメント(0)TORG Eternity 
元記事

バラクカーはリビングランドのハイロードであり、もし君が冗談だと思うなら、彼は君の街をただ悪意を込めて攻撃して君に見せつけ、そして彼自身が君を素手で叩きのめすだろう。彼は原始的なトカゲかもしれないが、だからといって愚か者というわけではない。そう、彼が何につけても暴力に及ぶからと言って、同時に彼が驚くほどずる賢くないというわけではないのだ。

彼は2番目に古いハイロードで、先駆者はゴーントマンだけだ。そしてそれには正当な理由がある。その理由はリビングランド全体に散らばっている。

偉大なるサア(酋長)

リビングランドソースブックには、バラクカーの個性や目的についての詳細、また彼と女神ラナーラとの、あるいは他のハイロードたちとの関係についても掲載されている。

バラクカーは、やっかいなストームナイトたちに自ら相手をしようとする(そして実際それを楽しむ)数少ないハイロードの一人だ。偉業の種を撒くことで知られるストームナイトたちを彼の領地内で見つけたら、彼は自ら襲撃することで知られている。

デルファイ評議会は、そういう事態になったら逃走することを推奨している。

これがバラク・カーのデータで、これはアルファ、ベータどころかガンマクリアランスレベルのストームナイトですら、勝利を期待するのも難しい相手であると、我々は率直に認める。ダークネスデバイスであるラックパッケンとの繋がりを断つのが、カーを倒すために本当に見込みのある唯一の方法だ。

ハイロード バラク・カー
能力値:魅力12、敏捷力18、知力11、精神力18、筋力18
技能:騎乗23、回避27、信教26、発見18、威嚇25、間合い25、白兵戦28、投擲武器23、説得17、リアリティ23、隠れ身23、サバイバル16、挑発19、追跡16、トリック18、格闘26、意志力23
移動18、耐久力22(4)、ショック18、負傷5
装備:ラックパッケン
特典(Perk):景気付け屋(Bolster)、奇跡(Miracle)、Relentless、Spirit Bane、Star Eyes、Vehemence、鞭の尾(Whip Tail)
ポシビリティ:10
特殊能力
・アーマー:石の肌(Stone Skin)+4
・噛み付き/爪(Bite/Claws):筋力+2(20)ダメージ
・ディムスレッド:バラク・カーハイロードはディムスレッドを使い、自身を瞬間移動したり援軍を呼べる。彼は通常、3負傷を受けるまではこの能力を使いたがらない。
・恐るべき存在(Dread):バラク・カーがいる限り、あらゆるスタンダードシーンは代わりにドラマチックシーンとなる。
・恐怖(Fear):バラク・カーは、威嚇と恐怖のオーラを発している。意志力か精神力で判定し、失敗するとすごい萎縮(Very stymied)となる。
・大型(Large):バラク・カーは身長3メートル以上あり、彼への攻撃判定には+2ボーナスが与えられる。
・神速(Lightning Speed):バラク・カーはポシビリティを1点消費することで、そのラウンド中に2回目の手番を得る。
・生ける竜巻(Living Tornado):バラク・カーは最大8人までの隣接する敵に、複数目標のペナルティなしで攻撃できる。
・ラックパッケン(Rec Pakken):槍としては、アーマー貫通力10で、筋力+5(23)ダメージを与える。ラックパッケンが命中したポシビリティ能力者は、ほぼ不可能(難易度20)のリアリティ判定を行い、失敗するとポシビリティ1点を失う。毎ラウンド、バラク・カーは槍からの防御値として挑発(40)かトリック(40)を選んで獲得する。
・高速回復(Rejuvenation):バラク・カーは、シーン終了時にすべての負傷を回復する。
・呼吸整復(Second Wind):バラク・カーが最初にKO状態(KOed)になったとき、代わりにショックをすべて回復し、ラックパッケンから新たに10点のポシビリティを得る。


スティリーの防御

偉業の種についていえば、ここ半年でいくつかの領地を失ったことで、カーは自身のスティリーに新たな防御を施した。他のハイロードも似たようなコズム特有の防御を各自のスティリーに施すと君たちは予測するかもしれない。

リアリティの棘(Reality Spikes):ハイロード配下の最もずる賢いゴタックによって新たな防御策が見いだされ、尖らせたこれらの骨は、豊富な信仰エネルギーで祝福され、ポシビリティエネルギーの激しい動きに勢いよく反応する。もしストームナイトが、スティリー除去のためのドラマチックな行動解決において起死回生の努力(Last Ditch Effort)を試みたなら、この罠が発動する。そのラウンド中、スティリー除去の難易度は不可能(20)まで跳ね上がる。加えて、スティリーから20m以内の生き物は敵も味方も、10+2BDダメージを受ける。



hibikisan at 21:54コメント(0)TORG Eternity 

2017年09月30日

元記事

現在トーグエターニティのキックスターター製品は印刷所に送られ、次のキックスターター、つまりにリビングランドついて考える時だ! 北米を侵略したこの原始リアリティは、トーグエターニティ用の最初のコズムソースブックと「スーパーアドベンチャー(大規模シナリオ?)」が焦点となる。

まず始める前に一般的な注意から。プレビューされる製品はまだ開発中で、最終製品の出荷までに変更されることもあるだろう。

ポシビリティ戦争365日目の状況

トーグエターニティのコアブックは、戦争開始3か月後の世界に基づいて記している。それぞれのコズムソースブックは、その後の9か月に何が起こるかを詳述する予定だ。ハイロードたちは忙しくしているが、デルファイ評議会もゆっくりと回復し、しっかり食い止めている。

今のところは。

強まる抵抗

バラクカーの支配の下で、領地は米国の東西海岸へと拡張したが、東西の地を繋ぐことに熱心ではなかった。一方で南にも拡張しており、まずフロリダとキューバをユカタン半島の領地と繋げている。

多くの領地を抱えているが、彼はより広く支配することを望んでいる。その拡大はこの数か月はかなりゆっくりになっている。実は、自分たちを「Storm Front(嵐の最前線)」と呼ぶ反逆ストーマー集団がナッシュビル近くのスティリーを除去したため、多数の領地を失っている。不幸にも、その地域には物語の種は撒かれず(訳注:偉業は成されず)、コアアースのリアリティが押し寄せたとき、数百万の人が死に、「居たかもしれない人たち」となって消滅した。

もっと最近では、デルファイ評議会のストームナイトがミズーリ南部の地域で準備を適切に進め、そこを支えるスティリーを除去し、地球のヒーローが本当に反撃し、侵略者により失った領地を取り戻すところを世界に示した。

また、たとえばニューヨークのような、かつては完全にリビングランドの支配下だった場所に、多くのハードポイントが突然現れた。しかし全てが地球側の思い通りにはいっていない。バラクカーは号令一下、大規模なエディーノス集団を率いて恐るべき信仰の力を示し、大地震でシアトルのハードポイントを完全に破壊し、無数の避難民を殺し、ポートランドやバンクーバー、ブリティッシュコロンビアの遺跡に甚大な損害を与えた。

レックシュタレクの興り

バラクカーは厄介なストームナイトだけでなく、自分の側にも内患を抱えている。スラクモス(Thrakmoss)は、配下とともにラナーラ崇拝の代わりにエディーノスの死の神であるレックシュタレク(Rek Stalek)をあがめた。スラクモスは白槍族(Whitespear Clan)を率い、現在はアンデッド化した恐竜の群れが、合衆国中西部のジャングルを徘徊している。

今後のプレビュー

ここから数週にわたり、リビングランドの新製品の様々な部分にハイライトを当てていく予定だ。例えば特典(Perk)、奇跡、生き物、そして地表の下にある(a land below the surface)神秘的なドーム世界についてもだ。

何か質問や議論したいことがあればフォーラムへ。

hibikisan at 13:17コメント(0)TORG Eternity 

2017年07月04日

前記事 後記事

翻訳元記事
Why You Should Play a Monster Hunter from Orrorsh

トーグエターニティのキックスターターも残り数時間!(訳注:すでに終了しています) 今朝我々はオーロシュのデザインノートビデオを投稿した、そしてモンスターハンターのアーキタイプが、この連載の最後となる。

背景

邪悪が人の心にどう忍び込むかを、君は身をもって知っている。邪悪は人を堕落へと導き、そして必ずゴーントマン配下の怪物(ホラー/horror)となるのだ。君はヴィクトリア人、つまり誇り高き民族で、ガイアの文明の最後の担い手であり、そして今、君は最強のハイロードから地球を救うためにここにいる。

君はモンスターハンターとなることを選び、おそらくそれが君の天職だ。どちらにせよ、君は怪物を見極め、追跡し、殺すための知識と能力を備えている。

とこしえに。

能力

君は狙撃の名手で、愛用武器は頼りになるスレイヤーズガン(Slayer's Gun)だ。弾丸は自作するが、君の作った弾丸は聖水で満たされ、「でかぶつ」を殺し、最高に硬い皮膚を貫通する。実際、怪物が大きいなら何度も挑まなければならないが、竜殺し(Dragon Slayer)のメダルによって、不思議なことにバケモノの命中すべき急所が分かるのだ。

素晴らしい射撃だけでなく、恐怖の影響を受けにくいので、実際、君は最高の(最悪の)威嚇を行える。君の強靭な精神力は、他のリアリティで怪物を戦う時に、リンク回復の助けにもなり、何度も攻撃を受けてもまだ戦い続けられる。

ヴィクトリア人として、君の忍耐力への褒賞として数々のメダルを得た。これらの栄誉を身に着けることで、身体も精神も高揚し、元々の(メダルを得た時の)業績に関連した特別なボーナスを得る。君の(メダル)は、巨獣を倒したあとに得たもので、ハイロードの巨大な手下と対峙するときに毎回、その重要性を感じるだろう。

hibikisan at 20:47コメント(0)TORG Eternity 
前記事 後記事

翻訳元記事
Why You Should Play a Cyberwitch from the Cyberpapacy

YouTubeでの我々のデザインノートビデオを見ていたなら、我々がサイバー教皇領についてまだやってないことに気づくかもしれない。不幸にもビデオそのものに問題があり、キックスターターキャンペーン終了前に投稿できない。そこでその間に、(ラインディベロッパーの)ダレルが好むコズムについての「すべき理由」だ。

背景

魔女/Witch(そして魔法使い/Warlock)は、サイバー教皇マルローがサイバー教皇領では異端かつ禁忌であると宣告したもの、すなわち魔術に熟達した者たちである。しかし、La Resistance(反抗勢力? 組織名か?)の任務中に、教会警察からなんとか逃げおおせるスリルを、君は楽しめる。君は見つからないうちは影で事を進めるが、一旦見つかればそれは危険なものになる。

サイバー教皇領の厳格なる支配は、フランスとスペインをがんじがらめにしているので、君が危機的瞬間を迎えるチャンスには事欠かなかった。君の道徳上の義務は明らかだったし、君はそれを実践してきた。たとえ「違法な」能力を身に着けたとしても。

能力

サイバー魔女は、魔法と技術を提供すべく最善を尽くし、両者のそれぞれの欠点を補完しつつ行使する。君の魔法は、他のリアリティではできないやり方で技術(の産物)にも影響する。それは単に君が両方に親和性があるからだ。


しかし、サイバー教皇は君自身のリアリティを君に立ち向かわせる。反作用はサイバー教皇領では特に厳しいのだ。しかし、Hexxerインプラントを身に着けている。脳みそを焦がすようなエネルギーを打ち消してくれるモノだ。

君は集団の中にいるときに最高の働きを見せる。エンハンス(enhance)の呪文で、自分を含む複数人を強化できる。複数の敵の能力を下げることもできる。サイバー教皇領にあふれているあらゆる電子機器(センサー)や監視カメラから君を隠す呪文を使うことができるのが、最高だ。

君はサイバー教皇領のハイロードと戦う存在であり、仲間や、まして地球と、敵対するものではない!

hibikisan at 20:43コメント(0)TORG Eternity 
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
  • ライブドアブログ