2010年01月20日

D&D4e 1月のupdate

今月もupdate来てました。短いのでさっと訳を紹介。compendiumやcharacter builderにもupdateかかってます。
今回はPHBだけですが、3月には15冊を対象とした大型updateが来るみたいです。


支配状態(p.277)
◆君はアクションを取れない。代わりに、君を支配しているクリーチャーは、君のターンに君が行う行動を、標準アクション、移動アクション、マイナーアクションから1つ選択する。君に使わせることのできるパワーは、無限回パワーだけである。
◆君は戦術的優位を与え、挟撃できない。
(訳注:実質的には何も変わってないけど、たとえば支配状態で幻惑から回復したらどうなるかなど、幻惑状態との絡みで混乱を避けるためかな?)

瞬間移動(p.286)
終着点:終着点は、君が”無理やり入り込む”ことなく占められるマス目でなければならない。到着した終着点が、目標を落下させたり害を及ぼす場所なら、目標はセーヴを行える。成功すると瞬間移動は無効化される。
動けない状態または拘束状態:この二つの状態が瞬間移動を妨げることはない。肉体的な拘束、モンスターにつかまれているなど、何らかの特定の場所での移動できない効果から瞬間移動するなら、目標は動けない状態または拘束状態ではなくなる。そうでなければ、目標は瞬間移動するが、目的地に着いたときにはまだ動けない状態または拘束状態である。

抵抗と脆弱性(p.276)
組み合わされたダメージタイプへの抵抗:それぞれの種別に抵抗を持っているのでない限り、組み合わされたダメージ種別に対して抵抗は機能しない。それぞれ持っている場合でも、その中で最弱の抵抗を持つものとみなす。例えば、[電気]10と[雷鳴]5の抵抗を持ち、[電気]および[雷鳴]の15ダメージを受けたら、10点のダメージを受ける。なぜなら、組み合わされたダメージ種別への抵抗は、2つの抵抗の低い方に制限されるからだ。
累積しない:同じダメージ種別の抵抗は累積せず、最高のものを使う。例えば、[冷気]5と10の抵抗を持つなら10になり、15にはならない。同様に、[冷気]5と全てに対して2を持つなら、[冷気]7にはならず5になる。

組み合わされたダメージ種別への脆弱性:特定のダメージ種別への脆弱性は、他の種別と組み合わされたダメージにも適用される。例えば、[火]への脆弱性5を持つなら、[火]および[光輝]ダメージからも追加で5ダメージを受ける。
累積しない:同じダメージ種別への脆弱性は累積しない。最も高い脆弱性だけを使う。[精神]への脆弱性5を持つものが、[精神]への脆弱性10を得たら、脆弱性は15ではなく10になる。

hibikisan at 20:29コメント(2)トラックバック(0)ルール関係  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by こてろう隊長   2010年01月22日 01:18
>支配状態(p.277)

今手元にPHBがないので確認できないのですが、
修正理由のところに「今までフリーアクションができてしまったので、出来なくした」というようなことが書いてありますね。「支配されたから武器を捨てるぜ」などを禁止にしたという意味なのかも。
2. Posted by 羽生 響   2010年01月22日 07:28
>こてろう隊長さん
なるほど、そういうことなら納得ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
  • ライブドアブログ