トーストマスターズでは、新メンバーを全員で支援するのが原則ですが、それでは誰に聞いていいかわからず困ってしまう事も考えられます。そこで通常は教育担当から1名のメンター(支援者)が提案され、例会への準備や仕組みなどをサポートするようにしています。

今回はメンターについてご紹介したいと思います。

トーストマスターズに入る時は、まずはゲストとして何回か見学に行き、その後入会するのが通例です。入会の際にクラブでどのような事をしたいのかを尋ねます。これらを通じて、教育担当がメンターの候補を選んでいます。

もともとは、入会者が必要と感じた時に、教育担当に依頼して設定してもらうものですので指名も出来ます。とはいえ、誰にお願いしていいかわからないということもあり、教育担当がある程度提案して決まっていくことが多いです。

トーストマスターでは自主性が尊重されますので、メンターをする人もどこまで関与していいか悩む事もあります。メンターが決まったら、積極的話しかけたりメールを出してみてくださいね。
なお、メンターが忙しくて対応できないなど困った点があれば、途中での変更なども可能です。その場合は役員等に相談してください。
もちろんメンター以外に質問や相談をする事も問題ありません。

メンターの位置づけは、入会してしばらくのガイド役なので、目安としてはスピーチ3本目くらいまでがサポート期間です。その後は、もうクラブにもなじんでいると思いますので、誰にでもどんどん聞いてもらえればいいと思います。
とはいえ、最初サポートしてもらったメンターはある意味特別な存在。
その後も色々相談したり、ずーっとやりとりが続く事も多いようです。

<メンターになったとき。。。>
時間がたって、自分がメンターになると、何をしていいか悩む事も出てくると思います。そんな時は自分が入会した時に、どう思ったかを思い出しながら行動するといいと思います。本来的な流れとしては、最初にメンターメンティお互いにやるべきことについて合意することになっています。メンター用のマニュアルもありますので、不安であれば自分のメンターや役員に相談してください。

まずは、例会プログラムを見て、メンティ(メンターについている人)に初めての役割が当てられている場合は、メールなどでサポートするところからはじめるといいと思います。

スピーチについても3回以上は、フォローすることが望ましいとされています。質問について自分が答えられなければ、答えられる人を紹介してあげてください。
自分のメンターからしてもらったとこ、してもらいたかったことを、つなげていけば、良いメンターになれると思います。

メンター制度は、入会者の役に立つだけでなく、メンターになった側もいままで何となくやっていたことをしっかり理解出来るなど、やる側にも得るものが多くあります。
また、単なるメンター関係だけでなく、相談を通じて個人的に仲良くなったりする事もあるようです。

してもらった事を、次の人に。
そんな、トースト精神の一つがメンター制度にあらわれているのかもしれません。

トーストマスターの特徴に、”論評”があります。
入会する方も「論評してもらえるのが、役に立ちそうで良かった」という声が多いです。

自分がしてもらうと、うれしくて為になる論評。でも、自分がする側になったらドキドキですよね?私が論評をするときに気をつけていることを書いてみます。。

論評は目安としてスピーチを3〜4本程度終わらせた位から、担当する事になります。


通常、個人論評者は準備スピーカーへ
総合論評者は、例会全体の運営と、スピーチ以外の役割(個人論評者、テーブルトピックスマスター、TMOE、その他)ついてコメントします。

ここでは、個人論評について書いて行きます。

スピーカーはスピーチが終わった瞬間から、自分の話がどのように伝わったか、よかったところ、わるかったところを知りたくてうずうずしています。
大事な役割ですからマニュアルを熟読して臨む覚悟が必要・・・は言いすぎかもしれませんが、スピーカーも色々準備して例会に臨むのですから、その論評をするにあたっては出来るだけ事前に準備したほうがいいと思います。

スピーチはそれぞれ目標を持って行われます。そこでプロジェクト目標を事前に入手し、理解しておくことが大切なのです。

経験を積んでくると、褒められるばかりではつまらない、と感じる人も多いのではないでしょうか。「悪いところが見つかりませんでした」というフィードバックを自分で受けてうれしいかどうか、考えてみると思い当たるのではないかと思います。
良い点、改善点を適切に見つけるためには、まずは話をしっかり聞く事です。
また、よく聞いて、相手に受け入れられるよう相手に改善点を伝えるのはレベルの高いコミニュケーションのスキルです。
ぜひ、相手の立場に立って、伝わる言葉を見つけましょう。

論評のやり方は色々ありますが、一つの流れを紹介します。
・全体の感想を述べる。プロジェクトの成功をねぎらう
・良い点を3つ見つける
・最も重大な改善点を一つ伝える
・スピーチの努力に感謝し、次回への期待を表明し、〆る

もちろん、これ以外の論評方法はありますので、色々試してみてください。

マニュアルにも書いてありますが、論評はスピーチ内容の善し悪しに対して行われるものではなく、スピーチを通じて話し手の言いたい事が伝わったか、目標をスピーチで実現できたか、に対して行います。

論評者が受けた印象は個人的なものなのです。みんながそうだったかは分かりません。そこで、私だったら、・・・と感じた、***と言われたほうが分かりやすかった、など、あくまで自分の立場から話しましょう。ダメ出しをするのではなく、違うやり方を提案するなど、建設的にフィードバックすると、次につながるため喜ばれるのではないでしょうか。

論評をするようになると、自分のスピーチが今までよりも客観的に見られるようになったり、人の話をしっかり聞けるようになったりと、実感できる成果を得られると思います。

難しいですが、とても役に立つ役割ですので、リラックスして、楽しみながら取り組んでみてくださいね!

TMCでは、ともに競い合って向上するため、通常例会でも投票によりベストスピーカーを決めています。

年に2回行われるコンテストでは、各クラブから優秀なスピーカーを選び、地区大会、全国大会、世界大会と
行っていくトーストマスターの行事です。

自分のクラブからコンテスタントが出る大会は、応援に行きましょう!
(日本語の大会は、国内まで)

各クラブの優勝者が出てくるため、話術の素晴らしさだけでなく、メッセージ性が強いなどレベルの高いスピーチに触れることができます。
また、他クラブのメンバーと話が出来たり、クラブのカラーの違いを感じることもできるので、とても刺激的な場です。

本当におもしろいですよ〜。ますますスピーチに熱が入る事請け合いです!

なお、コンテストは春と秋に行われます。
春は、一般的なスピーチのコンテスト。
秋は、毎回テーマが違い、”テーブルトピックス(即興スピーチ)”、”論評”、”ユーモラス(おもしろい話)”、”トールテール(ありもしないほら話)”などで行われます。

まずはコンテストへ!

トーストマスターズクラブに入ると、”逆ピラミッド”という言葉をよく聞きます。

はじめて聞くと、なんじゃそら?と思いますよね。
私になりの理解ですが、簡単に説明してみたいと思います。

逆ピラミッド(三角形)と表現しているのは、トーストマスターの理念であり、メンバーのつながりや組織に対する考え方です。

私たちが通常所属する、会社や学校のような組織は、トップに立つリーダが判断を下し、指揮をする事が多いと思います。

しかし、トーストマスターズクラブでは、会長や役員会が存在しているものの、これらは上から指示をする組織ではなく、メンバーの自発性を尊重しそのサポートを行うという考え方で成り立っています。

響はトーストマスターズの伝統としてこの考え方をとても大切にしています。

もちろん、この考え方は、役員だけではなく、メンバー全体にわたるものです。

よく「トーストマスターズでは、新入会員が一番偉い」といういい方をしますが、新入会員メンバーは組織の一番上(偉い!)と考え、全てのメンバーが新しく入った人がいかに楽しく活動して、スピーチやリーダーシップを学んでいくかサポートしていくのです。
そして時間がたてば、今度は支える側に回り、新しいメンバーの思いや要望をどのように実現するかを考え、皆で成長しよう、という考えかたです。

入ったばかりのときは、イメージしにくいかもしれませんが、自分が入会した時にしてもらったことを、新しく入ってきた人に繋げていっている絆の強さが、クラブのよさです。

さあ、次はあなたの番ですよ〜。

↑このページのトップヘ