トーストマスターの例会では、「コメントシート」と「投票用紙」が配られます。響では、細長い紙を自分で切って使います。

その使い方は例会の中でも説明されますが、ここは特に「コメントシート」について、少し紹介いたしましょう。

コメントシートには、スピーカー、総合論評者、トーストマスター、論評者に対するコメント欄があります。

スピーカーをはじめとするこれらのメンバーは、例会前に時間をかけて準備し、臨んでいます。例会の中で論評を受けますが、例会中、出席者全員がコメント出来るわけではありません。
そこで、出席した各個人から、それぞれよかった点、改善点、感想をフィードバックするためのツールがコメントシートです。
スピーチに対しては、スピーチ後に取られる1分間のコメントタイムや休憩時間に書くことが多いです。


色んなコメントをもらえると、勉強になるだけでなく、とても励まされてうれしいものです。自分のマニュアルに張り付けて、たまに読み直しているメンバーもいるくらいです。

書く側にとっても短い文章で意見やポイントを伝える練習にもなります。
記載する内容は自由ですが、自分がもらってうれしいように、人にもフィードバック出来るといいですね。