2006年07月

第54回例会は、新会員、柳さんの今夜の言葉「交わす」によりスタートしました。初めての役割でしたが、「言葉を交わす」が連想でき、トーストマスターズにピッタリでした。
今夜の一句は、堀さんで、「青蛙おのれもペンキぬりたてか」(芥川龍之介)でした。レトロな感じがジワッと来ました。そして、100年後にはこの句の意味がわかる人はいなくなっているのではないかな?と勝手に想像していました。

続いて、テーブルトピックスは田村さんでした。「間に合うと思ったが、実際は間に合わなかった事」あるいはその逆で、「間に合わないと思ったが、実際には間に合った事」という難しいトピックでした。最近、トピックが徐々に難しくなっているような。。。気のせいでしょうか。

メインである準備スピーチは、新会員のIJさんの「ジュンコちゃん人形」、吉村さんの「そうじとスピーチのきれいな関係」、渡辺さんの「変換ミス」の3つでした。

IJさんのスピーチは、基本#1アイスブレーカー(自己紹介)で、自分自身を人形という商品に見立てて、その商品説明をして行く構成が素晴らしかったです。最後の「なお、この商品は非売品です」もキマッていました。

吉村さんのスピーチは、基本#8「説得力を持って話せ」で、毎日5分の掃除とスピーチ力の相乗効果を説明して、聴衆に毎日5分の掃除を勧めるものでした。私たちTMCの会員は、5分間という時間が、感覚として身に付いているという主張は説得力がありました。

渡辺さんのスピーチは、上級#2「聴衆を楽しませるスピーカー」で、変換を間違えたために生じる誤解とその結末について楽しませてくれました。特に、変換ミスの結果から、渡辺さんが想像したと思われる細かい設定の部分が個人的には楽しかったです。

例会報告は以上です。


補足
例会後はいつも2次会があります、今回は「マレーちゃん」というマレーシア料理のお店に行きました。私にとっては、例会では得られない情報を得る貴重な機会となっています。

最後に、池田さん、田村さんにご協力いただきHPの写真を更新しましたのでご連絡いたします。池田さん、田村さんどうも有難うございました。



第54回例会01第54回例会02
(受賞者の皆さん)(「マレーちゃん」にて)





第53回例会の報告です。TMは7月から新年度ということで、広報担当が吉村さんから私(角田)に引き継がれました。ブログを書くなど一生ないと思っていた私ですが、一年間、務めさせていただきます。宜しくお願い致します。

さて、例会ですが、前半は小原さんにより、「ハイパフォーマンスリーダーシップ」が行われました。このプログラムは実際のプロジェクトと平行して、スピーチを行うもので、終了までに5段階のステップがあり、今回は最初の2ステップ(概要説明、第1回目のスピーチ)が行われました。スピーチの題名は「PTA活動の職務遂行方針」でした。スピーチは勿論、素晴らしかったですが、手作りの仮面が可愛らしく印象的でした。実際の活動にも使って、その有効性を試していただきたいです。

続いて、長屋さんによるテーブルトピックスで、題名は「○年(ヶ月)前の自分に教えたい事」でした。難しいテーマでしたが、皆さん、実際に体験されたことを、上手く表現して伝えていたと思います。

後半は、準備スピーチで、堀さんの「フィンランドの教育について」、岡島さんの「エコツーリズムのすすめ」でした。堀さんからは、TMCの新しい展開、「日本の国語教育にTMCの活動を活かして行こう」という提言がなされました。実現の可能性はともかく、私にとっては斬新な発想で楽しかったです。岡島さんは、「本当の」エコツーリズムの一例として、自身の趣味である自転車ツーリングを挙げ、「エコツーリズム」を再認識させてくれました。具体的であり、聴衆が、岡島さんが風を切って走る姿を、リアルに想像できるスピーチでした。

最後に、新入会員の入会式が行われ、柳さんとIJさんが、新たに響TMCの会員になりました。新年度早々おめでたい事です。お二人には、近々、自己紹介をこのブログに書いていただく予定ですのでお楽しみに。

個人的な感想ですが、新年度ということで、どことなく初々しく、ぎこちない例会でありました。それでは次回例会まで。



第53回例会_新入会員第53回例会_ベストテーブルトピック第53回例会_ベストスピーカー

↑このページのトップヘ