2007年10月

10月9日の第82回例会は、久しぶり(?)の通常例会でした。前々回が4周年記念、前回が論評コンテストと特別例会が続いていましたが、やはり基本に立ち帰って通常例会を行うのもいいものです。
今夜のトーストマスターは長屋が務めました。例会は通常例会らしく、テーブルトピックス、スピーチ、論評の順にオーソドックスに進められました。

■テーブルトピック(馬場さん) 
 馬場さんのテーブルトピックスピーチは、いつも大変よく準備されているのですが、今回も意表をつくテーマを次々と出題され、(聞いている分には)大変楽しく過ごせました。

■スピーチ
・スピーチ1(佐藤さん) 「いま、私がここにいる理由」 #B1 アイスブレーカー
→ 佐藤さんの記念すべき入会第1回のスピーチでした。響TMCのきっかけのお話でしたが、最初のスピーチとは思えないほど堂々としたスピーチでありました。
・スピーチ2 (IJさん) 「軌跡」 #B10 聴衆を感動させよ
→ IJさんのこれまでのトーストマスターでの経験を集大成した基本の締めくくり(#B10)にふさわしいスピーチでした。それにしても、新クラブ立ち上げの行動力には感心させられます。
・スピーチ3(小原さん) 「メンター〜信頼できる相談相手とは?」 上級#3 人を動かす提案
→ メンターの重要性を改めて認識させられるスピーチでした。冒頭、テーブルを動かして会場の中央立つパフォーマンスなど、さすがと感じさせる点が多かったです。

■論評
アイスブレーカーの佐藤さんの論評は池田さんが、基本の締めくくりである#B10のIJさんの論評は滝本さんが、小原さんの論評は青木さんが担当しました。みなさん素晴らしい論評振りで、投票ではなんと3人が同点票で、3人受賞という珍しい結果となりました。

■受賞者
テーブルスピーチ部門:池田さん
スピーチ部門:IJさん
論評部門:池田さん、滝本さん、青木さん
皆様、受賞おめでとうございます!

(今夜のトーストマスター 長屋)
第82回例会写真1第82回例会写真2

9月25日(火)19時30分より、豊島区勤労福祉会館4階第3会議室にて、第81回例会が行われました。秋のコンテストシーズン、今季は4年に1度の論評コンテストということで、響らしく「心に響く論評コンテスト」と題してコンテストを行いました。

コンテストは出場資格のある方は全員出場対象ということで、出場資格のない小原がコンテスト委員長を務めました。既に他クラブでディビジョンコンテストへの出場を決めている、渡辺さん、IJさんらを除いて、当日の出場者は、青木さん、池田さん、紀さん、田村さん、角田さんの5名となりました。審査委員長はエリア23ガバナーの金井さんにお願いし、近隣の江戸クラブや八千代クラブの方にお手伝いとしてご参加頂きました。この他、神楽坂クラブで既にディビジョンBコンテストへの出場を決められていた牧さんが、他クラブの状況を探りに(?)来られていました。

テストスピーチは埼玉クラブの佐々木さん。「お父さんだから早く帰らなきゃ」と題してのスピーチはTMと家庭との関わり、家族の絆をテーマとした考えさせる内容で、微笑ましくも聞かせるスピーチでした。このスピーチをどう料理、もとい論評するか。5名の論評者はそれぞれ異なる切り口で論評されました。一人のスピーチに対して、複数の方から異なる論評を聞くことができるの、論評コンテストの一つの醍醐味です。

IJさんによるインタビューを挟んで、受賞者が下記の通り発表されました。

第1位:池田さん
第2位:青木さん
第3位:紀さん

この結果、池田さんがディビジョンB論評コンテストへの出場権を得ました。当初は江戸クラブから出場される予定だった所を、響での出場に変えて頂いた池田さん。話し手をいつも暖かく励まされる論評は、話し手の次のスピーチへの意欲をかき立てます。ディビジョンBでは更なる励ましで、聴衆を魅了されることでしょう。   (今夜のトーストマスター 小原)
第81回例会写真1第81回例会写真2

↑このページのトップヘ