2009年05月

20090526例会3119回例会は、当日キャンセルが相次いだ上、今夜のトーストマスターも当日キャンセルの危機にさらされましたが、何とか開会にこぎ着けることができました。以下、例会の模様を報告します。

 

今夜の言葉「多勢に無勢」:少人数で多勢に向かって、とても敵しがたいこと、という意味の言葉です。

今夜の一句「春雁吾に似て吾雁に似たり 洛陽城裏花に背いて帰る」:直江兼続が、花の季節に城を後にして故郷に帰る心境を詠んだものとされます。

 

テーブルトピックスは教育担当副会長のNさんが、「私の○○の使い道」というお題で、わかりやすく、かつそつなく進めていきました。定額給付金、道で拾った500円、宝くじの当選金3億円、初任給、夏のボーナスについて、5人のスピーカーがさまざまな使い道をあげました。

 

20090526例会4準備スピーチは2本。まずFさんが「525600の数え方」という題で、初めてのスピーチに挑戦しました。525600という数字は60分×24時間×365日、つまり1年を分単位で表したものです。Fさんはミュージカルが好きで、スピーチの題名もミュージカル「RENT」をヒントにしたそうです。

次のスピーチはYさんの「公訴時効を考える」でした。公訴時効は凶悪犯罪には適用すべきではないが、一方で捜査の負担を軽減できるような措置も必要だ、という内容で、論理的に説得力があり、かつ感情面にも訴えるものがありました。

 

2本の準備スピーチに対する論評は、対照的ともいえるスタイルでした。1本目のスピーチに対する論評はWさんが行いましたが、まずスピーカーの良いところをあげ、次に改善点をあげ、最後にスピーカーを励まして締めくくるという、きわめて標準的なスタイルの論評でした。2本目のスピーチに対しては、Iさんが初めて論評に挑戦しました。Iさんはスピーチを「ブラームスのシンフォニーのようだ」とたとえて、ロゴス(logos; 理性)、エトス(ethos; 精神)、パトス(pathos; 情念)3つがそろっていると絶賛して、個性豊かな論評を繰り広げました。

 

 20090526例会2今回の受賞者は、次の通りです。

最優秀テーブルトピック賞:Oさん

最優秀論評賞:Wさん

最優秀スピーチ賞:Yさん

 

 第119回例会では2名のゲストを迎え、うち1名が入会しました。今回は欠席が多かったのですが、入会者も増えているので、次回以降はより活気のある例会を期待したいです。

 

(今夜のトーストマスター A)

第118回例会は,蒸し暑い中,4人のゲストを迎えて行われました.

新役員

この日の例会で,次年度の役員選挙がありました.

 

 

 

総合論評

準備スピーチは2本.基本マニュアルのスピーチと,上級マニュアルのスピーチが各1本でした.

 

 

 

 

 

受賞者

受賞者です.ベテラン会員が最優秀論評賞,2回目のスピーチを行った会員が最優秀スピーチ賞を受賞しました.

響クラブ主催のディビジョンBコンテストが前々日に行われたばかりで、メンバーの絆がさらに深まった雰囲気の中での例会でした。

 

テーブルトピックスマスターは、KMさん。彼女の大好きなアニメについてのお題で、初めてとは思えない進行を披露してくれました。

準備スピーチ117

準備スピーチは3名。1人目は、FKさんの「私の道」、2人目のITさんの「つり革におつかまりください」、3人目のINさんは「次への切符」という題名で、それぞれの持ち味を発揮したものとなり、聴衆が大いに沸きました。ITさんのユーモアあふれるスピーチが最優秀賞となりました。

 

 

 

 

受賞者117

論評では、Hさん、Bさん、Wさんが登場、Wさんのいつもながらの説得力のある論評が最優秀賞となりました。

 

 

 

入会式090428

この日は、3名のゲストの参加があり、「とても楽しめた」とのコメントをいただきました。またの来場をお待ちしています。

最後に、ゲストのHさんの入会式が行われました。今後とも、よろしくお願いします。

 

 

 

 

二次会117

前々日のコンテストの疲れが抜けきれてない中での例会でしたが、とても盛り上がり、2次会も翌日が昭和の日でもあったことからさらに盛り上がり、愉快な第117回例会となりました。皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

(今夜のトーストマスター S)

 

↑このページのトップヘ