2009年06月

今夜の例会は、今期最終例会(響トーストマスターの期は7月〜翌6月)。役員就任式と納会も控えています。いつもの通常例会とはちょっと違った、今期を〆るには相応しい例会になりました。
予定していたTMOE(司会)が仕事でキャンセルとなり、突然の大役で、少し時間が長引いてしまいましたが、皆さんの暖かい配慮でなんとか終えられてほっとしています。

■役割紹介
・今夜の言葉「えー」
入会したての新会員さんに役割が回ってくることが多い今夜の言葉。今回は、前回の例会時に入会されたKMさんです。自由な発想での言葉の選択ですが、キャリブレーション能力を最大限に発揮できる言葉でもありました。
・今夜の一句「降る音や耳も酸うなる梅の雨」 
WBTさんが選んだ一句は芭蕉です。入梅した時節にあった味わい深い一句を紹介してくださりました。
・えーとカウンタ(文法係)IDさん。
本日入会式なのに、しっかりとこなされています。素晴らしいですね。
・計時係は、BBさん。
響の良心と呼ばれるだけあって、慈愛に満ちたカウントをなされておりました。


■本日のゲストは3名です。
よく来てくださるIUさん、役員就任式を執り行ったAOさん。トーストマスターズが全く初めてのYさんです。Yさんはスピーチやディベート、ディスカッションが必要と言うことでネットで検索されたそうです。また見学に来て下さいね。

■スピーチは3題、準備されていました。
 屬子さん、お孫さんの成長の為に」
プロジェクト 基本#3「ポイントを押える」
KMさんの児童発達心理学の実験結果を通したスピーチで考えさせるものがありました。
◆嵎鷭靴噺討戮襪發痢
プロジェクト 基本#10「聞き手を奮い立たせる」
響のニューリーダーとして八面六臂の活躍をしているSTさんです。
皆さん、熱心に深くうなづきながら、スピーチを聞かれていました。
「DCP10ポイント達成への道」
ハイパーパフォーマンスリーダーシッププログラム#5「結果を報告する」
響の会長にして偉大なる兄貴、OHさん。落ち着いた聞くものを納得させるスピーチです。

■論評
総合論評は、HYさんでした。
ホスピタリティ溢れる誘導でスムーズに論評セクションはすすみました。
KMさんのスピーチへの論評は、ベテランWBYさん。的確なアドバイスをなされてました。
STさんのスピーチへの論評は、円熟した論評に定評のあるNYさん。
OHさんのスピーチへの論評は、次期会長AKさんでした。

■受賞者
ベスト論評賞は、WBYさんです。
ベストスピーカー賞は、OHさん。

■入会式
前回例会時にアフターに参加して、ゲスト1回目にして入会を決意してしまった期待の星、IDさんの入会式がとりおこなれました。

■役員就任式
AOさんの司会進行で、粛々と今期役員から新期役員への交代式が執り行われました。

今夜のトーストマスター IT

 

#1 アイスブレーカー 4〜6分
・聞き手の前でスピーチを始める。
・現在のスピーチスキルを確認し、注意が必要なスキルを探し出す。

#2 スピーチの構成 5〜7分
・ 聞き手がスピーチを容易にフォローし、理解できるような適切なアウトラインを選択する。
・メッセージを伝えるために直接役立つマテリアルを使い、メッセージを明確にする。
・あるアイデアを紹介してから別のアイデアに移るときは、適切な橋渡しを行う。
・力強い序論と結論を作成する

#3 ポイントを押さえる 5〜7分
・スピーチトピックを選びその一般的な目標、具体的な目標を決定する。
・こうした目標を完全に達成することを目指して、スピーチを構成する。
・序論、本論、結論のそれぞれが、目標に裏付けられていることを確認する。
・誠実さと信念を打ち出して、不安感を克服する。
・メモを使わないようにする。

#4 表現方法 5〜7分
・自分のアイデアをはっきりと、的を射て、生き生きと伝えるために、適切な言葉を選びスピーチを構成する。
・アイデアを強く打ち出すために、言葉を有効かつ適切に用い、または修飾的な表現を巧みに使う。
・一部の専門家しか分からないような用語や無駄な言葉を使わないようにする。文法も正確に。

#5 ボディランゲージ 5〜7分
・メッセージを表現しスピーチの目標を達するため、態度、動作、ジェスチャー、顔の表情、アイコンタクトを上手に使う。
・スムーズかつ自然にボディランゲージを行う。

#6 ボーカルバラエティ 5〜7分
・声の強弱、高低、スピード、トーンを使い分けることで、メッセージに意味を付け加え、聞き手の関心を呼び起こす。
・メッセージを強めるため、ポーズ(間)を取る。
・スムーズかつ自然にさまざまな声を出してみる。

#7 トピックのリサーチ 5〜7分
・数多くの資料から自分のテーマに合った情報を入手する。
・リサーチを通じて集めた特定の事実、例、図表を用いて、自分のポイントや意見を入念に補強する。

#8 ビジュアルエイド(視覚器材) 5〜7分
・メッセージおよび聞き手に対して、適切なビジュアルエイドを選択する。
・リラックスしながら自信を持ってビジュアルエイドをきちんと使用する。

#9 パワフルな説得 5〜7分
・聞き手が、スピーカーの視点、アイデアに賛同し、あるいは実行するように説得する。
・聞き手の関心に訴える。
・自分の立場をサポートするように論理と感情を使い分ける。
・メモは使わない。

#10 聞き手を奮い立たせる 8〜10分
・モチベーションの高揚を訴えることで聞き手を奮い立たせる。また高い信念を持って、より高いレベルに到達するよう聞き手を鼓舞する。
・ドラマ的要素を加えるため、ストーリー、エピソード、引用文を使用する。それにより聞き手のニーズに応えて感情にアピールする。
・メモは使用しない。

 第120回例会は期末という事もあり、小人数でスタートしました。
20090609gev20090609tmoe

 

 

 

 

 

 

響トーストマスターズクラブではここ1年、新入会員が増えフレッシュな顔ぶれとベテラン勢とのバランスがようやくとれてきました。

20090609ws今回はベテランのKさんに新入会員に向けてトーストマスターの教育課程について特別セミナーをしていただきました。新入会員に対する心得えとしてご自分の経験から考えた『TMの教育課程に関する八箇条』をベースにTMの教育課程やマニュアルの活用方、例会の司会者になったときの心構えやもてなし方法、総合論評者のコツなどをジョーク混じりでお話下さり、最後まで聴衆を飽きさせませんでした。質疑応答でも、ゲストの方から積極的な質問が飛び交い、とても有意義なセミナーとなりました。

 

 今回の準備スピーチはセミナーの時間を考慮し2本立てとなりました。20090609i220090609スピーチa

 

 

 

 


 

まず1本目は、いつもユニークなスピーチでみんなを楽しませてくれているIさんの「ですよね。」でした。回を重ねる毎にユーモアだけでなく、説得力が増してきているように思われました。 2本目のスピーチはAさんの「その接客でよいのか」でした。外国人労働者の接客に焦点を当てたスピーチはとても説得力のあるもので、質問応答も活発に行われました。最優秀スピーチ賞は、ここのところ勢いを増しているIさんが獲得しました。

20090609ev20090609受賞者
 

 

 

 

 

 

論評は、YさんとOさんが良い点と改善点をそれぞれ的確にされていました。特にYさんの論評はとても冴えていて、今回の最優秀論評者に輝きました。

20090609入会式 もうじき役員交代ということで、現役員はラストスパートを、新役員は徐々にプレッシャー(?)を感じてきているそんな例会でした。

当クラブは,つくばで行われたディストリクト76(全日本大会)ウェブサイトコンテストにおいて,ディビジョンB第1位を受賞しました.
昨年末にサイトを移転してからアクセス数が増え,見学者,新入会員も増えています.さらにこのような結果が得られたのは,大変喜ばしいことです.
7月から広報担当副会長が代わりますが,引き続きよりよいウェブサイト作りを心がけたいと思います.今後とも響トーストマスターズクラブをよろしくお願いします.

webコンテスト賞状バインダーwebコンテスト

 

↑このページのトップヘ