2009年07月

第123回例会は7月18日(土)15時00分より、川越市松村屋旅館食堂で行われました。4

 

 

響クラブ始まって以来、初の合宿例会です。
例会の時間もいつもの倍の3時間半。ワークショップも入り充実した例会になりました。
もちろん、終わった後は宴会。夜遅くまで語り合う声が川越の夜に響き渡りました。。。

例会の構成は、
第1部:ワークショップ4本:新人向け−これであなたもトーストマスター通
第2部:スピーチ4本、テーブルトピック
第3部:ワークショップ2本:体を使った発音、トールテール(ほら吹き話)のコツ
といった構成です。

第1部のワークショップは、一部講師が遅れるなどのハプニングがあったものの、例会の役割、教育プログラム、メンター制度、組織や歴史といった、入ったばかりの新人さんたちが知りたいことを、的確にトーストマスター歴の長い諸先輩から説明いただきました。

第2部は通常例会と同じ内容です。
今日の言葉「上出来」
今日の一句「」

テーブルトピックスは新人のWさんが担当。ビジュアルツールを使った力作の出題で盛り上がりました。
 
スピーチは下記4本。新入会員から上級マニュアルまで幅広いスピーチになりました。
 
1.「希望の言葉 トースト・マスタード?」(CC#1アイスブレーカーより)123_1
響クラブに入会するまでの経緯を、キーワードを用いて語りました。前向きでまじめな人柄がにじみ出つつ、みんなを盛り上げる楽しいスピーチでした。
 


2.「それも芸のうち」(CC#4表現方法より)123_2
就職活動を通して、学んだことを、いくつかの作家の言葉を引きながら、語っていただきました。
 


3.「怪しい隣人」(上級:楽しませるスピーチ#1より)123_3
前回スピーチコンテストのクラブ代表を務められたかたのスピーチは、導入から引き込まれっぱなしで、大笑いが絶えませんでした。最後の終わり方も絶妙でした。
この合宿を期に、クラブを離れられることになりましたが、良きお手本として、メンバーの心に深く刻まれたスピーチでした。

4.「世代間格差」(上級:情報を伝えるスピーチ#1より)
年金の納付額と受給額の比率を取り上げて、高齢化に向けた社会の変化について語っていただきました。

総合論評は、神楽坂トーストマスターズの教育担当副会長にお願いしました。スピーチへの個人論評もゲストにもお願いし、いつもと違う新鮮な気分の論評となりました。123_5

 

 


また、総合論評では、例会の初めから細やかに目配りなさっていたことを感じられる丁寧な論評をいただきました。2

 

 

 

第3部のワークショップの1本目は、123_7長い例会の疲れも取れる、体を動かしての発声術を教わりました。

 

 

2本目は、今年の秋のコンテスト種目トールテール(ほら吹き話)について、実践的な内容をアメリカの歴史的な経緯から調べた資料をもとに説明いただきました。123_61

 

 

 

夕方以降は、お酒も入り、宴会係のイベントも手伝って、いつもと違うメンバーの顔がみられました。そして、深夜まで、トーストマスターと人間といろんなことについて語り明かしました。123_83

 

 

 

翌日は、小江戸川越を散策しました。昼食は名物の鰻としましたが、土曜の丑の日と重なったこともあって、2時間以上待つことに。結果的に地ビールと合わせて美味しく頂きました。

5

今回を通して、みなさんとより近くなれたように感じます。また、このような合宿が持てたらいいなと、思います。

今夜のトーストマスター H

第122回例会は7月14日(火)19時30分より、豊島区勤労福祉会館第3会議室で行われました。
新年度となり、新会長の下での初例会はゲスト3名を迎えて盛り上がりました。
 
今夜の言葉「成せば成る」。
今夜の一句「2次会が割り勘ならば来る上司」。
 
今夜のトーストマスターは前会長が担当しました。最近新入会員が増えたこともあり、文法係、計時係、集計係の所謂例会3役は経験者で固め、お手本を示して頂くという趣向でした。
 
テーブルトピックスは下記4題。話題の男性化粧品をテーマにした出題がユニークでした。
 
1.「男性化粧品を開発するとしたら」
2.「その男性化粧品を勧めるとしたら」
3.「今自分が欲しい化粧品は」
4.「上瞼をケアする化粧品をいくらで買うか」」
 
スピーチは下記3本。新入会員の方が最初に行うアイスブレーカーのスピーチが2本入りました。
 
1.「私がここにいる理由」(CC#1アイスブレーカーより)
122_2
響クラブに何故入会したのか。それはあるTM会員の一言がきっかけでした、ということでTMへ入会した動機、ここで何をしたいのかという気持ちを率直に語って頂きました。
 
 
 
2.「電話で自己紹介」(CC#1アイスブレーカーより)
122_3
自己紹介で何を話すか、という切り口で、これまでの自己紹介スピーチの経験を通し、名前の由来からTMへの取り組みをさらりと決意表明して頂きました。
 
 
 
3.「大君から学んだこと」(CC#6ボーカルバラエティ〜声の変化より)
122_4
少林寺拳法を通じての年齢を超えた少年との友情。本当の強さ、人を思いやることの大切さについての学びを表現力豊かに語って頂きました。
 
 
 
 
総合論評はトーストマスターズ歴20年という大御所が担当しました。スピーチへの論評は新人、中堅、ベテランという順で、それぞれ新鮮さ、個性的、お手本という三者三様の論評スタイルが印象的でした。122_1
総合論評は少しお時間があったことから、例会開始からの状況をつぶさにチェックしての論評で、一つ一つの役割について細かい指摘を受けました。
 
 
 
ゲスト感想では、3名の見学者全員から入会表明を頂き、幸先のよい幕開けとなりました。
今夜のトーストマスター O

↑このページのトップヘ