2010年02月

138_001

今夜の例会は、ベテランのNYさんの開会の挨拶で始まりました。




138_002続いて、今夜の言葉はKYさんより、故郷の金沢で家のお使いをした
子どもにご褒美としてご褒美に渡すお菓子のようなことばの意味で、「お道忘れ」でした。

138_003今夜の一句は、FKさんよりもうすぐ春かなと感じる「早春の鎌倉山の椿かな」を、紹介して頂ました。




138_175いつもドキドキするテーブルトピックスでは、FCさんよりこのタイミングにぴったりのオリンピックにちなんだ題目を、気の利いたフリップを使い分かりやすく披露して頂きました。

138_1771本目のスピーチは、初回スピーチ・アイスブレーカーのYKさんの「いつでも恋している私」。とても、初回スピーチと思えないパワフルなスピーチで、音楽や子供に恋している私を表現していました。

2本目のスピーチは、久しぶりに登場のARさんの「鉄人スピーチ」。驚きました、8週連続スピーチを目標に今回7本目のスピーチとのことで、連続スピーチの動機や、過去の6本目までのスピーチの内容を、力ずよく解説していました。

3本目のスピーチは、経験豊富なOHさんの「5分でわかるカーリング」。
これまた、このタイミングにぴったりで、以外と知らないカーリングについてのスピーチでした。非常に大きいビジュアルツールを使い、ルールなどを説明して頂ました。少しカーリングのことを知ることができ、とても得した気分になりました。

論評の部では、
138_005
IKさんが1本目のYKさんのスピーチに対し、何より明るく、笑顔でスピーチしていたことを、褒めていました。


138_160SYさんが2本目のARさんのスピーチに対し、我々トーストマスターの会員にとって興味あるスピーチと、分析していました。また、連続スピーチ実現について、スピーチチャンスを作ることが大事だと言うスピーカーの主張に同調していました。

138_171IMさんが3本目のOHさんのスピーチに対し、導入部での叫びにより、聴衆を引き付けた所、途中、聴衆に質問したこと、を良かった点として上げ、改善点としてビジュアルエイドについて、もっと大胆にとのアドバイスが有りました。

138_163
総合論評は、IHさんが気の利いたダジャレなどを使いユニークな論評でした。




138_182
テーブルトピックス賞はWTさん、論評賞はIMさん、スピーチ賞はOHさんが受賞されました。


今回の例会は、オリンピックに因んだ題目あり、少しオリンピックについて
学ぶことができたような気がした、有意義な例会でした。
138_185



本日のトーストマスター B

137回の響例会についてお伝えしましょう。
今回の例会はいつにもまして少人数でした。
しかし、響らしい手作りの暖かみのある例会になりました。
137_01137_02





そうした響の例会は、「よい聴き手になろう」というIJ会長が掲げる合言葉に言い表せると思います。オープニングから例会終了まで、話し手を笑顔で包んでいました。
137_03137_09
 



今夜の言葉は、NYさんの「草食系」でした。草食系ばかり?!の例会参加者には使いやすい言葉のようでした。
そして、SMさんが寺山修司の一句を紹介してくださいました。寺山修司は、青森が生んだ数少ない文化人です。青森県は口下手な県民性のようですね。今回の司会の私と総合論評のIMさんも奇しくも青森出身なのでした。口下手であってもよい聞き手になりたいものです。
137_04137_08





 テーブルトピックスは、WTさんの時間管理ということで4題だされました。その質問も答えもとても有益なものであり、今後ビジネスやプライベートでも生かせるヒントをいただきました。

そして、スピーチセッションです。
137_101題目は、MRさんが2番目の「スピーチの構成」にチャレンジされました。MRさん自らの幼少時代の体験を通して堂々と話されていたのが印象的でした。


137_152題目はFTさん。9番目の「パワフルな説得」で養護施設見学のエピソードを交えながら、臨場感溢れるスピーチをされました。心に響いた聴衆の目に熱いものがこみ上げてきます。

137_163題目はOMさんは特別なスピーチとして、秋田に伝わる民話を朗読されました。秋田の方言が混じっており、制限時間も長かったのですが、トーストマスターズの申し子にして、秋田が第二の故郷のOMさん。聴衆を雪深い秋田の里へと誘っておりました。

 論評セッションは、総合論評にIMさんの登場です。耳に心地よいトーン優しい語り口調で論評者を紹介されておりました。論評者もNYさん、SMさん、IJ会長とスピーカーに勇気と希望を与えるよい聞き手が揃いました。NYさんは一人3役。SMさんは一人4役とマルチタレント振りを発揮いただき素晴らしいの一言につきます。ありがとうございました。
137_19137_23





よい話し手だけでなく、ためになるスピーチだけでなく、よい聞き手のいるトーストマスターズ。響クラブに皆様もおいでください。

 今夜のトーストマスター IH

みなさん、何事にもイメージって大切ですよね。

実は響クラブにはイメージカラーがあります。
その色は。


  ”みどり”


緑と言えば、芽吹きから転じて成長や新鮮さを表します。
また、みずみずしく爽やかな印象ではないでしょうか。

クラブもメンバーも、いつも新鮮さを忘れず成長し続ける
響にぴったりなカラーですね。

響トリビアでした。

↑このページのトップヘ