2010年07月

久々の響Tipsです。
トーストマスターのホームページから、
10個のスピーチのコツを見つけました。なるほど、って思う部分が多かったので、意訳いたしました。ご参考になればうれしいです。(あくまで個人の意訳+コメントです。原文は一番下にリンクしてあります)

 

1.Know your material. /自分のスピーチをよく知ろう

まずは、自分の話そうとしている事、何を言いたいのかよく知ってみる。そしたら、どういう伝え方がいいか、もっと分かってくる!

 

2.Practice. Practice. Practice! /練習、練習、練習!

たどたどしく息切れする、だらだらしたスピーチより、明確で研ぎ澄まされたスピーチがいいに決まってます。

それにはなにより練習!言葉は口から出してみて、初めてその言葉選びや文章の切り方について分かってきます。

コツをつかめるまでは練習してみましょう。

 

3.Know the audience./聞き手の事を考えよう

わざわざ聞きにきてくれている人たちです。思い切って、友達のように、心をこめて話してみよう。

よそよそしい丁寧さより、もっといい話しかけ方が見つかるかも。

 

4.Know the room. /会場を制す。

大きい会場では隅々まで声が届くように、資料を使うときは後ろの人からも見えるように。会場を制す者はスピーチを制す!

 

5.Relax. /りらーーーくっす。
深呼吸。はい、にっこり!

 

6.Visualize yourself giving your speech. /成りきりましょう!
声も、身振りも、気の持ちよう。ステージに立ったらなりきって!

いじいじされると聞いている方も白けちゃうのです。

 

7.Realize that people want you to succeed. /聞き手は期待してます。

きらきらした目でみんなに見つめられる・・心臓が止まりそうですけど、そんな状況を楽しんじゃいましょう。
 

8.Don’t apologize./謝らないで!

緊張してます、とか、今回は準備が不十分ですとか、聞き手には関係ないですから!残念!

 

9.Concentrate on the message./伝えたいことに集中しよう。
脱線ばかりしているスピーチは、後に何が言いたかったのか分からなくなります。それってもったいない!

 

10.Gain experience./後は経験を重ねれば♪

あなたのスピーチはあなた自身を表します。だから、自分を成長させればスピーチも成長するし、たくさんの経験があなたを成長させます。
ここなら失敗しても大丈夫。みんなで一歩前に踏み出そう!

 

【トーストマスター・インターナショナルのリンク】

http://www.toastmasters.org/MainMenuCategories/FreeResources/NeedHelpGivingaSpeech/TipsTechniques/10TipsforPublicSpeaking.aspx

今回の例会はテーマ例会。147_030
7月27日に起こった出来事というだけで、フランス革命をテーマにしてみました。

さて、どうなる?

革命と例会という無茶ぶりにも関わらず、みなさんノッていただけて安心しました。さすが、響クラブのメンバーは柔軟な思考をなされます。

147_037トランプの大貧民では革命をおこすのに、必要なカードは4枚。例会役割も4役が必要です。しかし、ジョーカーのように一人で二役以上こなせる響では、二人で4役をお引きうけいただきました。
自宅で栽培中のバジルとトマトを害虫から守り続けるSMさん。役割のほか、今夜の言葉でもご登場いただきましたYKさんありがとうございました。今夜の言葉は、フランス革命の三色旗のもつ自由・平等・博愛の中から選んだ「自由」でした。

147_042続いて、小田原の産んだナポレオンこと、SYさんのテーブルトピックスです。ひねりの効いた出題が目立ちます。
革命から連想させて、人生の転機のこと。自分を漢字一文字でたとえると?、フランス革命からフランスパンにちなんだ出題など。ゲスト参加者も積極的に今夜の言葉の「自由」や革命というキーワードを使って回答しておられました。ベストテーブルトピック賞は、HTさんでした。

その後は、スピーチセッション。3人の革命家が登壇し、舌戦が繰り広げられました。断頭台行きか、それとも、栄冠か。

147_043フランス革命の象徴、三色旗(青は自由、白は平等、赤は博愛(友愛))からどれが一番好きかを聞いた際に、博愛を選んだKNさんは、基本マニュアル3のスピーチ「ぼけてもいいよ」。専門職らしくご自分の体験を通しながら認知症についてお話しくださりました。

次のNYさんは、上級マニュアルの楽しめるスピーチで「シングルベル」、聖夜にシングルで過ごすことについての体験談を過去と現在を対比させながら面白く披露なされました。

3番目に遅れて登場したOHさん。私が革命指導者と心の中で呼んでいるだけあって、拍手についての実演スピーチ「拍手は誰が為に」。拍手を意思表示として使い分けていらっしゃるという大変興味深い内容でした。
ベストスピーチ賞は、堂々とスピーチなされた次代の指導者にふさわしいKNさんです。


そして、論評セクションに入ります。総合論評はHTさんです。147_025
IKさんはスピーチ目的に沿った論評をなさりました。
FCさんは、ご自分の考えと対比なされながらスピーチのよかった点を4点も引き出されておりました。
3番目の論評は、その場で指名され、スピーチ直後にすぐに論評するという変則的な状況でしたがSYさんでした。論評の構成さえ立てる時間もないなか、ベスト論評賞をお取りになりました。さすがは小田原のナポレオンだけあります。

147_046フランス革命例会。テーマ例会としても異色で、また出席者の都合によりプログラムを柔軟に運営したため若干の進行にもたつきがありましたが、皆さんの熱気で響の熱い夜は更けていくのでした。






147_049今回、初めて参加なされたにも関わらず、ゲストさんが入会を表明してくださりました!!
響クラブの旗のもと、革命家の篤い情熱を胸に、みなさんとスピーチを通して人生の革命を成し遂げていきたいと思っています。
今夜のトーストマスターIH

第146回例会は今期のスタートとなる例会でした。146_09
いつもより若干参加者が少ないなかでの開催でしたが、1名のゲストが参加されました。

今夜の言葉は、ベテランOさんの「直感」何人かの方が例会中使うことができました。
今夜の一句は久々の海外旅行予定のWさん「炎天下迷子に年はなかりけり」次回例会では台湾トーストマスターズのおはなしも聞かせていただけるでしょう。

146_10久々のテーブルトピックスマスターはIさんでテーマは「7月のせんたくについて」
問いかけは、「消費税」「裏切られた体験」「洗濯の工夫について」。
みんなが「洗濯」についてしか考えていないところにあえて、「洗濯」という予想外の
問いをもってくるのはIさんならではです。

スピーチの1人目の登場はYさん。
「理系君のトリセツ」
理系の男性のいいところ、接し方をユーモアたっぷりに話されていました。
未婚者としてはなるほどと思うところもありました。

2人目はSさん「トーストマスターズの教育プログラム」
長い内容を分かりやすくするために全員にレジュメも用意されて、
短い中で多くの内容を紹介されていました。146_08

最後はIさんの「戦友」
エリアガバナーの仕事をバレーボールに例えたり、ボディランゲージを使って
分かりやすくお話されていました。

SさんとIさんはトーストマスターのことについてまだよく知らない方が聞いたら、
役立つ内容も盛りだくさんだったので、今日の参加者が少ないのは少し残念です。


146_12論評の部ではYさんに対してはWさん。
Sさんに対してはOさん。
Iさんに対してはIさんのメンティーのFさん。

ベストスピーチはYさん。今回は2回のスピーチでしたが、2回のベスト受賞とは素晴らしいです。
論評はOさんがとりました。       146_13


何人かの方に複数の役割をこなしていただいたおかげで無事に終了することができました。


2次会はいつもの中華屋さんでした。

146_14
今期もみんなでいい例会を作っていきましょう。

今夜のトーストマスター F

 

↑このページのトップヘ