2011年01月

IMG_0381 第157回例会は1月下旬ということで外のすごい寒さ中、片仮名禁止例会が行われました。片仮名が禁止と言うことで、各人が片仮名を日本語に置き換えて、しゃべるのにちょっと苦労しながらの例会でした。

 まず、会長のHさんが開会の中で、今日は片仮名禁止例会と言う事と、お客様の方を紹介して頂きました。尚、今回は以前響メンバーであったKさん、Hさん、他クラブのMさん、見学者のMさんの4名の方が、お客様でいらして下さいました。
 
 

 次は、即興話(テーブルトピックスピーチ)、大阪生まれのNさんが1月のこの時期にふさわしい、花粉症や鍋などを題材に、冬と春のおとずれに関したお題を出して頂きました。
 
IMG_0383 いよいよメインの今日の演題(準備スピーチ)です。今日は響メンバー1名、お客様2名の方のがお話して頂きました。1番目の話し手は、Wさん、題名は「日本は本当にやばいのか?」。まさに日本の経済が将来まずいのか、データで示していたので、このままでは、まずいぞと考えさせられました。

 2番目の話し手は、Mさん、題名は「ナノ単位の違い」。知的障害のダウン症の方の病気の原因が、DNAのナノ単位(10億分1メートル)の違いだけと言う事が、理解できました。

 3番目の話し手は、Oさん、題名は「オリオンとうさぎ」。冬の星座のオリオン座とその回りの星の関係を、迫力ある声で表現していました。

 個人論評については、Sさんから話の入り方など多数褒め、やや資料が多すぎたかなと改善点もしっかり上げていました。IHさんからは語りが良かったことと、舞台の真ん中でなく、以外にも端の窓際を使ったことを、褒めていました。IJさんからはOさんが今までのスピーチの中で、一番大きな声・動きだったのではと言っていました。総合論評についてはHさんより、今回の片仮名禁止の企画を提案した、IJさんを褒めていました。

 今日は片仮名を使わないようにと、少し気を使った例会でしたが、逆に制限があり面白かったことと、片仮名のアリガタミが分かった例会でした。

(司会者 B)

156_01 あけましておめでとうございます。今年に入って最初の記事投稿です。さて、響トーストマスターズの第156例会は、恒例により、新年会を兼ねて行われました。会場は、いつもの勤労福祉会館ではなく、とある中華料理屋さんの地階の個室をお借りしての盛大な開催です。いつもと違った雰囲気の例会ですが、このような特別例会もなかなかいいものです。

156_07 今回の司会は筆者のYNでした。例によって開始時間での集まりが悪く多少あせりましたが、ともかく定刻どおり19時半に例会を開始しました。まず、最初のイベントはテーブルトピックススピーチ(即興スピーチ)です。今回は、日本のトーストマスターの権威の一人であるHOさんに出題係をしていただきました。HOさんの設問がよかったのか、あるいは多少アルコールが入っていたからか、皆さん大変スムーズな即興スピーチができました。今年もこれにあやかってすべて順調にいきたいものです。


156_02 次は、例会メインの準備スピーチです。最初のスピーカーはまだ入会して間もないNさんによる基本マニュアル第2課題のスピーチです。スピーチタイトルは「サウナマニアックス」。ひょっとしてNさんはサウナ風呂のマニアなのかな、などと思って聴いていましたが、タイトルどおりサウナなどのお風呂の健康面の効用に関するスピーチでした。パソコンを使ってのプレゼンスピーチで、入念に準備されたプレゼンソフトに関心させられました。


156_03 二番目のスピーチは、会場係として今回も新年会会場の手配をしていただいたIDさんです。基本マニュアル第8課題で、スピーチタイトルは「選挙に出てみませんか」。筆者は、これまでIDさんのスピーチを何回か聴いてきましたが、今回のスピーチは色々な面で一番印象的でした。まず、よく準備されたビジュアルエイドの資料です。これまで選挙にはお金がかかると聞いていましたが、具体的な支出額もわかり、これから選挙に出ようという人(あまり多くはない?)には大変有意義な内容でした。そして、一番印象的なポイントは、このスピーチがID氏の実体験に基づくものであることかもしれません。政治家にスピーチ能力が必要なのはいうまでもありませんが、トーストマスターでのスピーチ訓練は実は政治家デビューの近道だったりして、などと思いました。IDさんは、このインパクトのあるスピーチで今年最初のベストスピーカーになりました。

 

156_04156_05









 最後は論評セッションです。Yさん、Hさんの二人の女性陣が的確な論評をして、会が引き締まりました。閉会後は、新年会の余韻で、カラオケで盛り上がりました。今年もよろしくお願いします。
156_08156_10











156_11156_12



 


 


 

↑このページのトップヘ