2011年03月

 まだ余震の続く日々ですが、3月20日エリア14のスピーチコンテストが開催されました。エリア14は、響クラブを含め5クラブで構成されます。今回は、所沢クラブが地震後の困難な状況にもかかわらず主催していただきました。 
72138053_thumbnail
 響クラブからは、クラブコンテスで優勝したNKさんが代表として出場し、他に多くのメンバーがヘルパーおよび応援のために所沢へ駆けつけました。




72137824_thumbnailNKさんは、スピーチの順番が最後になるというプレッシャーのかかる状況でしたが、地力を発揮して見事、第2位の栄冠を勝ち取とりました。ちなみに、優勝は主催の所沢クラブの方でした。




72138409_thumbnail NKさんは、今後は八王子で開催されるディビジョンA(主に関東地方)の大会に駒を進めることになります。ご健闘を。 

 



 3月22日(第4火曜日)の例会は、計画停電や交通機関の乱れによる混乱を考慮し、中止となりました。なお、4月以降の例会は予定通り行います。

 2011311日に発生しました「東北関東大震災」におきまして、犠牲になられた方々とご遺族のみなさまに対し、深くお悔みを申しあげるとともに、不安な気持ちでお過ごしの被災者のみなさまには、謹んでお見舞いを申しあげます。
 弥生3月8日。咲き誇る梅の桃色を引き立てるように前日の都内は雪が降っておりました。まるで、ウグイスも白く染めそうな雪でしたね。

 
P3080194s

 そんななか、響クラブは160回例会を迎えました。例会日は、国際スピーチコンテストのクラブ内コンテストでした。毎年、春には国際スピーチコンテストが開かれます。このコンテストでの優勝者は次のエリアコンテストという地区大会に進みます。甲子園のように地区大会があるのですが、さしずめ、クラブ内コンテストhは校内代表を選抜するような大会といえます。そして最後は、5月に代々木で行われる国際スピーチ大会を目指します。


P3080188s TMのゲストが7名。TMではないゲストの方も3名いらっしゃいました。お手伝いいただいたゲストの方には御礼を申し上げます。




 コンテスト出場者のドキドキが伝わってくるような張りつめた空気が心地良いです。
アドレナリンがでまくっているだろう出場者の顔は真剣そのものでした。

こういうときに、人間って生きている実感を得るのかもしれませんね。私は、ただの司会ですので、まったく緊張もせず、ドキドキなさっている出場者たちの横顔を見つめていました。やっぱり、出場者のほうが数倍、楽しんでいると感じましたね。
P3080198s

 たどたどしい進行のもと、競技の開始の合図を審査委員長からいただき、コンテストが開始されました。今回スピーチをしてくださるのは4名です。SYさん、WTさん、NKさん、NYさんと、いづれもベテランぞろいで、だれが選ばれても、響を代表するのに相応しい人々です。


 最初のスピーカーは、WTさん。聴きどころは、とびきりの笑顔のWTさんのスマイル講座です。2番目はSYさん。電車の中で出会った人たちの心情に想いを寄せて・・・

 3番目は、NKさん。(NKさんのスピーチは次回もコンテスタントですので、コメントは差し控えます。)
4番目は、NYさん。バイトをした会社はなんと・・・・。どのスピーチも思わず頷いてしまうほどの説得力に溢れておりました。P3080214s

 優勝者のNKさんは、3月20日(日曜日)に所沢市立中央公民館で行われるエリア14国際スピーチコンテストに優勝者が参加できます。期待していますよ。目指せ、全国大会!!



 このブログをご覧になっていらっしゃるかたも、ぜひとも、一緒に
応援しましょう。いや、応援するだけでなく、私たちと一緒にスピーチの楽しさやドキドキをわかちあっていきたいと思います。


 コンテスト委員長Alex110


P3080200s




 


 


 


 


 


 

↑このページのトップヘ