2011年12月

PC130066 今年も師走入り忘年会シーズンといったところでしょうか。そのため、今回の例会は参加者が少ないのではと思いきや、多くのゲストの参加に恵まれ、大変にぎやかな例会となりました。左の写真は、例会の開会の様子ですが、机を後ろに並べていますので、写っている人の倍ぐらいの参加者でした。





PC130069 今回の司会は、予定されていた方が仕事の関係で遅れ、急遽ピンチヒッターのOさんに引き受けていただきました。響クラブは社会人中心のクラブですので、仕事の都合による役割の急な交代はお手のものです。ピンチヒッターOさんは、急に指名されたにもかかわらず、落ち着いた進行振りで、小生も見習いたいと思ったのでした。




PC130070 今回も準備スピーチは3本でした。最初のスピーカーは最近入会されたNさんで、今回がクラブでの初めてのスピーチでした。初めてのスピーチは皆さん緊張されて初々しい感じがすることが多いのですが、Nさんは実に堂々とした話し振りで、すでにベテランの域に達しているのでは、という感じでした。今後の活躍を期待しています。



PC130072PC1300762番目のスピーカは、会場係でクラブを支えてくれているTさんによる「多様性」に関するスピーチでした。最近成長著しいTさんですが、また実力を伸ばしたように感じました。3番目は、N会長による「論評のヒケツ」というスピーチ。今では論評エキスパートとして全国区で有名なN会長ですが、もともとは論評は苦手だった、ということでした。

PC130082 その後はテーブルトピックス(即興スピーチ)の時間です。今回はMさんが出題役となりました。最初はAKB48ネタから入り、皆の関心を引き付けました。指名された方も、突然の指名にもかかわらず、うまく話をまとめていました。





PC130088 最後はベテランのSさんの進行の下、論評セッションが行われ、例会が引締まりました。
 今回の受賞者は左の写真のとおりです。
 寒い日が続きますが、皆様風邪などひかぬよう、お過ごしください。



11月25日から27日までディストリクト76の全国大会が開催されました。2日目は日本語論評コンテストの全国大会でした。
RIMG0335


















各ディビジョンを勝ち抜いた6人の精鋭たちが揃い踏みしたのです。
そこに、我が響クラブの会長が、ディビジョンA代表として参加なされました。なんと、日本語論評コンテストの3位入賞しました。おめでとうございます!!
くじ運が悪くあいにくの最初の論評者でしたが、全国で3位に入るというのは快挙です。感動した。猛烈に感動した。9月のクラブ内コンテストからエリア、ディビジョンと、勝ちあがるたびに、会長としての重圧、多忙を極めるお仕事など多大なご苦労があったのだろうと思います。
 そして、その会長を応援するべく我が響クラブから総勢12名にものぼる大応援団が駆けつけていました。特に美女揃いの響四姉妹による会長応援団には、他クラブのおじさまたちも羨望の眼差しを向けてました。しかも、楽しそうに応援しているので、他クラブの会長をはじめみなさんで応援に参加していただけたのも嬉しかったです。さらに、壇上に花を活けて晴れやかな舞台をもりあげてくださったり、裏方としてコンテストを支えてくださった
響のメンバーもいます。  こうした素晴らしい響クラブのメンバーの一員でいれることに、感謝と喜びを感じています。
RIMG0369


















 そして、みなさん。 会長に続いて、次の舞台に立つのはアナタの番です!!

アレックス

↑このページのトップヘ