2012年01月

新年はじめの第179回例会はいつも2次会でお世話になっている蘭蘭の個室で行われました。3連休明けにも関わらず、4名のゲストや多くの会員が駆けつけ、和気藹々とした例会となりました。
179_30今夜の言葉は、響シスターズの長女、WTさんにより「異彩を放つ」が紹介されました。響クラブの会員は個性豊かな異彩を放つ会員で構成されており、相応しい言葉でした。
その後で、皆で乾杯し、食事を伴いながら例会が進行していきました。

  
179_23まず、最初にスピーチの技法に焦点を当てたスピーチセミナーがあり、「声」と「ボディーランゲージ」を意識して、小泉元首相の名言「構造改革なくして日本の再生と発展はない。」を練習しました。



179_24スピーチ1本目は、12月末に入会したTYさんによる自己紹介スピーチでした。
「困っている人を助けたい」という思いが動機となり、心理学を専攻し、カウンセラーになるため勉強をしているそうです。



 
179_16スピーチ2本目は、響シスターズ3女のMRさんによるクールジャパンに関するスピーチ。実はクールはお寿司の事で、お寿司の歴史を紐説き、昔の日本人の知恵から学ぶ事の大切さを伝えました。
スピーチ3本目は、響の頼れる会場係TSさん。留学に向けて英語を猛勉強しており、辛いけど楽しいことを見つける自分が居て、試練を乗り越えるかどうかは気持ちの持ちようだと経験を元にお話されました。
179_19少し歓談の時間をとったあとで、1分間のテーブルトピックスセッションがありました。今年の抱負から始まり、場面設定をして相手を説得するスピーチに発展し、建設的な説得方法を多くのスピーカーから学びました。

 

論評の部は響のムードメーカーIHさんにより司会進行。1番目のスピーカーTYさんのメンターのWTさんは、
スピーチの構成方法について具体的な例を助言し、温かいエールを送っていました。
179_40MRさんの論評はHKさん。タイトルをキーワードとしていた事を良い点として挙げられました。
TSさんの論評は、NSさん。TSスピーチの目標であるボーカルバラエティに焦点をあて、良い声の使い方、
もっと上手に声を使う方法を助言していました。
 

179_45楽しいスピーチと美味しい中華料理でお腹一杯になった後、カラオケ大会となり、各人の喉自慢対決となりました。また、ゲストのYMさんが、入会表明をしてくださり、幸先よいスタートとなりました。


 

179_50

IJ記 

クリスマスも終わり、2011年も残すところあとわずかとなった12月27日、一年を締めくくる第178回例会が勤労福祉会館にて開催されました。
年の瀬にもかかわらず、ゲストの方々はじめ、溜まった仕事も早々に片付けて駆けつけた多くの参加者のもと、今回も活気あふれる例会となりました。

今夜の言葉は、初の担当となるNSGさんによる「ふりかえり」。
り、え、か、り、ふ、の順に右からホワイトボードにお手製の文字を貼っていきふりかえりの文字が現れるという演出で、参加者に今年一年を振り返えらせていきました。
178_2178_1









スピーチ1本目は、世界をまたにかけ、数々の学術機関で勉強を続けられるNSSさん。
今回も手作りのマテリアルを効果的に使用され、これまでの学生生活をふりかえられました。
実は、今回のスピーチ、ある裏の目標もあったそうですがその点も見事に成功していました。
スピーチ2本目は、響クラブの国父、OHさん。
ご自身が常連になった2つの店を例に、常連への道を説かれました。
また、今回のスピーチでは「常連活動」という新語も誕生しました。
OHさんに倣い、「常連活動」を通してトースト「常連」への道を歩んでいきたいですね。

続いて、お待ちかね。IJさんによるスピーチセミナーの第一夜。
セミナー中、IJさんから参加者にいくつか質問が投げかけられ、その質問に対する様々な回答が参加者から出されました。
質問への回答を、即興のスピーチにまでしてしまったOHさん、またそれにつづいたIHさんの構成力には脱帽しました。
また、スピーチの構成にも様々な型があるということも分かり、すぐにでも実践したくなるセミナーでした。

論評の部もWTさんの進行、総合論評のもと、今回もたいへん有意義な時間となりました。
3名の論評者から提案されたスピーチの改善点は、どれもすぐに実践でき、さらに大きな効果が期待できるものばかりでとても参考になります。

そして今年最後の例会にさらにうれしい出来事が。
何度かゲストでご参加いただいているTYさんが響への入会を表明されたのです!
早速入会式が執り行われ、TYさんからも力強く意気込みを語って頂きました。

178_3
こうして大盛り上がりの中、響クラブの例会は新たな年へとつながってゆくのでした。

それでは皆様、良いお年を。

NS記 

↑このページのトップヘ