2012年03月

3月27日(火)響トーストマスターズクラブ第184回例会が、名高いスペシャルゲストに来ていただきました。最近の響はスペシャルゲストの勢ぞろいが続いており、またもや、非常に充実した、並々ならぬ例会になりました♪

響シスターズのIさんが、春の到来を祝う陽気な黄色のバラを会場に飾ってくださいました。

今回のゲストは、なんと全国大会の論評部門で1位になったSMさん、そして同じ場で2位なったKJさん、という優勝者の勢ぞろいでした。日本、否、世界1位と2位の日本語の論評者が同じ例会に来ていただいたこの例会は、特別なものになりました。

もともとは、平常どおり、ミニセミナー、テーブルトピックス、準備スピーチ3つと論評を盛り込んだ例会にする予定でしたが 、スピーカーが2名、急遽欠席してしまったため、論評が終わったあと、論評者がまた論評される、という論評大会になりました。欠席されたT.SさんとN.Sさんのスピーチがあいにく先送りになりましたが、その反面、論評者が世界レベルの論評者に論評をしてもらうという幸運なことに!

今夜の言葉は、新しく響ブラザースに加わったH.Aさんが担当され、「取りも直さず」をご紹介いただきました。一言でいうと「すなわち」という意味だそうです。
日本語を外国語として学んでいる私にとって、日本語の語彙や微妙なニュアンスの豊富さにいつも感服しますが、これでまた1つ、普段使わない、表現力が高い日本語を覚えました。ありがとうございます。

今夜の○○として、私、司会者をお努めいたし ましたNが、我見ながら、「5分で解る Facebookの有効な活用方法」のタイトルで、最近日本でも大流行している世界最大のSNSサイト、フェイスブックの活用方法について語ってみました。主なポイントとして、セルフブランディングと響におけるフェイスブックの役割について話しました。初めてのセミナーでたどたどしい話になりましたが、今度頑張ります^^
そういえば、響トーストマスターズin池袋のページを覗いてみませんか♪ http://on.fb.me/GYAv7L

今夜3番目の「初めて」として、N.Sさんが初めてテーブルトピックスマスターを勤めてくださいました。「懐かしさ」がテーマになったテーブルトピックスでは、F.Kさんが思い出話で切り出しました。
H.Kさんは、団塊の世代以前の世代にとって懐かしい話として、冷蔵庫なしの生活を送られていると暴露してくださいました。久々に来てくださったH.Tさんはテーブルトピックス賞を獲得されました。

準備スピーチは、響シスターズの最新仲間入りのY.Mと響シスターズの中でも勝利を博されているW.Tさんが届けてくださいました。

Y.Mはアイスブレーカー「風景」は、この出会いと別れの季節にぴったりでした。社会人になる頃のお話を涙ぐむような表現力で語られ、ア イスブレーカーとは思えないほど巧みなスピーチでした。こんなY.Mさんが、アイスブレーカーにして最優秀スピーチ賞を獲得しました。今後のスピーチ、とても楽しみです♪

W.Tさんのスピーチは ディビジョンコンテストでされるご予定のもので、特別にコンテスト前に聞かせていただきました。「私が上司になったら」とのタイトルで、リーダーになる痛みややりがいについて、わかりやすい具体例でW.Tさんらしく教えていただきました。コンテスト頑張ってください!

DSC01069論評の部は、通常のスピーチに対する論評に加えて、ゲストによる論評の論評があって充実していました。
響ベテランのI.Mさんが、Y.Mさんのスピーチに対して、優しく、激励を与えるような論評をしてくださり、さすがに最優秀論 評賞を獲得されました。私の拙いアイスブレーカーを論評していただいたときと同じような激励の力が感じられ、きっとY.Mさんにも最高の励ましになっただろうと思います。

DSC01073W.Tさんのスピーチを、活発な響シスターのM.Nさんがとても手際よく論評してくださいました。前に比べると、構成がよくなり、内容も具体的になった、と大きな進み振りに感心しました。益々、論評者になる道で頑張ってください!

例会の締めに、お二人の論評者が世界レベルの論評者のSさんとKさんにまた論評をされました。
なかなかないチャンスで、I.MさんとM.Nさんが幸せ物だと思います(笑)

DSC01074第185例会は4月10日(火) 【コア池袋】にて開催され、今度も特別な例会になる予定です。
H.Aさんのスピーチ以外の全ての役割が事前に決まっておらず、抽選で決まるという「シャッフル例会」になります。ときどきしながら楽しみにしています!

3月13日(火)響トーストマスターズクラブ第183回例会は、特別イベント、カプランジャパン代表の石渡誠さんのスピーチ
セミナー、実演指導があるとあって、豊島区勤労福祉会館の会場に入りきれないほど大勢のゲストの方々をお迎えしての
、まさに特別な一夜となりました。
 
昨年のトーストマスターズインターナショナルDistrict76(日本)秋季カンファレンスでの基調講演「輝くスピーチにする秘訣
で聴衆を感動と興奮で包み込んだ石渡さんのスペシャルなセミナーがこの夜、響で実現しました。
 
お楽しみの石渡さんのスペシャルセミナーの前に、まず今夜の言葉がYMさんから披露されました。
 
今夜の言葉は「愛敬」。
この言葉、元々は「愛敬相」という仏教用語から来ているそうで、「愛敬相」とは、優しく情け深い仏や菩薩のような穏やか
な顔、という意味との事。
さっそく、メンバーも「愛敬」という言葉を例会の発言中に取り入れていました。もちろん愛敬相も忘れずに。
 
DSCF2143スピーチの部、最初のスピーカーは、今回初スピーチとなるTKさん。タイトルは「カミングアウト」。
TKさんの口から自らが「ドM」であることが告白されました。
フルマラソンも20回以上完走し、わずか2ヶ月ほどで9kgの減量に成功するなど、自分を追い込んできたTKさん。
人間、苦しさの限界を超えると脳内麻薬オピオイドが分泌され、そこからは楽しさに変わるとの事。
ユーモアを交えながら自身の人柄を良く表現され、アイスブレーカーにふさわしいとても楽しいスピーチでした。

DSCF21442番目のスピーカーは、cc#9のFKさん。タイトルは「空気の役割」。とかく日本人は欧米人に比べ、空気を察して欲しい、自分の気持ちを読み取って欲しい、と相手に期待してしまいがち。相手に不快な思いをさせまいと遠まわしに物をいうのは日本の文化でもあるが、自分から進んで伝えるという事をもっと鍛えるべき。との提言がなされました。演技も交えながらの実例で聴衆の共感を誘い、伝える力を鍛えて行こうと聴衆のモチベーションを大いに刺激していました
各論評担当者から、各スピーカーへさらに良いスピーチにするための提案がなされた後、いよいよ石渡誠さんによるスピーチセミナーの時間へ。
 
今回、石渡さんには、”日本語スピーチ上達のためには『意外にも英語スピーチ活用が鍵!?』”というテーマで熱く、そしてさわやかに語っていただきました。
 
DSCF2146石渡さんの力強くも心地良い声、言葉と全身の動きが連動した圧倒的な表現力、聴衆を魅了するその笑顔の秘訣、スピーチの練習方法を何とか知りたいと、集まった参加者も真剣な眼差しで聴き入っていっていました。
英語のスピーチと日本語のスピーチでの表現の違いや、英語のスピーチ練習を日本語スピーチにどのように活かしていったらいいかなど、短時間でしたが内容の非常に濃いセミナーとなりました。
 
質疑応答のコーナーでもこの機会を逃すまいと参加者から次々と質問の手が上げられ、一問一問丁寧にご回答いただきました。
スピーチは自分自身をいかに表現するかが大切、というメッセージも印象的でした。

続く第2部の懇親会も、おいしい中華料理を食べながら石渡さんと直接話のできる楽しく有意義な時間となりました。
 
実践コーナーでは、WTさん、TYさん、MNさんの3名のモデルが石渡さんから直接指導を受けました。
 
目線の投げかけ方、スピーチの盛り上げ方、手の使い方、立ち方歩き方まで、惜しみなくノウハウ、練習法が伝授され、実際、指導を受ける前と受けた後を比較すると、まるで別人になったかのような変化を目の当たりにすることができました。
 
ここでも最後に質疑応答のコーナーが設けられ、時間一杯まで質問は尽きることなく、第2弾の開催を願いながら今回のスペシャルセミナーは閉会となりました。
 
石渡先生、このたびは池袋まで足を運んでいただきありがとうございました。
またご参加いただいた皆様も本当にありがとうございました。通常の例会にもお気軽にご参加いただき、今回のセミナーで得られたことを是非試してみてください。 

響183全体02


響クラブのテーブルトピックス勉強会が3月11日(日)の午前中に池袋の豊島区勤労福祉会館で開催されました。
いつもの例会とは異なり、日曜日の朝早くからの開催にも関わらず、14名ものメンバーが集まりました。
DSCF0159実施方法は、あらかじめ参加者が用意したスピーチのお題に対し指名された人が答えるということを、全員が第3ラウンドまで行うというもので、ラウンドの合間には意見交換会を行う方法をとりました。
ラウンドを重ね、意見交換会を経るごとに、参加者のスピーチ時間が長くなり、一つのお題に対する答えが深いものとなるのが顕著でした。
また、唐突な質問の答えの中に、響メンバーが普段考えている事や過去の思い出話などの素の部分を垣間見ることができ、交流を深める意味でも楽しい会になりました。
DSCF0165
最近、仕事が忙しく平日の例会になかなか出席できないメンバーも参加できたことも収穫でした。
休憩時間には、気気鵑らのおいしいコーヒーの差し入れもあり、いつも以上にリラックスした雰囲気の中、得ることが多い勉強会となり、早くも第2回の開催要望が来ているところです。
貴重な休日にも関わらず参加したメンバーの皆さん、お疲れ様でした。

世話人 佐藤

響トーストマスターズクラブは、3月13日の例会で、素晴らしいゲストをお呼びすることになりました。 カプランジャパン代表の石渡誠さんです! 石渡さんは、30年以上英語教育に携わってこられた、まさに英語教育のプロフェッショナル。 オバマ大統領やキング牧師の名スピーチを取り入れたユニークな指導が一流紙で紹介されています。 (石渡さんのプロフィールはこちら)

この日は”日本語スピーチ上達のための特別ミニセミナー『意外にも英語スピーチ活用が鍵!?』”というテーマで、石渡さんにミニセミナーを行っていただきます。例会後の懇親会では、特別に実演指導を予定。あなたも一流のプロから指導が受けられる!? 

人前で話すのが苦手な方、プレゼンが上手くなりたいという方、トーストマスターズに興味はあったけどなかなか足が踏み出せなかった方・・・ このチャンスに是非、響トーストマスターズの見学へお越しください。人生を変える大チャンス!メンバー一堂、大歓迎でお迎えいたします。 

 日程:2012年3月13日(火)
 時間:19:30〜21:00(終了後懇親会あり)
 場所:豊島区勤労福祉会館 4階第3会議室 池袋駅メトロポリタン口より徒歩7分
 料金:無料(懇親会は実費)
 お問い合わせ・参加申し込み:当ブログのお問い合わせフォームをご利用ください。

石渡さんイベント
 

↑このページのトップヘ