2012年05月

5/22(火)に当クラブの第188回例会が豊島区勤労福祉会館 4階 にて開催されました。
今回は、2名のゲストがお越しくださいました。

まず最初はN会長による『今夜の言葉』。紹介していただいた言葉は『なおざり、おざなり』。
よく聴く言葉でなんとなく分っているような気がしていのに、いざ使うとなると正確な違いが
分っていなくてどう使い分ければいいのか迷ってしまう、そんな言葉です。
どちらも『いい加減に対処する』という意味ですが、みなさんは正しく使い分けられるでしょうか?

564245_4019216558311_1218305177_33751490_1745884057_n続いてはテーブルトピックのコーナー。テーブルトピックマスターはフィリピン帰りの男、Hさんで、テーマは『異文化にふれてぴっくりしたこと』。フィリピンにはお仕事で行かれたとのことですが、その道中に出会ったさまざまなエピソードを交えて聴衆をひきつけて飽きさせない進行でした。
また、前回のベテラントーストマスターOさんから伝授された、『多くの人に話す機会を与える』という教えを早速実践されて、5名の方が話す機会を与えられました。

すばらしいテーブルトピックによって会が温まってきたところで『スピーチの部』に突入しました。
今宵は3本のスピーチが発表されました。

577318_4019217118325_1218305177_33751494_697032013_n一本目は、今回が最初のスピーチであるアイスブレーカーに挑戦される H さん。
スピーチの内容は、当クラブに入会するいたった経緯といまハマっているものについて。最初にゲストで見学したときには、妙にハイテンションな自己啓発系の妖しげな集まりのように感じたそうですが、入会を決意し今までの自分を変えるべく取り組んでおられるとのことです。また、最近は新大久保にK-POPのライブを見に行くのがマイブームで、週3回くらいの頻度でライブを見に行っているそうです。K-POPのお話をされている H さんの表情がとても活き活きしていました。









301704_4019217238328_1218305177_33751495_1366279069_n二本目は、今回でCC#10(十回目のスピーチ)を達成されるFさん。
スピーチの内容は、ご自身がクラブに入会されてから今までの心境の変化について。最初は受身だった自分の気持ちが会の活動を通じて徐々に変化し、いつしか『クラブのために何ができるか』を考えるようになったとのこと。この間、クラブの会員が少なくなり運営が厳しい時期もあったが、それでも活動を続け今のような活発なクラブになったことなど、クラブの歴史も踏まえたスピーチでした。

389303_4019217478334_1218305177_33751496_174155570_n三本目は、ボディランゲージを取り入れたスピーチに挑戦される M さん。
スピーチの内容は、手話から学ぶコミュニケーションについて。スピーチで取り組む課題がボディランゲージで、テーマが手話。これに勝るテーマはないというくらい、ジャストフィットしたテーマでした。スピーチでは、簡単な例文をご自身が手話を実演され、手振り、身振り、表情などが通常の言葉によるコミュニケーションをより濃密にすることを述べられました。Mさんが手話を実演されると聴衆も自然に手を動かし、聴衆参加型のスピーチでした。









論評は、これらの3本のスピーチに対して、Sさん、Iさん、Oさんの3名が担当されました。どなたの論評も適切で、聞き手のスキルの高さを改めて感じることができました。特に Sさんは、初めてのスピーチをされた H さんに対してとても適切な論評をされました。最初の論評は、今後のやる気に対してとても影響が大きいですが、よかった点についてどのような点がよかったのかをとても丁寧に解説されていたのが印象的でした。

543220_4019218678364_1218305177_33751502_359139472_n今回の例会もお持ち帰り(学び)が多い例会でした。当クラブは見学は随時受け付けております。すこしでもご興味があれば一度遊びに来てください。きっとなにかお持ち帰りいただけると思います。

今夜も皆さんお忙しい中に時間を割いて例会に来て頂き、ありがとうございます。
5月8日(火)豊島区勤労福祉会館 4階 にて、第187回例会が開催されましたのでレポートを致します。
トーストマスターズの規約によれば、毎年5月最初の例会で次期役員選挙を行うことになっており、響クラブでも例会最後に選挙が行われました。来期の役員は強力メンバーですよ!新しい役員による響クラブ運営が今から楽しみです。
DSCF0043
さて本題の例会は、池○さんのアナウンサー用の発声練習や口の体操、○原さんのミニTTワークショップ等があり、とても盛り沢山の素晴らしい例会でした。
先ず初めにNSさんから「負けるもんか」という言葉の紹介がありました。
「今夜の言葉」とは、例会を通じて語彙を増やそうという取り組みで、普段は余り使わない言葉を紹介して頂いてますが、この「負けるもんか」は、苦難の現代でへこたれずに頑張って行こう、自分を奮い立たせる言葉として紹介をして頂けました。http://blog.livedoor.jp/hibikitmc/archives/51564283.html

では「負けるもんか」の精神で例会を進めて行きましょう!

DSCF0046
次は、いつも例会に花を持って来て会場を明るくしてくださる池○さんがご指導してくださる発声練習です。池○さんのワークショップは、参加型の実用的な内容なので、毎回楽しみにしてます。池○さんは、ワークショップだけじゃなくスピーチも全国一位の実力をもつ凄い人なんです。トーストマスターには先生が居ないと言われますが、響クラブには沢山の先生方が在籍してます。ちょっと例会の報告から外れてしまいました。スミマセン。
 
DSCF0050
発声練習の後はTTで実践発揮します。お題は、東日本大震災から1年が経ち、毎日の様に報道される関東直下型の地震を話題に、6つのテーマが有りました。TTの役割の一つは限られた時間により多くの人に話して貰う事です。これで例会に参加頂いた方の全ての人に話すチャンスが与えられます。


 
DSCF0052
段々と例会が盛り上がった所で、メインのスピーチが始まります。
どれも素晴らしいスピーチ内容で紹介したいのですが、これは参加者の特権という事で、タイトルだけ記載します。
「日記を続ける秘訣」TAKAKENさん
「論評コンテストを毎年やりませんか?」Hさん
「名前」TAKEどん
 
「スピーチの内容を聞きたい!」と思われる方は、是非とも例会に参加してくださいね。

DSCF0057DSCF0061









最後に、わたしが感じる素晴らしい例会とは、参加全員が一体になって進めていると
感じる例会です。どんなに優れたスピーチや論評でも、話す人の一方通行の場合があります。話す人が聴衆とのやり取りがあってこそコミュニケーションになるのだと感じます。
今夜の例会は、まさに話す人と聴衆が一体になったコンサートの様でした。
DSCF0063DSCF0068 








それを証明するかの様に、ゲストにいらっしゃたHさんが入会を表明してくださいました。ありがとうございます。次は、このブログを読んでいる貴方の番です!
お待ちしてます。ID記
響トーストマスターズ in 池袋 のページを覗いてみませんか♪ 
http://on.fb.me/GYAv7L

↑このページのトップヘ