2013年07月

ゲリラ豪雨の襲撃後の池袋、豊島区勤労福祉会館 4階 第2会議室にて
始まった本日の響の例会。

ゲスト7名をお迎えして、熱気も上場
(会場が暑いという意味ではありません

本日の「今夜のTM」は、今夜のTMデビューのKさん。
落ち着いた話しっぷりが、聞き手にも安心感を与えてくれました

今夜の言葉「一人当千」

例会前半はスピーチ2本
CC#5「フラ・マイラブ」
フラの動きが意味するものをダンスと楽器を使って、魅力的に解説。
ハワイに行きたくなる、そしてまた暑い夜にぴったりのスピーチでした。

CC#4「愚痴らない生活の過ごし方」
愚痴る人の多さを愚痴が出る理由を論理的に分析し、愚痴を減らすことによって、幸せになるアイデアを、
リズミカルで明るい雰囲気を作りながら紹介するというスピーチでした。

例会後半はほらふき(TallTale)ワークショップ

響のMr.workshop Oさんが、トールテールの由来から、トールテールを組み立てる手法、テクニック、などを
説明後、
実際に、響メンバー3名を選出し、トールテールテーブルトピックスを行いました。

Oさんのworkshopに続きまして
響のMr.Tal Tale Iさんによるデモスピーチ

現代ネタをうまく持ち込んだ、ユーモアに富んだほらふきスピーチでした
オチがサイコー

トールテールは、オチが肝心だそうです
勉強になりました
IMG_20130723_210717
IMG_20130723_210145 また、本日はさらに朗報がありました
響の前会長である、IさんがなんとDTM達成しました
IMG_20130723_215400
おめでとうございます

本日の例会も内容盛りだくさんで、多くのゲストの方々にもお越し頂き
充実した例会でした。

みなさん、どうもお疲れさまでした

PR担当 M

Tall Taleとは、なにか知っていますか??

Tall Taleとは、到底ありうべからざる極端な面白いバカ話。のことです

極端なおもしろいバカ話??・・・

さらに詳しく↓

   トールテールは、
 新大陸発見時代(15〜16世紀頃)に源を発し、アメリカ文化の中で特徴的に育ちました。

 未知や神秘的なものへの恐れや不思議などを伝えようと、
 飛んでもない数や極端な描写の誇張などで
聴く者を楽しませます。

 聞き手は、 「そんなバカな」と、それをあり得ない(ウソ)と思いつつ
 荒唐無稽な物語(トールテール)が聞き手を楽しませる
 芸能的な虚構の中に、主張を盛り込んだウソ
つきの芸術
 

 トーストマスターのトールテールは
 トールテールの民話文学、その精神を踏まえて、
 現代の小噺とも言える、
ありえない話を軽やかに楽しませ
ます

[Tall Taleコンテストでは]
 トーストマスターズのトールテールの制限時間は、

 3〜5分 プラス/マイナス30秒です

 トーストマスターズで毎年行われるコンテスト。
 今年は、この芸術と言われるありえない話コンテストを開催します。

 みなさんもこの4年に一度の芸術を楽しんでみませんか

[tall taleコンテストの日程] 

 - クラブコンテスト     8月27日(火)19:30-21:00
 - エリアコンテスト     9月中
 - ディビジョンコンテスト 10月
 - District76コンテスト  11月15〜17日
 

 7月9日(火)に第215回例会が行われました。トーストマスターズでは7月スタートですので、
新年第1回目の例会となります。
 
 急遽、スピーチが2本となりましたが、テーブルトピックスマスターのKさんが多めにお題の準備をしてくださっていたおかげで時間の調整をすることができました。
 ベストテーブルトピックス賞は、「パンダ目線で七夕行事をどう思っているか?」という質問に答えたOさんと、
「いつもの3倍のボーナスをもらいましたが、使い道は?」という質問の答えの江戸クラブからのゲストのHさん。

 新年第1本目のスピーチは新会長による「響トーストマスターズ第10期のビジョン」です。この1年響クラブをどのようにしていきたいのかという自分の気持ち、他のメンバーと共有をしたいことを語ったことは会員の気持ちに響いたようです。
 そして2本目のスピーチは、昨年1年でCCマニュアルを達成したMさんによる上級スピーチ。ドラマチックな話で、どのような展開をとるのだろうとワクワクどきどきするスピーチでした。

  今年1年間、面白い例会をクラブ会員みんなで作り上げて行きたいと思いました。

 今夜のトーストマスター F 

994841_359887157447615_901025100_n 

↑このページのトップヘ