2015年04月

 4月14日(火)に第257回例会を行いました。

 まず準備スピーチを5本、行いました。

 1人目のスピーカーはTさんで、タイトルは「睡眠時無呼吸症候群」でした。以下はスピーチの概要です。
 睡眠時無呼吸症候群は、いびきと同じ原理で、喉が垂れ下がって気道を閉塞してしまうことで発生します。睡眠時無呼吸症候群になると眠りが浅く、睡眠が不十分となります。その結果、日中眠くなります。居眠り運転につながるなど大変危険です。対処方法は2つあります。1つは喉を前に出して気道をふさがないような形のマウスピースをすることです。もう1つは空気を送る機械、「CPAP」(シーパップ)を装着することです。根本的に治療するには、喉を小さくする必要があり、ダイエットするしかありません。ただし、ダイエットをしてもお腹や顔などから痩せていき、喉が痩せるのは最後なのでとても時間がかかってしまいます。

 2人目のスピーカーはNさんで、タイトルは「まずは形から」でした。以下はスピーチの概要です。
 4/11は「ガッツポーズの日」でした。ガッツ石松さんがライト級の王座をとったときにした大きなポーズを、ある新聞社の記者が「ガッツポーズ」と報じたことで、「ガッツポーズ」が世間に広まりました。ガッツポーズは嬉しいときや達成感を得たときに無意識にでますが、脳に刺激がいって、脳がリセットされて集中力があがるなど、大きな効果があります。剣道や相撲など、謙虚さを美徳とする日本のスポーツでは奨励されない場合もありますが、そのような場合を除き、ガッツポーズを日常生活に取り入れてみると良いと思います。何か新しいことをするとき、ガッツポーズをすれば結果も良い方向に変わってくるかもしれません。

 3人目のスピーカーはSさんで、タイトルは「ブラック社員と3つの教訓」でした。
 就職や仕事をするにあたっての3つの教訓を、ブラック社員の例を交えながらスピーチしました。ブラック社員とは、一生懸命働かず、文句ばかり言う社員や、転職回数の多い社員のことです。1つめの教訓は、「長期的な目線が大事」ということで、最初の就職は給与や賞与などの待遇よりも、長期的なキャリアを築くことを優先するべきです。2つめの教訓は「変化に耐える」ことで、今の時代、会社の経営方針が変わることはよくあることなので、嫌気がさしても辞めるのではなく、変化に耐えるべきです。3つめの教訓は「他人の視点になって考える」ことで、仕事とはお客様や会社の人など、色々な人とやるものなので、ものごとは自分本位で考えるのではなく、他人の視点になって考えることが大事です。

 4人目のスピーカーはOさんで、タイトルは「姿勢を直す魔法のアイテム」でした。以下はスピーチの概要です。
 身体と心は密接に関係していて、良い姿勢であることは大切です。周りの昇進している人間、あるいは総理大臣なども姿勢が良いです。社交ダンスをしている友人に姿勢をよくする方法を聞きましたが、とても困難でした。そこで私は、姿勢を良くするためのアイテムを試してみました。まず、肩や背筋の姿勢を良くするサポーターを試してみました。胸をはった姿勢になり効果的ですが、急激に背筋を伸ばすことで腰に反発が来て腰が痛くなることもあるので注意が必要です。次に、姿勢良く歩ける靴を試しました。表面が曲がっていて、まっすぐ立たないといけなく、歩くときは後ろの方から地面につくので、はいているだけで自然と姿勢が良くなります。会社からの評判、家族からの評判も良く、ダイエット効果もあり、おすすめです。

 5人目のスピーカーはFさんで、タイトルは「狐と一緒に旅をしよう」でした。
 歌舞伎の演目、「義経千本桜」の物語の一部を紹介し、聴衆を楽しませてくれました。そもそも歌舞伎は江戸時代に町人が楽しんでいたもので、ハードルが高いものではないことを冒頭で説明し、「上皇が側近経由で義経に鼓(つづみ)を渡した際、側近が、「鼓は打つもの、つまり上皇は頼朝を討てと言っている。その意図を汲み取れ」とそそのかした」こと、「その鼓を自分の代わりにと静御前に渡した」こと、「静御前と旅を供にした佐藤忠信は実は子狐が化けていた」こと、「鼓は狐の皮で作られていて、その子供が鼓となった親を追いかけて佐藤忠信に化けていた」ことなど楽しいエピソードを話してくれました。

 次に論評を行いました。5人の準備スピーチの良かった点や改善点をスピーカーにフィードバックしました。

 本日のベスト論評賞はOさん、ベストスピーカー賞はOさんでした!おめでとうございます♪
257

 最後に、入会表明をしていただいたKさんとYさんの入会式を行いました。みなさんで楽しみながらも真剣に取り組み、スキルアップしていきましょう!!

【次回例会のご案内】
 次回は通常例会です。テーブルトピックス(即興スピーチ)、準備スピーチ、論評を行います。
 日時:2015年4月28日(火)19:30 〜 21:15
 場所:豊島区勤労福祉会館 第7会議室
 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが 苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。

 3月31日(火)に特別例会を開催しました。響トーストマスターズクラブは第2・第4火曜日に活動しています。3月は第5火曜日まであり、間隔があいてしまうことなどから、有志のメンバーで集まって特別例会を開催しました。

 今日の司会進行役は初挑戦のIさん。プログラムが間に合わなかったので、ホワイトボードに記入して、全員が分るようにしました。臨機応変な対応も、トーストマスターズの学びです。

 初めにテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナー。テーブルトピックスマスターのTさんが、予め質問の書いた紙を前のスピーカーに引いて貰い、次のスピーカーを指名してもらう、という新しい方法で楽しませてくれました。今回は6問の質問があり、指名された6名の方が即興でこたえました。

 続いて準備スピーチを3本行いました。

 最初のスピーカーはYさんで、今回の目的は「CC#2:話の構成」です。タイトルは「サービスの本質とは」でした。
 冒頭でいきなりタクシーを呼び止めるシーンから始まり、聞き手の興味を惹き付けました。そして表面的ではない、本当のサービスは何か、というとても為になるお話でした。
20150331特別例会1

 二番目のスピーカーはOさんで、今回の目的は「AC物語の話術#1:民話」です。タイトルは「ありとキリギリス」でした。
 Oさんはイソップの童話を、自分の会社の関係になぞらえ、最後は聞き手に問いかけるという、考えさせる内容のお話でした。

 三番目のスピーカーはSさんで、今回の目的は「ACユーモアスピーチの#1:聞き手の気持ちを盛り上げる」です。タイトルは「あの頃に戻りたい」でした。
 初めにユーモラスな話しをしから始めて、それを本題につなげながら、あの頃には戻れなくても、未来の自分から今に戻って、あの頃をやり直す事が出来る、というメッセージでした。
20150331特別例会2

 最後に論評を行い、それぞれのスピーチの良かった点、改善点をスピーカーにフィードバックしました。今回は3人のスピーカーに対して、各々2名ずつが論評を行いました。後から論評をする方は、先の方に言われてしまった事を避けなければならず、難しい面もありました。
20150331特別例会3

20150331特別例会4

20150331特別例会5

20150331特別例会6

20150331特別例会7

 本日のベストテーブルトピックス賞はSさんとSさん、ベスト論評賞はOさん、ベストスピーカー賞はSさんでした!おめでとうございます♪
20150331特別例会8

 今回の例会は、時間進行がとても正確で、最後も時間通りピッタリと終わりました。司会進行役のIさん、お疲れ様でした。

 例会終了後は、いつものお店で2次会を行いました。多くの方が参加し、例会と同様に盛り上がりました。

【次回例会のご案内】
 次回は通常例会です。テーブルトピックス(即興スピーチ)、準備スピーチ、論評を行います。
 日時:2015年4月14日(火)19:30 〜 21:15
 場所:豊島区勤労福祉会館 第7会議室
 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが 苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。

↑このページのトップヘ