2015年05月

 5月26日(火)に第260回例会を行いました。

 本日は準備スピーチを数多く行うスピーチマラソン例会で、6人が準備スピーチをしました。

 最初のスピーカーMさんで、タイトルは「海外で通用しないこと」でした。
 フィリピンに留学に行ったときのことをスピーチしました。「英会話の勉強は1日8時間できた。ビジネス英語を勉強するつもりだったが政治状況や恋愛事情など日常英会話を勉強することになった」、「才能豊かな男性の同性愛者が多く活躍していた。日本では男性の同性愛者の才能をいかしきれていないと感じた」といった内容でした。

 2番目のスピーカーはIさんで、タイトルは「第4話 ブラック企業の実態 社員のココロの叫び〜」でした。
 「研修後の懇親会でお店のスプーンをたくさん曲げてしまい、お店から請求された費用を給料から天引きされた」、「新たに設立しようとしている研究所に女子トイレを設けない、そもそも研究する内容が決まっていないのに研究所を設立しようとしている」など、ブラック企業の話をおもしろおかしくスピーチし、「就職、転職は慎重に」と締めくくりました。

 3番目のスピーカーはOさんで、タイトルは「運動、してますか?」でした。
 運動が苦手な人にもおすすめできる運動を3つ紹介しました。「ウォーキング」、「ピラティス」、「バランスボール」の3つで、それぞれの運動の説明、おすすめする理由を、ご自身の体験を元にボディランゲージを使いながらスピーチしました。

 4番目のスピーカーはMさんで、タイトルは「少しの工夫」でした。
 最近感動した映画をもとにしたスピーチでした。映画は「メジャーリーグで万年最下位で、選手の成績も悪く、予算もない球団が、各選手の得意な所を見つけて組み合わせることで勝つことができるようになった」という内容で、「苦しい状況にあっても少しの工夫で改善、解決できる」ということを聴衆に伝える、メッセージ性の強いスピーチでした。

 5番目のスピーカーはIさんで、タイトルは「今、私がここにいる理由」でした。
 Iさんはコミュニケーション基本マニュアルの10本目(最後のプロジェクト)に臨みました。入会した動機、入会後に休みがちになった時期もあったこと、再度出席したときに温かく迎え入れてくれてすごく嬉しかったこと、コンテストの司会や役員を経験することでコミュニケーションだけでなく、コミュニケーションに必要なリーダーシップを学ぶ体験もできたことなど、トーストマスターズクラブでの経験を熱く語ったスピーチでした。

 6番目のスピーカーはOさんで、タイトルは「サーファーとして生きる」でした。
 タイトルの「サーファー」とは「海で波に乗るサーファー」のことではなく、「波を待って、波が来る時に備えてしっかり準備をする人」という意味。苦手なことや嫌なことでも、しっかり準備をして乗り越えればより達成感・充実を感じられるということを、就職・転勤・異動(部署変更)というご自身のこれまでの経験をもとにユーモアを盛り込んでスピーチしました。

 次に論評を行いました。6人の準備スピーチの良かった点や改善点をスピーカーにフィードバックしました。

 本日のベスト論評賞はWさん、ベストスピーカー賞はOさんとIさんでした!おめでとうございます♪
260_1

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが 苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。

 5月12日(火)に第259回例会を行いました。

 まず、テーブルトピックス(即興スピーチ)を行いました。
 テーブルトピックスマスターのYさんから、東京オリンピックが2020年に開催されることにちなみ、「これからの5年間、仕事の面でどのように過ごしたいか?」、「これからの5年間、生活面でどのように過ごしたいか?」などのお題が出題され、指名された方は即興スピーチでこたえました。

 次に準備スピーチを2本行いました。
 最初のスピーカーはYさんで、タイトルは「いつ笑うの?今でしょ」でした。
 学生時代に、たくさんの自己啓発本を読み、ポジティブなメッセージにとても勇気付けられました。そして、「どんな状況であれ、今現在がハッピーでないといけない」と考えるようになり、前向きに行動するようになり、「今を楽しむ、今笑う」というのがモットーになりました。困難な場面でも、「つらい、でもいつかきっと笑える日が来る」と考えてるなら、「いつか」を待たずに今笑えば良いと思います。過程は同じでも笑うことで人生の充実度や満足度が大きく変わると思います。

 二番目のスピーカーはOさんで、タイトルは「1000円カットに行ってみよう!」でした。
 髪を切る時、以前は7000円の美容室に行っていましたが、最近は1000円カットのお店に行っています。家族からの評判も良いです。1000円カットのメリットは多いです。券売機で券を買い、美容師に渡すとすぐにカットが始まり、わずか10分という早さで終わります。美容師さんと会話するのが苦手でもたったの10分なので大丈夫です。お店に入る前に、今どれくらい待たないといけないのか分かるようになっており、とても気軽に利用できます。品質は多少当たり外れがありますが、ある程度の腕の人がやっている場合も多いです。指名ができないというデメリットがありますが、回避策もありますので、1000円カット、おすすめです。
259_1

 次に論評を行いました。2人の準備スピーチの良かった点や改善点をスピーカーにフィードバックしました。

 本日のベストテーブルトピックス賞はSさん、ベスト論評賞はOさん、ベストスピーカー賞はYさんでした!おめでとうございます♪
259_2

【次回例会のご案内】
 次回はスピーチマラソンです。準備スピーチ7本、論評7本を行います。
 日時:2015年5月26日(火)19:30 〜 21:15
 場所:上池袋コミュニティセンター 多目的ホール
 http://www.city.toshima.lg.jp/069/shisetsu/community/038.html

ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが 苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。

4月28日(火)に第258回例会を行いました。

 まず、テーブルトピックス(即興スピーチ)を行いました。
 テーブルトピックスマスターのIさんから「今年のゴールデンウィークの予定は?」、「今までのゴールデンウィークの思い出は?」、「連休中にやってみたいことは?」など、連休に関するお題が出題され、指名された方は即興スピーチでこたえました。

 次に準備スピーチを3本行いました。
 最初のスピーカーはKさんで、タイトルは「使命を生きる」でした。
 あるセミナーに行った時、「自分の使命というのは外にはない。足元にあるものだ」と聞きました。「自分の使命」は今まで生きてきた中で重みのあるものや、自分の体の状態に現れるものです。ちょうどその時病気になり、リラクゼーションにとても癒されました。これが使命かと思い、リラクゼーションサロンで働くことにしました。私は1番になろうという考えをもつほうで、学生時代はマラソンを頑張って、校内新記録を出したこともありましたが、今は1番を目指すのではなく楽しんでやろうと考えています。例えば、小指はあまり目立ちませんが、体幹にとって非常に重要です。1番になって目立たなくても、「自分の使命」とは重要なものであるべきだと思います。
258_1

 二番目のスピーカーはMさんで、タイトルは「ご会釈と宮中三殿」でした。
 私は先日、「勤労奉仕団」と言われる皇居内の清掃を行うボランティアに参加し、天皇陛下、皇后陛下をとても近い距離でお目にかかりました。「勤労奉仕団」は平日の4日間皇居から出れなくなりますが、参加するとイベントのひとつとして、天皇陛下、皇后陛下とご会釈できるのです。目の前で見ると神々しく、涙を流している人までいました。また、「宮中三殿」を参拝することもできました。「宮中三殿」とは皇居内にある3つの建造物の総称であり、1つには天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀(まつ)られており、1つには天皇のご先祖の霊が祀られており、1つには八百万(やおよろず)の神が祀られており、日々、天皇陛下が世界と日本の平和をお祈りしている場所です。「勤労奉仕団」に参加してこのような貴重な経験ができ、日本人に生まれてきて良かったと感じました。
258_2

 三番目のスピーカーはOさんで、タイトルは「自己投資はじめませんか?」でした。
 今から10年後も、20年後も、定年後も、自分が自分らしく、いきいきと生きるための自己投資として、FP(ファイナンシャルプランナー)を学びませんか?私は数年前、企業年金の運用・保守を担当することになったのですが、私自身、年をとったときにどうなるのか、とても不安になりました。今、いきいきとしていても、定年退職後、退職金と年金だけでは自分自身のライフスタイルをまかなっていけないかもしれません。ファイナンシャルプランナー、FPを学ぶことで、「どのようにお金を使っていくのか」、「どのように人生をデザインしていくのか」、「ライフプランと資金計画」を学ぶことができます。FPは難しいイメージがありますが実際学んでみると、普段なにげないことに使うお金を意識して計画的に使いましょう、というとても役に立つものでした。
258_3

 次に論評を行いました。3人の準備スピーチの良かった点や改善点をスピーカーにフィードバックしました。

 本日のベストテーブルトピックス賞はOさん、ベスト論評賞はOさん、ベストスピーカー賞はKさんでした!おめでとうございます♪
258_4

 最後に、入会表明をしていただいたSさんの入会式を行いました。みなさんで楽しみながらも真剣に取り組み、スキルアップしていきましょう!!

【次回例会のご案内】
 次回は通常例会です。テーブルトピックス(即興スピーチ)、準備スピーチ、論評を行います。
 日時:2015年5月12日(火)19:30 〜 21:15
 場所:上池袋コミュニティセンター 多目的ホール
 http://www.city.toshima.lg.jp/069/shisetsu/community/038.html

ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが 苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。

↑このページのトップヘ