6月14日(火)に第285回例会が開催されました!

4名の方が準備スピーチ、論評を行いました。


1人目のスピーカーはIさんで
タイトルは「変えたい性格」

「カッコつけマン」な自分自身についてのスピーチでした。
今の自分の性格について、「知らないのに知っているフリをしてしまう」内面的なカッコつけ、「虫が大嫌いなのにさも平気なように見せてしまう」外見的なカッコつけな部分があると切り出しました。

自分をよく見せようとしてカッコつけをしてしまいますが、自分を苦しめてみじめにさせるだけで、良いことは起きていません。
素直に「自分」を伝えればいいが、それは今の自分にとって難しいこと。

このスピーチをきっかけに、これから自分をさらけ出していき、どこへいっても素直に自分を出せるような、かっこいい自分になります、という決意表明のスピーチでした


2人目のスピーカーはOさんで、
タイトルは「コーラスはいかが?」

3年前から新しい趣味として始めたコーラスについて、ポイントをしぼって良い点を紹介しました
早く話したりゆっくり話したり、高い声で話したり低い声で話したりなど「抑揚力」が身につく、「声が響くようになる」、「度胸がつく」など良い点を紹介した後、実際に美しい美声を披露してくれました!


3人目のスピーカーはIさんで、
タイトルは「日本文化、日本人の心」

「茶道」についてのスピーチでした。Iさんの今後の目標はトーストマスターズで「茶道例会」をすること、全国大会でお茶を振る舞うこと、東京オリンピックで外国の方にお茶を振る舞うことだそうで、とても楽しみです

お茶をふるまわれた時のお客様としてのマナー】について実演していただき、お茶は振る舞う側と振る舞われる側のお互いが感謝の気持ちを持ち合う、相互の思いやりの場であるとして締めくくりました。


4人目のスピーカーはOさんで、。
タイトルは「誰のために?」

急遽キャンセルの出てしまった枠に、名乗りをあげてくれたOさん。
スピーカーのキャンセルに伴ってキャンセルになってしまいそうだった論評者のために・・・
ということから、来春の国際スピーチ大会の運営についての意気込みを語ってくれました

また、テーブルトピックスでお題が出され、指名されるまでの間、下を向いている人が多いこと、
スピーカーが欠席になったとき、代わりにスピーチをさせてくださいと立候補する人がいないことをクラブの問題点として提示し、
トーストマスターズクラブはなんでもできます、失敗できます、ぜひ活用してください、と聴衆を鼓舞しました!

本日のテーブルトピックス賞はWさん、ベスト論評賞はYさん、ベストスピーカー賞はIさんでした!おめでとうございます

20160614



 



 

 
 【次回例会のご案内】
   ■第286回 通常例会
   日時: 6月28日(火)19:30 - 21:15
   場所:雑司が谷地域文化創造館 第4会議室

 ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。
見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界122カ国、29万人の会員が参加しています。日本には148のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。