♪ Q&A                              

Q1. トーストマスターズクラブに参加する最大のメリットは?
Q2. 見学は可能ですか?
Q3. 費用はかかりますか?
Q4. どういう人が参加していますか?
Q5. 話下手ですが大丈夫でしょうか?
Q6. 仕事が忙しく、毎回参加することは困難ですが?
Q7. 宗教団体や各種セミナー等と関係がありますか?
Q8. いろいろなトーストマスターズクラブがありますが、どれを選べばよいのですか?
Q9. トム ピーターズの読者はいますか?



Q1. トーストマスターズクラブに参加する最大のメリットは?
A1.  会員全員がスピーチをする機会が与えられること、そしてスピーチに対しては必ず論評(何が良かったか、何を改善すべきか)がなされることです。各種のプレゼンテーションの研修は、講義中心の場合が多く、必ずしも受講生がプレゼンテーションを実践できるわけではありません。しかしながら、トーストマスターズクラブの場合には、『プレゼンテーションを練習する場所がほしい』、『自分のプレゼンテーションの感想を聞きたい』という方に実践の場所を提供できます。


Q2. 見学は可能ですか?
A2. 見学は大歓迎です。事前の申し込みや費用は不要ですので、気軽に遊びにきて下さい。


Q3. 費用はかかりますか?
A3.  入会金が3000円、月会費(半年毎に支払い)が1000円かかります。見学の方は無料です。入会するとテキスト等の教材一式が送られてきます。また、毎月、トーストマスターズの月刊誌(英語、主として、プレゼンテーションの技術について書かれている)が送られてきます。


Q4. どういう人が参加していますか?
A4. 一言でいうと普通の人たちです。特に話し下手の人の集まりというわけでも、スピーチのプロの集まりというわけでもありません。メンバーの中には、スピーチが非常にうまい方も当然いらっしゃいます。

一般の会社に勤めている人が多く、年齢は20代から70代まで、外国人の方もいらっしゃいます。日本語がパーフェクトではなくても、日本語で人前で話をしたい、と頑張っている方たちからは私たち日本人も学ぶところが多くあります。


Q5. 話下手ですが大丈夫でしょうか?
A5. トーストマスターズでは、どなたにでも平等に学習の機会を提供しますので、ご安心下さい。『自分は話下手だから』ということで入会された方も沢山いらっしゃいます。


Q6. 仕事が忙しく、毎回参加することは困難ですが?
A6. トーストマスターズのカリキュラムは、毎回参加できなくても問題ありません。多くの会員も、毎回欠かさず参加しているということはありません。お仕事やプライベートな生活を優先し、時間があればトーストマスターズに参加するといったスタンスの方が多いと思います。


Q7. 宗教団体や各種セミナー等と関係がありますか?
A7. トーストマスターズは、アメリカの趣味のサークルが大きくなり、世界中に広まったものです。宗教団体、セミナー団体、営利団体等、一切関係がありません。逆に、各種の勧誘目的での参加はお断りしております。


Q8. いろいろなトーストマスターズクラブがありますが、どれを選べばよいのですか?
A8. クラブには大きく分けて、英語のみのクラブ、日本語のみのクラブ、両方のクラブがあります。日本語でも英語でも使用するテキストは共通(日本語テキストは英語テキストの翻訳)です。まずは、日本語で学ぶか、英語で学ぶかの選択が必要です。

次に場所ですが、会社や自宅から近い場所が何かと便利です。

言葉や場所から候補を2〜3に絞ったら、実際に各クラブに見学に行き、比較してみて、自分にあったクラブを選択するとよいと思います。複数のクラブ見学する方はたくさんいらっしゃいます。

同時に複数のクラブに属することも可能です。
実際に多くのメンバーが複数のクラブに属しています。


Q9. トム ピーターズの読者はいますか?
A9.  トムピーターズの『ブランド人になれ』を読んで、入会を希望された方は結構いらっしゃいます。トム・ピーターズの積極的な価値観とトーストマスターズ的な考え方が近いので、彼の読者はトーストマスターズと相性が良いようです。


♪ 見学者の感想                        

。横安綯棒
論評がとても興味深かった。指摘されることでによって向上していることが、ゲストの自分にも理解できました。

■苅安綵性
とても楽しい雰囲気だけでなく、スキルを高め合う"愛情"を感じました。

20代男性
プログラムがよく作られていると思いました。特にテーブルトピックス(即興スピーチ)はおもしろかったです。

ぃ苅安綯棒
他のクラブに続いて、2度目の見学でしたが、全く雰囲気が違い、興味深かったです。
テーブルトピックスで話す機会もいただき、良い経験をすることができ感謝しています。