1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:34:33 ID:oEokqTzd0

姉「私は常々思っていました。妹は、もっと可愛い服を着るべきだと」

妹「またいきなりだな……」

姉「家ではジャージ。外出しても短パンにTシャツ」

姉「ガサツでズボラで、女の子らしい所なんて一つもありません」

妹「…………」

姉「いつも鼻水垂らしてるし」

妹「垂らしてないよ! 言い過ぎだよバカ姉!」





転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378845273/l50


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:38:29 ID:ebGhhk5MI

いいね



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:40:24 ID:oEokqTzd0

姉「そんな妹も、もうすぐ中学二年生になろうとしています」

姉「私は焦りました。果たしてこの子は、このままでいいのか、と」

姉「身体は二次性徴を迎え、胸も膨らみ始める今日此の頃」

姉「この時期を逸してしまっては、妹が女の子になるチャンスは失われてしまうのでは?」

姉「だから私は決めました。姉であるこの私が、責任を以って、妹を女の子らしい女の子にしてあげようと」

妹「誰に向かって喋ってんの?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:45:19 ID:oEokqTzd0

姉「よくよく見てみれば、この妹、顔は悪くありません。体型はまるで少年のようですが、それはスレンダーと言い換えることも出来るでしょう」

妹「もう黙れ」

姉「加えて、時折見せる甘えた姿はとてもチャーミングです。普段の強気な態度と相まって、私のツボをグイグイと刺激します」

妹「そんな、甘えてないし! もうホント黙ってよお姉ちゃん!」

姉「あっ」

妹「えっ?」

姉「今のイヤイヤ『お姉ちゃん』はいいですね。妹力+5です。流石は妹、私のツボを心得ています」

妹「もうキモい! 本当にキモい!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:49:12 ID:oEokqTzd0

姉「と、いう訳で。今から私が、貴女のプロデューサーです。今後は妹の服装や身だしなみ、行動、発言、その全てを私が管理します」

妹「はぁ!? ふざけないでよ、気持ち悪いなぁ!」

姉「では、このまま男女として生きていきますか? 周りがドンドンと大人びていく中、貴女だけ鼻水を垂らし続けるのですか?」

妹「鼻水はもう垂らさない! けど……」

姉「けど?」

妹「…………私が、可愛い服とか着ても……どうせ似合わないし……」

姉「そんな事はありませんっ!!」

妹「わっ! び、びっくりしたぁ!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:53:46 ID:oEokqTzd0

姉「失礼。ですが、貴女は間違っています」

姉「お姉ちゃん、妹には、可愛い服がとても似合うと思いますよ」

妹「そんな事……」

姉「あります。断言します。世の中の可愛い服は、全てあなたの為にあると言っても過言ではありません」

妹「それは過言だよ」

姉「何よりも私が、妹に可愛い服を着て欲しい!」

妹「結局それなんだね……。はぁ、もういいよ……。好きにして」

姉「よろしい。貴女はこの瞬間、今までの人生に於いて最も正しい選択肢を選びました。GJ」

妹「……で、でも、いきなり凄いのとかは着れないからね!? は、恥ずかしいし!」

姉「把握しています。全て、この姉に任せなさい」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 05:57:50 ID:oEokqTzd0

姉「では、私は向こう一ヶ月分のスケジュールを整理してきます。十分後、リビングに集合して下さい」

妹「……不安だなぁ……」

~十分後~

姉「これが、今後貴女がこなすスケジュールです!」

妹「ぶあついっ! なにコレ、原稿用紙何枚分!? っていうかこんなの十分で作れる訳ないじゃん!」

姉「貴女が私の妹としてこの世に生まれ落ちた瞬間に、作成を開始していましたから」

妹「……マジ引くわぁ」

姉「私にとっては褒め言葉です」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:01:47 ID:oEokqTzd0

姉「では、まずはコレを貴女に渡しておきます」

妹「……これは、何? 腕時計?」

妹「わっ、ちょっと格好いいかも……。お姉ちゃん、これ、高かったんじゃないの?」

姉「はい。諭吉が何枚か飛ぶぐらいには、高かったです」

妹「そんなもの、私にくれちゃっていいの?」

姉「もちろんです。妹の為に購入したものですから」

妹「わぁ! ありがとうお姉ちゃん! 私、腕時計なんてするの初めてだよ!」

姉「はい。そうでしょうね。ですが、それは正確には腕時計ではありません」

妹「えっ?」

姉「腕時計型のデジタルカメラです」

妹「…………」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:03:36 ID:jlNUqi8e0

腕時計型の麻酔銃です



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:05:57 ID:CHONIMuuO

デジタルカメラ型の麻酔銃です



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:07:12 ID:oEokqTzd0

姉「円盤部分に超小型のレンズを搭載しており、内部の記憶媒体により約4時間の連続撮影が可能」

姉「おまけに太陽光で発電でき充電要らず、いつでもどこでも盗撮できる優れ物です」

妹「…………」ポイッ

姉「何故!?」

妹「何故じゃないっしょ! ふざんな! 堂々と盗撮宣言されて受け入れると思ったのか!?」

姉「盗撮ではありません、観察です。貴女をプロデュースするために、必要な事なのです」

妹「撮った映像はどうするつもりなの?」

姉「私の妹メモリアル、NO,198(番外編)に加わります」

妹「ひゃく……きゅうじゅう……」

姉「番外編では、妹のちょっとアホっぽい姿を収められないかと、大いに期待している所です」

妹「死ねっ!」ガンガン

姉「あっ、ちょ、やめ、壊さないで下さい! 解りました、解りましたから!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:12:49 ID:oEokqTzd0

妹「本当にやめてよ! 後、私の写真とか動画とかも全部消して!」

姉「えぇ~っ……?」

妹「何この世の終わりみたいな顔してんの? 当然っしょ!?」

姉「うぅ、解りましたよ……。後で消しておきます……」

妹(絶対に消さないな、こいつ。隙を見計らって消しておこう)

姉「さ、さぁ。気を取り直して、プロデュースを始めましょー!」

妹「…………もう、気力残ってないんだけど……」

姉「ではまずはじめに、服装から見なおしていきましょうか」

妹「やっとそれっぽくなってきたね……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:22:06 ID:KlfAIRdc0

姉「妹は、家の中では、中学のジャージを着用していますね?」

妹「うん。楽だし、動きやすいし」

姉「それがいけません。女の子なんですから、家の中でも身だしなみに気を使わないと」

姉「ジャージなんて以ての外です。論外です。もう見飽きました。受け入れられません、私が」

妹「いや、知らんがな」

姉「と、いう訳で、まずは普段着を私チョイスで選んでおきました!」ババーン



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:24:39 ID:KlfAIRdc0

妹「なに、これ……」

姉「なに、と言われても。パジャマですよ、パジャマ」

妹「これ、きぐるみでしょう!?」

姉「はい。フナ○シーです」

妹「のっけから意味が解らないよ! 何で私が家の中でこんなの着ないといけないの!?」

姉「妹がこれを着て、あの意味の解らない動きをしてくれたら、私は最高に幸せです」

妹「いや、知らんがな」

妹「こんなの着るわけないじゃん! もう、ふざけないで真面目にやってよ!」」

姉「あらあら、お気に召さないと。我儘ですねぇ、妹は」

妹「何処が!? 我儘なのはお姉ちゃんでしょう!?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:29:04 ID:KlfAIRdc0

姉「解りました、解りました。お姉ちゃん、ちょっと調子に乗りすぎてたみたいですね」

姉「では、無難にこのピンクのネグリジュを着てもらいましょうか」

妹「そんなのあるんなら、最初から出せよ……」

妹「うん……。このぐらいなら、私にも着れるかなぁ。ちょっとフリフリが多いけど……」

姉「良かったです。フリフリにも、徐々に慣れていきましょうね」

妹「うん。お姉ちゃん、ありがとう!」

姉「いえいえ、お礼を言うのはまだ早いですよ。早速着てみてください」

妹「うん! じゃあちょっと着替えてくるー!」バタバタ

姉「あらあら、あんなに喜んじゃって……。可愛いったら、もう!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:34:44 ID:KlfAIRdc0

バタバタ

妹「ど、どうかな、お姉ちゃん!」

姉「はい。とっっっても、似合ってますよ!!」

妹「本当!? へへ、こういうの着たこと無かったけど、凄い軽いんだね! 全然着てるって感じがしないよ!」

姉「そうでしょうそうでしょうとも。何せ、最高級のシルクで特注した、妹専用のネグリジェですからね」

妹「え、そんなに高かったの!? お姉ちゃん、お金大丈夫なの?」

姉「問題ありません。この前株で一山当てましたから」

妹「へー、よく解らないけど。とにかくありがとうね、お姉ちゃん!」

姉「いえ、お礼を言うのは、寧ろ私の方でしょう」

妹「えっ?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:38:34 ID:KlfAIRdc0

姉「妹、ちょっとこちらに背中を向けてください」

妹「えっ、こう?」クルッ

姉「えいっ!」シュル

妹「ん? 今首触った?」

姉「いいえ? もうこちらを向いても大丈夫ですよ」

妹「うん。――って、どうしてそんなに鼻息荒いの?」

姉「な、なんでも……なんでもありません……!」

妹「そう? 何か変だよ、お姉ちゃん」

姉「そんな事は! そんな事は、あああああありませんよ!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:41:09 ID:KlfAIRdc0

妹「いや、絶対おかしいって……。まっ、いっか!」

妹「じゃあ私、ちょっと鏡で見てくるね!」バタバタ

姉「あっ、ちょ、待っ!」


妹『ええっ!? なんで私ハダカなの!?』


姉「…………」

バタバタ

妹「こんの、クソ姉がぁ!」ドカッ

姉「アヒンッ」

妹「なにコレどういうこと!? いつの間に脱がしたの!?」

姉「さっき……背中向けた時……首の紐を解けば、全部パージされるように設計したから……」

姉「…………綺麗なピンクですね。GJ」

妹「死んでしまえっ!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:45:05 ID:KlfAIRdc0

妹「もう! 何がしたいんだよお姉ちゃんは!」

妹「っていうか全然気付かなかった自分に腹が立つよ!」

姉「気付かれないように、重さも肌触りも、殆ど感じない特注のシルクで作りましたから、何も恥じることはありませんよ?」

妹「ふざけんなっ! もうヤダ! 私止める! お姉ちゃんなんか大っ嫌い!」

姉「はうっ……! そ、そんな、大嫌いなんて言わないでください……。私は、妹の為を思って……」

妹「違うじゃん! 全部自分の為じゃん! 私のハダカなんて見て、何が楽しいの!?」

姉「た、楽しいのではなく、とても、興奮するのです……」

妹「変態! 変態! 変態! 変態!」

姉「くっ、そこまで悪しざまに罵られると、少し、気持ちが昂ってきますね……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:50:19 ID:KlfAIRdc0

妹「信じらんないっ! とにかくもう止める! お姉ちゃんなんかにプロデュースして欲しくないよ!」

妹「ネグリジュなんてもう着ない! 可愛くなんてならなくったっていい! ずっと男女でいいし! ずっと鼻水垂らしてやる!」

姉「いや、鼻水は拭いた方が……」

妹「バーカ! バーカ!」バタバタ

姉「あらら……。泣きながら行ってしまいましたね……」

姉「流石に、やり過ぎたでしょうか……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:54:42 ID:KlfAIRdc0

~その日の夜~


姉「妹、部屋に入ってもいいですか?」

妹「入ってくんな!」

姉「まだ怒ってるのですか……」

妹「当たり前じゃん!」

姉「このままでは埒が明きませんね。失礼します」ガチャ

妹「はぁ!? 勝手に鍵開けるとか、信じらんない! っていうかなんで鍵開けられるの!?」

姉「マスターキーを持ってますから」

妹「もうやだ! ドアノブの鍵替えてやる!」

姉「まぁ、落ち着いてください。今、論点はそこではありません」

妹「うるさい! 出て行け!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 06:59:10 ID:pdn+KpZt0

姉「私は昼間、貴女の事を酷く傷つけてしまいました。その謝罪をしたいと思います」

妹「今更なんなの!? もう謝って欲しくないし! 顔も見たくないっ!」

姉「……私は確かに、世間一般で言うところの“姉”とは、少し、違うのかも知れません」

妹「急に語りだすな! 人の話聴けっ! そういう所も大っ嫌い!」

姉「ですが、これだけは言えます。私は、世界中のどんな人よりも、貴女の事を愛しています」

姉「愛しています」

妹「……なんで二回言った……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:05:11 ID:pdn+KpZt0

姉「その愛情の分だけ、気持ちが空回りしてしまって、その結果、今日、貴女を傷つけてしまったようです」

妹「そうだよ……。本当に、信じらんない……」

姉「ですから、謝罪致します」

姉「本当に、ごめんなさい……」

妹「……出てってよ……」

姉「いいえ、出て行きません。まだ、仲直り出来ていませんから」

妹「勝手なこと言わないでよ! もうお姉ちゃんの事なんて、大っ嫌いなんだから!」

姉「…………」

妹「出てってよ! 出て行け! 顔も見たくない! どっか行っちゃえー!」

姉「…………解りました」スッ

妹「…………」

姉「ごめんね、妹ちゃん」

バタン

妹「あっ……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:07:15 ID:pdn+KpZt0

妹「…………」

妹「もう、寝よう……」

~三時間後~

妹「全然寝らんないし、喉乾いた……。頭痛いし……」

妹「これも全部バカ姉のせいだ……」

妹「…………」

妹「やっぱり、もう一言、文句言ってやろう!」

ドタドタ

妹「お姉ちゃん! ちょっと部屋入るよ!? お姉ちゃん!」ドンドン

「…………」

妹「……お姉ちゃん?」

妹「居ないの? お姉ちゃんってば!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:10:06 ID:pdn+KpZt0

リビングにも、トイレにも、台所にも、お風呂にも。お姉ちゃんの姿は見当たらなかった。
時刻は深夜を回っている。
日付を跨ぐような時間に外出していた事がないお姉ちゃんが、この時間になっても家に居ない。
嫌な予感が、私のナイ胸を締め付ける。
「もしかしたら、部屋で寝ているのかもしれない」
そう思い立った私は、苛立ちと焦燥を抱えたまま、私の部屋の扉に差しっぱなしになっていたマスターキーを使って、お姉ちゃんの部屋へ入る事にした。
室内に、お姉ちゃんは居なかった。
ラベンダーの香りが、私の鼻腔を刺激する。甘い、嗅ぎ慣れた、お姉ちゃんの匂い。



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:15:28 ID:pdn+KpZt0

妹「……何処に行っちゃったんだよ、あのバカ姉……」

妹「人の話聴かないし、変態だし、あと変態だし……」

妹「でも、それが私のお姉ちゃんなんだよね……」

妹「私を好きだっていう気持ちは、痛い程伝わってくるし……」

妹「…………」

妹「やっぱり、仲直り、したいな……」

妹「お姉ちゃん、会いたいよ……」

姉「その言葉を待っていました」

妹「すわっ!」

姉「その悲鳴は可愛くないですね、-4点です」

妹「一体何処から……!」

姉「ベッドの下に潜んでいました。まだまだ修行が足りないですね、妹」

妹「い、意味が解らないよ……」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:19:07 ID:pdn+KpZt0

姉「とにかく。仲直り、という事で、よろしいですか?」

妹「あっ……」

妹「う、う……」

ペラリ

妹「……あれ、何か落ちたよ?」

姉「あ、それは……!」

妹「これは……『妹、プロデュース計画書』?」

姉「あ、読まないでください! 読まないでください!」

妹「これ、中身が……日記になってる?」

妹「一体、どういうこと……?」

9月8日
妹、最高。

9月9日
妹、ラブリー

妹「…………」

姉「…………」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:22:13 ID:pdn+KpZt0

妹「……裏表紙にも、何か書いてあるけど……」

姉「あっ……!」

『妹、愛してる。マジLOVE』

姉「…………てへっ」

妹「……もう。お姉ちゃん、どんだけ私の事好きなのよ……正直、ウザいし、引く」

姉「そ、そんな……!」

妹「けど……」

妹「けど、こんなガサツで、ズボラな私を好きでいてくれるのは」

妹「凄く、嬉しい……」

姉「妹ちゃん……!」ガバッ

妹「ちょ、お姉ちゃん、苦しいよ……」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:24:18 ID:pdn+KpZt0

姉「あー、もう、可愛すぎます! キスしてもいいですか?」

妹「はっ?」

姉「いいえ、もう断られてもしてしまいます! 何故なら私の中の衝動が抑えきれないから! 行きます! 行ってしまいます!」

妹「ちょ、やめ――」

姉「むちゅ~!」

妹「やめろって言ってんだろバカ姉!」ゴッ

姉「アヒンッ」

妹「はぁ……はぁ……」

姉「…………むちゅー」ピクンピクン

妹「………………」

妹「……………………やっぱり、気持ち悪い」

終劇!



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:26:41 ID:aXrDheuZ0

おつ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 07:43:23 ID:ebGhhk5MI

おつ

姉妹百合はいいものだ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 08:11:09 ID:V5OU2p880

大層乙であった



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 08:33:30 ID:He8ZRUVz0

ありだね



◆関連記事

継母「今日の食事、なにこれ?」シンデレラ「あ……あの……」

電車で女に暴力振るわれたったwwwwwwww

ことわざの一部に「勝俣」を入れてやかましくする
 

おすすめ記事リンク!