1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:37:15 ID:wJW5qLSQ0

「下手だね、おにいちゃん。下手くそ」
むき出しの性器を口に含んでいたタカシは、口からそれを引き抜かれると突然肩を蹴り上げられた。
細い足と言っても流石に男の子の力だ、肩は衝撃のあとにジンジンと痛み始めた。
「がっかりー。調べたら男と付き合っていたこともあるみたいだし? もっと上手だと思ってた」
「ショウタ……、」
「誰が喋っていいって言ったの?」
ぴしゃりと言われ、タカシは口を噤む。
膝ついた場所は打ちっぱなしのコンクリで、下着一枚のタカシにはこの場所は酷く寒かった。
それでも下着を残したのは、ショウタなりの恩情だったのかもしれない。
服は下着一枚を残して剥ぎ取れたのだ。
それらはタカシの体温を残した状態のままショウタの取り巻きによって回収され、そしてそれと同時に首と、
手脚のそれぞれは手早く鎖で繋がれた。
鎖の先はコンクリの壁で、つまりタカシは犬のように部屋に繋がれていたのだ。
いや、両手両足の自由がないのだから、犬より手酷い扱いを受けているのかもしれない。





転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384954635/l50


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:38:38 ID:wJW5qLSQ0

「なぁに、その顔。いやんなっちゃうな。僕がカガイシャみたいじゃん」
――加害者だろ。
そうは言えない、そして逆らえない理由がタカシにはあったのだ。
「なに。なにか言いたいの?」
チャックからはみ出されたままの性器を隠そうともせずにショウタは椅子に座り、
そしてタカシの顎をスニーカーの先で持ち上げる。
「いいよ、言ってみて? 今なら喋ってもいい」
ほら、と何度か顎を弄び、それからタカシの出方を待っている。
「なんでも、ない」
「――おにいちゃん、口の利き方に気をつけてよ」
冷えた声で言うと、ショウタはタカシの顎を足先で蹴った。
痛みが走る。唇は切れたのか、鉄の味がした。
しかし部屋に鏡があるわけではないので本当に切れたのかどかはよく判らない。
屈辱的だ。だけどやはりタカシは抵抗できぬのだ。



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:39:53 ID:wJW5qLSQ0

確かに男と付き合っていたこともあったが、そもそも付き合い始めたのも彼女――、
のちに男と判る彼を、女の子だと思っていたからに他ならない。
それに彼は『他人』だ。ショウタのように『身内』ではなかった。
そう、ショウタはタカシの弟なのだ。年が何歳になるのかは忘れてしまった。
タカシとショウタが離れて暮すようになったのはもう何年も昔の話で、その間にタカシは家族に関する
いくつものことを忘却のかなたへと押しやっていた。
例えばショウタと年齢がいくつなのかも忘れたし、誕生日がいつなのかも当然のように覚えていない。
タカシはもう家に帰るつもりがなかったから、ショウタに関する情報など持っていても仕方がないと
考えていたフシがあり、だからこうして身長はかなり小さいなりに成長を遂げたショウタを目の前にしてもなお
弟がいたという事実さえも思い出せないほどだったのだ。
再会したショウタは愕然とした顔をし、それから「裏切り者」とタカシを罵った。
そのとおりだから反論はできなかった。



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:41:35 ID:wJW5qLSQ0

「ホラ、上手に舐めてよ。手抜きしたら『あの人たち』にオシオキしてもらうからね」
あの人たちとは、ショウタの取り巻きの男たちだ。
突然タカシの前に現れたショウタは、一度はタカシの前から姿を消し、再び現れたときいは男たちを伴っていた。
どうも彼らはショウタと『関係』があるらしく、すべてショウタの言いなりだった。
姫か王子でも扱うようにショウタに頭をたれ甘やかす男たちは三人いた。
医者、弁護士、政治家。
本当かどうかは判らないが、社会的地位のある彼らは、弱みでも握られているのかそれともそういう趣味なのか、
まだ幼いショウタに傅いていた。
「もっと舌使って。僕だって上手にできるんだから、おにいちゃんはもっと上手にできるでしょ?」
「う、ぐ、」
喉に遠慮なく押し付けられるそれに吐き気を覚えたが、拳を握ってなんとかそれを堪える。
一体なにをやっているのだろう。今さらながら自問するが、答えは安易に出た。
これは、ショウタの復讐だ。裏切り者のタカシへの報復なのだろう。
こんなことで許されるなら、ショウタはひどく優しい少年と言うことになる。
そう思えるほどに、タカシは酷い仕打ちをショウタと、そして両親にした。



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:42:45 ID:wJW5qLSQ0

タカシが男たちに拉致されこの部屋にやってきたのは数日前のことだ。
辛うじて排泄は許されていたが、食事や水分補給は殆どなかった。
――それに、眠ることも。
眠ろうとすると必ず誰かが起こすのだ。
彼らはタカシを殴ることを許されていないのか、顔に水を掛けた。
それでもタカシが起きないとなると、今度はバケツ一杯に水を注ぎ、そこに頭を押し付けた。
溺死する直前まで顔を押し付けるのだ。まるで拷問であったが、タカシには逆らう術も助けを呼ぶ手立てもない。
そうだ、あの拷問に比べれば、弟の性器を嘗め回すことなどなんでもないことかもしれない。
青臭い匂いが口に広がり眉間にしわがよるが、タカシはそれを気取られぬよう、
必死でショウタのそこを舐めていた。
時折「ん」と甘い声が漏れ、そしてショウタがタカシの喉の奥を突くようにして何度も性器を前後させる。
大層気持ちよさそうな顔をしているが、例えばここでタカシが歯を立て噛み千切ったらどうなるかと
その可能性を全く視野に入れていない辺りがショウタの幼さを示しているようだった。



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:45:14 ID:wJW5qLSQ0

「まださ……あ」
ショウタが喘ぎを押し殺した艶かしい声を漏らしながら何事かを問う。
なんだ、と性器をくわえる口を離して問うことは許されないだろうから、ショウタが先を続けるのをひたすら待つ。
「まだ、ミユキおねえちゃんと付き合ってんの?」
ショウタの腰の動きが止まった。答えろ、と言うことだろう。
「付き合って、ます」
「ふぅん……」
頭のすみで、夏の日のひまわりのような笑みを浮かべる女性が笑った。
もう二度とミユキには会えないのだろう。そういう確信を持ちながら、拳をきつく握り締めると俯く。
「いいご身分だよね。僕が苦しい思いをしているときに、お兄ちゃんは楽しい人生を歩んでいたわけ」
――もっといっぱい嫌がらせをすればよかった。
そんなことをショウタが言った気がするが、はっきりとは聞こえない。
ショウタの冷えた目がタカシを見下ろす。しかし口角だけは上に持ち上がっているのが、なんとも恐ろしい。
これから、今この瞬間に下される『罰』をタカシは知っていた。
ショウタの眼差しはこの上なく残酷で、まるで無数の針を皮膚にめり込まされているような気分になる。



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:46:21 ID:wJW5qLSQ0

「おにいちゃん……」
猫が鳴くような甘い声。
やはり『アレ』だ。
タカシは奥歯を噛み締めそして衝撃を待った。
「おにいちゃん、いい子だね……。ちゃんとミユキおねえちゃんと別れてくれるよね?」
「……」
今さら、何に対して意地を張っているのか判らない。だが、それにはどうしても答えたくなかったのだ。
「おにいちゃんって昔からそうだよね。嫌だと思ったらたとえそれが間違っていても絶対に直さない。
おにいちゃんが僕以外のために生きることは、間違ったことなんだよ?」
判るよね?
確めるように、そして幼児をしつけるようにしてショウタが言う。
それでもタカシは首を縦に振ることができなかった。
ミユキは、タカシの人生を変えてくれた人なのだ。簡単には手放せない。
「僕のために生きられないの?」
ショウタが静かに問う。タカシはやはり答えない。
「ふうん……いいや、もう」
ふふ、と笑う声と同時に、ショウタの足がタカシの局部をめがけて振り下ろされたのだった。
「――!!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:48:30 ID:wJW5qLSQ0

今振り返れば、ごく普通の家庭に育ったとタカシは思う。
弟のショウタは私立の学校に入っていたが、それは仲のいいお友達がその学校に進学するのを真似てのことだった。
特別頭がよかったとか、特別運動ができたとか、つまり突出してなにかが優れているわけでもないショウタを
私学に通わせることができる程度には裕福ではあった。
それでも思春期はなんでもないことにイラつくのが常で、
高校生のタカシは親とのちょっとした行き違いに腹を立てることもしばしばあったのだ。
金があってもなくても関係ない、ものをたくさん持っていても関係ない。
ムカつくことはどんな環境に身を置いていても降りかかるものなのだ。
その日は彼女と喧嘩していた。その上テストの結果もいまひとつだった。
「うるせぇんだよ!」
怒鳴ったのは、母親が特別深い意味はなかったのだろうが「あと少しなのよ」と言ったからだ。
受験まであと少し、あと少し頑張れば成績がよくなる、あと少しだけ勉強の時間を増やせばいい――、
そのうちのどれを指して「あと少しなのよ」と彼女が言ったのか、今になっては判らない。
「タカシ!」
「離せ! うるせんだよ、ババア!!」
家中に響く怒声に怯えるのは女の母だけでなく、まだ幼いショウタもそうだった。



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:50:09 ID:wJW5qLSQ0

声変わりの完全に終わったタカシの声はよく響き、下手したら隣の家にまで聞こえているくらいの音量のそれは
弟を怯えさせるには充分なものだった。
「タカシ、待ちなさい!」
父の声を無視して家を飛び出そうとバイクのキーを引っつかんだ。
「おにいちゃ……、」
遠慮がちに声を掛けようとするショウタの手を振り払うと、まだ子供で頭身の低い彼は後ろに尻餅をついた。
「あっ」と言う小さな声はぐずぐずとした泣き声に変わり、それから「おにいちゃん」と呼びかける声も
涙交じりで、しかしタカシは可哀想と思うより鬱陶しく思う気持ちの方が先立った。
思春期、高校三年生、受験はあと数ヵ月後。おまけに成績は伸び悩み、模試の結果も普通中の普通。
苛立つこと事態はそんなに珍しいことではないだろう。
スニーカーに足を突っ込む間もショウタは小さな声で「おにいちゃん」と呼び、しかしタカシはそれを無視して
派手な音をたてつつ玄関を出て行ったのだ。
「くそ、うるせぇ!」
庭と道路とを区切る柵を足蹴にし、道端に止めてあったバイクにまたがる。
「……くそッ……!」
自分でもどうかと思うくらいに苛立っているという自覚はあった。
伸び悩む成績も自分の所為、彼女と上手く行っていないのも自分の所為。
全部自分の所為だと判っているが、それで苛立ちを収めることができないのだ。



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 22:55:10 ID:wJW5qLSQ0

制御を忘れた電流のように怒りは放出され続け、やがてたくさんの人を傷つける。
判っていてもコントロールできぬ怒りはタカシがもとより抱えていた性質か、それともストレスゆえにものなのか
今のタカシには判断がつかなかった。
赤信号で止まると、自分が情けなくなる。コンビニの明かりが妙に眩しく、タカシは目を眇めた。
財布の中にはおそらく一万円は入っている。
淡い光に吸い寄せられるようにして、タカシは駐車場へと滑り込んだ。
なにしろタカシには気持ちを落ち着ける必要がある。
優しい味のする飲み物でも買えば少しは怒りも収まるかもしれない。
「あれ? タカシ君?」
車用の駐車場を丸々陣取り、それからヘルメットを取ったタカシに声を掛けたのは、見知らぬ少女だった。
店内の電灯に照らされた彼女の頬は、元々色白であるのだろうがそれが更に際立って見えるほどに白かった。
一体誰だろうと首を傾げつつ、タカシはそのこから目を離せない。
「あ、ええと、わかんないかな、中学の時に塾が一緒だったんだけど……」
少女はバッグの中から眼鏡を取り出し慌ててそれを掛けた。
「ああ!」
タカシは思わず声を上げた。



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:00:10 ID:wJW5qLSQ0

同じ塾に通う少女は、はにかんだように笑って「気づいてもらってよかった」と微笑んだのだった。
「ごめん、雰囲気違うから全然気づかなかった」
「アハハ、普段は地味ぃにしてるからね」
「そんなことないよ」
そうだね、とは返事をすることはできまい。取り繕うように笑って、彼女を店内に導いた。
コーヒーは奢りで、タカシは格好をつけようとブラックを頼んだ。
「タカシ君って面白いね」
「そう?」
塾では目立たない女の子であったが、話してみると彼女は明るく気さくでいい子だった。
「それで、こんな時間になにしているの?」
彼女は小首を傾げて尋ねてくる。
そのさまがとても可愛いと思ったのだ。
もう少し話がしたい。
彼女と喧嘩したからか、それともむしゃくしゃしていたためか、タカシは彼女に「ドライブ」と告げたのち
軽い調子で「一緒にどう?」と尋ねた。
原付バイクには二年間乗っていた。バイクに切り替えたのは今年に入ってのことだった。
乗りなれているから大丈夫と、そんな軽い気持ちだったのだ。
「一緒に行かない?」
しかしそう告げたことが運命を決定付けると、タカシは知らなかったのだ。



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:04:08 ID:wJW5qLSQ0

タカシはコンクリの上で脂汗を出しながら固まっていた。
鎖が邪魔をして、完全に横たわることが難しく、這いずるようにして痛みに耐えるしかない。
「そんぐらい我慢してよー僕なんて好きでもないおっさんに尻を何度も掘られたんだからさー」
それに比べれば、そんなの屁でもないよね。
ショウタは更に足を振り上げ、今度は腹に向かって蹴りを入れた。
おぐ、とか、ぐえ、とか言うカエルのような声が我ながらおかしかった。
「なに、今の面白ーい!」
ショウタは満面の笑みを浮かべ、続けざまに腹を蹴り上げた。
きゃっきゃという可愛らしい声にその行動はすぐわない。
ショウタはタカシが声を上げるたびに嬉しげに笑った。
黄色い声はコンクリに木霊し、不気味に響く。
「もう一回!」
えい、と言う掛け声とともに、スニーカーに包まれたつま先が一際腹部にめり込んだ。



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:09:25 ID:wJW5qLSQ0

「まったくさぁ、おにいちゃんが事故った所為でうちの家族大変だったんだよー?」
そう、タカシはあの夜、事故を起こしたのだった。
コンビニで再会した彼女をバイクに乗せて山まで車を走らせた道中、取替えしのつかぬ事故を起こした。
「ねぇ、喉渇いた!」
幼い声はコンクリの壁によく反射する。
耳に突き刺さるような声に従い、この部屋唯一の入り口から男が一人入ってきた。
手で掴んでいるペットボトルは茶とジュースのようだ。
飲まず食わずの状態であるタカシの喉がなる。男はタカシをちらりと見遣ったが、
しかしそれを渡すつもりはないようだった。
「メロンソーダとお茶、どっちにする?」
低い声が告げる。
「メロンソーダ!」
迷う間もなく、ショウタは嬉しげにペットボトルを開けると、小さな口でそれをごくごくと飲んだ。
その姿が羨ましくて、タカシはまたもや唾を飲み込んだ。



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:15:05 ID:wJW5qLSQ0

「食事はどうする?」
「僕パンケーキがいい」
「だめだ、食事らしい食事をしないと。昨日もパンケーキだったろう」
男がショウタを抱き上げる。
随分とショウタと親しそうに見えるこの男は、タカシに「医者だ」と名乗っていた。
身分を明かしていいものかと思うが、タカシをこの先ずっと外に出すつもりがないからこそ名乗ったのかもしれない。
そう思い当たると、背筋が寒くなった。
「デリでサラダ買ってくる。チーズ掛かったの好きだろ?」
男に言われ、渋々ショウタは「うん」と頷いた。
「あとグラタン買ってきて!」
「ハイハイ」
愛想を振りまくでもなく、ただ普通の――、一見すれば親子のような関係の男が気になった。
ショウタは手を振り彼を見送っている。ショウタの態度も、男の態度も至って普通で、もしかしたら彼らは
なにもタカシの勘ぐるような『関係』はないのかもしれない――、そんなことを緊張感なく思っていると、
ショウタが不意に振り返った。
「なにみてんの」
「……」
ショウタの足が腹に飛んだ。
もう麻痺してしまったのか、腹には先ほどよりは痛みを感じないような気がした。



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:18:58 ID:wJW5qLSQ0

「……あの人は凄く優しいんだぁ」
ショウタはしゃがむと、タカシの口に上手いとは言えないキスをした。
メロンソーダの味に頭がくらくらとする。匂いか、それともほのかに感じた甘みか。
空腹を意識させるようなそれらが呼び水となって、急に胃腸がしくしくとし始めた。
「はい、続き」
乱暴に首についた鎖を引っつかむと、ショウタはタカシの体を起こした。
うんしょ、と可愛い掛け声を掛けながらも首が絞まることも気にした風でなく持ち上げるから、
タカシは窒息しそうになる。
慌てて手を床につくと、ショウタのスニーカーの足がそれを踏みつけた。
「痛い?」
「い、いた、い、です」
喉がひゅーひゅーとなり、そして自然と涙が出てきた。
「そう、僕も初めてのとき痛かったなぁ。これよりねぇ、もっと痛い思いしたんだよ?
僕が我慢できたんだからおにいちゃんが我慢できないはずないよねぇ?」
ショウタの足が、再びタカシの手の甲をめがけて振り下ろされる。
それからあとのことを、タカシは覚えていない。



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:21:12 ID:wJW5qLSQ0

ショウタは気を失ったタカシをスニーカーの先で突いた。
息はしているから、死んではいないだろう。それに、あれしきのことで死ぬわけがないというのは
自分の身をもっての経験があるから知っている。
「ショウタ」
扉が開くと、医者が入ってきた。彼らは本名を名乗らないし、ショウタも彼らの本名になど興味はないから
それぞれの職業で呼んでいた。
「おかえりーお腹空いたー」
紙袋に詰められた惣菜を抱える『お医者さん』が眉根を寄せたのには気づいたが知らぬフリをする。
「蹴ったのか?」
「うん。だめ?」
「……加減はしろよ」
「判ってるー」
「それからちんちんしまえ」
「あ、忘れてた」
むき出しだった局部をパンツの中にしまうと、ショウタはえへへと笑って誤魔化す。
「手、拭け」
「ごめん」
手渡された濡れタオルで手を拭き、グラタンのパックをあける。
サラダの中にはオリーブが入っていて、ショウタは眉を顰めた。
「ねぇ、これ嫌い、これ。食べて」
「避けておきなさい。あとで私が食べるから」
「うん」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:25:01 ID:wJW5qLSQ0

お医者さんはショウタに一番優しかった。彼はショウタの客であったが、しかし大枚を叩いて売春宿から
買い取ってくれたし、望むなら教育をもつけてやると言ってくれた。
ようするにショウタに非常に甘かったのだ。ショウタが復讐をすると言った時も反対はしなかった上に、
ショウタが自分だけのものにはならないと知っていてもこうして協力してくれる。
「『政治家』がこいつをどうするのかと聞いている」
「飼う」
「飼う? 誰の家で飼うんだ?」
「わかんない。でも誰かが用意してくれるでしょ?」
中年に差し掛かったばかりの男はショウタが咀嚼する様を見て「仕方がないね」と言う。つまりこれは
自分が用意しよう、と言っているのだろう。
「あのさぁ、おにいちゃんをハクセーみたいにできないの?」
「剥製?」
「うん」
「剥製にしてどうするんだ?」
「部屋に飾る」
「それはつまらないだろ?」
「なんで?」
「喋らないし反応がないぞ? セックスもできない」
「それは困るかも……」
ショウタはセックスが好きだ。
淫乱だとかビッチだとか呼ばれる人種だということも心得ている。



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:30:20 ID:wJW5qLSQ0

そういう体に仕込まれてしまったのだからしょうがないとも思うが、あれだけ気持ちがよければそれでも
問題がないと思うのは、もう壊れてしまっているからだろうかと思う。
最初はただ痛いだけだった。
なにがなんだか判らないうちに父親は自殺し、母も後を追うようにして亡くなり、気づけば売られていたのだ。
「全部おにいちゃんが悪いんだよ……」
「誰も責めていない」
頭をお医者さんになでられると、少しだけホッとする。
彼はもしかしたらもう顔も忘れてしまった父親に似ているのかもしれない。
「どうせなら視力と聴覚を奪う方が現実的だ」
「できるの?」
「できる」
「見た目は?」
「あのまま」
「……じゃあそうしようかな……」
床に中途半端な体勢で突っ伏するタカシを見遣り、ぽつんと言った。
――タカシは女の子をバイクに乗せ、そして事故に遭った。
彼女は死にこそはしなかったものの、顔にも体にも一生消えない傷を負った。
それからのショウタは絵に描いたような転落人生だった。
被害者の女の子がどんな家の娘であったのかは知らないが、つまり金を差し出せばどうにかなる相手ではなかったのは
確かなことだろう。でなければショウタが古本か着古した衣類のように容易く売られることなどなかっただろう。



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:34:21 ID:wJW5qLSQ0

ソンガイバイショーがどうのといわれ、売り払われ客を取らされた。
痛い、辛いと泣いても誰も許してくれず、助けてくれなかった。
同い年くらいの少年たちが閉じ込められた檻で、犬よりも酷い生活をした。
こんな場所から出られたのも、お医者さんや政治家、それに弁護士のおかげであったが、
ショウタはそれでもその誰にも心を預ける気になれなかった。
「これ美味しい」
「ん?」
スプーンフォークにグラタンを乗せてお医者さんに差し出すと、彼はそれを美味そうに食べた。
「ねぇ、お医者さん、お薬用意しておいてね」
「ああ、判った」
そう返事すると、医者は立ち上がって部屋を出て行った。
きっと要領のいい彼のことだから、ショウタの気が済んだころに再び入室してくるだろう。
そう検討をつけ、ショウタは立ち上がった。



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:36:47 ID:wJW5qLSQ0

目が覚めると下半身が生暖かかった。
腫れた目をゆっくりと持ち上げると、まず小さな頭が目に入る。
ぼんやりとしつつも何が起こっているのかを確めると、タカシは慌てて腰を引いた。
「やめ、」
「動くと噛み千切るよ」
ショウタが赤い舌をベロッと見せ、そして性器に歯を立てた。
ショウタならやりかねない。
ゆっくりと腰を元の場所へと戻していく。
ショウタはそれを確認すると、再びタカシの股間に顔を埋めた。
正直、ショウタも上手い訳ではなかった。
だがおそらくショウタは自分の中にタカシのそれを埋めようとしているのだろう。
そうならば勃たせないとまずいことになるのはおそらくタカシのほうだ。
目を瞑り頭の中で想像するのは婚約者のミユキのことだ。
彼女は少し丸顔で、太陽のような笑顔を浮かべる人だった。
家族を捨て、責任も捨て、全てを投げ出してきたタカシを、なんもかもを知ってもなお支えてくれて
さらには「一緒に頑張ろう。家族のもとへ一度帰ろう」と真剣な顔で言ってくれたのも彼女だった。
彼女なら、彼女となら一緒に生きていけると思った。



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:38:56 ID:wJW5qLSQ0

「おにいちゃん、なに考えているの?」
「……っ」
「僕以外のことを考えるのなんて、許さないからね……」
ぎゅっとそこを乱暴に握られ、声がでなかった。先ほどの打撃とあわせると、タカシは強烈な痛みを
続けざまに食らったことになるが、ショウタはそんなことはお構いなしに随分と乱暴にそこを掴んでくれる。
「わか、りまし、た」
判ればいいよ。そう言いながらショウタは再びそれを舐め始めた。
「あ、おっきくなってきた」
嬉しげな声が耳をくすぐる。声だけは少年らしくて、その行為とまるで結びつかない。
湿った音が漏れ出し、ここまでくれば次にはもう挿入しかないだろう。
嫌だという権利はタカシにはない。
完全に下着までを脱ぎ去ったショウタがタカシの腰にまたがった。
「入れて」
僕上手に入れられないから。
そんなことを、なんでもないことのように言うショウタの尻の狭間を探しながら、
タカシは己の先を入り口に当てた。
「ゆっくりねー。いきなり入れられると痛いから」
肉が徐々にタカシのそこを食んでいく。滑る感触と、それから締め付けられるきつさ。
癪に障ることに、それはかなり気持ちがいい。
間もなくすると穴は根元までタカシを飲み込んだ。



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:43:41 ID:wJW5qLSQ0

「キモチイね、おにいちゃん」
ショウタの腰が上下に揺れる。ショウタの手によってつかまれ導かれた掌は乳首をすりあげ、ショウタはそのたびに
甘い声を上げた。女のような声だった。
『おにちゃん』
そう幼い声で呼んでいたショウタがチラついた。
『おにいちゃん』
家族を壊したのは誰でもない、タカシ自身だ。
「おにいちゃん、キモチイイね……っ」
ショウタがふふふと笑う。不気味で、妖艶な顔は、子供の頃の面影が微塵もなかった。

「おかえりー」
色んなもので汚れたタカシはそのままに、ショウタはさっさと入浴を済ませたころ、政治家や医者がやってきた。
コンクリの上にはタカシが横たわっている。
先ほど行為の後にショウタが飲ませた飲料に混ぜ込んだ睡眠薬が効いてきたのか、意識はないようだった。
「服を着なさい」
「えー暑いしいいよーう」
医者に咎められるが笑って誤魔化す。政治家は今にも舌なめずりしそうな顔でショウタを見ていたが、
それにも気づかぬフリをする。
「お医者さん、お薬持って来たー?」
「ああ」
医者はタカシの汚れた体をちらと見た後、なにも言わずにショウタへと向き直る。
「どうやっておにいちゃんを『お人形さん』にするの?」
「目と耳に直接薬剤を……、たぶん説明しても判らないよ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:49:06 ID:wJW5qLSQ0

「そっか」
「やったのか?」
医者とショウタの会話に、政治家が割り込むような形で入ってくる。
彼は政治家と言っても二世で、医者や弁護士に比べると「ボンクラ」で頭が少々足りぬのだ。
ショウタは少しだけ不機嫌になりながら「うん」とだけ答えた。
「実の兄なんだろ?」
「だからなに?」
ぴしゃりと言い放てば政治家はそれ以上もうなにも言わない。
「ねぇ、お医者さん、早くやってよ」
「ああ、少し待っていろ」
アタッシュケースから医者が出したのは、数本の注射器だった。それぞれがビニルの袋に入っており、
更に針の先はプラスチックのようなカバーが施されている。
特別物珍しいものが並んでいるわけではないが、医者の持ち物と言うものが興味深くて、
ショウタはそれを具に観察したが、しかし医者はそれを不快に思っている風でもなかった。
「本当にいいんだな?」
薬剤を注射器に入れた医者が尋ねた。これはここ数日で何度か繰り返された質問だった。
「うん、いい」
今さらなんだというのだろう。
これで、ショウタはタカシを永久に手に入れられるのだ。やっと。



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:53:04 ID:wJW5qLSQ0

ショウタが身売りをしていたのは二年か三年だ。
酷い目に遭ったし、兄を何度恨んだことか判らない。
――あの男の所為で。
そう何度恨み言を呟いただろう。
ショウタが客を取る間に兄は自由に生活をしていたようだった。
学校にも行けず、自由のないショウタが地べたに這いつくばっているときにも、
彼はきっとそれなりの生活をしていたのだろう。
「ショウタ」
医者に呼ばれて振り返る。睡眠薬の所為か、タカシは声を上げることもなく医者の注射を受けたようだった。
「ねぇ、これどれくらいで効くの?」
「一時間くらいだな」
「ふうん、楽しみ」
タカシが好きだった。高校に入る前までのタカシはショウタにも優しかったし、
家の中で大きな声を出したりはしなかった。なにが彼をあんな風にさせたのかは判らないが、
とにかく兄があんな風になったからこそ家は破綻したのだとショウタは思っている。
「楽しみ……」
いい聞かせるように、もう一度言う。
後悔はしていない。兄が好きなのも本当だ。
檻の中で、恨み言を言う反面、いつか助けに来てくれるかもしれないという淡い期待を何度抱いたことか知れない。
やっと出てこれたかと思えば、兄はショウタのことをすっかり忘れていた。
『ええと……』
お前は誰だ。そんな風に言いたげだったあの顔を、ショウタは生涯忘れることがないだろう。



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:54:14 ID:wJW5qLSQ0

ショウタが檻から出られたのは、常連客の医者や政治化が奔走してくれたおかげだ。
「ねぇ、お医者さん、あのおねえちゃんの傷、どう?」
「経過は順調だ」
医者は安心させるように言うと、ショウタの頭を撫でた。
タカシの所為でひどい怪我を負った少女は、今数年の時を経て手術を行っている。
ショウタがこうして外へと出られたのは彼が世界中から腕利きの医者を見つけ出してきたからだ。
タカシはその事実さえも知らぬだろう。
彼女が回復に向かい、美しい肌を取り戻しつつあるということを。
だが知る必要はないと思うのだ。
知ったところでショウタが耐えた数年が消えるわけでもないし、彼がショウタを忘れていた事実も消えるわけではない。
その数年分の償いを、これから一生かかってしていって貰うのだ。
「僕、なんか間違っている?」
「別に。好きにすればいい」
「う……」
タカシが呻いた。
ああ、もうすぐ目を覚ますのだ。
「楽しみだなぁ……」
しゃがみ込み、ショウタは腿の上に肘をつくと掌で両頬を支えながらタカシを見た。
タカシがショウタの手足を借りなくては生きていけなくなったその事実がとても嬉しかった。
――忘れたことや、家族を捨てたことを後悔させてやる。
そんな風に思って始めた事であったが、しかし今は本心からこの状況を喜んでいた。
タカシがショウタだけのものになったのが嬉しかったのだ。



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:56:12 ID:wJW5qLSQ0

正直、いつまで兄への興味が保たれるか判らない。
それでも今はこうして兄が人形になった事実だけがショウタの胸を一杯にしているのだ。
兄は悲鳴を上げるだろうか。それともショウタに恨み言を言うだろうか。
「でも……」
かわいくないことを言い出しら、口もどうにかすればいいだけの話だ。
「ショウタ?」
医者がショウタの顔を覗きこんだ。
「ううん、なんでもない。もうすぐ起きるかな?」
「ああ、そろそろだな」
一、二、三……。
ショウタはそのときを思ってカウントを開始した。
「おい、部屋に準備はできているのか」
医者が政治家に尋ねると、彼は「当たり前だ」と誇らしげに言う。
十、十一、一二……。
タカシはもう間もなく目覚めるだろう。
「楽しみだなぁ……」
ショウタは頬杖をつき、そうしてその時をまったのだった。

おわり



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 23:58:25 ID:gRHNHZfx0




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:02:17 ID:QMxvqABV0

不完全燃焼



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:07:03 ID:SicOClNzI

>>1
って
ショタ借金取り「お金返してくださーい」
の人?



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:07:57 ID:CvbbZqZH0

>>33

違うよー

不完全燃焼なのはあれだ、つかれちゃったスマン



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:10:06 ID:kkpe5Vn/I

>>34

そうだったか
すまん
この話
俺は評価する



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:09:29 ID:7n4Y5ooQ0

色々伏線張ってたのにぃぃぃぃぃ!!!!!
結局、女キャラ3人ぐらいでてたやないすか。少々説明不足な所もあるやないすか
これからどうなるとか、気になるやないすか



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:11:44 ID:CvbbZqZH0

ごめんね…おしっこ行きたかったんだ

アンドロイド作ってる会社のしゃちょさんとショタ奴隷の話とか
男が妹可愛さでショタを誘拐して虐待するのとか
ショタが姉ちゃんの婚約者NTRのとか
ショタがおかしくなるのとか色々かいたけど
どれも不完全燃焼な感じはするな



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:14:23 ID:7n4Y5ooQ0

>ショタが姉ちゃんの婚約者NTR

こんなんあったっけ……?

>ショタがおかしくなるの

これ気になる

せめて最後まで書けやぁぁ!!夜は長いでぇぇ!!



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:18:49 ID:CvbbZqZH0

>>38

ショタ「お姉ちゃんが男の人を連れてきた」

ショタが整形しまくるやつな
あと最近はSMプレイの
ショタ「痛い、やめてよ!」
っての書いた

お金かえしてくださーいの人は最近書いてないのかな
クソ可愛くて好きだ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21 00:23:34 ID:7n4Y5ooQ0

グローバルすぎて俺にはついていけねえよ……
ショタ好きはショタ好きでも、少しハードすぎやしませんかねぇ……?



◆関連記事

ショタ「痛い、やめてよ!」

ショタ「お姉ちゃんが男の人を連れてきた」

DQN美少年「てめー、何服脱がせてんだよ!殺すぞ!」
 

おすすめ記事リンク!