1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:38:39 ID:ccrZEwyE0

ニート「殴られた!殴られたよ今!!店員さーん!警察呼んで!警察!」
少年A「・・・チッ」
ニート「店員さん!早く!今殴られたよこの人に!!」
少年を指さすニート。
少し離れたところから店員が走ってくる。
店員「ハァハァ、どうしたんですか?大丈夫ですか?」

つづく






転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386326319/l50


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:41:31 ID:ccrZEwyE0

ニート「殴られたよこの人っ」
少年「・・・・ってねえし(ボソボソ)」
店員「どっちが殴ったんですか?」
ニート「この人この人」
少年を再度指さすニート。
少年「・・・やってねえし」
店員「え・・どうしましょう・・警察呼びます?」

つづく



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:44:41 ID:ccrZEwyE0

ニート「警察呼んで呼んで、早く」
ニート「カメラ抑えて!カメラ!状況証拠!!」
大声で他の店員に指示するニート
店員「とりあえず君ちょっとこちらに・・・」

店員が少年に手を伸ばしたその瞬間
ダッ!
少年が一目散にレジの方向に逃げ出した

つづく



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:47:52 ID:ccrZEwyE0

ニート「ああーーーーーっ!!!!捕まえて!逃げた!!!」
店員「あ!ちょっと!待って!!」

少年の後を追い始める店員
ニートは現場から動かないで叫んでいる

少年「・・・・・クソッ!」

少年がレジを強行突破したその直後
向かいのエントランスから警備員が建物に入ってきた

つづく



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:48:03 ID:EoEMBuMZi

ニートのクズ加減がよくわかる



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:51:14 ID:ccrZEwyE0

店員「あ!捕まえて!そいつ!走ってるの!!」
警備員「?、?」

一瞬事情を呑み込めない警備員
しかしすぐに機転を利かせて少年にタックルした

ガッ
警備員「ウオゥ!」
少年「うあ・・!」

まるでラグビーの試合のように警備員が少年の上に倒れこむ
少年「うぐっ!」

つづく



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:54:42 ID:ccrZEwyE0

一瞬遅れて店員が追いついた

店員「ハァハァ・・よかった、・・・そのまま抑えてて、そのまま」
警備員「・・はい・・ハァハァ」

警備員の帽子はふっとんで天然パーマが汗で額にこびりついてるのが見えている

ニート「大丈夫?大丈夫?」

さらに遅れてニートが追いついた


つづく



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:56:10 ID:l3c5tdn00

まるで実況みたいだぁ…



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 19:57:28 ID:ccrZEwyE0

少年「・・・っざけんなよっ!!はなせよ!!!」

突然少年が騒いでもがきだす。

警備員「こ、こら、、おとなしく・・!」

少年は小柄だが元気よく警備員を払いのけようとする。

ニート「おい!!」

ニートが少年の足を押さえつけた。

つづく



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:01:55 ID:ccrZEwyE0

ニート「ふざけんなよこら!!おめえがやったんだろうがコラ!!」
少年「・・やってねえし!ハァハァ」
ニート「お前がいきなり殴ってきたんだろうがコラ!!」

店内にニートの怒鳴り声が響き渡る

警備員「この子がやったの?」

冷静さを取り戻して問いかける警備員

店員「警察まだ?」

店員がほかの店員に問いかける

つづく



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:05:59 ID:ccrZEwyE0

店員B「今すぐ来るみたいです!」

事務所のほうにいた店員が大きな声で叫ぶ

店員A「おっけ!!」

ニート「こいつがやったんすよ、いきなり殴ってきたの」
警備員「ふうん・・」

警備員はニートを信用して少年を抑え続ける

少年「・・チッ・・・チッ」

苦しそうな表情で舌打ちを繰り返す少年
しかしもう諦めて抵抗はしなくなった

つづく



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:10:01 ID:ccrZEwyE0

・・・ウ~・・・・ウ~~・・・・・・

遠くからパトカーの音が聞こえてくる

普段は他人事である警察が
今日は自分たちの元にやってくる
現場に緊張が走る

それから1分もしないうちに二人の警察が建物に走って入ってきた

ニート「こっちです!こっち!!」
先に話したのはニートだった

つづく



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:11:14 ID:hSsVORD90

オチが気になる



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:15:14 ID:ccrZEwyE0

ニート「こいつが殴ったんですよ、いきなり」
少年「・・・・・・」
ニート「何にもしてないのに殴ってきたの、ひどいでしょ」

少年は警察を見て観念したのか力なく倒れて何も話さない

警察A「あなたが殴られたの?」

警察が初めて口を開きニートに問いかける

ニート「はい、僕です、頬のところをガツンと、めっちゃ痛い」

警察A「うん・・」

つづく



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:17:55 ID:ccrZEwyE0

ニート「傷害ですよ完全に、ふざけんな」

警察A「君がやったの?」

警察が少年に問いかける

少年「・・・・・」

何も話さない少年

ニート「お前がやっただろうが!!!!」

ここでニートが一気にヒートアップする

つづく



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:21:29 ID:ccrZEwyE0

ニート「お前がいきなり殴ってきたんだろうが!!」
ニート「カメラありますよ!店内撮ってるでしょ?それで全部見れる!」
ニート「捕まえてくださいよ!告訴しますよ俺!」

ニートがまくし立てる

警察A「君何歳なの?中学生?」

ニートの言い分を聞きながら少年に問いかける警察
もう一人の警察は無線でなにやら連絡を取っている

つづく



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:27:07 ID:ccrZEwyE0

少年「・・・」

一向に話そうとしない少年

警察A「・・・とりあえず・・署まで来てもらおうか、な?」

押さえつけていた警備員がどいて警察Aが少年の腰に手を置く

ニート「親も呼んでくださいよ!少年犯罪は目のうちから摘まなきゃ!」
ニート「学校にも連絡して!絶対にゆるさない!」

ニートの主張は止まらない

つづく



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:28:55 ID:GupwdQ0R0

はよ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:29:05 ID:HNMLQqAR0

どうなるんだ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:31:20 ID:GupwdQ0R0

ニートの癖に生意気だな
舐めてんのか



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:35:59 ID:ccrZEwyE0

警察Aが少年の腰をひっぱり少年を立ち上げた

ニート「ふざけんなよ!逮捕だ逮捕!」

警察A「おいちょっと・・」

警察Aが警察Bに言葉なしで指示する

警察B「はい・・」

警察Bが少年の腰を持ち少年をパトカーに連れていく

警察A「えーちょっと詳しく聞かせてもらえますか?」

警察Aがニートと店員に事情聴取を始めた。


こうしてまた1人不良中学生少年が補導された。
少年はその後不起訴処分となったが親と警察にきつく怒られた
ニートは傷害罪適用による懲役15年を求めたが叶わなかった
事件は日本社会の少年法の甘さを浮き彫りにして幕を引いた

                             完



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:37:07 ID:HNMLQqAR0

は?



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:38:17 ID:df2bO2bP0

げ?



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06 20:44:17 ID:Ni0kiiKG0

なんだこれ



◆関連記事

コンビニ店員だが酔っぱらいに絡まれてタバコ叩きつけたら首にされた

職場のアラフォーデブババアぶっ飛ばした結果wwwwwwwwww

リアルに痴女に遭遇した場合のお前らのリアクションを想像してみた
 

おすすめ記事リンク!