1: 名無しさん 2014/03/30(日)07:14:38 ID:POpb3eKvb

アメリカに1年間留学してたときのエロい体験。




転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1396131278/




2: 1 2014/03/30(日)07:15:44 ID:POpb3eKvb

私が高3のとき、アメリカの田舎に1年間留学した。
一学年30名もいない小さな学校で、中学と高校は同じ建物。

【ジェイ(高3)その?】
数学の授業が一緒で、席も隣に座ってくれて初めからすごく親切にしてくれた。
日本に興味持ってくれてたり、連絡事項を確認してくれたり。
来たばっかりで友達もいなかった私はめっちゃ嬉しくて、ものすごく頼りにしてた。
ジェイにはヘイリーという超かわいい高2の彼女がいて、3人でよくおしゃべりしてた。
ちなみに2人とも金髪碧眼。



3: 1 2014/03/30(日)07:16:09 ID:POpb3eKvb

ある日、ジェイに「相談があるんだ」と呼び出され、夜ヘイリーと3人でドライブに行った。
田舎なもんで、草原とか牧場しかない。
誰も来ないだろう場所に車を停め、彼らは話し始めた。
「実は、2人でのS○Xに慣れてしまって、もっと刺激が欲しい。3Pがしたいけど、あとくされがあるのはいやだ。君は留学生ですぐいなくなるし、かわいいし、ぜひ君と3Pしたい。」
これが理由で私に親切にしてたんだと思うと悲しくもあったが、
異国の地で頼りになる友人を失いたくない気持ちが強く、了解した。



4: 1 2014/03/30(日)07:16:50 ID:POpb3eKvb

運転席・助手席を前に倒し、3人で後部座席に移動した。
「じゃ、まずキスして。」と私とヘイリーを指さすジェイ。
抵抗はあったけど、期待に応えなきゃとできるだけエロく彼女とキスした。
体をくねらせて舌をからめあって。
それを見ながらジェイは自分のものをしこりながら二人の胸に交互に手を伸ばした。胸を触られてびくっとなる。嫌だったけど我慢。
次にジェイが私にキスしてきた。
鼻息も荒く、むさぼるように、胸も激しくもんできた。
シャツとブラをたくし上げられ、あらわになる胸に唇を寄せるヘイリー。超恥ずかしくて顔を背けた。
私は胸が弱くて、思わず「んっ…んんん…」と声が出る。



5: 1 2014/03/30(日)07:17:09 ID:POpb3eKvb

片方はジェイが激しくもみ、片方はヘイリーのかわいい唇と舌が乳首をころころ、ちゅぱちゅぱ…。
首筋へのジェイの舌の刺激も、乳首も気持ち良すぎて頭がおかしくなりそうだった。
「私のもなめて…」と服をまくるヘイリー。暗くてよく見えなかったけど、おっきかった。
今度はジェイと二人で彼女の乳首を攻める。ゆっくりと舌を押し付けたり、チロチロと先っぽで刺激したり。
彼女は下も脱いで、ジェイがぬちゃぬちゃとゆっくり指を出し入れしていた。
「オオ?…アア…」と喘ぎ声もアメリカンなヘイリー。
サービス精神旺盛なジェイは私への愛撫も忘れず、同時に私の下着の上からあそこを撫でて刺激してくれた。
お返しに、ジェイのあれをゆっくりと撫でた。
「ンン?っ…オオ…」車の中は三人の激しい息と喘ぎ声で窓ガラスも曇ってた。カーステレオの明かりに、胸やペ○スがぬらぬらと濡れて光っているのが分かった。



6: 1 2014/03/30(日)07:17:33 ID:POpb3eKvb

次にジェイが「ヘイリーの、舐めて」と。脚を大きく広げるヘイリー。
やるしかない、と覚悟を決めて、彼女のそこに唇を持って行った。パイパンだった。
ゆっくりと舌を押し付け、自分がされたら気持ちいいだろう動きを必死でやった。強すぎず、弱すぎず。
唾液をたっぷりと出しながら、既に濡れ濡れの筋を何度も舐めあげ、栗とリスも皮をむかずに上から舌で刺激。
不思議な味がした。ぴちゃぴちゃと音を立てて。時折中に舌を差し込むと彼女の体が小さく跳ねた。
彼女はジェイと激しいキスをしながら胸をもまれ、彼のものをしごいていた。
キスの合間にも「オ?ゥ…ア?っ…んふぅ?っ…」すごい喘ぎ声。
私に向かって「気持ちいいよ…」と言ってくれて安心した。



7: 1 2014/03/30(日)07:17:53 ID:POpb3eKvb

次にジェイが私に「舐めて…」と言ったので、必死で舌を這わせた。彼は私やヘイリーの愛液や唾液を手につけ、それをそれに塗りつけた。ぬるぬるとしごいてあげた。おっきかったけど、硬さは日本人が勝ってると思う。
「んっ…んっ…んっ…」しゃぶりながらも吐息がもれ、ジェイも腰を動かし喘ぎながら、少しでも手を休めてなるものかと私の頭や肩を撫でまわす。
「んん?っ!」急に私のあそこに電流のような快感が走った。ヘイリーが指先で愛撫を始めたのだ。体制的にク○ニはできなかったようで、強弱つけた指の刺激に加えて彼女は私のお尻のほっぺを舐めまわし始めた。
男にやられるような雑な愛撫じゃなくて、本当に繊細で、ツボを得ている撫で方。もう私のものはぬるぬるでぐちゃぐちゃで、彼女は筋を何度も撫で上げ、時折クリ○リスも押さえて振動させ、どうにかなってしまいそうなほどの気持ちよさ。口の中にはあれがあるし、後ろからも攻められるし、高3の私はこれ以上ないほどの興奮を覚えた。そして彼女の指が2本ほどにゅるん!と入ってきたときにはもうしゃぶってなどいられなかった。



8: 1 2014/03/30(日)07:18:12 ID:POpb3eKvb

くちゅ…くちゅ…くちゅ…といういやらしい音の合間に「あんっ!あんっ!あぁっ!」と思わず声が出る。
と、そこでジェイがヘイリーの後ろに移動し、私も端っこに寄った。
私はドアにもたれかかり、ヘイリーは四つん這いになって舌と指で私のあそこを攻め始めた。
ジェイはビンビンになったそれを、しばらくヘイリーのま○こににゅるにゅると擦り付けてたけど、急に思い切り後ろからぶち込んだ。
「オォ?ォウ!!」エロい叫び声を出しながらのけぞるヘイリー。
ジェイはイクのをこらえてるようで、慎重に、でも奥まで容赦なく突き上げていた。
ヘイリーは私のを舐めてくれるけど、それどころじゃないようでそのピストンの度によがっていた。
私も体への刺激と、目の前で繰り広げられている光景にものすごく興奮し、自分にも突っ込んで欲しくてたまらなかった。自分で胸を揉み、乳首をくりくりと転がして息を荒くしてた。



9: 1 2014/03/30(日)07:18:30 ID:POpb3eKvb

するとヘイリーが移動し、ジェイが私の前までにじり寄ってきた。いよいよやられちゃうんだ…と少し恐怖もあったけど、もうどうでも良くなってたし、何よりその太いものを入れて欲しくてたまらなかった。。
「あああっ!」びんびんのものが、私のま○こに押し付けられ、ひだにからまりながら上下にぬるぬると動く。かりがくりにあたって、それだけでものすごい快感だった。でも入れてほしくて、「ジェイ…お願い…!」と声を出した瞬間、ずん!とあそこに衝撃がきた。「ああああああっっ!!!」「オォ?ゥ…」
ジェイのはやっぱり大きいみたいで、すごい圧迫感。奥までぎっちぎちで、私も気持ち良さで相当締め付けていたと思う。ヘイリーは息をのんで、ジェイの体を撫でながら横から結合部をじっと覗きこんでた。
「超キツイ…気持ちいいよ」と言いながら、彼が唇を重ねる。
何も考えられなくて、本能に任せるまま私も舌を激しくからめながらめちゃくちゃに腰を動かし始めた。
でもすぐに彼が「オゥガッード!」と抜いた。



10: 1 2014/03/30(日)07:18:45 ID:POpb3eKvb

たぶんイクときはヘイリーで、と約束してたのか、急いでヘイリーを押し倒し、ものすごい高速ピストン。
もう2人とも動物みたいに乱れて叫んでたけど、すぐに一際大きく叫ぶとジェイは腰を彼女のあそこにぐっぐっとおしつけたまま、どうやらイッたみたいだった。

この日はこれで終わり。おうちまで送ってもらって、「またやろうね?」て言われた。
アメリカって高校生でもこんなエロいことするんだ…と衝撃でもんもんとしてなかなか眠れなかった笑



11: 1 2014/03/30(日)07:19:03 ID:POpb3eKvb

【ジェイその?】
二回目は映画館でだった。スカート穿いてきてとの指定があった。
その映画館には二階席もあり、そこはテーブルとかがある席。でもほとんどの人は一階席で見る。
うちら三人は二階席に陣取り、映画が始まるのを待った。ヘイリーが真ん中。
一階席には他の友達とかもいて、すごく緊張した。
映画が始まると、またジェイが「2人キスして…」とささやき私とヘイリーを指さす。
音をたてないように、ゆっくりと唇を重ね、お互いの舌をなめ合う。
ジェイは自分のものをしこってた。
この日はお互いキスしたり、胸もんだりパンツをずらして手マンしたりして終了。
さすがに映画館だし激しいことはできなかった。
ばれたらどうしようっていうスリルが彼らには良かったらしいけど、私は怖くて早く終わりたかった。



12: 1 2014/03/30(日)07:19:19 ID:POpb3eKvb

【ジェイその?】
先述の初めての行為の後、学校で顔を合わせるのも初めは気まずかったけど、彼らは何もなかったかのように振る舞ってたので私もそうした。
でも、ジェイは数学の時間(10名しかいない少人数で、場所は化学室みたいなとこ。2人で一つの大きな机で、うちらは一番後ろに座ってた)に、私に脚をからめてすりすりしたり、机の下で太ももを撫でたりしてきた。
太ももの内側を撫でるとき、指が敏感なところに触れるか触れないかのぎりぎりなラインで、私はとても授業どころじゃなかった。直接は触られないのに、毎回ぬれぬれで大変だった…。
手を彼の股間に持ってかれたりもしたけど、どうしていいのか分からずにただぎこちなく撫でるだけだった。
ある日「こういうことしてるのはヘイリーには内緒だよ」と彼は言った。
でも私は、彼女に後ろめたいようなことはしたくなかったので、次の日から授業中はあまり彼に近づいて座らないようにし(隣だったけど)、彼が手を伸ばしてきてもそっとその手を?まえて彼のひざに戻す、を繰り返した。



13: 名無しさん 2014/03/30(日)07:19:30 ID:U4n3OHwrH

ほう…

とても今のところ面白い



15: 1 2014/03/30(日)07:20:02 ID:POpb3eKvb

>>13 ありがと



14: 1 2014/03/30(日)07:19:33 ID:POpb3eKvb

放課後はたまにジェイにうちまで車で送ってもらってたんだけど、そのときはたいてい彼の小学生の弟も一緒だった。
ある日もそのように送ってもらってる車の中で、私が「最近うちのパソコンの調子がおかしい」と言ったところ、彼が「じゃあ自分が見てあげるよ!」と。私はまずいかな?と思いながら、「でも弟くん退屈しちゃうかもしれないし、時間かかるかもしれないからいいよ」と断るけど、「いいっていいって!大丈夫!自分パソコン得意だから!」と食い下がる。うちにつくと、ホストマムの車があったので安心して、弟君もいるから大丈夫かな、とお願いすることにした。
車を降りながら弟君も…と言おうとすると、「弟は車で待っとけ!」と足早に玄関に向かう彼。
家に入ると、予想に反してマムはいなかった。(友達と出かけてた)
ありゃ?と思ったけど、ジェイもほんとに親切心で見てくれるんだと信じて、二階の部屋に上がった。
一通りパソコンを見た後、彼はなんだかんだと難しい説明をしてた。



16: 1 2014/03/30(日)07:20:07 ID:POpb3eKvb

よく分からんかったからとりあえず、「そっか、ありがとうね!じゃあ行こっか!」て言った瞬間彼に抱きすくめられ、激しくキスされた。
びっくりして、「ダメだよ!」って言ったら「ずっと君と二人っきりでやりたかった…」と体中をまさぐられ、突き放そうにもすごい力で、舌をからめられながら胸を揉まれ、パンツの中に手を入れられた。
「んん?っ!やめて!」「止められないよ…お願い…お願い…」
後ろを向かされて、手をつかされ机に押し付けられた。
私にのしかかりながら荒い息で、片手でがちゃがちゃと自分のズボンを下ろしたあと、後ろから手を回して私のズボンも下ろす。固いものがあそこに押し付けられた。
濡れてもないのに後ろからぎゅっぎゅっと無理やり入れようとしてきて、とても痛かった。
「痛い!」というと「ごめん…ごめん…」と、自分の唾をつけまたねじ込もうとし、それを何回か繰り返してぐぐぐっと入ってきた。



17: 1 2014/03/30(日)07:20:27 ID:POpb3eKvb

ものすごい圧迫感で思わずうめき声を出してしまう。
このときにはもう早く終われ…としか思ってなかった。
「あああ…気持ちいいよ…すごくいい…」そう言いながら彼は犬のように激しく腰を動かした。
私は机に突っ伏しながら、涙を流してた。
彼がピストンするたびに、体全体が前に押しやられる。
ぱんぱんぱんという音が響き、私もこの刺激に濡れてきたようでピストンはよりスムーズに早くなっていった。
彼のあそこがさらに固くなり、数回全力で奥まで突き上げた後、彼は果てた。
「気持ち良かったよ…○○(私)…」そう言って私を抱き上げてキスしようとして、そこで私が泣いてることに初めて気づいたみたい。最中も軽く嗚咽は上げてたんだけど、ただ感じてると思ったんだろうね。



18: 1 2014/03/30(日)07:20:38 ID:POpb3eKvb

ジェイはびっくりして、「ごめん!本当にごめん!」と言いながらズボンを上げて慌てて出て行った。
私はベッドに倒れこんで、しばらく放心状態。ズボンをはこうとして、ボタンが壊れて外れかけてるのに気付いた。ジーンズの鉄のボタン壊すなんてどんだけだよ。

次の日学校で謝られたけど、自分がどういう反応したかあんま覚えてない。
徐々に何もなかったかのように振る舞えるようになってた。
3Pのお誘いもなく、しばらくは普通に過ごしてた。



19: 1 2014/03/30(日)07:20:50 ID:POpb3eKvb

【ジェイその?】
ある日ジェイから、ヘイリーのことで相談がある、と夜ドライブに誘われた。
もうやられちゃってるからまたやられてもいいか、て気持ちで行った。
走りながら話を聞いてみると、どうやらジェイはヘイリーにフラれたらしい。
中学の時から何年も付き合ってたのに。
あのことがばれたのかな?とも思ったけど、違うらしく、彼女が地域の交流宿泊イベントで出会った他の学校の男のことが好きになり、その人と付き合うためにジェイはフラれたと。
で、どうやら今夜その彼とデートらしく、ジェイは一人になりたくないから私を誘ったらしい。だいぶ落ち込んでた。
ちなみに3Pのお誘いがなかったのは、ヘイリーは私に挿入してよがってる彼をみてものすごく嫉妬したからだそうだ。



20: 1 2014/03/30(日)07:21:09 ID:POpb3eKvb

でも結局他の男に行っちゃったから、今度はきちんと君を愛したい、的なことを彼は言ってた。
途中コンビニによった後車に乗り込むと、なんとヘイリーがやってきた。運転席の窓に肘をかけて、話しかけてきた。ジェイもこの偶然にびっくりしてた。
彼女は「ふ?ん」みたいな感じでうちらをじろじろ見た後、今から新しい彼とどうのこうのとか話して去って行った。
車を発進させながらジェイは、「これで彼女もまた嫉妬してくれたかな…」と。おい私いったい何?て感じだった。



21: 1 2014/03/30(日)07:21:20 ID:POpb3eKvb

人の来ないところで車を停めると、彼は我慢できないといった様子で私の頬を手で包み、身を乗り出して私にキスしてきた。
ちゅっちゅっ…じゅるじゅると音を立てながら唇や舌を吸い、唾液を交換した。
彼の手が伸びてきて、ブラのホックを外し、服の中でゆっくりと肌を撫でながら胸までたどり着いた。
背中、わき腹から胸までのこの肌が触れ合う感覚だけでもものすごく感じてしまった。彼の背中に手を伸ばして、味わうように撫で上げた。胸を持ち上げるようにゆっくりと強くもみ、彼が興奮している様子に私もものすごく感じてしまった。
2人とも息が荒くなり、体を密着させてくねらせ声を上げる。「んっ…んっ…はぁはぁ…」「あぁ…」
私も手を伸ばし、彼のあそこをズボンから出した。びんびん。私も下を脱いだ。



22: 1 2014/03/30(日)07:21:36 ID:POpb3eKvb

しごき方もよく分からなかったけど、前の見よう見まねで自分の唾液や愛液を手に付け、それをあれにぬるぬる塗りつけた。キスをしながら体を激しく上下させ、こすりあわせ、びくびくと震えながら感じまくった。
ここで後部座席に移動し、前の座席を前に寄せて倒した。彼は床にひざをつき、私の脚を大きく顔の前で広げた。なめまわすようにじろじろと見られ、めっちゃ恥ずかしかった…。整えてはいたけど、ヘイリーみたいにパイパンじゃないし、見られたくなかった。
「いや…見ないで…」「きれいだよ…」私は恥ずかしさで顔を手で覆った。「すごい濡れてる…」
ジェイは舌を柔らかくし、下から上に舐めあげる。「ああああっだめっ恥ずかしい!」思わず声が出て脚を閉じようとするけど、がっちりと抑え込まれている。べろべろ、ぴちゃぴちゃと舌が生き物のように這い回り、穴に少し入ったり出たり不規則な刺激を与え、それが体中を電流のように駆け巡った。
あまりの快感に体がぴくぴくと震え、頭がのけぞってしまう。ジェイの髪の毛に指を差し込んで撫でてよがっていた。



23: 1 2014/03/30(日)07:21:55 ID:POpb3eKvb

「入れるよ…?」「うん…」
彼の片膝はまだ床についたまま、彼は私に覆いかぶさり、彼の大きな固いものをびちょびちょに濡れた私のあそこに擦り付けてきた。何度も何度も。クリ○リスがこすれてたまらない。欲しい欲しい欲しい。
「本当に、いいの?」もう我慢できなかった。「早く…!お願い!」
ずぶっ!と彼が挿入してきた。お互い声にならない叫びを上げる。お腹の奥にがつん!とした衝撃が来た。
「あぁ、きつい…やっぱ最高だよ…」動かさなくても私のものがぎゅうぎゅうと締め上げて、彼の固いのが気持ちいいところにぐぐっと当たる。もう頭の中は真っ白。やばいやばいとだけ思ってた。ものすごいだらしない顔で感じてたと思う。
彼がピストンを開始した。ずんっ!ずんっ!とものすごい衝撃。ひと付き毎にすさまじい快感。
車もめっちゃ揺れてたと思う。「あああっ!あああっ!」誰もいないことをいいことに思い切り嬌声を上げた。



24: 1 2014/03/30(日)07:22:12 ID:POpb3eKvb

繋がってる部分が熱くて、とろとろしてて、彼ももう我慢できないようで思いっきり高速で突き上げてきた。
「あんっ!!あんっ!!あんっ!!あんっ!!」
乳首もべろべろと舐められ、気持ち良さに頭がおかしくなりそうだった。彼ももうイきそう…。
「ううっ!」ジェイがすごい力であそこを打ち付けてきた。びくんびくんと体を痙攣させ、どうやら果てたよう。
私ももうちょっとでイきそうだったのに…と少し物足りなかったけど、ぎゅうううっと抱きしめられて、キスされて、頭撫でられて、終了。
お家まで送ってもらった。


ジェイからはこの後も何回か誘われたけど、予定が合わなかったり、何となく気分が乗らなかったりで断り続けた。数か月後、ヘイリーは新しい彼氏と別れ、結局ジェイの元に戻っていった。
うちらは普通に友達として付き合い続けた。



25: 1 2014/03/30(日)07:22:26 ID:POpb3eKvb

【マットその?】
行為はしてないけど、ちょっとエロかった話。
うちのホストマムには成人して独立した子供たちがいて、マットは28歳の一人息子。長身でソフトマッチョでめっちゃイケメン。彼も金髪碧眼。
奥さんは出産したばかりのものすごい美人。
同じホストファミリーにもう一人リサというスウェーデンからの留学生がいたんだけど、
彼女と私は彼の隠れファンで、アイドル扱いして裏でキャーキャー言ってた。
彼からの電話は競って奪い合って出てた。(他の人からの電話は押し付け合ってた)
もちろん彼の前ではそんなこともおくびにも出さず涼しい顔してたけど。

彼は時々うちに来ては泊まってたんだけど、そのときは彼はリビングのソファで寝泊まりしてた。



26: 1 2014/03/30(日)07:22:42 ID:POpb3eKvb

ある夜中、彼がソファで寝てる横を通ってキッチンで水を飲み、部屋に戻ろうとしたら声をかけられた。
異国の地に留学している私を気遣い、最近どう?とか困ってることはない?とか優しい内容だった。
ソファに座るように促され、彼の寝そべってる腰の前に座る。彼の腰に私のお尻が触れるか触れないかぐらいの密着度。この時点で超嬉しくて舞い上がってた。リサに勝った笑みたいな。
あの憧れのマットと二人きり!と、どきどきしてた。
で、疲れてるでしょ、君も横になりな、と腕を引っ張られ、彼と向かい合う形でソファの上に寝そべった。
彼は眼を閉じて、私の背中を撫で始めた。彼の胸に顔をうずめ、呼吸の仕方もどんなだっけ?と混乱し、心臓も爆発しそうだった、けどマットはそのまま寝息を立て始めた。
私もリラックスして気持ち良くなっていつの間にか眠りに落ちてしまった。



27: 1 2014/03/30(日)07:22:54 ID:POpb3eKvb

ふと気づくと、私はマットの上にうつぶせになってた。
マットが私の体中を撫でまわしている。胸と胸は密着したまま。
そして、彼のがちがちに固いものが、部屋着越しに私の股間に擦り付けられていた。
超びっくりして、寝たふりを続けようか迷っていると、彼が私の脚を広げ、服はつけたままだけど本当に騎乗位みたいに突き上げてきた!めっちゃ感じてしまった。
二人とも薄い生地の部屋着だったので、私もどんどん濡れてくるのが分かるし、彼の熱いものの形もはっきりと感じて取れた。
エロくて気持ち良くて、声を必死で押さえながら彼の顔を見ると、なんと目を閉じてる。
腰は激しく動かしてるのに、寝たふりですか?



28: 1 2014/03/30(日)07:23:08 ID:POpb3eKvb

ほっぺたを軽くぺしぺしと叩いても目はがんとして開けない。でもキスしてきた。
私も寝起きで頭がぼーっとしてたのもあるし、このキスがとろけるほど気持ち良くて。
でも生理中だったから(タンポン入れてた)止めなきゃ、と思って起き上がった。
マットはあくまで寝たふり、寝ぼけたふり、で彼の奥さんの名前を囁いた(怒
私は「マット!」と言ってまたほっぺをぺしぺし叩いたけど起きない。
からそのまま部屋に戻って寝た。正直言うと、夢みたいに気持ち良かったし、舞い上がってたし、生理中じゃなかったら最後まで許してたかも…。

翌朝マットは「なんか変な夢見た?」と言ってた。わざとらし。
てか奥さんと子供いるのに高校生に手ぇ出すか?とそのときは怒りも覚えた。



29: 1 2014/03/30(日)07:23:21 ID:POpb3eKvb

【マットその?】
マットのお姉さんの家に、私とリサとマットで泊まったときの話。
私とリサは客室、マットはそのすぐ横のリビングで寝ることになった。
もうみんなが寝る準備を始めたころ、マットが一緒にDVDを見ようと誘ってきた。
リサにも声かけたけど、疲れたから寝る、と寝てしまった。

やっぱりマットは超イケメンでDVD一緒に見るだけでも私も嬉しかった。
一緒のソファで座って観ているうちに、彼は寝そべり始め、私も促されて寝そべった。
いつの間にか腕枕されてて、本当に恋人同士みたいだなぁと感動してた。
また、彼は寝息を立て始める。寝ちゃったか~と思って私はDVDを見続けていると、彼の腕がもぞもぞと動き、私を抱きしめてきた。また寝ぼけてるふりだろうけど。



30: 1 2014/03/30(日)07:23:34 ID:POpb3eKvb

きたー!と思って硬直して、どきどきしてたまらなくなってると、彼が私の胸をそっと揉んできた。
それだけでも私には刺激が強くて、体の奥がきゅんとしてしまった。思わず吐息のような喘ぎ声。
次第に手を服の中に入れ、直接胸を揉んできた。正直めちゃくちゃ感じて、この時点で超濡れてたと思う。
声を出さないように必死だった。
けど息は荒く、はぁはぁしてきた。これはマットも。
乳首に指を当てて振動させたり、きゅっとつまんだり…私は身を捩って身もだえしてた。
そして、彼のがちがちのあれが、私の後ろから素股みたいに押し付けられた。
時折服の上から挿入するみたいに、穴にぐっとあてがったりクリ○リスにぐっと押し付けたりして、その度に叫びだしたいほどの快感に体をびくつかせた。
たぶん私がぬるぬるに濡れてるってのは、薄い服が擦れるときの感触でばれてたと思う。
そして彼は私のパンツの中に手を入れてきた!!声に出さないように吐息だけで叫んだ。
愛液がものすごく溢れてたので、超恥ずかしかった。



31: 1 2014/03/30(日)07:23:48 ID:POpb3eKvb

彼はとろとろのま○こを指でくちゃくちゃとかきまぜ、クリを刺激しながら腰を動かし続けた。
この腰使いがとても力強くて、挿入はされてないのに体の奥にまで刺激がくるような気持ち良さだった。

彼の腕が私の体を引っ張り、彼の方に向きなおさせられた。
やっぱり彼は眼を閉じてて、寝ぼけてるふりをしているようだった。
目を閉じたままキスされた。彼の唇にちゅっちゅっと吸い付かれ、むさぼられ、彼に私の舌を思う存分味わわれた。
強く抱きしめられ、キスしながら今度は前から素股。相変わらず服の上からだけど、それでもものすごく気持ち良くて興奮した。
自分のあそこがどろどろでぬるぬるなのが嫌でも分かった。
正直入れて欲しかった…けど今回は隣で人が寝てるので、DVDが終わったタイミングで私から彼を引き離して終了。

翌朝、彼は何もなかったかのように、「DVD途中で寝ちゃった?」と言った。
私も何も触れずに、態度にも出さずにこの件は終わりにした。



32: 1 2014/03/30(日)07:24:03 ID:POpb3eKvb

【サムその?】
サムは隣の学校の高3で、友達にビリヤード場に連れて行かれたときにナンパされた。
彼は細身で、黒髪に緑の瞳。あごひげを少し生やしてた。
そのときはビリヤードを教えてもらって楽しく過ごしただけだったけど、知り合いづてに電話番号を聞いたみたいで、電話がかかってくるようになった。
彼の好きな音楽の話とか、お互いの趣味の話をしておしゃべりが弾んだ。
ある日、ドライブに誘われて、なんか忘れ物をしたとかで途中で彼のおうちに寄った。
まさか最初のデートで手は出してこないだろうと思ったけど、偶然彼の家族が誰もいなくてベッドに押し倒された、というか引き倒された。そこでやっぱりNOと言えない日本人な私。



33: 1 2014/03/30(日)07:24:21 ID:POpb3eKvb

彼が唇を重ねてきたのでそれに応える。私の緊張が強くてぎこちなくしか舌を使えなかった。
でも彼はかまわずむしゃぶりついてくる。
彼の舌が首筋にいき、そこから服をまくりあげて乳首をなめまわす。
もうされるがままだった。胸を激しく揉み上げ、乳首をちろちろと刺激してくる。
ものすごく上手で徐々に私も感じてきた。
恥ずかしくて、顔を手で隠していると、彼に下を脱がされた。彼も下を脱いだ。
大きく脚を広げられ、ぐっと押し付けられた。
先っぽが入った瞬間、息ができなくなった!めちゃくちゃでかい!こんなでかいのあるの!?てくらい。
たぶん私の手首くらい?さらに固かった。声にならない叫びを上げたが、彼は構わず野獣のように押し込んでくる。



34: 1 2014/03/30(日)07:24:38 ID:POpb3eKvb

濡れていたけど、めりめり…って感じで、痛みしか感じなかった。
私が痛みに顔を歪めていると、彼が「痛い?」と優しく聞いてきたので「少し…でも大丈夫」と言った。
「じゃあゆっくり動くね」と、ゆっくりピストン。それにともなって、穴が押し広げられ穴の皮が突っ張る痛さが繰り返される。
私も期待に応えようと、腰を動かす。痛かったけど、なんとか我慢できた。
ずぶっずぶっと挿入されるたびに、おなかの奥が圧迫されて、声が漏れた。
少しずつ気持ち良く感じてきたころ、彼がスピードを速めた。
「うっうっうっ!」「あんっあんっあんっ!」激しく腰を打ち付けてきて、私の胸がぶるんぶるん震えた。
私が、もうダメ…ま○こ壊れちゃう腰が砕けちゃう!と思ってると、彼は片手で胸をわしづかみにして、大きな声を上げて果てた。ゴムつけてたみたいで中で。

しばらくまったりしてたら家族が帰ってきたみたいで、慌てて出かけた。



35: 1 2014/03/30(日)07:24:57 ID:POpb3eKvb

【サムその?】
それからサムにデートに誘われたりパーティーに連れてかれたりしたけど、なんかどんどん冷たくなっていた。
たぶん私が英語を思うように話せなかったのが嫌になってきたのかな…。
卒業のプロムというダンスパーティーにもドレスアップして連れてってくれたけど、会話は弾まなかった。
で、このパーティーの後、車に乗せられ、人けのないところへ連れてかれた。
言葉もないまま、車を停めるとすぐに襲いかかってきた。

ドレスの上から胸を揉まれ、体中をまさぐられる。私が戸惑っていると、激しく痛いくらいのキスをしてきた。
そして、乱暴に下着を下げ、私の顔の前に指を出してきた。どうやら舐めろとのことらしい。ぺろぺろ舐めて濡らした指を彼は私のあそこにずぶりと入れてきた。痛くて嫌だったけど、嫌われたくなかったので感じてるふりをした。



36: 1 2014/03/30(日)07:25:15 ID:POpb3eKvb

シートを倒し、私を四つん這いにさせドレスをまくり上げると、彼は後ろから私のあそこをべろべろじゅるじゅる舐めてきた。お尻をもみもみしながら。気持ち良くさせるためじゃなく、挿入するために唾液をたっぷりつけて。
そして、いよいよ彼の固くてぶっといものが、後ろから思いっきり乱暴に突き上げてきた!
痛みに「あ?っ!!」と悲鳴が出る。
彼はお構いなしに、私のお尻をわしづかみにして、激しく突いてくる。ぱんっぱんっぱんっ、ずんっずんっずんっ…その度に激しい衝撃が子宮を貫いて、穴も張り裂けそうだった。
次に私の両腕をつかんで後ろに引っ張り、体をのけぞらせた。
そしてこれでもかと言うほどに、バックで腰をがつんがつんとぶつけてくる。
ぎちぎちのきつきつで、彼のかりが中の気持ちいい部分に当たって、私はその度に情けない声を上げた。
「はあぁぁっ…はあぁぁっ…」



37: 1 2014/03/30(日)07:25:28 ID:POpb3eKvb

彼のピストンは激しさを増し、彼もいよいよ射精寸前だということが分かった。
ずぶっすぶっずぶっ…いいようのない快感と感情がこみ上げてきたとき、彼は体をびくんびくんと思い切り痙攣させて、どうやらイったようだった。
彼はそそくさと後始末をすると、言葉もなく車を発進させた。

この後は友達の家のパーティーに連れてかれ、途中で着替えて朝ごはんも友達カップルと食べたが、知らない人ばっかだったし、サムは冷たいしで楽しくなかった。
気持ちのないS○Xで悲しかったし、サムとはそれっきりだった。



38: 1 2014/03/30(日)07:25:48 ID:POpb3eKvb

【ベンその?】
卒業もしてそろそろ帰国も近づく中、長期休みの間に私の所属する留学機関のバス旅行があった。
バスでアメリカ中部からNY、フロリダまでのルートを辿りながら観光地を巡る、2週間くらいのツアー。
道中次々と留学生を拾い、バス2台で最終的に参加者は50名を超えてた。
大半は日本人とドイツ人で、ちょこちょこスイス・スェーデン・オランダ・ブラジル・韓国・中国とかが混じってた。

日本人は日本人同士で固まって、日本語でしゃべるしゃべる。他の留学生から「英語でしゃべってよ!」と顰蹙買ってた。私は帰国も近いのでできるだけ英語でしゃべろうと、その集団とはそこそこ仲良くしながら、でもべったりとは行動せずにいた。
同じホストファミリーにステイしていたリサ(スェーデン人)も参加してたけど、私はできればもっと新しい人と仲良くなりたいなぁと思ってた。



39: 1 2014/03/30(日)07:25:59 ID:POpb3eKvb

最初に立ち寄ったファストフード店で、リサが「あの人かっこいい!」と一人のドイツ人を指さした。
それがベンだった。暗めの茶髪に、緑色の瞳、長身。確かにかっこよかった。年もおんなじ。
で、話しかけて一緒にご飯食べて仲良くなって、バスも近くに座るようになった。
リサは肉食系で、ぎらぎらとベンにアピールしてたけど、ベンは興味がない様子。
逆に私にものすごく優しくしてくれて、私も悪い気はしなかった。
へそを曲げたリサは少しずつ私たちから離れ、たまにしか一緒に行動しなくなった。
もう一人、ドイツのヨハナっていうモデルか?ぐらいの超絶美少女ナイスバディ(金髪・緑の瞳)と仲良くなって、私とベンと彼女の三人で旅行中は行動することになった。もちろん他のメンバーも一緒に行動することはあったけど、この三名はいつも一緒だった。
私はベンに淡い気持ちを抱いてたけど、ヨハナの方が100倍かわいいし彼が好きになるとしたらヨハナよね、まあ私は無理でしょと考えてた。
後ベンは他の女子からも人気があって、いろんな女の子からちやほやべたべたされてた。



40: 1 2014/03/30(日)07:26:46 ID:POpb3eKvb

数日たったある日の夜、ホテルでお風呂に入った後、ベンやヨハナは何してるかな?とまずベンの部屋を訪れた。みんな思い思いに過ごしてて、いつもは夜はベンも他の男子と一緒だったんだけど、この日は一人でテレビ見てた。
私も上り込んで一緒にテレビ見ながらおしゃべりした。「ヨハナの部屋行く??どうする??」とか言いながら、二人っきりてのにすごくどきどきしてた。
彼はベッドに横になりながら、私はそのベッドの横の床に座り、ベッドに腕と頭を乗せて。
二人でおしゃべり楽しいなあ、そろそろヨハナも呼びに行こうかなあと思いながらしゃべってて、ふと会話が途切れて彼の顔を見上げた瞬間、彼も真剣な顔で私をじっと見つめていて、その瞳に吸い込まれてしまって、目が合った途端にお互い磁石みたいに引っ張られ合うように唇を重ねた。ウソみたいにロマンチックだった。
彼が私をベッドに引っ張り上げて、またお互いの唇をむさぼりあう。上になったり下になったりしながらそれはもう熱烈に…。胸がぎゅううっと締め付けられるようで、ああ私は恋に落ちたのかなと考えてた。
彼の口づけは甘くて優しくて、それだけで意識が飛んでいきそうだった。



41: 1 2014/03/30(日)07:27:00 ID:POpb3eKvb

でも性欲の塊の高3はそれだけじゃ止まらない。
キスしながら、ベンが私の体をいやらしい手つきで強く撫でまわし始めた。服の上からお尻の割れ目に手を入れて激しく揉む。
同時に服の上から強く胸を揉み、そこに顔をうずめるベン。はあはあという荒い息と、んっという喘ぎ声が部屋に満ちる。体中が性感帯になったみたいで、触れられるところ全てが飛び上がるほどの気持ち良さ。あそこがじんじんして、愛液が溢れてくるのが分かった。漏れ出てこないか心配するくらい。
私も脚をからめて素肌同士すりすりした。この肌が触れ合う感覚だけでも震えるくらいの快感だった。
私はスウェット素材のホットパンツを穿いてたんだけど、ベンが隙間からパンツの中に指を差し込んできた。
「あああ?っ」と甘ったるい声が出る。



42: 1 2014/03/30(日)07:27:17 ID:POpb3eKvb

「ああ…濡れてるよ…すごい…」彼が言いながら、クリ○リスを震わせるように刺激し、指をにゅるにゅると中に入れてくる。頭がくらくらする…。
私は必死で彼の首にしがみついた。「あっ…あっ…!」親指でクリを攻めながら、彼の太い2本の指が一番気持ちいいところをリズミカルに刺激してくる…!
ここでベンが焦るように素早く下を脱ぎ、我慢できないといった様子で、私のホットパンツをずらし隙間からにゅるんと思い切り挿入してきた!
「あああ?んんっ!!」体中を突き抜けるような、今までにない快感だった。そこまで大きくもないし、硬さも日本人に比べたらいまいちだけど、相性抜群なのか、ぴったりはまりあう感じたことのないような快楽。誰か来たらどうしようというスリルも相まって、ものすごい興奮を感じていた。
続けてピストン。「あああああ!あああああ!」一突きごとに、言葉にできないものすごい快感が高まってくる!
やばいやばい気持ちいいいい!!あっイくイく、イっちゃううう?!
なんとピストン6回目くらいで私がイってしまった…。



43: 1 2014/03/30(日)07:27:27 ID:POpb3eKvb

彼にぎゅうううとしがみついて、体をびくんびくんと痙攣させた。こんなの初めてだった。
涙目で彼に「イっちゃった…」と言うと彼は優しく微笑んで、キスしてくれた。
そしてまたピストン。達してさらに敏感になっているあそこに、彼もそろそろイきそうなのか刺激をがしがしと叩きつけてくる。
「あーっ!あーっ!あーっ!」彼もどんどん激しさを増してくる。肌がぶつかり合う音と、喘ぎ声と、激しい息遣い…。「ううううっ!」どくんどくん。彼が脈打つのが分かった。
ぐったりと私の上に倒れこむ彼を優しく撫でながら、腕や肩にちゅっちゅとキスをする。
サイコーだった…。こんなに感じたのは初めてだった。



45: 1 2014/03/30(日)07:27:43 ID:POpb3eKvb

さっとシャワーを浴びて、二人でホテルの敷地を散歩する。
「私あんまりイけないタイプ。なのにこんなにすぐにイっちゃった…。中での刺激でイったのは初めてかも…」というとものすごく喜んでくれた。
肩を抱かれながら寄り添って、ほんとの恋人同士みたいに歩いた。
ときどき立ち止まり、火照る顔を感じながら見つめ合って、また唇を重ねた。
彼のどきどきいう鼓動も感じられたし、もうお互いにめろめろになってしまった。
でも今だけの関係ということは分かってた。



47: 1 2014/03/30(日)07:28:06 ID:POpb3eKvb

【ベンその?】
それからも相変わらず三人で行動してたけど、バスでは偶然を装ってベンが私の隣に陣取ることがほとんどになってた。バスの中ではみんな疲れて寝てたけど、ベンは周りにばれないようにそっと私の腕を愛撫してきたり、ひざ掛けの中から太ももを愛撫してきたりした。それだけで心臓がばくばくしてたけど、ときどき胸とか股間にまで指を這わせてきて、それはだーめと手を押しのけていた。

夜はなかなか二人きりになれなかった。
旅行も終わりに近づいたある夜、チャンスが巡ってきた。
ベンが、今夜こっそり部屋に来て、と囁いてきた。



48: 1 2014/03/30(日)07:28:21 ID:POpb3eKvb

その夜ヨハナには疲れたからもう寝るね、と言ってこっそりベンの部屋に行った。
彼はすぐにドアにチェーンをかけた。
そのまま抱きすくめられて、舌をからめる激しいキス。私のあそこは既に期待できゅんきゅん疼いていた。
一枚一枚脱がされ、お互い全裸になる。
立ったまま、首筋から舌を這わせて、彼の唇が私の胸にたどり着いた。乳輪をゆっくりと舐めまわし、乳首を優しくねろねろと刺激してくる。私は胸が弱くて超感じてしまう…。
「ああ…あ…ん…」喘ぎ声を抑えながら、彼の肉体を思い切り撫でて手のひらで彼を感じる。
ひざががくがくして立ってられない私を、ベンのたくましい腕が支えてくれる。
ぴちゃぴちゃ、ちゅぱちゅぱ…薄明かりに私の乳首がてらてら光って、ものすごくいやらしかった。
顔と、あそこが熱い。恥ずかしい…。他の人とのS○Xとは違って、お互いめちゃくちゃ顔と体が火照るし、見つめ合うだけで吸い込まれそうになった。
ベンは時折ちらりと私の表情を伺う。目が合うたびに、顔から火が出そうだった。



50: 1 2014/03/30(日)07:28:51 ID:POpb3eKvb

次にベンが私を抱きかかえ、私は彼の首にしがみついた。
なんと、そのまま私の太ももを持ち上げて、駅弁スタイルで挿入!濡れ濡れだったので吸い込まれるようにぬるりと入っていった。
予想にしていなかったので、ひときわ大きな声を上げてしまった。こんなの初めて…!
全身を貫く快感。中に入っているだけで、イってしまいそう…。
私は彼の腰に脚をからめ、彼は私のお尻を持ち上げて、自分の腰に打ち付け始めた。
もちろん腰使いも絶妙…くいっくいっと突き上げるように、奥まで攻めてくる。私の全身を持ち上げながらこんな激しい動きができるなんて…と彼の逞しさとあそこの快感に酔いしれていた。あまりに気持ち良くて、私のあそこがぎゅうぎゅう締め付け上げる。
汗ばんだ体と体がぶつかり合う。どうやら限界が近いらしく、彼も快楽に顔を歪めながら、より激しさを増して腰をぶつけてきた。
「あん!あん!あん!あああ?!!」ぱん、ぱん、ぱん、ぐぐぐっ、びくんびくん、「オオッ、オオォ?」
ゆっくりとベッドに倒れこむ。密着したまま体を震わせながら、大きく激しく息をする。私の脚は彼の腰にがっちり巻きつけながら、お互いの汗ばんだ肌の感触と体温と鼓動を味わってた。
私は残念ながらイけなかったけど、それでもものすごく気持ち良くて、ロマンチックで、とろけそうだった…。

旅行ももう終わりに近かったし、もうこの夜以来、もう二人でこんなことできることはなかった。
その代り、昼間でも少しでも二人きりの瞬間があれば、激しくキスをして体を撫でまわしあった。



51: 1 2014/03/30(日)07:30:36 ID:POpb3eKvb

以上!
ベンとの経験は今思い出してもときめく。
留学中で体重増えちゃって、当時54kgとかだったと思うけど
軽々と駅弁されたときはまじでほれた

読んでくれてありがとうございました!



55: 名無しさん 2014/03/30(日)07:38:41 ID:V6FD0IyRg

パイパンというのも、ポルノ女優の話で、素人のアメリカ人はマン毛はえてるし。田舎ならなおさら。



57: 1 2014/03/30(日)07:49:56 ID:POpb3eKvb

>>55 ほんとにぱいぱんだったよ
ジェイたちとこんな関係になる前に、
「下の毛処理してる?」って聞かれた。



49: 名無しさん 2014/03/30(日)07:28:48 ID:V6FD0IyRg

>>1
妄想だな。アメリカのデート文化は、おまえが思ってるより厳粛で簡単にセックスまでいかない。



52: 1 2014/03/30(日)07:32:04 ID:POpb3eKvb

>>49
妄想じゃないよ、本当に実話



54: 名無しさん 2014/03/30(日)07:35:18 ID:V6FD0IyRg

>>52
デートのとき、どちらがお金払った? Potは?



56: 1 2014/03/30(日)07:49:07 ID:POpb3eKvb

>>54
デートのときは基本払ってくれた。
Potは、サムのパーティーでやってたけど自分はしなかった。



58: 名無しさん 2014/03/30(日)07:55:15 ID:V6FD0IyRg

>>56
>デートのときは基本、払ってくれた
嘘発見。最初の一回しか払わないよ。アメリカ人男は。



53: 名無しさん 2014/03/30(日)07:32:21 ID:V6FD0IyRg

エロ作家志望の腐女子ってかんじか



 

おすすめ記事リンク!