1: 名無しさん 2014/04/05(土)19:16:01 ID:Jo21uPNok

兄「くっ、出そうだ…」

ガチャ

弟「にーちゃん、漫画貸し…」

兄「」ビュル

弟「…お邪魔しますた。」ギィ…

バタン

ドア「いてーな。」

兄「」

兄「」フキフキ



3: 名無しさん 2014/04/05(土)19:18:11 ID:vlNflOftk

ドアえ




転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1396692961/




4: 名無しさん 2014/04/05(土)19:19:45 ID:Jo21uPNok

翌朝

兄「くっそ…なんであのタイミングで…」ブツブツ

兄「あり得ないだろ…くそっ」

弟「あ、おはよー」

兄「」ビクッ

兄「あ、あぁ、おはよう…」

弟「おなにーちゃん」ニヤニヤ

兄「ば!ばか!母さんに聞こえるだろ!」

弟「大丈夫大丈夫。」

弟「それと、言うつもりもないから、心配しないでね。」

弟「」ニタァ

兄「…!取引か。」

兄「…ブツは。」



6: 名無しさん 2014/04/05(土)19:22:32 ID:uBmsazrYM

弟「そーだなー…」

兄「ゴクリ…」

弟「うーん…」

弟「どーしようかなぁ…」

兄「は、早く決めてくれ…」

弟「うーん…じゃーあー」ニヤリ


ゴゴゴゴゴゴゴゴ



弟「戸棚のポテチ…にーちゃんの分あったよねぇ」

兄「ぐっ…!」



7: 名無しさん 2014/04/05(土)19:23:46 ID:X3vkVBSzz

ポテチで済むのか・・・



8: 名無しさん 2014/04/05(土)19:25:53 ID:uBmsazrYM

兄「貴様…!俺の楽しみを…!」

弟「あれぇ?ダメなの?ダメなの?」

弟「おかー…」

兄「いいだろぅ、ブラザー。その取引、乗ってやろう」

弟「わーい、にーちゃん大好き!」ギュ

兄「ハッハッハッ…」ピクピク

父「どうしたどうした、朝から仲いいじゃないか。」

弟「いつものことだよ!ね、にーちゃん」

兄「おう!(畜生めぇー!)」



9: 名無しさん 2014/04/05(土)19:29:08 ID:uBmsazrYM

兄…!圧倒的…!敗者…!
たかがポテチ、されどポテチ…!
その一袋が、その一欠片が…!
男子高校生の…!腹と…欲を満たす…!

兄「くっ…!ぐっ…!」

そこにいたのは、自分より年下に…
まるで乞食のように…!ひれ伏す…兄…!
圧倒的…!敗者…!



10: 名無しさん 2014/04/05(土)19:30:37 ID:0V1RVKG7L

カイジみたいだな



11: 名無しさん 2014/04/05(土)19:32:17 ID:uBmsazrYM

朝食後

父「じゃあ、今日も遅くなるから。」

母「私も…そうねえ、夕方くらいかしら。」

弟「お医者さんだからね、仕方ないよ。頑張ってね!」

兄「いってら。」

弟「にーちゃん、もっと元気に見送ってやんなよ。」

兄「えぇー…めんど…」

弟「おなにーちゃん…」ボソリ

兄「ハッハッハッ!いってらっしゃい!」



12: 名無しさん 2014/04/05(土)19:38:04 ID:Qw7HphXB5

バタン

兄「ふぅ…おい、弟。あまり調子に乗りすぎんなよ…」

弟「…にーちゃん、そーいえば、」

兄「」ビクン

弟「春休みの宿題、ギリギリになって終わってなくて手伝ってあげたよねぇ…」

弟「なんも見返りなしってのは…」

兄「…望みは。」

弟「戸棚の奥にさぁ…隠してるの知ってるんだよ…?」

兄「…!お前、まさか…!」

弟「」ニヤリ

弟「一ヶ月限定販売のポテチが…」

兄「お、弟!待ってくれ!それだけは!それだけは!」

弟「き、の、う、にー、ちゃ、」ピピピ

兄「持ってきましたぁ!」



13: 名無しさん 2014/04/05(土)19:40:39 ID:qkJwdp7nq

ポテチ好きだなw



14: 名無しさん 2014/04/05(土)19:41:39 ID:ClMeIjWjj

弟「ご苦労様♪じゃ、ポテチをかじりながら宿題するかな。」

兄「くっ…ぐっ…うっ…あああぁあぁぁあ…」プルプル

兄…圧倒的…!クズ…!
その体に刻まれたのは…!
神への冒涜への、代償…!
自業自得…!身から出た錆び…!

兄「ぐああぁぁぁぁ!」

絶望…!絶望…!絶望…!
絶望の、深淵へと、沈む…!



15: 名無しさん 2014/04/05(土)19:49:45 ID:ph86rBht0

兄の部屋

バタン!

ドア「いてえんだよ。」

兄「くっそ…弟め、ちょっと可愛いからって調子にのりやがって…」

兄「」パソポチー

兄「まぁ俺の男の娘フォルダは見られてなかったから良しとするか…」

兄「弟を腹いせにおかずにしようか…いやしかしそれはちょっと…」

何を…いやナニを隠そう、弟は男の娘なのであった。
その類稀なる容姿…!
さながらヴィーナスのように慈愛に満ちた顔には、兄も為す術はない…!

兄「はぁ…はぁ」シコシコ

兄「うっ…」ビュルル



16: 名無しさん 2014/04/05(土)19:50:53 ID:ph86rBht0

兄「ふぅ…」フキフキ

兄「」ポイ






クルリ



兄「そこのお前、俺をホモと思っただろう。」



17: 名無しさん 2014/04/05(土)19:54:06 ID:jqCgbywpp

兄「悪いな。俺は男の娘専なんだ。」

兄「しかも二次元限定だ。」

兄「三次元なんて、弟以外ただのオカマだ。」

兄「ふぅ…まだ行けそうだな…」ビンビン

弟娘「にーちゃん、漫画貸して」

兄「ふぉい!」ギュルルルルル!

ボフ!

ベッド「くっさ」

弟娘「ん?なにしてんの?」

兄「い??いやぁ!?ナニも!?」



18: 名無しさん 2014/04/05(土)19:59:55 ID:YyN8fYI2z

弟娘「あ!またおなにーちゃんしようとしてたでしょー!」ニヤニヤ

兄「な、ナニいってるんだ!?流石に朝からしこるわけない…」

兄「!???!?」

弟娘「?」

兄…緊急事態…!
なんと…!弟娘の真後ろ…!
パソコンが…!開きっぱ…!

兄「…!」ダラダラ

このまま振り向けば…人生終了!
しかし…そのまま急いでパソコンを閉じようとしても…
人生終了…!
何故なら、兄の息子は露出したままなのである…!
つまり、お尻隠してちんぽ隠さず…!
まさに、クズ…!圧倒的…!クズ…!

弟娘「どうしたの?顔色悪いよ?」

兄「(頼む…!振り向かないでくれ…!)」



20: 名無しさん 2014/04/05(土)20:03:39 ID:n6TXFCqNx

なんだこれw
嫌なリアリティあんなw



21: 名無しさん 2014/04/05(土)20:04:03 ID:uBmsazrYM

弟娘「変なにーちゃん…ま、いいや。」

弟娘「漫画借りるよ。」

兄「!!!」

兄の願い…!虚しくも…!届かず…!
弟娘…振り向きはじめる…!
絶望的状況…!どうなる…!?兄…!どうなる…!?

どうなる?
>>23

一 虚しくも振り向かれる

二 賭けで止めにいく



22: 名無しさん 2014/04/05(土)20:04:10 ID:qkJwdp7nq

おなにーちゃんガンバレp(^_^)q



23: 名無しさん 2014/04/05(土)20:04:50 ID:2eUtP4312

2



25: 名無しさん 2014/04/05(土)20:14:09 ID:aQ23qAh8J

カッ…!

しかし、兄…!光を見出だす…!
そこに見えた一筋の光の道…!
その光の道を、寸分の狂いもなく、辿る…!
そして…!!!!

パンパーパパパーパパパーパパパ
パンパーパパパーパパパーパパパ
パンパカーパンパパンパンパー (ロッキーのテーマ)

兄「うおおおおおお!」

ガシッ

パパーパー パパーパー パパーパー パパーパー
ふぇにすーもんじゃー ふぇにすーもんじゃー

弟娘「ちょ…痛いよ…後、曲うるさい。」

ふぇに… ピタ

兄「(っしゃー!なんとか…なんとか掴んだ…が…)」

兄…またも緊急事態…!なんと…!
ちんぽが…!ずれそう…!横から…はみ出そう…!
これでは…まずい…!
兄の尊厳が…son厳が…崩壊してしまう…!

兄のちんぽ…どうなる…!

>>27

1 虚しくもフルボッキちんぽがはみ出る

2 奇跡的にズボンに収まる



27: 忍法帖【Lv=35,バルログ】 2014/04/05(土)20:27:45 ID:d8hgofgm2

1



30: 名無しさん 2014/04/05(土)20:36:54 ID:aQ23qAh8J

ズルン…

兄「あ」

弟娘「?…あ…」

フルボッキビンビン丸「よう」

弟娘「…///」

兄「あー…えっと!これは…違うんだよ!その…そうだ!ちんぽ体操してたから!」

兄…無様…見苦しい…!
やはり…クズ…低能…童貞…ホモ…ハゲ…やりちん…!!

弟娘「あー…そっか…ちんぽ体操…なんだ///」

兄「よし!わかってくれたね!?なら早くいこう!ね!ね!」

弟娘「うん…」

兄「(パソコン見られないように誘導して…!)」

兄「うん!後で漫画は届けるから!あ、冷蔵庫のカリカリ君食べていいから!」

弟娘「う、うん」チラリ

デカマラ着火ファイア「今夜…どうだ?」ビンビン

弟娘「///」



31: 名無しさん 2014/04/05(土)20:40:54 ID:sI9JXY5ZR

今夜どうだじゃねぇよwww



32: 名無しさん 2014/04/05(土)20:44:14 ID:CGnGxibeM

パンツ脱いだ



33: 名無しさん 2014/04/05(土)20:44:26 ID:aQ23qAh8J

兄「…」

バタン…

ドア「お、今日は優しいんだな」

兄「…」

ドア「おい…どうした?」

兄「…」ボフッ

ドア「まぁ元気出せよ」

兄「終わった…」

兄…相貌にはさながら氷結地獄に落とされたルシファーのように…!
絶望…!焦燥…!沈黙…!
多くをたたえていた…!

兄「…ハゲじゃねーし…」

すまん…!それは…言い過ぎた…!

兄「…別にいいよ。」

どうした…?兄…なんか…!やけに素直…!

兄「まぁ…嫌われたからな。弟に。」

…そんなことないと思うが…!



34: 名無しさん 2014/04/05(土)20:53:09 ID:aQ23qAh8J

兄「…なぁ」

なんだ…兄…!

兄「俺の弟…かわいいだろ?」

それは…思う…!

兄「あの柔和な肌…。まるで豊穣の大地だろ?」

兄「あの無垢の大地の下には、俺と同じ河が流れてる…」サス

兄「けどその河を流している赤い果実…」

兄「俺の、汚れ腐りきった林檎とは大違いなんだ。」

兄「林檎は、林檎であるうちが林檎だ。俺も同じように、地面に落ちた林檎…」

兄「俺には価値がない。」

兄「それでも、俺は、弟が好きなんだ。」

…兄…。

兄「笑えよ…。俺はブラコンホモなんだよ。」

兄「…ッ…!」ポロポロ



35: 名無しさん 2014/04/05(土)20:59:40 ID:aQ23qAh8J

俺は、笑わない…!

兄「…」ポロポロ

確かに、お前はどうしようもない、負け犬かもしれない…

兄「…」グス

だが…!弟を愛するその気持ち…!それは…!本物だ…!

兄「…!」

血など関係ない…!寧ろ…お前には、愛する資格がある…!

兄「…ある神話で、こんなのがある。」

兄「怪物に追われた家族が逃げる途中、母が振り返った為に、塩の柱になった…」

兄「二人の娘と父が残され、後継ぎか産まれなくなってしまった。」

兄「しかし二人の娘は、父を誘惑し、子を身ごもった。」

兄「…それは神への冒涜。だが、それでも血を絶やさない為…」

兄「意味のある行為なんだ。」

兄「仮に俺が弟を愛しても、何も意味がない…」



36: 名無しさん 2014/04/05(土)21:04:35 ID:aQ23qAh8J

兄「一時の、いや、たった数分の快楽の為に、俺は」

兄「弟を、傷つけたくない…。」

…そうか。なら何も言うまい…

兄「…一人にしてほしい。」

だが、兄…

兄「…?」

お前は、それでいいのか…

兄「…」

答えはお前自信にしかない…!だが…!それでも…!後悔はするな…!

兄「…善処するさ」

兄…!頑張れ…兄…!



37: 名無しさん 2014/04/05(土)21:09:27 ID:aQ23qAh8J

兄「…」

兄「(後悔するな…か。)」

兄「…」

兄「俺は、弟が好きだ。」

兄「兄弟で、しかも男同士が気持ち悪いというのは分かってる。」

兄「けど…俺はーーーーーーー!」

兄「」ガッ

兄「おおおおおお」シコシコシコシコシコシコ

兄「弟!好きだ!好きだ!!」

兄「俺は、お前も愛したい!」

兄「愛して、犯して、俺のものにしたい!」シコシコシコシコシコシコ

兄「弟!弟!お…」ビュル

兄「」

兄「ふぅ…」



38: 名無しさん 2014/04/05(土)21:14:26 ID:aQ23qAh8J

兄…成長したな…!だが…シコシコでは満たされない…!

それは…お前がわかっているはず…!


ゴトン

答えは、お前の中にある…!

兄「ビデオカメラ…?」

兄「…!そういうことか!」

兄「おい!いるんだろ?」

シン…

兄「…ふっ、素直じゃないやつ…!」


俺「頑張れよ…!兄…!」



41: 名無しさん 2014/04/05(土)21:38:09 ID:tyfKJvoLG

俺って誰だよww



40: 名無しさん 2014/04/05(土)21:34:51 ID:aQ23qAh8J



弟娘「にーちゃん、今日おかあさんもおとうさんも帰れないって」

兄「!」

兄「そうか。」

兄「あ、そうだ。」

兄「冷蔵庫にプリンあるから食べていいぞ」

弟娘「え?でもあれにーちゃんのじゃ…」

兄「取引してたやつが今更なーにいってんだ」

弟娘「わーい!だいすきにーちゃん!」ギュ

兄「オウフ!(洗い立てのシャソプーのかほりが…!)」

兄「おう」キリッ

兄「それに、それが最後の晩餐だからな…」ボソリ



42: 名無しさん 2014/04/05(土)21:38:17 ID:aQ23qAh8J

数時間後

兄「よし、カメラはここにセットして…」

兄「お風呂から上がる前に早く済ませちまおう」

兄「あ。」

兄「写真…」コト

兄「こんな昔の写真をまだ持ってたのか」

兄「かわいいな。」

兄「…」シコシコシコシコ

兄「いや、止めておこう。」

兄「後でたっぷり出すた」ドビュ

兄「…」

兄「亜鉛飲んでおこう」フキフキ



44: 名無しさん 2014/04/05(土)21:41:54 ID:aQ23qAh8J

弟娘「上がったよー」ホクホク

兄「おう」

兄「(おぉ…濡れたやや長い髪が…)」

弟娘「ちょ…ジロジロ見ないでよ…」

兄「あぁ…すまん。どうでもいいけど、お前髪の長さ大丈夫なのか?」

弟娘「頭いい学校だからね、それにまだ小学生だし。」

兄「小学生の時点でその髪はどうかと…まぁかわいいけど」

弟娘「え…///」



46: 名無しさん 2014/04/05(土)21:44:24 ID:aQ23qAh8J

兄「さて…結構まであとわずか…」

兄「晩御飯も精力のつくものにしたし、思う存分やるぞ。」

兄「くっくっくっ…」

兄「お前がおちんぽに屈服するまであと少し」

兄「胸が…いやちんぽ踊るぜ…」チンポジョウゲ

兄「いたた…これ筋力…いやチン力(りょく)使うな…」



47: 名無しさん 2014/04/05(土)21:44:44 ID:aQ23qAh8J

誤字った。決行ね



48: 名無しさん 2014/04/05(土)21:45:19 ID:RHbm5AqKm

チンポジョウゲやめろwwwwwww



49: 名無しさん 2014/04/05(土)21:46:31 ID:aQ23qAh8J

弟娘「うーん…」コクコク

兄「お、おねむか?」

弟娘「うん…なんかやけに眠い…」

兄「そうか。俺が運んでやろうか?」

弟娘「うん…」

兄「よっ…軽いな。」

兄「こいつ…寝起きと寝る前は素直だな…」



50: 名無しさん 2014/04/05(土)21:49:33 ID:aQ23qAh8J

弟娘部屋前

兄「弟、一回ドア開けるから降り…」

弟娘「スー…スー…」

兄「…」

兄「ったく」

ガチャ

ドア「やるのか?」

兄「静かにしろ。起きるだろ。…そうだ。」

ドア「…頑張れよ。」

兄「…あぁ。」

ポス

兄「…天使だな」

弟娘「スー…」

兄「…じゃあ、やるか。」

ガチャン



51: 名無しさん 2014/04/05(土)21:50:54 ID:aQ23qAh8J

兄「まずは…そうだな。キスからするか」

弟娘「スー…」

兄「」スッ

チュッ

兄「…(柔らかい)」

兄「んっ…ふっ…」

弟娘「っ…スー…」

兄「っと…焦らない焦らない」



52: 名無しさん 2014/04/05(土)21:53:00 ID:aQ23qAh8J

兄「(まずは軽く…)」チュ

チュッ…チュッ…チュル…

弟娘「スー…ん…スー」

兄「んっ…かわいいぞ。弟。」

弟娘「えへへ…にーちゃん…」

兄「!」バッ

弟娘「スー…」

兄「寝言か…」

兄「全く…こいつに焦らされるとは」チュ

チュッ…チュッ…



54: 名無しさん 2014/04/05(土)21:57:53 ID:aQ23qAh8J

兄の口の中は、唾液で満たされる。
たまに唇につけてみたりもした。
やがて弟の唇からも美酒が漏れだす。
蜜よりも甘く、豊潤な美酒。
一滴、自らの口に含むと、自信が満たされていく気分に陥った。
まるで禁断の果実を口にしたイヴのようにーーーー
もはや、麻薬に近いのかもしれなかった。

兄「舌…入れるぞ。」

兄の、優しくもどこか乱暴な舌が弟の口内に侵入する。
焦らず、焦らずと思いつつも、兄の舌は待ちきれないと言うかのように奥へと侵入すしていく。



55: 名無しさん 2014/04/05(土)22:04:48 ID:aQ23qAh8J

弟の舌を持ち上げるようにして絡ませる。
絡ませるたび、その美酒が口の中へ入ってくる。
弟の舌はリヴァイアサンーーーーー激流を司る海の怪物だ。
さながら意思を持つかのように兄の舌と激しく渦巻き、絡ませる。

兄「はっ…はっ」

弟娘「んっ…スー…ふっ…」

兄「はぁ…はぁ…」

下腹部に熱と鼓動を感じた。
舌を絡ませながら、自分の下半身に手を伸ばす。
音を立てないようにしてズボンを下ろすと、そこには己の全てを解放せよと言わんばかりのちんぽが姿を表す。
激しく、激しく、激しく血流を流す。
心臓の鼓動など感じられないほどーーーーーーー



56: 名無しさん 2014/04/05(土)22:10:42 ID:aQ23qAh8J

兄「あっ…」チュポン

兄「やべえ…ビデオ回してなかった。」スッ…

ピッ

兄「よし。」

●RECと表示されたフレームの中には、ピンぼけした弟の顔と、己のちんぽ。
弟が撮(うつ)るように調整する。

兄「これ…持ってやりながらの方がいいな。」

兄がビデオカメラを持ち、少しずつ弟に近づいていく。

まず、弟を撮す。
顔から、下半身まで。一度顔に戻し、股間部分へレンズを向ける。



57: 名無しさん 2014/04/05(土)22:17:29 ID:aQ23qAh8J

片手で器用にパジャマを脱がしていく。
しかし、ここで衝撃の事実に気づく。

兄「パンツを…履いてない。」

やや動揺を隠せなかったが、好都合でもあり、続けてパジャマを脱がす。

そして、弟の弟(ちんぽ)が姿を表す。

生えていると信じるのを拒むほどの容姿。
兄は、ますます興奮していく。

兄「これが…弟の…弟。」

下らないと思いつつ、先刻までパジャマを脱がしていた手をちんぽに伸ばしていく。
感触はマシュマロのような、ゼリーのような、とにかく、乱暴に扱えばすぐに壊れてしまいそうな柔らかさ。
亀頭、筋、金玉と順番に触っていく。
その肌触りが、心地よい。
ついに弟のちんぽは勃起まで達する。



58: 名無しさん 2014/04/05(土)22:25:11 ID:aQ23qAh8J

兄はここで、奇妙な考えに取りつかれる。

兄「(金玉の中心に、自分のを当ててみたい)」

迷うことなく、自分のさらけ出された亀頭を弟の金玉に近づける。
カウパー液が、フレームの中にハッキリと撮る。

兄「」グッ

ニチャ ニチャ

ゆっくりと上下し、押し付ける。
カウパー液が潤滑し、卑猥な音を立てる。

兄「あっ…やっ…ば、腰抜ける…」

弟娘「スー…ん…ん…ふぅ…ぁ…」

兄「はぁ…はぁ…はぁ…あっ…」

荒い息を立て、動きはますます大きくなる。
先程までのおとなしい動きは、なくなっていた。

兄「ぐっ…やば…出…」

ビュルルル…!

兄「うっあ…」

抑えようとしたが、精液は止めどなく溢れる。
弟の勃起したちんぽの皮を汚していく。

兄「あっ…ぁ…はぁー…はぁ…すげえ…これが…」

弟娘「スー…」

弟は相変わらず可愛く寝息を立てるが、少し顔が赤くなっていた。

兄「…」ググググ

再び勃起した。



59: 名無しさん 2014/04/05(土)22:32:35 ID:aQ23qAh8J

兄「よし、次は俺が攻める番だ…」

弟のちんぽを優しく持ち、口に含むと。
自分の精液など関係なかった。どうせ同じものを飲むのだから。

ジュポッチュポッニュプ

弟娘「うっう…あっ…」ピクピク

月明かりで満たされた部屋に、音。
虫のさざめき、一人だけのオーケストラ、はたまた、美しいボーイソプラノか…

兄「ふ…ふ…っ…」チュル

我を忘れ、夢中で貪る。
舌をカリの間に入れ、金玉を手でもみほぐす。
ひんやりとしていたちんぽは、次第に熱を帯びていく。
















弟娘「何…してるの?」



62: 名無しさん 2014/04/05(土)22:38:09 ID:aQ23qAh8J

弟娘「あっ…なんで…舐めて」

弁解をすると思われた兄の次の言葉は、冷静だった。

兄「起きたか。」

弟娘「えっ…?えっ?なんで」

兄「お前が悪いんだぞ?」

弟娘「ビク」

兄「女みてーに髪伸ばして」

兄「体は男なのにほっそりしてて」

兄「顔立ちも、可愛くて」

兄「お前が、誘惑してたんだ」

弟娘「やっ…ちが」

兄「うるさい!」グイッ

弟娘「あっ…」

兄「フェラチオって、分かるか?」

弟娘「(う、うごけな…)」

兄「まぁ、分かんなくてもいいけど、これから覚えるし。」

弟娘「う、うそだよね?」

弟娘「男同士なのに…こんな」

兄「お前が男だからじゃない。」

兄「お前が弟だからやるんだよ。」



63: 名無しさん 2014/04/05(土)22:42:51 ID:aQ23qAh8J

弟娘「っ…」

兄「弟…ほら、ここにカメラがある」

弟娘「い、いつのまに」

兄「これ、誰にも見せたくないよな?」

弟娘「!!やめ…!」

兄「…いや、冗談だ。」

兄「ただこれは俺が撮したいだけだ。」

兄「それよりほら、フェラ…してくれ。」

弟娘「っ…(目が怖い…ここでしなかったら…)」

弟娘「んっ…」クプ

兄「おっ…」ピク



64: 名無しさん 2014/04/05(土)22:46:49 ID:aQ23qAh8J

弟娘「んっ…んっ…」

ジュポッジュポッ

兄「お前…上手いな…」

ジュップジュポ ジュルルル チロ…

兄「くっ…口の中で…舌を…」

ガッ

弟娘「ふぐっ?!」

ジュボジュボジュボジュボジュボジュボ

弟娘「フーッ!んー!」

兄「出る!弟!お前の口の中に…出すぞ!」

ビュルルル!ドビュ!ビュブブブ!ビュル!ビュバ!ビュプ…ビュ…

兄「はぁー!はぁー!さっきより…多い…!」

弟娘「んー!んー!」

兄「あ、すまん。でも全部飲めよ?」

弟娘「ん…」コク



65: 名無しさん 2014/04/05(土)22:51:00 ID:TtaN08YKV

弟娘「んっ…く」

ゴクン

兄「良くできました。」

ナデナデ

弟娘「おにーちゃん、なんで、こんなこと…」

兄「言ったろ?お前が、弟だからって」

弟娘「答えになってないよ…」グス

兄「…」ギュ

兄「…ちょっと乱暴にしすぎた。ごめんな。」

兄「でも…気持ちよかったろ?」

弟娘「っ……。うん…」

兄「はは。淫乱め。」ナデナデ

弟娘「おにーちゃんが言わないでよ…」



66: 名無しさん 2014/04/05(土)22:56:49 ID:ne12CXVMj

ふぅ



68: 名無しさん 2014/04/05(土)23:01:46 ID:Qw7HphXB5

兄「なぁ…もっと気持ちよくなろうぜ…?今度は二人で…」シコシコシコシコ

弟娘「あっ」ピク

兄「ほらほら」シコシコシコシコ

弟娘「はっ…はっ…」

兄「これはどうだ?」ニュコニュコ

弟娘「っ!?あぁ!ぅぁ…!」ドピュ

兄「さっきイかせなかったからたくさん出てるな…」ニュチュニュチュ

弟娘「はあぁぁぁ///お、にちゃ、」

兄「ん?」

弟娘「なんだか…ジンジンするよぉ…///」

弟娘「どうにかしてえ… ///」

兄「」プチン

兄「弟…」トン

弟娘「あっ…///」



69: 名無しさん 2014/04/05(土)23:03:21 ID:Qw7HphXB5

弟娘「い…挿れる…の?」

兄「あぁ…怖いか」ナデ

弟娘「」ブンブン

弟娘「おにいちゃんだから…怖くない」

弟娘「おにいちゃん。」

兄「?」

弟娘「大好き…。」



70: 名無しさん 2014/04/05(土)23:05:12 ID:Qw7HphXB5

兄「…俺もだ」チュ

弟娘「ん///」

兄「自分で、拡げて。」

弟娘「ん…///」クパァ

兄「よし。指でほぐし…」





『ただいまー』



71: 名無しさん 2014/04/05(土)23:07:10 ID:Qw7HphXB5

父「おーい!あれ?」

母「あなた。兄と弟は…」

父「しっ」

母「え?…あら。」

父「ほんとに、仲のいい兄弟だ。」

母「ほんっと。まるで恋人ね。」

兄&弟娘「スー…」



74: 名無しさん 2014/04/05(土)23:11:14 ID:TtaN08YKV

バタン

ドア「いてーな。」

兄「…」

弟娘「…行った?」

兄「行った。」ムク

弟娘「はぁーぁ。せっかくいいムードだったのに。」

兄「全く」

弟娘「でも…またやれる、よね…?」

兄「…さぁな。」

弟娘「ふふっ。今度は、夜這いじゃなくて、ね?」

弟娘「おにいちゃん。」

兄「あぁ。…じゃあ。」

弟娘「おやすみ。」

兄&弟娘「愛してるよ。」



73: 名無しさん 2014/04/05(土)23:08:08 ID:eEolmijpP

>>33どうでもいいけど氷結地獄なんてよう知っとるな
俺は英米文学系やったからあれだけど普通の人はそんなん知らんくない?



75: 名無しさん 2014/04/05(土)23:15:43 ID:YyN8fYI2z

終わりです。
見てくれたかたありがとうございました。
なんかあればお答えします。

>>73
コキュートスって書こうとしたんですが、そっちの方が言葉の響き的にいいかなと。
結構神話とか好きなんで。
塩柱の話もハッキリと書いてないですけどロトの話ですし。
まあ、比喩がわかりづらかったらごめんなさい。



76: 名無しさん 2014/04/05(土)23:16:38 ID:RHbm5AqKm

乙ですた
面白かったよ!



77: 名無しさん 2014/04/05(土)23:17:31 ID:tL13jocn5

乙です
俺にこんな弟いたらやばかったな



78: 名無しさん 2014/04/05(土)23:17:41 ID:ne12CXVMj

せっかくだから最後までやらせようぜ



79: 名無しさん 2014/04/05(土)23:20:10 ID:Qw7HphXB5

>>78

続きはほんとに女の子になるんですが、それでもいいなら。



82: 名無しさん 2014/04/05(土)23:30:56 ID:ne12CXVMj

>>79
かまへんかまへん



81: 名無しさん 2014/04/05(土)23:30:00 ID:YyN8fYI2z

自分でもスッキリしないんで(意味深)書きますね



83: 名無しさん 2014/04/05(土)23:35:34 ID:jqCgbywpp

数年後


兄「ふぅー…」カタカタ

兄「よし、これで…」

兄「…」

あの後、弟は親に留学の話を持ち出した。
なんでも、医療の発達した国に飛んだとか。
結局、本番どころかキスもせずにいってしまった…


兄「はぁ…なんでだよ…弟…」

兄「また、俺とやるんじゃなかったのか…」

(ロッキーのテーマの着信)

兄「はい。兄です」

???「おにーちゃん?」

兄「は?誰…」

???「僕だよ!弟娘!」

兄「え?!えええ!?」

兄「お前、帰ってきたのか?!」

弟娘「連絡出来なくてごめんね!今、空港にいるから!」

兄「わかった!どこのだ!?」



86: 名無しさん 2014/04/05(土)23:43:48 ID:1M2GVbmpq

>>83兄ロッキー好きすぎやろwww



84: 名無しさん 2014/04/05(土)23:39:31 ID:TtaN08YKV

東京国際空港

兄「はっ…はっ…ここだよな…」

ギュウ!

兄「!?」

「久しぶり!お兄ちゃん!」

兄「」

兄にとびきり高く、可愛らしい声で抱きついてきたのは、薄着の幼女だった。
しかし、顔を見た瞬間兄には誰かすぐ分かった。

兄「おと…うと?」

「そうだよ!でも今はー…」

妹「妹だよ!おにいちゃん!」

兄「マジかああああ!」



85: 名無しさん 2014/04/05(土)23:43:05 ID:YyN8fYI2z

兄「ほー…てことは、あっちで飛び級しまくって、」

妹「そ!薬剤師免許とかとって!」

兄「その…チョッキン」

妹「違う違う!」

兄「へ?」

妹「私ね…生体学をとにかく学んで、ホルモン剤作ってたの。」

妹「そしたら!」

妹「偶発的に出来たの!」

妹「完全に女の子になれる薬が!」

兄「」



87: 名無しさん 2014/04/05(土)23:44:07 ID:tyfKJvoLG

弟何歳なんだ…?



88: 名無しさん 2014/04/05(土)23:44:54 ID:tL13jocn5

女の子になるって性格のことじゃなかったのか(歓喜)



89: 名無しさん 2014/04/05(土)23:45:45 ID:YyN8fYI2z

兄「すげー…」

妹「えへへー!そーでしょ!」

兄「あれ?でもそれなら日本に戻るのはダメなんじゃ…」

妹「んーん。」

妹「それはもう、あっちの人たちに託した!」

妹「まだ開発段階だし」

妹「それに、私よりずっと技術に長けた人は山ほどいるから!」

兄「なにそれこわい。」



90: 名無しさん 2014/04/05(土)23:48:01 ID:aQ23qAh8J

妹「じゃ!行こっか!」

兄「へ?」

妹「ねぇ…お兄ちゃん…」スッ

兄「へ?!」ビク

妹「私ね…ずーっと研究室にこもってたから、ね?」

兄「…ゴクリ」

妹「近くに…いいホテルあるの…」

兄「…行こう。」

妹「うん」チュ



91: 名無しさん 2014/04/05(土)23:50:25 ID:aQ23qAh8J

いいホテル

妹「わー!広い!」

兄「そ、そうだな。」

妹「きゃー!ベッドふかふか!」

兄「そ、そうだな。」

妹「でも、一番良い部屋選んでくれて良かったの?」

兄「そ、そうだな。」

妹「もう!緊張しすぎ!ほら、服脱いで!風呂はいるよ!」

兄「あ…」グイッ



92: 名無しさん 2014/04/05(土)23:53:32 ID:Qw7HphXB5

チャポン…

妹「シャワー先浴びてるね。」

兄「ん。」

シャー…

兄「(はー…やばいなー…)」

兄「(冷静に考えたら、おと…妹は今中学二年…)」

兄「(これ…手出して大丈夫か?)」

兄「(いや、兄妹だから問題は…。あるな。どちらにしても。)」

兄「はー…」ジャバジャバ



93: 名無しさん 2014/04/06(日)00:00:07 ID:F5M5pQ65A

妹「ふー…日本のシャワーはいいね!」

兄「あ…」

妹「次、お兄ちゃん…」

兄「」ガンミ

妹「もしかして、ここ?」スジマンクパァ

兄「!!!」フルボッキー

妹「あは♪もうビンビン♪ビンラディン♪」

妹「すごいでしょー。お豆さん、肉壁まで完全再現!」

妹「おたまさんの摘出は手術でしか取れなかったけど…」

兄「お前、もしかして」

妹「そ!留学したのはお兄ちゃんと本当に繋がりたかったから!」

妹「…ねえお兄ちゃん」

妹「私、今日やっと願いが叶うの。」

妹「そんな時に、トラブル起こしたくないから、」

妹「ここ、テストして…?」

(i)<アラ,カワイイボウヤ

兄「」ギンギン



94: 名無しさん 2014/04/06(日)00:03:48 ID:F5M5pQ65A

兄「分かった。じゃあ、クンニするから…」

妹「う、うん…」ドキドキ

兄「」クニ

妹「あ」ピク

兄「(すごい…初めて触ったから実際どんなもんか分かんないけど)」クニ

兄「(すごい、気持ち良いってのはわかる。)」クチュ

妹「あ、そんないきなり」ビク

兄「あ、わり」

妹「ん…大丈夫だから。続けて。」ス

兄「(自分のあそこにちっちゃい手で導いてる…)」

兄「かわいい…」チュ

妹「あ、や!うぅ…クリにキスはずるいよぉ…」ビクク



95: 名無しさん 2014/04/06(日)00:07:52 ID:EfE3vPk8y

兄「ん…」チロリ

妹「あ、や」ビクンビクン

兄「(味は、ない。でも、どこか人間味に溢れてる。)」チュプチュプ

妹「ひぅぅ…」ビククク

兄「クリトリス…」ペチャ

妹「あ」ビク

兄「筋…」チュプチュプ

妹「はぁぁ…」ビクク

兄「中…」チュポチュポ

妹「あぁぁぁ!」ビククククン!

兄「(ツルツルだから舐めやすいな)」ニュクニュク



96: 名無しさん 2014/04/06(日)00:09:28 ID:VbFUZpCho

ふぅ…



97: 名無しさん 2014/04/06(日)00:09:50 ID:EfE3vPk8y

妹「あっ、あっ、あっあー…もうだめぇ…!」

ビク!ビク!ビクンビクンビクン!

妹「はぁ…はぁ…良かった…大丈夫みたい…」

兄「あぁ…」

妹「どうだった?」ドキドキ

兄「…良い味だ」

妹「ん…ありがと///」チュ

兄「どういたしまして」チュ



98: >>96 この人、早漏です! 2014/04/06(日)00:16:19 ID:q0ykgV1Ps

シャワー後

妹「ふー…気持ち良かった。」

兄「二つの意味でな。」

妹「もう…お兄ちゃんたら。」

兄「…」ゴクゴク

妹「あ、私にもジュース」スッ

兄「ん」チュ

妹「ん…ふ…あ///」チュル…ジュル…

妹「ぷは!ん…おいし。」

兄「妹…」

妹「…もう…準備は出来てるよ。」シュル…パサッ

兄「こんなに濡らして…こんな変態に育てた覚えはないぞ」チュ

妹「そのまま返すよーだ…ん」チュ

クチュ…クチュ…クチュ…クリクリ

妹「あっ…」ビク

フワッ トサッ

兄「じゃあ、フェラチオから…」

妹「…でかい」

兄「最大19.4センチ」

妹「…いただきます。」チュ!



99: 名無しさん 2014/04/06(日)00:20:22 ID:E2E2QdZeC

妹「ふぁ…ん」ペロリ…

兄「うぉ…上手いな…」

妹「ん…あっちのバナナアメリカンサイズだから…練習には持ってこいよ。」

兄「練習って…あ…」ビク

妹「ん…」ズルルルル

兄「ぐぁ!奥まで…!」

妹「ん、ん、ん、ん」

ジュッポジュッポジュッポジュッポ

妹「フムン…ん…(捻りとかも…)」

ジュクッジュポッグチュ

兄「っあ!はぅ!あ!…ぐっ!」

妹「ぷはっ」

妹「今度は外ね♪」ペロ



100: 名無しさん 2014/04/06(日)00:22:21 ID:E2E2QdZeC

兄「くっ…的確に筋を…!」

レロォ…ピチャピチャ…チュッチュッ

兄「はぁ…はぁ…」

妹「お兄ちゃん、気持ち良い?」キンタマモミモミ

兄「あぁ…最高だ…」

妹「ん…良かった」カプッ

兄「あっ」



103: 名無しさん 2014/04/06(日)00:25:59 ID:VJ95oLs2h

兄「俺も、動くぞ…!」

妹「ん!?ふぅ!ん!んん!ん!」

グボッジュボッジュクッジュポッ

兄「はー!はー!」

妹「ん!ん!んふ!ん!」

兄「(喉に当たって…気持ち…)」

妹「(カウパーダラダラ出てくる…おいし…)」

ジュクッジュポッグチュジュボグチュッ

兄「あっ… ぐ!もう、出して良いか?」

妹「ん…」コク

兄「くぅ…!出る!」

ドビュ!ビュルル!ビュルル!ビュクク!

ドプッドプッ…



105: 名無しさん 2014/04/06(日)00:30:38 ID:S4k65gcSB

兄「はぁー!はぁー!」

妹「んふっ…う…」ゴクッゴクッ

兄「くっ!」チュポン

兄「お前、なかなか上手くなってるぞ…!」

妹「お兄ちゃんも、精子、いっぱい…」

妹「ほら、こんなに…」カパッ

兄「」

兄「うおおお!妹!」

シコシコシコシコシコシコ

妹「え!や!だめ!今出したら!…もう!」パクッ

兄「出る!」

ビュルルルルルルルル

妹「んぐふ!?あっ…!あっ!」

ドビュドビュッ ドプッドプッ

妹「けほっ…顔にかかった…」

兄「」プツ

兄「妹!」トン!

妹「あ…!」



106: 名無しさん 2014/04/06(日)00:35:41 ID:hgxvcZKnS

兄「もう、我慢出来ない…」

妹「…うん。いいよ。」

妹「私の初めて、もらって…」

兄「妹…」チュ


ズッ…ズズズ…ズププププ

妹「はあぁぁぁ…!」

妹「なにこれ…すごひぃ…」トロン

兄「動くぞ!」グン!

妹「あっや!はひ…!」

グッグッグッグッグッグッ タンタンタンタン

妹「あはぁ…ひゅご…あ!あん!はあ!ん!」

兄「妹…妹…」パンパンパンパン

妹「おにぃちゃん!気持ち良い!気持ち良いのお!」ギュ

兄「俺もだ!妹!」パンパンパンパン



107: 名無しさん 2014/04/06(日)00:42:13 ID:E2E2QdZeC

妹「今度は、私が上に…!」

ズッ グチュ!

妹「あぁん!」ビクビク

兄「はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!」パンパンパンパン

妹「ん!ん!ん!ん!」パンパンパンパン

兄「妹…!愛してる!愛してる!」

妹「私も!お兄ちゃんのこと!愛してる!…ひあぁん!」

兄「中…出していいか!?」

妹「うん!いっぱい…出してぇ!」

妹「お兄ちゃんの濃厚精子!私の中に!いっぱい出してぇ!」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

兄「ぐぅ!中に出すぞ!」

ドビュルルルルルルルルルルル!

妹「あっはああぁぁあぁ!///」

ドプッ ビュルルル! ビュクク! ドプッドプッ…

ゴポッ…

妹「はぁー///はぁー///」ビクンビクン

兄「はぁー…はぁー…」ビュプ…



108: 名無しさん 2014/04/06(日)00:42:46 ID:KF52KrV4i

今北産業



109: 名無しさん 2014/04/06(日)00:45:33 ID:4krxh6IuY

>>108
優秀すぎて
漏れる



110: 名無しさん 2014/04/06(日)00:46:44 ID:E2E2QdZeC

妹「お兄ちゃん…」

兄「ん…?」ナデナデ

妹「私ね、お兄ちゃんと一緒にいれて良かった。」

兄「俺もだ。」

妹「でも…さ、お兄ちゃんは、前の…弟の私が好きだったんでしょ?」

妹「今の私で…いいの?」

兄「…なにいってんだ。」

兄「弟でも妹でも関係ない。」

兄「俺は、お前自信が好きなんだから。」

妹「…お兄ちゃん」クスッ

兄「…よし、もっかいだ。」

妹「え、ま、まって!私腰が…」

兄「次は駅弁?それとも立ちバック?壁手つき?」

妹「え…まっ…あ…///」


あっーーーーーーーー!



111: 名無しさん 2014/04/06(日)00:48:43 ID:E2E2QdZeC

『お兄ちゃん、今は独り暮らしなの?』

『しばらく、実家にはいってないな。』

『じゃあ、明日一緒にーーーー』

『そうだなーーーーー』

『お兄ちゃんーーーーー』

『愛してるーーーーーー』



112: 名無しさん 2014/04/06(日)00:53:13 ID:E2E2QdZeC

どこか

俺「…」

俺「さてと、行くか。」

兄「待てよ。」

俺「…いたのか。」

兄「気づいてたくせに。…あんた、こうなることわかってたろ。」

俺「…さぁ?」

俺「俺は、いわゆるただの傍観者。」

俺「ただのナレーター…立木文彦みたいなものだ。」

兄「はっ…よくいうわ。変なナレーションしやがって。」

俺「…じゃあな。」

兄「どこいくんだよ」

俺「…さぁな」

俺「答えは、俺の中に…さ。」

兄「…そうかよ。」

兄「…」

兄「なぁ、ありが…」

「」

兄「…はぁ。」

兄「変なやつ。」



113: 名無しさん 2014/04/06(日)00:54:25 ID:E2E2QdZeC

妹「じゃあ、せーので開けよ?」ドキドキ

兄「おう。」ドキドキ


カチャ…

兄妹「せーの…」

『ただいま』



114: 名無しさん 2014/04/06(日)00:56:00 ID:E2E2QdZeC

終わりー
見てくれたみんなありがとー

なんでこうなったー

おやすみー

パンツは履いて寝ろよー>>96



115: 名無しさん 2014/04/06(日)00:57:13 ID:fz49tLhiW

乙、できれば男の娘バージョンも見たかったが満足だ



◆関連記事

【ショタ】久々に会った甥っ子に抱きつかれた

俺が友達に処女奪われた話

【画像】安価で男の子の運命を決める
 

おすすめ記事リンク!