1: 名無しさん 2014/04/12(土)22:33:33 ID:zOQ06ADE0

ユニコーン「臭う、臭うぞ!お前たちの中に一人だけ穢れた者が混じっているわ!」

茶髪「また始まったか、ユニコ先生の非処女狩り」

髪留め「誰よー今月入ってから何人目ー?」

委員長「先生もうこんな事やめましょうよ!私たちもう高校生なんですよ!」

デブ「あたしらに3年間ずっと彼氏作るなっていうのかよ!」

ユニコーン「黙ってろ!うむ、やはりこの辺りから臭う……」

ユニコーン「どこだ……正直にいま名乗り出れば助かるぞ……」クンクン

ロリっ娘「わ、わたしじゃないです」

おさげ「部活で忙しくてそんな暇ないよ。あっちの遊んでる子たちじゃないの?」

ビッチ「ヤってねーよ。あたしら男とは遊ぶけどその先までやらねーし」

ユニコーン「ああ、確かにお前らじゃない。黒は……君だね?」

委員長「ひっ!」



2: 名無しさん 2014/04/12(土)22:34:31 ID:jvOlDxSuz

刺し殺されるな



4: 名無しさん 2014/04/12(土)22:36:19 ID:8lHq6LH6a

アーチェ「え?」




転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397309613/l50




5: 名無しさん 2014/04/12(土)22:36:55 ID:AyZdyYciO

こういう清楚系ビッチ大好きです



6: 名無しさん 2014/04/12(土)22:40:50 ID:hGFeBSYJN

なんだ?この胸のドキドキは?



9: 名無しさん 2014/04/12(土)22:45:15 ID:zOQ06ADE0

委員長「私じゃありません!!違います!!」

ユニコーン「スカートを捲りあげろ。直に鼻をつけて嗅げば一発だからな」

ボブ「うそーあの真面目眼鏡の委員長ちゃんがってありえなくない?」

ミニスカ「真面目な奴ほどヤる事ヤっちゃうじゃないの。前にあの子男子と歩いてるの見たのいるって聞いたよ」

委員長「そ、そんなの出鱈目だよ……先生お願い信じてください……」

ユニコーン「信用は自分の手で勝ち取ってみせろ。さぁ、股を先生へ近づけなさい」

委員長「いやぁ!いやぁー!?」

ユニコーン「……これは嘘をついてる臭いだな、委員長!!」

ユニコーン「貴様は非処女!俺にはそいつがはっきり分かる!舐めるなよ、ビッチが!」

委員長「違うんです!!無理矢理されたんです、私は怖くて何も抵抗できずに!!」

ユニコーン「違うな。合意の上……うーむ、昨日の夜ラブホに行ったな……分かるぞ……」

委員長「ご、ごめんなさい!!」

ユニコーン「この学校にいる間、貴様らは純潔であり続けなければならない。それがここのルールだ」

ユニコーン「貴様はルールを破った!見過ごすわけにはいかん!」

女子たち「みんな委員長と先生から離れてー」

委員長「ついできごこ……ろ……うあっ……かは!」

ユニコーン「生まれ変わったら良い女になれよ」



10: 名無しさん 2014/04/12(土)22:47:18 ID:hGFeBSYJN

委員長~!!



11: 名無しさん 2014/04/12(土)22:50:05 ID:Rdekg9inq

委員長オワタ



13: 名無しさん 2014/04/12(土)23:01:26 ID:zOQ06ADE0

ツインテ「わっ、こっちにまで血飛んじゃってる。先生いつも張り切りすぎ」

ユニコーン「すまん。誰か俺の角からこいつを引き抜いてくれないか?上手く抜けんのだ」

茶髪「いつ見ても酷い……命乞いしても無駄なんだもん」

ブス「仕方ないって。ユニコ先生非処女死ぬほど嫌いみたいだしさ」

褐色「あれだけ毎日言い聞かされて、何度も犠牲になった子見たはずなのに」

ユニコーン「ふぅ、ありがとう……ソレはHRが済んだら俺が処理しておこう」

ユニコーン「さてお前ら!今月で何人目だ?俺は何人の生徒をこの角で突き刺した!?」

女子たち「……」

ユニコーン「5人だぞ、5人!今まで純潔を保つよう毎日うるさく言い続けた!だが、このザマ!」

ユニコーン「先生は悲しい……俺が担任となったら一人も犠牲は生まないと誓ったのに……残念極まりないぞ」

ユニコーン「いいかお前ら?お前らは若い娘は処女であることに価値がある。たとえ美しい容姿であろうと穢れていたらゴミなのだ」

ユニコーン「美しくあれ、少女たち。それでは十分気をつけるように!以上!」

ポニテ子「……」



15: 名無しさん 2014/04/12(土)23:05:07 ID:hGFeBSYJN

ユニ公鬼畜



16: 名無しさん 2014/04/12(土)23:13:39 ID:zOQ06ADE0

眼鏡「もう片づけるの私たちの分かっててここまでやるかなぁ」

おさげ「でも始めの頃と比べるとあたしたちも慣れたよね。非処女狩り」

おさげ「クラスメイトが目の前で殺されるのは辛いけどさ、仕方ないんだよね」

剣道娘「非処女は人に非ず。女として見られないどころか全てを否定されるとは世知辛いものだ」

ロリっ娘「で、でも大人になったら子作りのためにしていいんだよね?」

剣道娘「ああ。むしろ我々はその為に処女を守り通させられている。大切な初夜の為にな」

髪留め「結局いつか処女捨てていいならさー早くても別に問題ないじゃーん!」

茶髪「そう言って無茶した巨乳娘が八つ裂きにされたの忘れたわけじゃないよね?」

髪留め「忘れるわけないよー……あれ肉の塊になってたしー」

デブ「マヂムカつくし、ユニコの野郎。卒業したら覚えてけょ」

褐色「とにかく3年間の我慢だよねぇ」

ポニテ子「ユニコ先生もほんとはつらい思いしてるんだよ、きっと!」

ビッチ「あぁ?」



18: 名無しさん 2014/04/12(土)23:23:50 ID:zOQ06ADE0

ポニテ子「先生は私たちに自分の体大切にしてほしいから厳しくしてるんだと思う!」

茶髪「いや、でもさすがに厳し過ぎるでしょ」

ポニテ子「あ、愛の鞭だよ!それに殺されたくなかったら我慢すればいいだけじゃない!」

髪留め「花のJKに男我慢しろってそれめちゃ酷じゃーん。つっても、最近は非処女狩りのせいでめっきりだけど」

ビッチ「あんたさ、ポニテ子。やけに先生の肩持ちたがるよねーもしかしてアイツ好きとか?」

ポニテ子「ち、ちがう!別に好きとかじゃなくて……ゴニョゴニョ……」

ボブ「そういえばあんた急にポニーテールとかするようになったよな。それ先生意識してんの?」

ポニテ子「……うぅ」

デブ「やっぱユニコの事好きなんじゃね!趣味悪いわーアイツ馬なんですけどー!」

ポニテ子「べ、別に何を好きになってもいいじゃない!……あっ」

ビッチ「ふーん……そうだ、あたしらが手伝ってあげなくもないよ?あんたの恋」ニヤリ



20: 名無しさん 2014/04/12(土)23:38:21 ID:zOQ06ADE0

先生「ユニコ先生お疲れのようですね?」

ユニコーン「ああ、今日もうちのクラスに非処女が出たんですよ。今月に入ってから酷いものです」

先生「先生のところでも……うちも酷いですよ、最近の女子の貞操観念の低下には本当困りました」

先生「それでも私たちの活動のお陰あってか例年より被害は抑えられている実感はありますよ。おととしは凄かった」

ユニコーン「あの時はまさに処女捨ての流行りでしたからね。アウトブレイクですな」

ユニコーン「俺たちは二度と悲劇を繰り返さんため、全ての少女の純潔を願う男たちのため、そして彼女らのために戦わねばならんのです」

先生「なぜ先生は処女を愛するのです?自分にはもう分からりませんよ」

ユニコーン「愛、ですな」

ユニコーン「さぁ!自分はこれから町へ出てきますよ。今日も処女を失わんとする娘を守るためにね」

先生「まったく、あなたには叶いませんなぁ」



21: 名無しさん 2014/04/12(土)23:57:13 ID:zOQ06ADE0

説明しよう。ユニコ先生とは、昨今の女子学生処女低下率を嘆いた者たちを救うため、異世界より現われた正義の熱血教師である!

今日も彼は町を行く!カラオケ店、ボーリング場、インターネットカフェ! 危険地帯を今日も行く!

ユニコーン「こんな日が暮れてもまだ遊び歩く学生がいるとはな。親は何も言い聞かせんのか?」

ユニコーン「子どもを放っておいたままの大人も非処女増加の原因の一つだな。けしからん話だ」

ユニコーン「次のカラオケ店で最後だな……ここはよくうちの生徒も活用すると聞くが」

店員「いらっしゃいま……」

ユニコーン「失礼する。処女を守ろうの会の者だ!今から部屋を回らせてもらうが構わんね!」

店員「構いませんが、厄介な真似は起こさないでいただけますか?」

ユニコーン「ふん!場合による……カラオケ……学生は金がないからな、こういった個室で行為へ走ろうとする間抜けも多い」

ユニコーン「もちろんうちの生徒に限ってそんなことはないと思いたいが……むっ」

ビッチ「おー先生じゃん。また徘徊?毎日飽きないでご苦労さま」

ユニコーン「家に帰れビッチ!!貴様いまが何時か分かっているのか!!」

ビッチ「あたしはもう帰るよ、あたしは……あの子は別みたいだけど」

ユニコーン「あの子だと?」

ビッチ「うんまぁ、そこの部屋覗けばわかるんじゃね。じゃあ帰るわ。ばいばーい」

ビッチ「……処女厨ユニコ先生もこれまでだねぇ」



22: 名無しさん 2014/04/13(日)00:11:20 ID:kB1BRwPqd

ユニコーン「ビッチは他の友達とここへ来ていたのか?して、あの部屋の中にはまだ誰かが残っていると」

ユニコーン「何としても帰らせなければ!一人でいるところを悪漢どもに見られ、犯されてはまずい!」

ユニコーン「入るぞ!!」

男「あっ!?」

ポニテ子「ユニコ先生!?」

ユニコーン「……貴様ら他に誰かいないのか?」

ユニコーン「男女でこんな個室で照明まで落として……ポニテ子、先生との約束を忘れてはいないだろうな」

ポニテ子「わ、私はまだ何もしてません!ていうかほんとに先生来ちゃった……」

男「あんた誰だよ!?」

ユニコーン「西高の一本角と名乗ればわかってもらえるだろう。貴様こそ誰だ!うちの生徒へ何をしようとしている!」

男「べつに何もしちゃいねーよ!俺はこの子紹介されて一緒に遊んでただけで」

ユニコーン「一緒に遊ぶ……ほう、俺は処女と非処女を嗅ぎわけるのが得意なんだが、その他に貴様のようなガキの色欲も感じ取れるのだ」

ユニコーン「貴様はこの後その子を犯そうと考えていただろう?」

男「うっ!?」

ポニテ子「えっ!」



23: 名無しさん 2014/04/13(日)00:23:32 ID:kB1BRwPqd

ユニコーン「その反応は図星と見ていいな!」

男「そうだよ悪いかよ!?こんな可愛い子と二人きりになれば男なら誰でもヤりたいと思うぜ!!」

男「へ、へへ……安心してよ……俺これでも過去4人と経験あるからさ……上手いぜ?」

ポニテ子「いやぁ……!」

ユニコーン「追い込まれて本性を露わしたな。そして貴様のような男の恥を生かす謂れなどない」

男「うるせぇクソジジイ!!何が処女だ非処女だ!!」

男「気持ちいいことやって悪いのかよ!?」

ユニコーン「悪いとは言わんさ。だが、貴様らにはまだ自家発電で十分」

男「そんなに処女が大切か、馬のくせにきめぇ!!」

ポニテ子「先生を悪く言わないでよ!……ユニコ先生?」

ユニコーン「下っていなさい。堕ちたな、これ以上貴様へ語る言葉はないわ」

男「あぁ!?」

ユニコーン「モツをぶちまけろ、盛大にな!!」ぶす

男「おぐぅ!?」



24: 名無しさん 2014/04/13(日)00:42:00 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子「ユニコ先生、助けてくれてありがとうございました」

ユニコーン「礼には及ばない。それよりポニテ子!貴様あと少し俺が遅ければどうなっていたか分かってるのか!」

ポニテ子「ごめんなさい……で、でもこうして先生はちゃんと来てくれたから助かりました」

ポニテ子「先生は本当に私たちのこと大事に思ってくれてるんですね。尊敬です!」

ユニコーン「その気持ちは教師冥利につきるが、俺よりも自分の貞操を大切に思ってほしい」

ユニコーン「さぁ、今日は帰りなさい。説教は明日学校で続けるからな?覚悟しておくように」

ポニテ子「……」

ユニコーン「どうした?まさかまだ懲りてないわけじゃないだろうな?遊びは程々にしておけよ」

ポニテ子「違うんです……その……私家に帰りたくないんです」

ポニテ子「私の両親は共働きで、家に帰っても一人ぼっちで寂しく感じちゃって」

ユニコーン「だかといって外を遅くまで出歩くのは感心しない」

ポニテ子「先生!!お願いがあります!!」ガシ

ユニコーン「な、何だ唐突に……」

ポニテ子「今から先生の家にお邪魔してもいいですか……ちょっとだけだから……」




25: 名無しさん 2014/04/13(日)00:52:33 ID:hJ2rkpluU

獣姦キタ━(゚∀゚)━!



26: 名無しさん 2014/04/13(日)00:53:26 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子「わぁ、ここが先生の家なんだ。綺麗にしてるんですね♪」

ユニコーン「あまりジロジロ中を見るんじゃない!まったく我儘な娘だな!」

ユニコーン「親が帰ってくる時間まではここに置いてやるが、勝手に物を弄ったりするなよ」

ポニテ子「はーい♪」

ポニテ子「ねぇ、先生はどうしてそんなに私たちの処女が大切なんですか?」

ユニコーン「処女は貴重な存在だ。世の7割以上の男性は処女を愛してる。俺もその一人というわけだな」

ユニコーン「大切なその時まで処女を守れん女に価値などないわ。この時期の若者は性へ並々ならぬ感心を持っているが」

ユニコーン「欲へ負けた瞬間、それはもはや人ではない。悪魔へ心も体も売ったと同じなんだよ」

ポニテ子「よく分からないけど、処女って大切なんですねぇ」

ユニコーン「ああ、大切だ。お前たちにとって命の次に大切だよ」

ポニテ子「それでも……好きな人ができちゃったら、どうしたらいいと思いますか?」

ユニコーン「ん?」



27: 名無しさん 2014/04/13(日)01:01:15 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子「だ、だから好きな人がこの歳でできたらどうしたらいいのかと!」

ポニテ子「処女って好きな人にあげる物っていうじゃないですか……」

ユニコーン「子作りのときまで待て!」

ポニテ子「子作りとか関係なく……好きな人と繋がりたいって思うときありますよ……」

ポニテ子「セックスは大切な人とするんでしょ?もしずっと待っててその人が離れて行ったらと思うと私怖くて」

ユニコーン「耐えなければならん事もある。お前は欲に負けて、俺に始末されたいのか?」

ユニコーン「俺にはお前が抱えた問題を上手く理解できそうにないが、何度も口を酸っぱくして言うぞ。非処女は人に非ず」

ユニコーン「間違いを犯してみろ!!躊躇なく八つ裂きにしてやる!!」

ポニテ子「先生のことが好きなんです!!」

ユニコーン「おうっ!?」

ポニテ子「せ、先生が……好きです……ずっと好きでした……」



28: 名無しさん 2014/04/13(日)01:12:51 ID:kB1BRwPqd

その時ユニコ先生へ電流が走った!処女をこよなく愛する彼もまた童貞!

女性経験は生まれてこのかたゼロ!ましてや教え子から愛の告白を受けてはその衝撃も激しい!

ユニコーン「ばばばば馬鹿を言うんじゃあないぞ!?俺をからかってるのか!?」

ポニテ子「私は本気のつもりで言いました!」

ポニテ子「ユニコ先生のことずっと憧れでした。こんなに誰かを好きになった事ありません」

ポニテ子「ごめんなさい。本当は両親が共働きなんて嘘です。先生と二人っきりになるための口実です」

ユニコーン「貴様!!先生へ嘘をつくとは言語道断、調子に乗るな!!」

ポニテ子「こうでもしなきゃ先生に近づけないと思ったんです……学校だとみんなの目もあるし」

ポニテ子「先生にずっと好きって言いたかった……それで返事貰いたかった……」

ユニコーン「ゴクリ……!」

ポニテ子「返事聞かせてくれますか?それだけで満足です。すぐに帰るから……」



29: 名無しさん 2014/04/13(日)01:17:18 ID:AqeGKpeBt

なんかシリアスだけど相手は馬なんだよな



30: 名無しさん 2014/04/13(日)01:25:02 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子の真剣さにユニコ先生は考える!このまま追い返すのは己の信頼にも響くと!

なによりも処女でポニーテールのこの子が愛おしく思えた!その胸に抱かれたい!

それは、ユニコーンの性だった!

ユニコーン「お前は好きだ。素直で、言う事もよく守る。それに俺の話へ真面目に耳を傾けてくれる」

ユニコーン「良い生徒だと思ってる……!」

ポニテ子「生徒としての私じゃなくて、一人の女として見て答えてください……」

ユニコーン「今の話で分からないのか!俺はお前には……お前には……くっ!」

生徒としてはもう見られない!いま自分の目に写るこの子は美しい処女!

処女を求めるユニコーンの血が騒いだ!人生初めての心の葛藤!

ユニコ先生、どうする!

ポニテ子「大好きです先生……私もうこの気持ち抑えられません」

ポニテ子「先生……!」ギュッ

ユニコーン「ああっ!!」



31: 名無しさん 2014/04/13(日)01:29:29 ID:5wTOTfyzR

落ちたな(確信)



32: 名無しさん 2014/04/13(日)01:37:44 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子「先生のたてがみこんなにモフモフしてたんだ。触ると落ち着きます」

ポニテ子「ずっと抱きしめてたいです……」ギュウウ

ユニコーン「処女、ショジョ、ショジョの良い香り!!俺はいま処女に抱かれている!!」

ユニコーン「こんなに心地いい事なんてない!!」

ポニテ子「……せんせ?わっ、先生……お腹に当たってますよぅ……」

ユニコーン「おお!?すまん、これは別にその気があるからではなくてだな!?」

ユニコーン「は、早くどいてくれ!!もう家に帰るんだ!!早く!!」

ポニテ子「帰りたくないって言ったら……どうしますか……?」

ユニコーン「よしてくれ!!」

ポニテ子「帰りたくないです、先生。先生と一緒にいたいです」

ポニテ子「好き……すき、すき、すき、すき……だいすき……」

ユニコーン「どうなっても……知らんぞ……!!」

この日、ユニコ先生は間違いを犯した!それでもユニコ先生は快楽に身を任せた!



33: 名無しさん 2014/04/13(日)01:53:24 ID:kB1BRwPqd

女子たち「ねぇ、あれ……ユニコ先生の……」

ユニコーン「お前たち静かにしろ、朝のHRの時間だぞ」

ユニコーン「出席を取るから呼ばれた者は返事をするように」

髪留め「その前に先生質問ありまーす!ていうかみんなあると思う!」

茶髪「ユニコ先生……角、どうしたんですか?」

ユニコーン「……角は、俺から離れて旅に出た」

ブス「取れちゃったんですか角?」

ユニコーン「ああ、角だって自由になりたい時もある……気にするな!俺の角が消えてお前たちに問題があるか!」

ビッチ「あるんじゃねーの?だって角無くなったらただの馬じゃん」

ビッチ「それにぃー、非処女狩りに困るじゃないんですか?先生?」

ユニコーン「角が消えようと始末の方法はいくらでもある!次は火炙りだ!」

ボブ「一角角から角無しって、馬でしかないよねぇ」

ポニテ子「……」

ビッチ「そういえば今日は朝の処女チェックしないわけ?いつも絶対やってんのにさ」

デブ「もしかして角無いと処女嗅ぎ分けられないんじゃね?」

ユニコーン「くっ」



35: 名無しさん 2014/04/13(日)02:05:31 ID:kB1BRwPqd

ユニコ先生は昨夜の一件を激しく後悔した!だが、思っても角は帰ってこない!

自分のアイデンティティーでもある角を失った彼にはもうユニコーンの力は残されていない!

ユニコーンは人間の処女をけして犯してはならないと幼い頃から戒められてきた!

もし過ちを犯せば、角は抜け落ち、ただの馬と化す!

同時にユニコ先生は非処女を判別する力を失った!

おさげ「先生顔色悪いよ。大丈夫?」

ロリっ娘「本当にもう私たちが処女かどうか分からなくなっちゃったの……?」

ユニコーン「馬鹿を言うな!!そんなわけがあるか!!」

ビッチ「じゃああたしが今処女か非処女か……当ててごらんよ」

ビッチ「ほら、臭いで分かるんでしょ。これだけ鼻に股近づければはっきりするよね?」グイ

ユニコーン「はしたないぞ……そんな真似は非処女がする事だ……!」

ビッチ「でもあたし処女ビッチかもしれないじゃん?ねぇ、どっちなのよ?早く言ってみてよ」

ビッチ「もしかしたら、昨日カラオケでヤっちゃったかもよ……」ニヤニヤ

ユニコーン「き、貴様ぁ……」

ビッチ「それにあの子も処女捨てちゃったかもね?」

ポニテ子「ひっ」



36: 名無しさん 2014/04/13(日)02:16:38 ID:kB1BRwPqd

デブ「かーげ、かーげ」

モブ「早くビッチが非処女かいつもみたいに調べろよー」

ユニコーン「……」

ビッチ「もし外れたらさぁ、先生。もうあたしらの事勝手に調べられなくなったって考えてもいいよね」

ビッチ「そしたら好き放題……ううん、ヤり放題になるわけだねぇ……」

茶髪「ヤ、ヤり放題」

髪留め「彼氏作って好き勝手できるー?」

ユニコーン「貴様ら黙れ!!そんな事をしていいと思ってるのか……俺の目が黒いうちは」

ボブ「目利きできるわけじゃないんでしょ?利くのは鼻だけみたいだし」

ユニコーン「ううっ!!」

ビッチ「先生さぁ、もしかして角抜けたのにも理由があるんじゃない?」

ビッチ「たとえば……守らなきゃいけない処女とえっちしちゃったとか……」

ポニテ子「も、もうユニコ先生いじめるのやめて!こんなのあんまりだよ!」

ビッチ「あれ、そういやポニテ子は先生好きなんだよね?まさか?」

ポニテ子「!!」

ユニコーン「いや、角が抜けたのは俺の調子が悪かったからだ……近いうちまた生える」



39: 名無しさん 2014/04/13(日)02:22:33 ID:jSTTr9Bth

ポニテ子ガバガバじゃねーか



40: 名無しさん 2014/04/13(日)02:27:21 ID:kB1BRwPqd

先生「ユニコ先生、今日もお疲れ様です」

ユニコーン「ああ……おつかれさま……」

先生「おや、風邪でも引かれましたか?随分調子が悪そうに見えますが」

ユニコーン「ええ、少し疲れてるだけですよ。昨晩は中々寝つけなくて」

先生「それはいけませんね。自分のクラスが心配で眠れない事は私もよくありますよ」

先生「ところで先生へお願いがあるのですが、よろしいでしょうか?」

ユニコーン「お願い?」

先生「はい。実はうちのクラスの一人の生徒が怪しくてね、非処女になったのではと睨んでおるのです」

先生「ユニコーンのあなたなら股間の臭いでそれの判別がつくのでしょう?どうにか調べていただきたい」

ユニコーン「お、俺がですか……いやぁ……しかし」

先生「非処女は放っておくと次々仲間を作るものだとお互い思い知らされたでしょう。このままでは良くないのです」

先生「もし彼女が非処女なら、しかるべき措置を早急に行わなくては!」

ユニコーン「先生、先生は女性の経験はありますか?」

先生「は?」

ユニコーン「童貞かと聞いているのです!!」

先生「あぁ?」



41: 名無しさん 2014/04/13(日)02:40:48 ID:kB1BRwPqd

先生「お忘れになったか、ユニコ先生。私たちは処女を愛する者同士生涯童貞を誓いあった!」

先生「童貞に決まってるだろうが……三十路を過ぎようが、四十過ぎようが、童貞守りますよ!」

ユニコーン「あ、ああ」

先生「あの娘たちには我々のこの生き様を見習ってほしいものです。心配はいらない、処女は女性の若さを保つ!」

先生「非処女は……ババアなんです……ねぇ?」

ユニコーン「俺はあの子をこの手で……!」

先生「ふむ、疲れが溜まっているのは間違いないようだ。どうです?帰りに一杯ひっかけるというのは?」

ユニコーン「いや!きょ、今日は大事な約束があって……」

ポニテ子「ユニコ先生……」

ユニコーン「ポニテ子!?なぜ職員室に!?」

ポニテ子「先生に話があって」

ユニコーン「ば、場所を変えよう。相談があるなら力になるぞ……」チラ

先生「……」



42: 名無しさん 2014/04/13(日)02:44:24 ID:E5JkgaAfS

アーチェの件だけは絶対に許さないぞナムコ…



43: 名無しさん 2014/04/13(日)02:47:31 ID:kB1BRwPqd

ユニコーン「……ここなら誰かが来る心配も要らんだろ」

ポニテ子「ユニコ先生ごめんなさい!!」

ポニテ子「ごめんなさい、ごめんなさいっ……私が先生をあんな目に!」

ユニコーン「いや、間違いを犯したのは俺の方だ。俺が処女へ……教師が生徒へ手を出すなんてな……」

ユニコーン「謝ろう。お前にも辛い思いをさせているだろ?申し訳なかった」

ポニテ子「私が先生の家に行きたいなんて言わなきゃよかったのに、告白なんてしなきゃよかったのに」

ユニコーン「あまり自分を責めるな……済んだ事だ、取り返しはつかん……その代わり俺に責任を取らせてほしいんだ」

ユニコーン「このままお前をヤり捨てるような事はしたくない。お前がここを卒業したら一緒に暮らそう……という男は重いか?」

ポニテ子「そんな事ありません……でも、私先生と一緒になれる資格ないから……!」

ポニテ子「正直に言います。私本当は先生が助けに来てくれるの分かってて、あの人といました」

ユニコーン「何だと?」




44: 名無しさん 2014/04/13(日)02:59:11 ID:kB1BRwPqd

ポニテ子「偶然なんかじゃなかったんです。ああしたらきっと先生が私を助けてくれるって知ってやった事です」

ポニテ子「全部先生に近づきたくてした事です……叱ってください、ううん、殺してください」

ユニコーン「お、お前!」

ポニテ子「私もう処女じゃありません。先生の嫌う非処女です。あの男の子を巻き込んだ償いになるか分からないけど」

ポニテ子「それに先生の角が取れた責任も……卑怯ですか、死んで償いたいって……」

ユニコーン「ああ、卑怯だ!!二度と俺の前で死ぬと言うな!!」ギュウ

ポニテ子「きゃ……せ、せんせ……」

ユニコーン「非処女で構わんよ……俺はもうお前が愛おしくて仕方なくなってしまった……!」

ポニテ子「せんせい……」

それはつまり!自分がただの馬になった事を認めたものと同じだった!

しかし、ユニコ先生はポニテ子へ堕ちていく!

恋!ユニコーンである自分を狂わせたそれが彼の中で初めて芽生える!

たとえ世界が敵に回ろうとこの子を守りたい!

このあとめちゃくちゃセックスした!



45: 名無しさん 2014/04/13(日)03:03:48 ID:kB1BRwPqd

ここで区切っとくわ

アーチェはあれがいいんじゃあないか



◆関連記事

ユニコーンとロリコーンの違いってあるの?

バイト先のおせっかいな先輩に処女な事がばれた結果wwwwwwwww

お風呂上りの娘にオムツ履かせてたら
 

おすすめ記事リンク!