1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)20:57:05 ID:JBGTPPY3G

こんばんは、以前ルーミアに告白して良い雰囲気になったゲス野郎です
前回までの活動はまとめを読んでくれ
http://blog.livedoor.jp/hibinanchara/archives/4809681.html



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1406894225/




2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:03:39 ID:9H5iVqmsC

人間やめますか? 明晰夢やめますか?

とりあえず答えろ。 話はそれからだ。



4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:12:51 ID:JBGTPPY3G

>>2
ルーミアに会えないのならこっちに未練なんか無いぐらい、明晰夢にハマった
でももう行けないかもしれないんだよ、暇なら聞いてけよ



6: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:14:45 ID:9H5iVqmsC

>>4
まぁ聞いやるよ。

その前にお前の離脱方法を聞いてからだ。 (危険性チェックのために)



7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:18:28 ID:JBGTPPY3G

>>6
もしかして明晰夢能力者?
離脱ってのは明晰夢から覚める方法を指してるんだよな?
意識的に覚める時は身体を光が包むイメージをして、深呼吸かなぁ
大体は勝手に覚める



5: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:13:57 ID:rtc0y1yIa

ルーミアの前には霊夢に会ったゆだっけ?



7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:18:28 ID:JBGTPPY3G

>>5
そう、見ててくれてありがとよ、今回は霊夢よりヤバいのに出会った



8: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:41:58 ID:JBGTPPY3G

今日は花の金曜日だからゆっくり語っていくぞ


事の発端は以前ルーミアに俺が2回目の告白した時からで、それからというもの二日に一回はルーミアに会いに行ってた。
会いに行くたびにルーミアは俺を笑顔で出迎えてくれて、ルーミアの家でのんびりしたり、散歩したり、霧の湖に遊びに行ったりして、凄く幸せな日々だった。
その間にチルノと会えたり、寝ている美鈴を遠くから眺めていたりと、現実より大分充実していたと思う。



11: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:49:55 ID:opQU7wPd7

霊夢よりヤバいというとあの妖怪か?



20: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:11:51 ID:JBGTPPY3G

>>11
ある意味妖怪より怖い



20: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:11:51 ID:JBGTPPY3G

チルノと会った時は、ルーミアが「暑いから涼しくなりたいね」と言い、「ちょっと待ってて」と俺を家に残して出かけて行き、チルノを連れてきてくれた。
チルノはルーミアより少しだけ背が高く、目鼻立ちがはっきりしてて可愛らしかった。
最初俺を見た時は「人間じゃん!」と驚いていたが、ルーミアが間に入って俺との出会いを話すと、チルノは「だったら私とも仲良く出来るわね!」とニッコリ笑っていた。



27: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:27:13 ID:gbYyjCBWA

チルノは無茶ばっかりするが遊んでみるとすごく良い奴で、童心に返って遊んでしまった。
夏なのに局地的に寒くしたり、氷で札幌雪まつりごっこしたりと、久しぶりに無心で遊べた。
夕暮れ時になってチルノと別れる時、「○○(俺の名前)の事は秘密にしておくねー!」とブンブン手を振って飛んで行った。普通に良い女じゃんと思った。やはり妖精の中でも格が違った。
その後ルーミアの家に帰った時に、ルーミアが少し拗ねた様に「チルノの方が楽しそうだったね」と言ってきたので、どれだけルーミアを愛してるかを語りながら、強く抱きしめたら許してくれた。



29: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:40:34 ID:ni421nILL

>>27
便利なチルノ



30: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:47:36 ID:ni421nILL

今回ちょっとゆっくりペースだな



31: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)22:52:57 ID:gbYyjCBWA

>>30
出来る女だよ彼女は、バカキャラは勿体無い
悪いな、記録ノート的なのを見てまとめてるから遅いんだ、申し訳ない

他にもルーミアと二人で夜に人里まで降りてみたりもした。人は出歩いていなかったけど、コンビニみたいな雑貨屋に行って二人の湯のみを買ってきたりもした。店主が少し警戒した感じだったけど、ルーミアが怖がらせない様に優しく話しかけたので、何とか買えた。

そんなこんなで幸せな日々だったわけだが、こっからが本題。

一週間ほど前にいつもの様に明晰夢を使ってルーミアに会いに行った。お土産のガラナと堅あげポテトを持って、いつもの様に森を歩いてすっかり覚えたルーミアの家を目指していた。しかしどうも着かない。いくら歩いても歩いても、一向にルーミアの家が見つからない。
挙句の果てに開けた道が出てきて、綺麗な花が咲き乱れた墓地が見えてきた。
無縁塚に来てしまった。



34: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:02:09 ID:HhKOPOB3E

墓て…



35: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:04:12 ID:gbYyjCBWA

無縁塚は非常に危険だと認識があったが、花が咲き乱れていてその間に沢山の地蔵があって、まさに幻想的な風景だった。
少し透明な蝶が飛んでいたり、線香の様な匂いがしたりと、あまり長居はしたくない雰囲気だったが、それでも辺りをゆっくり見渡していた。
少し経って、森に戻ろうとした時、「待ちなさい」と後ろから凛とした声が聞こえてきた。
驚いて振り返ると、そこには明らかに敵意を持った目をこちらに向けている、幻想郷の死者を統括する閻魔、四季映姫・ヤマザナドゥが立っていた。



38: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:09:52 ID:JQOCAvP2t

映姫様より小町に会いたい



43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:25:08 ID:gbYyjCBWA

>>38
呼んできてくれよ、普通に体重二キロ減った



41: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:14:24 ID:ni421nILL

ところで顔ってどういう感じ?
アニメ調の感じか?



43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:25:08 ID:gbYyjCBWA

>>41
表現しにくいけどほぼ普通の人間の顔、物凄い良くできた3Dモデルの、更に進化した感じかな



42: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:15:12 ID:opQU7wPd7

雑貨屋で買い物って外の世界のお金が使えたの?



43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:25:08 ID:gbYyjCBWA

>>42
ルーミアが持ってたよ、こっちと同じ通貨だった気がする、湯のみは二つで千円


四季映姫(以下四季様と省略)はこちらを睨みながらゆっくり近づいてきた。俺がルーミアに食べられるかもしれないと、腰を抜かした時より更に威圧感があった。
身長は俺より少し低く、黒髪にも見えるような深い緑色の髪、怖いくらい綺麗な顔をしていて、それでいて俺を睨んでいるんだから余計に怖い。
1メートルほどまで近づいた後、四季様は俺の持ってきていたお土産を一瞥し、よく通る声で「貴方の犯した罪は、既に理解していますね」と聞いてきた。「え、え」としか答えられない俺は情けなかった。



46: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:32:55 ID:gbYyjCBWA

四季様は小さな溜息を吐いて、「呆れますね、人間だというのに妖精以下の返事しか出来ないのですか」と冷たく言われた。
「質問を変えます、貴方は何をしようとしていたのですか」と聞かれたので、正直に幻想郷に遊びにきたと伝えた。どうもこの答えがダメだったらしく、「何も自覚が無い様ですね」と更に睨まれた。
久しぶりに俺は泣きそうになっていた。



51: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:40:02 ID:fBhzhBsca

もしも本当に幻想郷行けるなら……明晰夢試してみるか



52: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:52:32 ID:gbYyjCBWA

>>51
幻想郷は全てを受け入れる、はず


四季様は凄く冷たい語調で、淡々と話し始めた。多分こんな内容だった気がする。
「貴方のおかげで、幻想郷に混乱が生じているのです。恐らく貴方は外の世界の人間でしょう。何故幻想郷に干渉してくるのですか。どの様にして結界を越えてくるかは解らないけど、貴方は一度博麗の巫女に警告を受けているはずです。その警告を守らず貴方は幻想郷へ干渉し続け、更には外の世界の物を持ち込んでいる。そしてその持ち込んだ物を妖怪に与えてしまった。もしその妖怪が外の世界に興味を持ち、単独で外の世界に行くのならまだしも、他の妖怪達を誘って外の世界に出て行ってしまったら、幻想郷はバランスを失い、やがて崩壊します。この事を理解した上で、貴方は幻想郷に訪れ、外の世界の物を妖怪に与えたのでしょうか」
この辺りで俺は怖くて泣きそうだった。



53: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)23:55:28 ID:O3Ky1tZjZ

映姫様に説教して頂きたい



56: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:11:41 ID:DLJMeJkOs

>>53
してもらえよ、怖くて可愛いぞ



54: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:00:14 ID:tryrFT7Gn

ほうほう



55: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:02:39 ID:YmvooYtUz

やはり現実味があるな



56: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:11:41 ID:DLJMeJkOs

>>55
現実味あり過ぎて泣ける


もしかして俺はとんでもない事をしたのだろうか、まさか幻想郷崩壊にまで話がいくとは思わなかった。
四季様の話は続いて、
「その様子だと理解はしていなかったようですね。しかしそれとは別、よく大法廷で知らなかった、罪とは思わなかった、と弁解する死者がいますが、私には全て見えています。その様な言葉を吐く者は漏れなく罪人で、必ず地獄に堕としています。善人は自ら罪を認めますが、貴方はどうやら罪人の様ですね。」
風が少し吹いてきて、四季様の服が揺れたが、神々しいと同時に得体の知れない恐怖を感じた。
ここで俺は全て白状した。
外の世界が嫌になった事。
ルーミアと恋に落ちた事。
幻想郷に住みたくなった事。
四季様は黙って聞いていたが、ルーミアの様に優しく頷きはせず、ただ黙って俺を睨んでいた。



63: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:36:22 ID:DLJMeJkOs

俺の懺悔を一通り聞いた後、四季様は落ち着いた声で、
「よく分かりました。ですが貴方の幻想郷への侵入、また幻想郷のバランスを崩そうとした罪は、悪意が無かったとはいえ、見逃す事は出来ません。従って今後の幻想郷への侵入は一切認めません。これが最大限私が出来る恩赦と思ってもらって構いません」
俺は黙って四季様の話を聴き続けた。
「確かに貴方の話を聞く限り、貴方は外の世界に未練は無い様です。しかしそれではいけない、人は宿命が決まっています。そしてそれに逆らっても無駄。貴方にとっての宿命とは、外の世界で生き、外の世界で死ぬ事なのです。残念ですが、これは仕方のない事。ですが、未来は変える事が出来ます。このまま幻想郷に未練を遺し、死んだ様に生きるのか、それとも此処での思い出を過ぎたものとして心の隅に仕舞い、外の世界で善行を積み、精一杯生きて死ぬかは、全て貴方次第なのです。私はただ、貴方に教えを与えるだけです」
四季様の声から怒気は消え、少しだけ慈愛の心を感じられた。
それに対し、俺はまた泣き出してしまった。泣き出した俺を見て、四季様は少し戸惑った様だった。



66: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:44:14 ID:YmvooYtUz

>>63
ああ、感動された事あまりないからか



69: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:49:45 ID:DLJMeJkOs

>>66
口うるさいかもしれないけど、四季様普通に良い人。厳しいけど優しい、みたいな



本当はもっと早い段階で幻想郷の実力者達が、しょっちゅう結界を通り越す人間がいるって事で、対策会議みたいなのを開いたらしい。そして、今度来たら排除するって事が決まったらしく、今回俺が幻想郷にやって来た時、森の道を歪ませて無縁塚に行き着く様にしたとのこと。
無縁塚は外の世界の人間が多く葬られていることから、おあつらえ向きだったらしい。しかしそれでは余りに無慈悲だとして、四季様が一度話をした後、幻想郷に通い続ける様ならそこで排除する段取りだったみたい。そして、話を聞く事を提案したのが四季様だった、ということを四季様本人から聞いた。



64: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:37:03 ID:DLJMeJkOs

ごめん、少し泣いてるから遅くなる



65: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:43:52 ID:RuLllLBdB

無理したらあかんで



69: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:49:45 ID:DLJMeJkOs

>>65
ありがと、ルーミアに会いたくて、辛いぜ



68: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:48:55 ID:YmvooYtUz

まあ神だし



70: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)00:58:13 ID:Z9gBfMFSa

・・・まとめから少し読んできた
そうか、ルーミアとはもう…
俺も幻想郷行きたいけどな…
とりま方法わからん



71: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:05:52 ID:DLJMeJkOs

>>70
短い間だったけど、すごく幸せだった
今は思い出は胸にしまって頑張っている



泣き出した俺を見て四季様は、「判ってくれれば良いのです、後は善行を積めばね」とフォローしてくれた。閻魔にフォローされる俺が情けないやら贅沢なのやらでまた泣けてきた。
その後俺は善行を積むために、公務員になって国の為に尽くします、なんて分不相応な事を口走った。
それに対して四季様は、
「確か外の世界の公務員は利益を求めず、人の為に尽力する職業だと記憶しています。非常に立派で誰でも出来ることではありません。ですが貴方はもっと見聞を広めて、様々な職業を知り、自分に適した職業に就いて一生懸命働くのも、結果として人の為、社会の為になるはずですよ。もちろん、人の道に外れた職業はいけませんからね。まずは広い視点で物事を見つめる事、それが今貴方が積める善行なのです」
こんな有難い言葉を言って頂いた。



73: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:07:21 ID:DLJMeJkOs

>>70
明晰夢のやり方ならさっきレスしたが、疲れ気味で布団に入って、数字でも数えてれば大丈夫
後はなんとか幻想郷に行くことを努力してくれ



74: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:12:51 ID:Z9gBfMFSa

>>73
ありがとう
しかしこの話、どうも夢っぽくねえな…
明晰夢とは言え本人の夢だから少なくとも本人が望まない結果になるとは思えない…
明晰夢じゃ無かったかもな…



76: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:22:07 ID:DLJMeJkOs

>>74
ただの夢なのかもしれないね、運良く好きなシチュエーションの夢を見れただけかも、自由に操作出来るなら、ずっとルーミアと暮らしてるからな



75: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:17:57 ID:MfZfzgyEz

本当に幻想郷に行ったとも解釈できるし
夢の世界にひたりすぎるのはよくないと>>1の脳が
判断したことによる防衛本能とも解釈できるな



76: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:22:07 ID:DLJMeJkOs

>>75
俺としては確かに幻想郷に行ったと思うが、一般的には脳の防衛反応が至極真当だもんなぁ、説得力あるし



77: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:22:58 ID:DLJMeJkOs

一通りお話を頂いた後、四季様は俺をそろそろ、幻想郷から外の世界に移動させる頃になったと言った。
俺はルーミアに会えなくなる事が悲しくて、悲しくて、猛烈に泣いた。
ガラナを美味しそうに飲んでいる横顔、俺の情けない愚痴を聞いてくれる母親の様な表情、寝ている時の無防備な寝顔、色んな思い出が、一気に胸にこみ上げて来て、涙がポロポロ落ちてくる。
一緒に過ごせて、とても幸せでしたと、伝えられないと思うと、とことん自分を恨んだ。
もしかするとルーミアは迷惑だったかもしれない、こんなことまで考え始めてしまった。



80: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:56:15 ID:DLJMeJkOs

嫌な事を考えると止まらなくなり、ルーミアに対して愛を伝えるのではなく、謝罪したい気持ちが強くなってしまった。俺のせいで今回の事件に巻き込んでしまったことが、悔やまれてしょうがない。俺がいなければ、今頃チルノ達と遊んでいるのに、俺のせいだ、俺のせいだ、と自暴自棄になりかけた頃、四季様が
「そこまで自分を卑しめては駄目です。過度な反省、後悔は己を滅亡させてしまう。それでは善行も積めないですよ」と優しくたしなめてくれた。
何とか涙が止まり、幻想郷から帰る覚悟を決めた時、四季様が善行を積む上でのヒントをくれた。
「まず広い視点を持つ事、次に自分を過度に卑しめない事、そして自らの行いは必ず誰かが見ている事、これらを旨とし、生きていくのです。それらは必ずや善行となり、貴方に良い結果をもたらすはずです。大丈夫、貴方を誰よりも応援している方がいますから」
四季様はそう言うと、ポケットから手紙を取り出した。
そこにはあの見慣れた小さな家の、ドアにかかっているプレートに書かれた筆跡と全く一緒の筆跡で、

『○○と恋人になれて、とても幸せでした。
○○ががんばれるよう、私もがんばるので、たまに思い出してください。ずっと大好きです。
ルーミア』

と、書いてあった。ところどころ滲んでて、読みにくくて、それでいて温かい手紙だった。

気がつくと目が覚めて、いつもの自分の部屋にいた。その後一時間近く泣いた。



81: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:57:28 ID:DLJMeJkOs

これで明晰夢バカの話は終わりです
とりあえずちょっと泣いてきます



83: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)02:00:35 ID:Z9gBfMFSa

お疲れ様
存分に泣いてこい…
・・・本気で俺も行こうと思った
もしかすると、本当に幻想入りしてちかもしれん
そいつを確かめに行きたい
まあ俺がしかたら何年かかるこわからんが



85: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)02:10:17 ID:DLJMeJkOs

>>83
がんばれ、きっといける
俺は行きたくてしゃあないけど、ルーミアのためにも頑張る
閻魔様も見てるだろうしな



86: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)02:13:15 ID:Z9gBfMFSa

>>85
おう
そんでもってルーミアとか映姫様に会ってくる
てか誰か手伝って



87: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)02:15:37 ID:tryrFT7Gn

明晰夢いきたい>>1おつ



◆関連記事

明晰夢を練習したら幻想郷入り出来た話

また明晰夢で幻想郷行ってきた

またまた明晰夢で幻想郷に行ってきた
 

おすすめ記事リンク!