1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:18:40.47 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「白と水色を一枚ずつ、計二枚がな」

コナン「ほほう」

阿笠「こないだ歩美君の家に忍び込んで盗んできたものなんじゃが」

コナン「へえ」

阿笠「このパンツでな」

コナン「うん」

阿笠「天ぷらを作ってみようと思うんじゃ」

コナン「なるほど」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:19:06.99 ID:nsgWkN5+0.net

なるほど



転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1405430320/l50




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:19:43.90 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「うむ、油はいい具合じゃ」

コナン「じゃあ歩美のパンツに衣をつけて……」

阿笠「油の中にほいっと」

 ジュゥゥゥゥ パチパチパチ

阿笠「ふむぅ、揚げられたパンツから良い香りが立ち上るわい」

コナン「小学一年生の女の子のパンツだからな。そりゃあ良い匂いだろう」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:20:29.09 ID:pE0M4p3v0.net

洗う前か洗った後かが問題だ



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:20:51.29 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「よーし、揚がったぞ」

コナン「では早速実食と行こう」

阿笠「天つゆ……いや、パンツに染み込みすぎて味がわからなくなってしまうかもしれん」

阿笠「これは塩で行こう」

コナン「そうだな。いい判断だ」

阿笠「塩をパラパラと振って……」

コナン「いただきます」

 サクッ



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:22:17.04 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「ほほう、これはこれは」

コナン「児童用パンツの綿に染み込んだ歩美ちゃんの体の香り……」

阿笠「いくら洗濯しようと使っている本人の臭いというのは取れんからのう……」

阿笠「特にパンツなどの肌に直接触れている下着、さらに陰部という強い臭いの付きやすい衣類は」

阿笠「このようにどうしても臭いが残ってしまう」

コナン「さらに揚げる……つまり温められたことにより」

コナン「残っていた臭いはパンツの奥底からふわりと浮きあがってきたんだな……」

阿笠「うむ、美味い美味い。美味いのう」サクサクモシャモシャ



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:25:09.07 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「さて……美味いことは美味いが」

阿笠「ここで一つ贅沢な欲が生まれた」

コナン「奇遇だな博士……実は俺も何だ」

コナン「……歩美の」


二人「脱ぎたてパンツを天ぷらにして食いたい……!」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:26:01.07 ID:pE0M4p3v0.net

ほう



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:26:10.93 ID:EimBkp9i0.net

なるほど



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:26:36.24 ID:+Iyy8DFg0.net

濡れてると
油飛び散って危ないぞ



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:26:56.85 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「それものう、できればしっかり体臭の染み込んだパンツを食いたいんじゃ」

阿笠「汗などたくさん吸った蒸れ蒸れのパンツを……のう」

コナン「わかる。わかるぜその気持ち」

阿笠「それをハサミか何かで半分にして、ワシら二人で天ぷらを……ああ、食いたい。食いたいのう」

コナン「よーし、じゃあ今度の体育の授業の帰り、歩美を家に誘おうぜ」

コナン「カキ氷食わせてやるとか言えばきっと来るだろ」

コナン「カキ氷に睡眠薬でも混ぜてやれば眠っちまってパンツも脱がせやすいしな!」

阿笠「ほう! それは名案じゃ!」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:28:47.10 ID:5bZkG78I0.net

 数日後

歩美「今日は暑いのに外で体育があってすっごく汗かいちゃったねー」

灰原「ホント……体育館でできなかったのかしら」

元太「でも体育館も暑いっちゃ暑いぜ? 窓開けたり空調効かせたりしても、どうしてもムシムシしててよぉ」

歩美「そうなんだよねー」

コナン「でも夏って感じの暑さも俺は嫌いじゃないけどな」

灰原「ま、良く言えば夏の風物詩って奴かもしれないわね……ところで円谷君は?」

元太「熱中症で死んだぜ!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:30:15.40 ID:gWnSSv7lO.net

さすが光彦!



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:31:17.55 ID:5bZkG78I0.net

コナン「そうだ歩美ちゃん、ここだけの話なんだがな……」

歩美「? 何?」

コナン「今日は阿笠博士んちでカキ氷を作るらしい、元太には内緒で歩美も来いよ」

歩美「ええっ! いいの!?」

コナン「ああ、暑くてたまんねぇだろうから一旦家に帰らずこのまま博士んち行こうぜ」

歩美「うん!」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:34:12.79 ID:5bZkG78I0.net

 阿笠宅

歩美「おいしー!」

灰原「あらあら、江戸川君ってば小嶋君には内緒で吉田さんは誘ったのね」

コナン「バーロー、元太を呼んだら博士の家の氷がなくなっちまうだろうが」

灰原「ふふふ、そうね……」

灰原「……」

灰原「いや、流石に彼もそこまで食べは……うーん……」

歩美「ダメだよねー、カキ氷の食べ過ぎはお腹壊しちゃうよねー」

阿笠「ほっほっほ、そうじゃな。夏場だからって冷たいものばかり食べてはいかん」

阿笠「暑い夏に暖かいものというのも美味しいんじゃよ」

阿笠「天ぷらとかのう」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:36:16.03 ID:5bZkG78I0.net

歩美「……」スヤスヤ

灰原「……」スヤスヤ

阿笠「うむ、二人ともカキ氷を食べて少ししたら眠ってしまったのう」

コナン「邪魔されないように灰原も睡眠薬入りのカキ氷食わせたけど」

コナン「せっかくだから灰原のパンツも天ぷらにしてみようぜ!」

阿笠「おお、それは良い考えじゃ!」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:38:22.21 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「では二人のパンツを」

コナン「脱ぎ脱ぎさせて行こう」

 スルスル

阿笠「おっほwwwww小学生のおまんことご対面じゃwwwwwwwwwwww」

コナン「汗で臭いがすごいことになってるぜ」

阿笠「じゃが今回はおまんこではなくパンツが目的じゃからな」

コナン「そうだな」

阿笠「イエスパンツ、ノーおまんこ」

コナン「うむ」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:40:48.54 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「歩美君のパンツはこないだ食ったのと同じ綿素材の」

阿笠「児童用の可愛らしい薄いピンク色のパンツじゃ」

阿笠「歩美君の汗でじっとりと濡れておるぞぉ、ほっほwwwwwwww」

コナン「灰原のパンツは同じく児童用の綿素材白パンだ」

コナン「大人っぽい黒いのを期待してたんだが」

コナン「そういうのはあんまり買えねえよなぁこの体じゃ」

阿笠「さあ、新鮮なうちに調理を始めよう」

コナン「そうだな、パンツが新鮮なうちにな」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:43:08.53 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「それぞれのパンツを半分に切り分け」

阿笠「衣を付けて揚げる」

 ジュゥゥゥ パチパチパチ パチ パチパチ

阿笠「うーむ、こないだ嗅いだのと同じ」

阿笠「小学生の体の臭い……そして今回は以前よりずっと濃い臭いじゃぞおおおおおおおお」

コナン「何しろ体育と暑さで汗じっとりのパンツだからな」

コナン「きっと汗で良い感じの塩味も付いてるぜ」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:45:34.41 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「……ふむ、時間的にそろそろじゃな」

コナン「え? まだ揚がったようには見えないが……」

阿笠「ほっほっほ、新一、この計量カップをおまんこ丸出しでソファーに座っている二人のおまんこに当てて置いてくれ」

コナン「? ああ……まあいいけどよ」

コナン「えーと、こうか……?」

歩美「んぅ……」

灰原「ん……」

コナン「げ、もう起きそうなのか?」

コナン「いや、でも睡眠薬の効力からするとまだ余裕が……」

 チョロ

コナン「ん?」

 チョロロロロロロロ

コナン「こ、これは!!」



コナン「歩美と灰原の 黄 金 水 !」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:49:08.22 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「ほっほっほwwwwwww実は二人のカキ氷には睡眠薬だけではなく」

阿笠「利尿剤も入れてあったんじゃよwwwwwwwww」

コナン「な、何故そんなことを……ま、まさか!」

阿笠「そうじゃ! 今回は塩ではなく」

阿笠「二人の黄金水を天つゆ代わりに食べようという話じゃよ!」

コナン「そ、そうか! 天つゆではパンツを食うには味が濃すぎるが」

コナン「黄金水なら適度な塩味であり、さらに二人の排泄した黄金水なら二人のパンツとも味がマッチするのは間違いない!」

阿笠「ほっほっほ、そういうことじゃ」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:50:34.44 ID:rZZfFVXS0.net

狂気じみてやがる



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:51:33.69 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「さあ、揚がったぞ新一! 二人のパンツの天ぷらじゃ!」

コナン「こっちも二人の黄金水を器に入れなおしたぜ!」

阿笠「ではテーブルに座り」

コナン「いただきます」

 サクッ

阿笠「ふ、ふおおおおお!」

コナン「こ、これは!」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:52:26.93 ID:8uunabNO0.net

越えちゃいけないラインはまだ越えないか



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:52:57.59 ID:Ee8xvi8+0.net

相変わらずブレなさすぎて笑える



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:53:04.28 ID:/W3lm2AJ0.net

勃ってきたなんでや



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:53:26.68 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「一口噛んだ瞬間にふわりと立ち上る、歩美君や哀君の汗の臭い!」

阿笠「濃いッ!!」

コナン「だが決して嫌な濃さではない!」

コナン「芳醇だ! すごく良い! ただ揚げただけなのに何日も熟成させたスープやカレーに匹敵する濃厚な香り!」

阿笠「歩美君はいかにも子供らしく、元気に走り回ってかいた塩っ気の強い汗の香りじゃが」

阿笠「哀君は控えめじゃったんじゃろうなぁ、塩っ気が薄い」

阿笠「しかしその代わりに大人っぽい上品な体臭が天ぷらから立ち上る!」

阿笠「こいつは大人の味じゃぞおおおおおおおおお」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:56:01.73 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「そして香りだけではない! この味じゃ! 汗と黄金水の塩味!」

阿笠「ああ、これは今の時代ではどれだけ天つゆと天ぷらを試行錯誤してもまず作れん、絶妙な塩味のバランス!」

コナン「歩美の黄金水はまろやかな感じ、灰原の黄金水はちょっと刺激のある味だな!」

阿笠「歩美君のパンツを歩美君の黄金水で、哀君のパンツを哀君の黄金水で食っても良いが」

阿笠「歩美君のパンツを哀君の黄金水で食ったり、哀君のパンツを歩美君の黄金水で食うのも面白い味の変化が出るのぉ――ッ!!」

コナン「ああ! 口の中で二人がレズセックスしてるみてぇだ!」

コナン「歩美のパンツを灰原の黄金水で食べると、歩美の体臭を灰原の黄金水が覆う、SMプレイのような刺激的味!」

阿笠「しかしその逆! 哀君のパンツを歩美君の黄金水で食べると、お風呂中にうっかり黄金水をひっかけてしまったような、まろやかな味に仕上がる!」

コナン「そうだ! 二人の黄金水を混ぜてみよう!」

阿笠「なんと! それは新しい! ワシもやってみよう!」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:57:56.81 ID:rZZfFVXS0.net

ああ! 口の中で二人がレズセックスしてるみてぇだ!


名言である



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:57:29.99 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「こ、これはァ――ッ!! なんというコラボレーション!」

コナン「二人の黄金水が混ざり合うことで、灰原のキツめの刺激と歩美のまろやかで物足りない部分が」

コナン「それぞれをカバーし合って絶妙な味のバランスになったァ――!!」

阿笠「そしてこれに天ぷらをつけて食うと!」

阿笠「ああなんということか! 濃厚! そして芳醇!」

阿笠「深いコクのある味と香り! 口の中でパンツの旨味が最大限まで引き出され舞い踊っておるぞおおおおおお」

コナン「くは――ッ! 生きててよかったァ―――――!!」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:59:06.51 ID:5bZkG78I0.net

阿笠「ああ堪能した。さて、二人に替えのパンツを穿かせてっと」

コナン「博士のパンツコレクションに二人のパンツと同じパンツがあって良かったな」

阿笠「ワシのパンツコレクションはほぼすべてのパンツが用意されておるからのう」

コナン「微妙に汗ばんだ感じは穿かせときゃしばらくすれば汗ばんだのが戻るし、これならバレねえ」

阿笠「さて、後は二人はゆっくり眠らせておくとして……」

阿笠「次なる天ぷらじゃが」

コナン「ああ……」



二人「腋汗染みっ染みのシャツ食いてぇ……!」


おわり



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:59:07.92 ID:a/PIG+Mg0.net

神スレ



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 22:59:50.05 ID:+a1O7eUOi.net

おつ



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/15(火) 23:01:50.83 ID:Z2r18+FH0.net

ここに1人の天才か・・・



◆関連記事

【注意】光彦「僕の望んでいた世界」

【注意】阿笠「光彦君、30日間マ○ドナルド生活にチャレンジせんか?」

今日コンビニで女の子から「200円貸してください」言われた
 

おすすめ記事リンク!