1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:17:12 ID:4ccEjLbeX

○ム○ェイではない。



4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:20:10 ID:4ccEjLbeX

1か月前にバイト時代の先輩から「明後日、暇?」って連絡がきた。
誕生日が近いこともあり、単純に祝ってくれるんだろうと思ってた…
連絡のあった次の日に「一生に一度しかないようないい話」だという
連絡がきた。



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408180632/




7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:23:44 ID:4ccEjLbeX

「一生に一度しかないようないい話」というところで俺の危険察知センサーがMAXに。
共通の友人であるY(仮名)に「先輩からなんか変な話聞いてない?」と連絡を取る。

すると、すでに勧誘されて「何もしなくても儲かるからとにかく書け」と言われて
今日、会いに行くとのことだった。



9: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:28:36 ID:4ccEjLbeX

Y子に怖いからついてきてほしいといわれ、事前にY子が受けた勧誘内容を聞いて
会社のトイレでスマホをいじくって臨戦態勢を作った。

Y子から聞いた内容は「最初に10万払って、2か月以内に4人紹介する。あとは、4人がさらに4人ずつ勧誘してグループを作る。商品を1か月1万5千円買うことが報酬を受け取る条件。その条件を守ればダウンの売り上げの15%、2代目は10%、3~7代目までは5%入るとの話だった」



10: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:33:02 ID:4ccEjLbeX

Y子と会社が終わってから待ち合わせをする。
今日は先輩ではなくて、共通の後輩が申込書を書かせに来るとの事だった。

ちなみにY子は後輩に俺が来ることを伝えていない。

俺とY子は喫茶店に入り、後輩が来る前に打ち合わせをした。
内容としては
・絶対に書かない。
・書かない理由は会社の副業規定
・奴らの通帳を見せてもらう

そして後輩が来る前にY子と俺は席を離れることにした。
後輩が俺の顔を見たら逃げる恐れがあるからである。



11: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:36:37 ID:4ccEjLbeX

そして、後輩がきた。

Y子は後輩のご機嫌をうかがいつつ世間話をしている。
この後輩をN田とする。

N田は「仕事やめて、これに集中することにしました。ミーティングが毎日あって、めちゃくちゃ充実してます。」みたいなことを言ってた。

N田「ちょっと、僕もコーヒー買ってきますわ!」

ここで、俺はY子の隣に座る。



12: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:41:29 ID:4ccEjLbeX

俺が座ってるところにコーヒーを持ってN田登場

N田「え…T中さん、なんでいるんですか?」

俺「おいしい話だったら一緒に聞こうかなと思って。」

N田「ちょ、Y子さん、なんでT中さん呼んでるんですか?」

Y子「偶然、喫茶店で会ってん!」

N田「絶対ちがうでしょ。T中さん止めに来たんですか?人生つぶれましたよ!」

俺「つぶれてもいいし。話聞かせてや。」

N田「今日は時間がないんで無理です。明日聞いてください!」



13: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:45:51 ID:4ccEjLbeX

そこで、N田に疑問点をぶつけてみる。

俺「とりあえず、儲かるっていうのを信じたとして、会社の副業規定に反しないの?」

N田「え、とりあえず、給料じゃないんで大丈夫っすよ!」

俺「いや、給料じゃなくても20万超えたら確定申告せなあかんやん。」

N田「本社確認します。」

俺「とりあえず、それが解決しないと俺もこいつも書かないで。」



17: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:57:52 ID:4ccEjLbeX

ここで、N田のアップのゆーすけ君が登場

ゆーすけ君「はじめまして。どういう状況ですか?Y子さん入る感じでしたよね。」

俺「会社の副業規定に反するかどうかを聞いて、調べてもらってからってことになってる。」

ゆーすけ君「まじっすか。もったいないっす。Y子さんとりあえず書いときましょうよ。
土曜日までFAX待てるんで、その間にダメって言ってくれたら流さないんで。」

Y子「え~。どうしよ。」

俺「こういうのは、完全に納得がいってからでしょ。」

ゆーすけ君「でも、もっかい申込書書くために来てもらうのも嫌でしょ。
それより、T中さん明日のプレゼンは来てくれるんですか?」

俺「内容聞かないと、何も言えないしそれはいかせてもらう。」

ゆーすけ君「まあ、Y子さん書いといてください。」

Y子「わかった…。書くわ。T中のプレゼン私も行っていい?」

N田、ゆ~すけ「まあ、それはいいっすけど。」

俺、Y子が書こうとしてる申込書を奪う。

俺「これも明日Y子がきたときに書いたらいいよな?質問の回答もでてるやろ?」

N田「え、とりあえず書いときましょうよ。」

ゆーすけ君「あ、じゃあそれでいいです。」

俺「申込書、どこ書いたら教えてくれたら書いとくで」

ゆーすけ君「こことこことここです。」

俺は概要説明書なる報酬プランが乗った申込用紙を手に入れた。



18: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)18:58:05 ID:i2XNA8n1S

マルチってかねずみ講?



19: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:00:09 ID:4ccEjLbeX

Y子から申込用紙をもらい、次の日の決戦のために読み込む。

結論:横文字の固まりすぎて意味が分からない。
そこで、youtubeのメンバーの勉強用という動画を見ることにした。
3回転くらいして、言葉の意味が分かる。



20: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:06:39 ID:4ccEjLbeX

プレゼン当日

登場人物 俺(T中)、Y子
先輩(S木)、後輩(N田)、N田のアップ(ゆ~すけ君)、きもいおっさん(A部)

ファミレスに入れられる。
マルチ商法のプレゼンは囲まれると聞いていたが、まさしくその通り。

とりあえず、飯を食う。

勧誘側は夢物語を延々と語り
「10万が惜しい人間にこのビジネスは無理です。僕は絶対に成功すると確信してます。」
だの
「すでに週に15万の収入がある。絶対に儲かる。」
だの
「やらないと人生をドブにすてるだの」
プレゼン前にさんざん戯言を聞かされるのであった。



21: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:10:18 ID:4ccEjLbeX

そして、プレゼン開始。

会社概要→すげー会社です。50年に一度の会社です。
創設者→天才です。すげーです。リスペクトです。
商品→すごく良質で素晴らしい商品です。元気になります。癌に効くそうです。
報酬プラン→誰もが儲かる素晴らしいプランです。

ざっとこんな内容のことを2時間ほど永遠と語られる。
眠い。



22: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:10:55 ID:i2XNA8n1S

内容うさんくさすぎワロタ



23: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:17:44 ID:4ccEjLbeX

眠さを堪えて

俺「ちなみに、入るとしたら俺の位置はどこになるの?」

ゆ~すけ君「上のほうです。始まって、まだ間もないビジネスなので、全然大丈夫です。」

俺「とりあえず、ゆ~すけ君が儲かってるっていうのは聞いてるんだけど、通帳かなんかある?」

ゆ~すけ君「僕は全然なんで、見せられるほどじゃないです。」

俺「週15万入ってるんやろ?」

ゆ~すけ君「そうですけど。」

S木「俺も今週7万くらい入ってくるで。」

俺「なんか、証明できますか?」

N田「すんげえ儲けてるぷっちょさんの報酬見せれるんで、それ見せますね!」

ぷっちょさんとやらの報酬を見る。

30万や20万やら100万やら数字が書いてる。
ちなみにスクショされてたのはマルチ会社のHPのぷっちょさんのマイページらしい。
ネットバンキングのスクショみせろやと思う。



24: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:23:42 ID:4ccEjLbeX

A部「絶対に儲かると確信してますよ!」

俺「あなたは、儲かってるんですか?」

A部「僕ははじめたばっかりなので、でも儲かります。」

俺「あっそ。」

俺「あと、昨日の副業のとこはどうなってるの?」

N田「確認したら、全然オッケーっす。そんなんで会社はクビにならないっす。」

俺「うちの会社の解雇事例にあるけど?公務員って●ムウェイやるとクビって知ってるか?」

N田「ばれなきゃ大丈夫です。大学教授もやってるんですよ!」

俺「ばれるリスクはあるよな。大手企業ってのはそのへん公務員と横並びだからな。」
 
ちなみにY子はこの時横で寝ていた。



25: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:34:43 ID:4ccEjLbeX

俺「とにかく、そこがある以上俺もY子もやらん。」

S木「いや、一生その会社におる気か?そんな人生でいいんか?」

俺「今の会社でも地道に務めれば年収800とか1000とかはいけるんで。」

S木「それ以上の金がほしくないか?」

俺「あるに越したことはないですけど、将来を捨ててまでほしくはないです。」

S木「儲かるってわかったら、会社やめたらいいやん。」

俺「一時的な儲けより、40年の安定が大事です。」

S木「だから、日本人的思考はあかんねん!もっと、チャレンジしないと。」

俺「そもそも日本という国は大半がそうやって生きてきてるんです。」

ゆ~すけ君「まじ、もったいないですけど、いいんですか?」

N田「S木さんはもう勧誘とかしないでいいんですよ。なのにT中さんのために誘ってくれてるんです。」

S木「俺のグループが成功しないわけないだろ?」

A部「こんだけ言ってくれてるんですよ。会社なんていいじゃないですか?」

だんだん、めんどくさくなってきた。
とりあえず、さっさと終わりたいと思い。

俺「安定が悪いか?お前ら全員フリーターだろうが?
お前ら、何やってもかまわんが、ほかの人間巻き込むなや。
俺は現状で満足してるんや。Y子も満足してる。それでいいやろ。」



26: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:37:02 ID:4ccEjLbeX

ちなみにY子はこの時に起きる。

俺「入らないってことで帰りますね。じゃ!」

S木「後で入りたいっていっても知らんからな!」

俺「月収100万目指して、頑張ってください!」


飯代1000円をテーブルに置いて、Y子と退散。



27: 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)19:37:13 ID:4ccEjLbeX

以上です。



◆関連記事

わざとねずみ講のセミナーに潜入したったったったwwwwwwww

ねずみ講(マルチ)の説明会参加しったったwwwwwwwww

ねずみ講に誘われた話をする
 

おすすめ記事リンク!