1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:50:27.30 ID:ZTJSVz8g0.net

俺はリョナラーだ
女が苦しんでる姿を見ると興奮するわけだ
そんな俺があるときこんな妄想をした



転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1408150227/l50




2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:53:42.81 ID:ZTJSVz8g0.net

俺は彼女をつれて地域のフルマラソン大会に出ることになった

彼女「マラソンとか嫌だなぁ…」

俺「まぁいいじゃんたまには いい思い出作りだと思えば」

彼女「足つっちゃったらどうしよう…」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:54:24.81 ID:ZTJSVz8g0.net

妄想中の俺はこの時点ですでにシコシコしたい気分になっていた



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:55:24.31 ID:ZTJSVz8g0.net

マラソンがスタートした
その瞬間

彼女「あっ! 足がつった!」

ふくらはぎを押さえケンケンする彼女

俺「大丈夫か!? 伸ばしてやるから座って」

彼女の足を持ちふくらはぎをストレッチしてあげる俺

俺「やっぱり走るのは止めにしようか」

彼女「大丈夫だよこんなの!」

俺「でもお前足が…」

彼女「ちょっとつっただけだよ!」

俺「そうか… でも無理すんなよ」

彼女「うん(*^^*) 大丈夫(`・ω・´)」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:56:27.75 ID:ZTJSVz8g0.net

妄想中の俺は無意識に服の上からチンこをなでていた



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:57:22.47 ID:ZTJSVz8g0.net

再び走り出した俺と彼女
念入りにストレッチしたからかその後少しの間は足がつることは無かった
しかし22キロの折り返し地点で彼女が両足をつってしまった

彼女「いっ、痛い!」

今度は両足だったので彼女はすぐに倒れ込んでしまった

俺「どこをつった!?」

彼女「みっ、右はふくらはぎで、左はすねっ…!」

しかし、俺はこの時左右を間違えてしまった
悪化する方向にそれぞれの足を曲げる俺

彼女「痛たたたっ!逆っ!逆っ!」

事態に気づく俺

俺「ごめんごめん! 左右逆だった(笑)」

この時は彼女も流石に少しキレていた

俺「立てる?」

彼女「大丈夫… 」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:57:58.67 ID:ZTJSVz8g0.net

妄想中の俺はこの時点でフルに近い形で勃起していた



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:58:45.95 ID:ZTJSVz8g0.net

この後も何度も彼女は足をつり続けた
流石に俺もなにかおかしいと思い始めた

俺(いくら彼女が運動不足だからってこんなに足つるか?…)

少し不安になる俺
40キロ地点になると今度は太ももがつり始めた

彼女「ふっ、太ももが… 太ももがつったっ!」

あまりの痛みに顔をゆがめ倒れる彼女

俺「太ももが!?大丈夫?」

彼女「いっ…!」

声も詰まるほどの痛みだったようだ

彼女「膝が… 剥がされそう…!」

俺「今治してやる!」

膝を曲げ太ももの筋を伸ばしてやる俺
苦痛に顔をゆがめる彼女

彼女「ごめんね何度も…」

俺「いいって!何回でも治してやるよ」

しかしこのあと更なる悲劇が起こる



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:59:17.65 ID:ZTJSVz8g0.net

妄想中の俺はフル勃起状態だ



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 09:59:49.28 ID:ZTJSVz8g0.net

ふと彼女を見ると汗の量が半端で無いことに気づいた

俺(これはもしかすると…)

熱中症の初期症状に足がつることがあると言うのを聞いたことがあった
彼女は軽い頭痛とめまいも訴えていた



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:00:53.43 ID:ZTJSVz8g0.net

残り1キロの地点でまた彼女が足をつって倒れた
しかも倒れ方が尋常では無かった

彼女「足がっ…足の筋肉が全部つってるっ…!」

俺「ぜっ、全部!?」

俺は取り敢えず右のふくらはぎから伸ばすことにした

彼女「待ったっ! すねがつる!つった、つった!」

つま先の方向を元に戻す俺

彼女「ふくらはぎがっ…」

俺(どうすればいいんだ…)

彼女「と、とりあえず太ももを…」

俺「おっ、おう…」

太ももの前を伸ばす俺

彼女「あっ!もも裏がつった! 痛い…!」

足を元に戻す俺
再びももの前をつる彼女
この時彼女は右ふくらはぎ、右太もも前、左ふくらはぎをつっていた
俺はとりあえず彼女の足全体をマッサージする事にした
すると



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:01:57.91 ID:ZTJSVz8g0.net

彼女「土踏まずつった!」

俺「靴脱がせるよ?」

彼女「うん…」

俺は彼女の靴と靴下を脱がせた
土踏まずがカチカチに固まり指がいびつな形になっていた
足裏を伸ばす俺

彼女「足裏はいいから… 太ももとふくらはぎをお願いっ…!」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:03:11.15 ID:ZTJSVz8g0.net

どう伸ばせば良いか分からなかったので俺は足首を持ち足をブラブラしてみる事にした

彼女「やっ、やめてっ!? あっ つっ…! 痛たたたっ!?」

俺の予想は外れた
良くなるどころか左右のふくらはぎ、土踏まず、太もも前を全部つってしまったようだ
ふくらはぎはふくれた部分が凹んでいる

彼女「ヴぅ… 痛い…」

戸惑う俺
ふと俺は思った

俺(きっと彼女は熱中症だ! 水分補給をさせよう)

俺「ちょっと待ってて!水分買ってくるから!」

彼女「…うっ、うん」

走って近くの自販機に向かいポカリを買う俺
足を押さえ必死に耐える彼女

俺は走って彼女の元に戻った
彼女はまだ足をつって悶絶していた

俺「ちょっと起き上がれるか?」

彼女「う、うん… いっ! 痛たたた! お腹がっ… お腹つった!」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:04:16.15 ID:ZTJSVz8g0.net

俺はどう伸ばしていいか分からなかった
お腹を押さえくの字になって苦しむ彼女
とりあえず水をと思い彼女を無理矢理起こしてポカリを飲ませる俺
しかし吸収されるまでは少し時間がかかり長い間彼女は痛みに耐え続けなければならなかった
俺はふと思った

俺(心臓も筋肉だよな… てことは…)

俺は助けを呼ぼうと周りを見渡したしかし誰もいない

ポケットから携帯を取り出し電話をしようとした
すると



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:04:56.53 ID:ZTJSVz8g0.net

彼女「やめて…! 誰も呼ばないで…!」

俺「何でだよ!? お前早く病院行かないと死ぬかもしれないんだぞ!」

彼女「っ…! でっ…でも… 私は>>1とゴールしたいの…!」

俺「そんな事言ってる場合じゃ…」

彼女「いい思いで作るんでしょ!? あと1キロだし頑張ろうよ!!」

俺は彼女の気に勝てなかった
彼女は足をつりまくったこのマラソンに命をかけているんだ
もしゴールして死んでもそれは本望だろう
ここで救急車に運ばれる方が杭が残るに違いない
痛みに耐え続ける彼女
手を繋ぎひたすら見守る俺



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:06:04.78 ID:mLX1kZVI0.net

ソフトだな



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:06:05.40 ID:ZTJSVz8g0.net

彼女「痛っ… ふくらはぎがっ…」

足首を上に上げてふくらはぎを伸ばす彼女

彼女「痛たたたっ… すねつった…! あっ! 太ももがっ…!」

動く度につる足や体の痛みに耐え顔をゆがめる彼女
ひたすら見守る俺
まるで出産のような光景だ

彼女「あっ! お腹と太もものつりが治った!あっ…あとはふくらはぎ…」

俺「そっ、そうか! 頑張れ!」

さらに数分の痛みに耐える彼女

彼女「やった…! やったよ…!全部治った!」

俺「やったな! よく頑張った!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:07:04.83 ID:ZTJSVz8g0.net

泣き出す彼女を抱きしめる俺
そのあと俺は彼女の足をマッサージする

彼女「痛たたた… 筋肉痛だわ…」

俺「お前よく頑張ったよ! これで出産の痛みにもきっと耐えられるな」

彼女「やだ\(//∇//)\ そんな話やめっ… そこ痛いっ! あっ~!」

こんな会話を続けながら数分のマッサージ
そして俺は彼女の手を握り立たせた
再びゴールに向かい走りだす俺と彼女

俺(こいつがこんなに根性のあるやつだったなんて… いい思い出作り以上にいい発見ができたな)

彼女は足を引きづりながら走っていた
俺も頑張らなきゃとそう思った次の瞬間…



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:08:08.74 ID:ZTJSVz8g0.net

俺「足の指がつったああああああああああああああああああああ!」

あまりにも大きな声に驚く彼女
キチガイのように倒れ込む俺

俺「痛っでえええええええええ!ヴおおおおおおおおおお! じっ…じぬうううううううううう!」

彼女「だっ、大丈夫…!?」

俺「だいじょうぶじゃないいいいいいいいいいいい!」

彼女「足伸ばそうか…!?」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:09:08.21 ID:ZTJSVz8g0.net

俺「ぎゅっ…ぎゅうぎゅうじゃ…!」

彼女「えっ…!? 指がつっただけじゃ…」

俺「いいがらぎゅうぎゅうじゃよべっでええええええええええええええええええ!いだいよおおおおおおおおおおおおおおん!ヴわああああああああああああああああん!」

急いで救急車を呼ぶ彼女
全身を焼かれる拷問を受けたように苦しむ俺

そのあと彼女とは別れることになった



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:09:43.76 ID:ZTJSVz8g0.net

妄想中の俺はちんこをつっていた



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:10:09.46 ID:ZTJSVz8g0.net

おしまい



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:10:18.00 ID:7p7WTO4m0.net

そうして>>1はフル勃起のまま心臓の筋肉がつり死んだ



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:11:19.63 ID:ZTJSVz8g0.net

>>24一応生きてるんだが



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:22:00.63 ID:6nI5456e0.net

痛いスレを建てるな
お前が自らをリョナラーと名乗る資格はない



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:24:05.01 ID:m+NSMnLw0.net

そうか
すぐ病院いけ



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:27:24.69 ID:ZTJSVz8g0.net

>>27自分で引っ張って治せる



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:33:45.86 ID:m+NSMnLw0.net

>>28
心臓じゃなく頭を診てもらえ



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:38:34.40 ID:ZTJSVz8g0.net

この話を見てフル勃起したやつは少なく無いはずだ
そんなソフトリョナが好きなあなた!
今すぐ決起してこの世をソフトリョナで溢れさせましょう



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:39:21.52 ID:mHOjFSfy0.net

お前にリョナラーを名乗る資格は無い



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/16(土) 10:41:17.14 ID:ZTJSVz8g0.net

資格なんて必要ない
この話にフル勃起した人間なら少なからずリョナの精神が眠っているはずだ



◆関連記事

【画像】遊戯王のヒロインはちょっとHすぎると思います><

性癖の変態レベル

【画像】もしかして女の子の一番魅力的な表情ってどや顔じゃないか?
 

おすすめ記事リンク!