1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 22:56:44.19 ID:zWxxpTqS0.net

1回無理矢理絞られた次の日
「あら、自分から来るなんてやっぱり私の蜜の味が忘れられないようですわね。精液をいただけましたら私も蜜を差し上げてもよろしいですわよ?」
みたいな



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 22:57:47.55 ID:12bvDTms0.net

匂いだけでイキそう



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 22:58:25.86 ID:ZcKvORWo0.net

水の精だっけ?
あれよりエロいよな



転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1407074204/l50




6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:00:57.51 ID:zWxxpTqS0.net

「では、自分でしごいて出してくださいな?」

「え? 昨日みたいに私がしてくれないのかですって? 嫌ですわ」

「あなたが別に嫌なら構いませんわよ。他の人間の精液でもよろしいですし…って、どうせあなたは逆らえないと思いますけど」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:01:15.56 ID:ZBTwK4W10.net

精液を主食にするのはエロい人の後付け設定だからな



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:04:07.66 ID:zWxxpTqS0.net

「ほら、私の言ったとおりでしょう? 私の蜜の味を知ってしまえばそれまですもの」

「ふふっ、凄く滑稽な眺めですわね。出すのはここですわよ? 私の口に…」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:07:32.68 ID:zWxxpTqS0.net

「…ん、やはり美味ですわね。人間をまるごと捕食する方や排泄物を好む方、そもそも人間と関わらない方もいらっしゃるようですが私はやはりこちらですわね」

「なんで手を止めているのですか? あと3回程出してくださいな。私の蜜には精力を増大させる効果もありますし、問題ないでしょう」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:10:14.15 ID:zWxxpTqS0.net

「ふう…ごちそうさまでした。それでは約束の蜜ですね…さあ存分にお飲みなさいな」

「言っておきますが飲めば飲むほど私が忘れられなくなりますが…まあ、浅ましいあなたには言っても無駄でしょうね」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:13:23.32 ID:zWxxpTqS0.net

「満足されました? ふふっ、それはよろしいですわ。それではごきげんよう。明日も楽しみにお待ちしておりますわ」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:19:10.66 ID:zWxxpTqS0.net

「…本当にいらっしゃったのですね。念のため言わせていただきますが、私の蜜には中毒性はありませんわ。つまり、あなたがここに来てしまうのはただ、欲望に負けてしまったからというだけ。それは覚えておいたほうがいいと思いますのよ」

「あら、まだ何も言ってませんわよ。まあ、話が速くていいのですけど…それではいただきましょうか」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:22:34.74 ID:zWxxpTqS0.net

「…ごちそうさまでした。それにしてもあなた…速いのですわね」

「いえ、見苦しい物を見る時間が短くなるので悪いことではありませんが…」

「あ、もう帰るのですね。…それではごきげんよう」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:27:04.34 ID:zWxxpTqS0.net

「来るなり性器をさらけ出すなんてあなた…」

「今日は私が搾って差し上げますわ。蜜も同時にあげますわよ」

「…別に特に意味はありませんわ。あなたの作業的なのはどうも好きじゃありませんの」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:31:05.83 ID:H/mCir4B0.net

うん。続けて



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:35:26.43 ID:zWxxpTqS0.net

「どうやら私の手で出させたほうが量は多いようですわね」

「…決めましたわ。少々面倒ではありますが今度からは毎日私が責めてあげますわ。幸運に思いなさいな」

「それにしても…フラフラですわね。…ちゃんと気をつけてお帰りなさいな。それではごきげんよう」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:40:59.97 ID:zWxxpTqS0.net

「今日は一日中雨のようですわね…気持ちいい…」

「それにしても、今日は来ないのでしょうか。蜜を我慢できるはずはありませんのに…」

「…もしかして、昨日やりすぎて怖がらせてしまったのでしょうか? でもあんなに気持ち良さそうで…」

「別に一日くらい摂取しなくても平気ですし今日はもう寝ましょうか…」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:47:01.62 ID:zWxxpTqS0.net

「…あなた、昨日はなぜ来なかったのですか?」

「え? 雨だから外に出るの面倒で蜜を飲みに来る気にならなかった?」

「…そんなことのせいで私は一日中お腹を空かせならればなりませんでしたのね」

「今日は一昨日の2倍責めて、2倍射精しいていだだきますわよ」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:52:46.09 ID:zWxxpTqS0.net

「…一日空けた割には薄いですわ。あなた自慰しましたわね?」

「しかも、一回やそこらじゃなく…今日は別の形でも補っていただきましょうか」

「サボテンは話しかけると元気になるのですわよ。同じように私にも話しかけてくださるかしら?」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 23:58:10.11 ID:zWxxpTqS0.net

「何でしょうその顔は。ここは退屈で…人間の話の一つや二つは聞きたくなっただけですわ」

「ほら、別に面白いことを話せとは言いませんわよ。人間の…あなたの日常でも話してくださいな」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:03:08.44 ID:klmHKNtTi.net

アルラウネちゃんを植木鉢にしたいです



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:05:24.16 ID:B/swWb1Y0.net

「最近周りの人が優しくなった? それはきっと私の蜜のせいですわ。あなたは他の人間からすればいい匂いがするはずでしょうね」

「…だからって特定の恋人を作ってはいけませんのよ。私の精液が少なくなってしまっては困りますわ」

「それとおそらく男に対してのほうが効果は大きいのですが…私の蜜を摂取していない人間の精液なんて臭いすら嗅ぎたくありませんのよ。気をつけてくださいね」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:10:00.11 ID:B/swWb1Y0.net

「まあ、私に犯された以上あなたを満足させられる人間などいるとは思えませんわ。ふふっ、もう人間と普通の性行為なんて何も感じないかもしれませんわね」

「でも安心なさいな。ずっと私の食事としてあげますから」

「さあ、もう少しお話を聞かせてくださる?」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:16:43.33 ID:B/swWb1Y0.net

「…なかなかに今日は有意義な時間を過ごせましたわ」

「もしよろしければこれからも、少しずつで構いませんので聞かせていただけます? よろしいのですか?ありがとうございます」

「今日はずいぶんと遅くなってしまいましたわね。それでは…・その前に最後にもう一口だけ蜜を…んっ…っぷはぁ…」

「…口の蜜もまた違って美味でしょう? それではごきげんよう」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:17:35.64 ID:klmHKNtTi.net

アルラウネちゃんの蜜をもっと美味しくしたくて土壌の改良を試みたらどうなりますか



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:27:43.67 ID:B/swWb1Y0.net

 
 
 

「…もう私たちも結構な付き合いですわね。ほとんど毎日のように来て、あなたには本当に感謝していますわ」

「でも、私はもっとずっと一緒にいたいのですわ。あなたはどう思っていらっしゃるの?」

「そう…そうですわね。あなたも色々とありますものね。変なことを言って悪かったですわね。今日の分も始めましょうか」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:35:41.64 ID:B/swWb1Y0.net

「…終わりですわね。ごちそうさまでした」

「私、最初は人間を一方的に拘束して精液を搾り取る方たちなんて野蛮だとしか思いませんでしたわ。それに恐怖心は味を悪くしてしまいますし…」

「でも、今でしたらわかりますわ。私はあなたを縛り付けてでも一緒に居たくて仕方がありませんもの。冗談じゃありませんわよ」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:39:28.46 ID:B/swWb1Y0.net

「ふふっ、人間の力で逃げると思いまして?」

「あなたが悪いのですよ…。もっと私と一緒にいてくれるって言ってくださればこんなことせずに済みましたのに。もう、我慢できませんのよ」

「安心してくださいな。もっと濃い蜜と特性の果実をたくさんあげますから。きっと喜んでいただけるはずですわ」



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:46:28.61 ID:B/swWb1Y0.net

「…あなたのでしたらきっと排泄物だろうがなんだろうが美味なんでしょうね…」

「そして、死体もきっと…うふふふ…」

「ふふっ、そんなもったいないことしませんわよ。そんなことしてしまったら精液も味わえませんしお話できませんもの」

「これからずーっと一緒ですわよ」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 00:49:01.49 ID:B/swWb1Y0.net

みたいな感じで高貴系寂しがり屋アルラウネに一生精を捧げ続けたい



◆関連記事

【才能】妄想が溢れすぎて辛い

エロ画像にストーリーつけるの楽しすぎワロタwww

嫁に「ライオンの交尾ってメスから誘うんだって」って言った結果wwww
 

おすすめ記事リンク!