1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:50:42 ID:OJ2tjyTyT

聞いてってくれ
書きためてるので、順次投下してく



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1411660242/




4: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:52:08 ID:OJ2tjyTyT

とりあえずスペック


19歳
身長175体重82のレスラー体型
老けルックス


同級生 いろいろ噂があるが、とりあえずビッチ
ルックスはあまりよくないが、スタイルは整ってる
胸はCくらいかな



6: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:52:31 ID:OJ2tjyTyT

その女とは高校も同じで、女からの相談(大抵は家庭に対する愚痴)を受けたり、放課後二人でカラオケや散策などをしたりすることもあるような、友達以上恋人未満な関係だった。
まぁ、女には男性依存症的な感じは否めないがな。当時女は面食いだったし。

んで、今年の受験の際に行動を共にすることになった。というのも俺母は遠方の祖父の見舞い、俺父は仕事、女は尞住みだったので、とりあえず俺母がホテルや交通機関を手配し、後は俺らでなんとかしろとのこと。



7: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:53:46 ID:OJ2tjyTyT

ちょいちょい質問とかもいいよ、出来る限り答える

んでんで、出発日。
・・・と思ったが、出発からホテルのチェックインまでは何もなかったんで割愛。
チェックイン後は各自の部屋に入るわけだが、ここで女が一言。
「片付け終わったらお前んとこ来るから」
何故だ・・・自習したかったのに・・・
とりあえず俺は荷物を整理した。
一息ついて暗記メモを取り出した、まさにその時ッッッ!

コンコン
「開けろー」



8: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:54:25 ID:OJ2tjyTyT

女だった。
部屋に入れたが、さすがはリケジョ、ムダを省いてホテル備え付けの浴衣とは・・・。
別段この時点では何の感情も無かったが、また女が一言。
「一時間ほど寝るから」



( 'ω')ふぁっ
俺のチキンハートは激しく動揺した・・・



な に を し ろ と い う の か



9: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:55:15 ID:OJ2tjyTyT

女はそのままうつ伏せになり、掛け布団もなしに寝息を立てだしたホテルの机に向かいながらも、背後には女の寝息・・・

(いや、俺は・・・待て待て待て・・・確かにこいつぁビッチだが、俺とはあくまで友達程度のはず・・・シモな意味の友だちなのか?wwwでもゴムないし・・・コンビニあるけど・・・無理に行ったらやべぇよ、学校行けなくなるやん・・・てか今受験前日よな?!)

とりあえず女からもらっておいた紅茶飲んだ(*´・ω・`)=3



10: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:55:52 ID:OJ2tjyTyT

~一時間後~
女が目を覚ましたようだ、俺は何もせず、ただただその背中を眺めていた

だけだと思ったか?www
つっても、俺ができたのは女の裸足の足裏をこちょこちょしてみたりといった軽いスキンシップである
どこまで行ってもチキンですなぁ

そして陽は落ち、夕飯の買い出し
その間、たわいもない話や俺のスマホを二人でいじったりして、ある程度俺の心も落ち着きを取り戻した
そして我ながらキモイと思いつつも、買い出しに行く際「いい子にしときなよ」と頭なでなでしたんだが、

い つ も の ツ ン は ど こ い っ た

「うにゅ・・・」と椅子にもたれかかる女をおいて、外出



11: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:56:19 ID:OJ2tjyTyT

とりあえずお好み焼きとたこ焼きが近くにあったので、適当にコンビニでドリンクやらも買ってホテルに戻る

が、ここが俺の最大の失敗となろうとは当時は夢にも思わなかったことであろう

夕飯を済ませ、女は再びベッドに寝転ぶ
最初の方は
俺:椅子 女:ベッド
で話していたが、少しだけ俺は勇気を出して、ベッドに腰掛け女と触れるかどうかの距離を保ちつつ話した
しかし・・・ほのかに香るシャンプーと、浴衣という薄布を通して感じる女のかすかな温もりが、俺の本能を奮い立たせ始めた
その時女は体を横たえ、俺は女のお腹あたりに自分の背中が来るような形で話していた―少しづつ、俺は背中を女のお腹に触れさせてみた



12: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:56:55 ID:OJ2tjyTyT

すると女も満更でもなさそうに、体を俺に寄せて来た
話をしながら、俺たちは少しづつ互いの体を触れ合わせていった
そして俺は女の髪を撫で、頭を愛撫し始めた
女は少しだけ目を伏せたが、俺の太ももに手を軽く乗せてきた
もちろん下半身はお察し

ここで俺は(もっと触れたい・・・)と思い、幼稚な作戦を展開してみた

「ちょっと眠いから横になりたい作戦」

そう、かの太宰治の『グッド・バイ』で使われた手法に似ている
といっても、俺の場合は酔ってもないので、居眠りを演じてみた



13: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:57:26 ID:OJ2tjyTyT

ウトウトし始めると、女は俺の頬をつついて起こした
気づいてたのだろうが、その流れを二回ほど繰り返したあと、俺はそのまま体を横たえた
女に背を向ける形だ
すると女は「抱き枕っ♪」と言いながら俺の背中に抱きついてきた(というのも、抱き枕とかの話題がでていたからだ)

「なんだよw」とか言いながらモゾモゾしてると、女は不意にベッドから起き上がり、デスクライトを消した



14: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:57:50 ID:OJ2tjyTyT

女が戻り、ベッドに身を投げたかと思えば、俺に正面から抱きついてきた
まだ俺はイチャイチャする程度とタカをくくっていたので、女の脇を指でクニクニしてみた

女「・・・きもちくない」

童〇にずいぶんとハイレベルな要求をなさる・・・
俺は元カノの体をいじっていた時の要領で行こうと思ったが、やはり個人によって感じるポイントが違う



15: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:58:22 ID:OJ2tjyTyT

まずは背中から腰回りの愛撫
女はどちらかといえば痩せてる方なので、背中の肉は薄めだが、やはり女の柔らかさは備えていた
俺は自身の太めの指を精一杯あやつり、指の先や腹をつかって丹念に撫で回した
ちょうど尾てい骨あたりに差し掛かったとき、女の体が少しだけピクっとなった
元カノもここが性感帯だったので、ここはゆっくり時間をかけて攻めた
すると女は

「胸触んないの・・・?」

と言ってきたので、まずは浴衣の上から撫でまわす
ブラはやはり硬い
浴衣の中に手を入れ、背中に回してブラのホックを外した
なにげ初体験ではあったが、案外簡単にホックは外せた
ブラを上げさせ、乳首以外を入念に撫でたり揉んだり・・・



16: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:58:52 ID:OJ2tjyTyT

そしたら急にキスしたくなった
胸を触りつつ女の顔を見つめていたら、向こうも察してくれたらしく「チューしたいの?」と誘ってくれた

まずは互いの唇が触れ合うギリギリまで近づける
本来はここで息を吹きかけたりして焦らすのだが、女は問答無用に唇を貪ってきた
少し動揺する俺を無視し、舌をねじ込んでくる
女の舌が俺の舌と絡み合い、互いの吐息が更なる欲求を呼び起こしていく



17: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:59:18 ID:OJ2tjyTyT

どうやら俺の攻めが甘かったらしい
女は突然唇を話したかと思うと、俺の舌の長さを見てきた
「少し短いのかな・・・」
と呟いたかと思うと、さっきよりも強引に唇を重ね、舌を喉に刺さんばかりの勢いで入れてきた
思わず「んぐっ?!」と声に出たが、必死に舌を絡ませ、俺の手は女の乳首を攻め始めた

乳首に指が触れたりつまんだりする度、女の吐息が少しだけ熱をもつ
たまらず俺は唇を離し、胸を舌で蹂躙し始めた
元カノとの比較しかできない俺は、はっきり言って戦術も戦略も欠けていただろうが、そこは互いの性慾に任せて誤魔化した



18: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)00:59:42 ID:OJ2tjyTyT

そして俺は再びキスしながら下半身に標的を定めた
パンツの上から尻を撫でまわすと、女は体をすり寄せてくる
そのまま手を滑り込ませ、その柔尻を思う存分手に味わわせた
しかしここで衝撃の一言
Gパンに保護されたマイサンを指で触れた女は「準備できてんじゃんw」と言いつつ

「お前のはシコシコしてやんねーよw」

何故なのだ
言いようのない悲しみを両手に込め、俺はひたすら奉仕活動に取り組んだ



19: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:00:29 ID:OJ2tjyTyT

見てるかーい(・´ω`・)

そして・・・俺にとっては未知の領域、ま●こへと進軍を開始
パンツがびしょ濡れである
面倒だったのですぐに生ま●こを触ってやった
驚いたのは愛液の量
手を滑り込ませただけなのに、すでに手のひらはほとんど愛液まみれ
ワレメを中指と薬指でこねくり回すと、次から次へと溢れてくる
クリをいじりながら
「これなーんだ?(。-∀-)」
「っ・・・クリクリするところ(笑)」
と、互いにある程度楽しみつつ頑張ってみた
何だかんだいって恋人とは違う相手なので、かなりフランクに接せる



20: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:00:50 ID:OJ2tjyTyT

さて、俺はどうしても気になって仕方ないことがあった
童〇多数なお前らなら察してくれるだろう
ま●この味である
俺は乳首を舐めていた舌を離し、まずは大陰唇あたりから舐め回してみた
女は意外そうな声で「舐めるんだ・・・っ」と呟いた
俺は何かしらの臭いは覚悟のうえで挑んだのが、はっきり言って拍子抜けだった
無臭なのである
相変わらず愛液の量こそすごかったが、味はほとんどない
少しだけしょっぱい&酸っぱいのは、微量の尿と酸性の愛液によるものだろう
俺は構わず舐め続けた
立派な犬です(^q^)



21: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:01:09 ID:OJ2tjyTyT

クリを舌でツンツンしたり、中に突っ込んでみたりと、初めてのま●こをしっかり堪能した
そしていよいよ本格的に手マン開始である
いじってもらえないことを把握していたにもかかわらず、マイサンはGパンを突き破りそうだったドリルーレッシャー
ただ、ここで女に「ゴム、ないんでしょ・・・?」と言われ、俺は数時間前の俺をぶん殴りたくなった
生でいきたかったが、その時は仕方ないと自分を抑えた
・・・生で入れるだけ入れればよかったかなwww

さすがはビッチと名高い女だ、自由に膣を操れるらしい
俺の指が切断されるのではないかと思うほどしめつけてくる
中に入れた中指と薬指は悲鳴をあげながらも、懸命にGスポをいじったりした
女の息が少し荒くなるが、童〇のワイに更なる要求
「奥にさ・・・コリコリするとこあるでしょ?そこして・・・」
とりあえずコリコリとやらを確認する
指がほとんど入ったあたりに、確かにそれまでの柔らかい膣壁とは違う物体がある
(これが子宮口か・・・)



22: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:01:28 ID:OJ2tjyTyT

子宮口は小指の先端くらいの大きさだろうか
突起の先端には穴があったので、ここから子供が産まれるのかと思うと、女性の辛さがほんの少しわかった気がする
それと同時に、女が中絶したことも思い出した
この生ま●こに突っ込めた男を羨ましいと思いながらも、これからの女の身を案じた
とりあえず今は女が少しでも満足できるように頑張ろう
そして俺は指の動きを加速させた



23: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:01:49 ID:OJ2tjyTyT

爪が短くてよかったと思ったのは今回が初めてだ
傷つける心配もなく、存分に可愛がってやれる(童〇だけどw)
子宮口を何度も指で弾くように刺激してやると、女はようやくそれらしい喘ぎ声を出し始めた
「っ・・・ふぁ・・・ぁぁ・・・」
蚊の鳴くような声ではあるが、そこがまた俺の下半身に訴えかけてきた
しかし、俺は自分の筋肉を恨むハメになった
瞬発的な力には恵まれていたが、持久力が欠けていたのだ
2、3度右手と左手を交代させるも、女が満足するまではできなかったようだ

今度からちゃんとそういう筋トレしたいが、誰かいい方法知らないか?



24: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:02:22 ID:OJ2tjyTyT

女には「まだまだじゃんw」「下手くそw」と罵られたが、いつものふざけたツンだったので、少しは満足してもらえたようだ。
俺は左腕に女の頭を乗せてやり、あとはさも事後であるかのようなピロートークを展開
一瞬だけ、恋人のような気持ちも抱いたが、そこは割り切った
俺は根がクソ真面目といわれるように、こういったことに関しては軽い気持ちにはなれなかったからだ(こんなことしときながらなw)
女が部屋に戻る前に交わしたキスは、なんとなく、オトナだった気がする

なお、試験は無事に落ちました\(^o^)/
医学部は厳しい

現在、俺も女も予備校に在籍
女は新しく男を作り、俺にも遠距離ではあるが彼女ができた
今は恋人のいるところの大学に入ろうと張り切っている
今回は息抜きということで、思い出話を語りたくなったのでスレ立てた



25: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:02:53 ID:OJ2tjyTyT

投下終了キリッ



26: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:05:20 ID:OJ2tjyTyT

量が多かったかな?



27: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:06:46 ID:Zn7zv44N0

すまないが産業



28: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:07:59 ID:OJ2tjyTyT

>>27
俺同級生と受験で同じホテル
女に誘われる
が、童○維持(笑)



36: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:20:34 ID:Zn7zv44N0

むしろ、その知人に安価でメッセぐらいしろ



37: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:22:01 ID:OJ2tjyTyT

>>36
すまんがその女とはこの一件については一切触れてなくてな…
一夜の夢、とでも思っておくわ



39: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:24:29 ID:vb9jLrCfC

その子のことは好きなの?



41: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:25:25 ID:OJ2tjyTyT

>>39
今ではどうとも
昔は少し好きだったのかも



42: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:26:13 ID:vb9jLrCfC

まあ好きじゃないとそんなこと
誘われてもやらんわなー
女の子のほーも好きでもない人は誘わぬと思う



46: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:28:39 ID:OJ2tjyTyT

>>42
マジかよ…フラグ折ったんかな?
本人は「気持ちよけりゃいいじゃん」と言ってた



43: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:27:05 ID:y8XIQhsD6


試験前のホテルとかどこの東京大学物語だよ(古い)



45: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:28:15 ID:Zn7zv44N0

>>43
あれか・・・



48: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:33:41 ID:OJ2tjyTyT

東京大学物語…(苦笑)



49: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:42:04 ID:OJ2tjyTyT

読んでくれた人はありがとう(o・ω・o)
んじゃあのノシ



◆関連記事

俺がクラスの巨乳ビッチのおっぱい吸った話

DQN女「ほら、飲めよ!!」ジョロロキモオタ「や、やめてください!」

男友達が家に来て部屋で2人きりの時の話
 

おすすめ記事リンク!