1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:12:49 ID:u9RlvbqzV

マミ「…」

杏子「どうしたマミ、静かじゃん」

マミ「いえ、ちょっとね…」

杏子「あ、そーいや今日お前の家族の命日だったか」

マミ「…」

杏子「気負うなよ」

マミ「別に気負ってなんか…」

杏子「…」

マミ「…」






転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1411888369/l50




7: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:16:14 ID:u9RlvbqzV

杏子「お前今日魔女退治くんなよ」

マミ「…え!?」

杏子「邪魔だ」

マミ「…あなたに…言われる筋合いは…」

杏子「おい、なめんなよ」

杏子「あたしはあんたの為を思っていったんじゃない」

杏子「そんな状態でこられたらこっちもあぶねーんだよ」

マミ「…」

杏子「…たく、何が命日だよ」

杏子「…お前さ、いい加減…」

マミ「あなたに何がわかるのよ」

マミ「…私はもう、乗り越えたつもりよ」 

杏子「じゃあそんな顔すんな!」



11: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:19:00 ID:u9RlvbqzV

マミ「っ…!」

杏子「お前がどうも思おうと知らねぇが」

杏子「そんな顔されたらこっちだって迷惑なんだよ!」

マミ「…」 

杏子「忘れろなんて言わねーさ」

マミ「…」

杏子「ただあたし達のことも考えてよ」

杏子「…あんたのその顔はもうたくさんだ」

杏子「いつかあたし達が家族以上のものになってやる」

杏子「…だから…」

マミ「…ありがとう」

杏子「…けっ」



12: すりおろし大根 ◆daikon/Fhtmh 2014/09/28(日)16:19:35 ID:xaYyjxw6Z

杏子ちゃん聖女



14: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:20:38 ID:pdFqYgfJe

杏子ちゃんはツンデレかわいい



15: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:22:05 ID:u9RlvbqzV

さやか「…」

杏子(…こいつもかよ…)

杏子「おい、どうしたんだよ」

さやか「…んあ、杏子か…」

杏子「シケたツラしてんじゃねーぞボンクラ」

さやか「…」

杏子「…あの坊やのことか?」

さやか「…」

杏子「…仁美ってやつに取られたんだっけ?」

さやか「うっさい」



18: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:29:01 ID:u9RlvbqzV

杏子「…お前さぁ…」

さやか「好きな人ができたことのないあんたなんかにはわかんないだろうけど」

さやか「…辛いんだよ」

杏子「知ってるよ」

杏子「…」

杏子「知ってるか?辛い時は笑うんだよ」

さやか「笑えるわけないでしょ」

杏子「じゃあ食え」スッ

さやか「…ん」

杏子「…」

さやか「…」



19: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:31:32 ID:teV4SQN8p

杏子、愛してるぞ!



20: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:32:41 ID:u9RlvbqzV

杏子「…生きることに恋愛も必要かもしれねーけどよ」

杏子「あたしから言わせてもらえば」

杏子「食えて、眠れて」

杏子「仲間がいて」

杏子「それで十分なんじゃねーかなーって思うんだけどさ」

さやか「…」

杏子「ほら、あたしだって食うにも事欠いて」

杏子「恨み買いまくってるから夜もおちおち眠れやしねー」

杏子「友達もいねぇときやがる」

杏子「あんた充分幸せさ」

さやか「…ごめん」

杏子「…ちげーだろ」

さやか「…うん、ありがと」

杏子「おう」

さやか「…それと」

杏子「ん?」

さやか「友達はここにいるでしょ?」

杏子「…」

杏子「そーだったな」ニコッ



21: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:34:41 ID:u9RlvbqzV

ほむら「…」

杏子(…素通りしようかな…)

ほむら「…」

ほむら「…」

ほむら「…」

ほむら「…はぁ…」

杏子「どーしたんだよ」

ほむら「…あ、杏子…」

杏子「らしくねーじゃん」

ほむら「…」

ほむら「…私らしさって何よ…」

杏子「あん?」



23: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2014/09/28(日)16:36:07 ID:hS70UHEuK

これはあんこちゃんハーレムパターン



24: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:36:47 ID:u9RlvbqzV

ほむら「…私はね…本当の私はこんなのじゃないのよ」

杏子「…」

ほむら「…いまでこそ…完璧を演じているけれど」

ほむら「…本当の私はもっと弱くて情けなくて…」

杏子「…」

ほむら「…まどかを救った今、魔女と相対することさえ怖くなってしまった」

ほむら「…ふふ、情けないわよね…」

杏子「そーかね」



26: 予備軍◆QyAk6kZuQ9Ac 2014/09/28(日)16:37:33 ID:PDTgXWELA

もう杏子が女神でいいよ



27: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:39:00 ID:u9RlvbqzV

杏子「失敗したら死ぬんだ」

杏子「誰だってこえーさ」

杏子「でもあんたは乗り越えたじゃないか」

杏子「アンタの変わり方は誇りこそすれ、落ち込むもんじゃないよ」

ほむら「…」

杏子「あんたも隠すなぁ」

ほむら「…」

杏子「…」

ほむら「…」

杏子「…」



28: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:42:57 ID:u9RlvbqzV

杏子「泣きたい時は泣けばいーんだよ」

ほむら「…私にはなく場所すらないわ」

杏子「…」ギュッ

ほむら「…!」

杏子「へへ、アタシの方がちいせーから様にならねぇな」

杏子「…でもあったけぇ」  

ほむら「…うぅ…」

杏子「あんたには頼れる奴らがついてんだ」

杏子「今まで死ぬほど頑張ったんだろ?」

杏子「たまに甘えるくらい神様も許してくれるさ」

ほむら「…うわぁぁぁん…」

杏子「…」



30: 忍法帖【Lv=70,だいおうガマ】 2014/09/28(日)16:44:21 ID:TK2RscF9W

あんこちゃんまじ天使!聖女!もはや女神の域!



31: 予備軍◆QyAk6kZuQ9Ac 2014/09/28(日)16:45:24 ID:PDTgXWELA

vR6DVmJ


33: 忍法帖【Lv=70,だいおうガマ】 2014/09/28(日)16:47:55 ID:TK2RscF9W

>>31
永遠に保存したハァハァ



32: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:46:11 ID:u9RlvbqzV

まどか「…」

杏子(魔女が精神攻撃してるんじゃねーだろうな)

杏子「おらっ、どうしたまどか」

まどか「…あ、杏子ちゃん…」

杏子「落ち込んでんじゃねーよ」

まどか「…うん」 

杏子(…こいつが一番厄介だな…)

杏子(何せ考えることが自分の事じゃねぇ)

杏子(…)

まどか「…こんなこと言うと怒られるかもしれないけどね…」

まどか「…わたし、みんなが羨ましいの…」

杏子「…」



34: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:48:27 ID:u9RlvbqzV

まどか「…私って昔から取り柄も何もなくて…」

まどか「…勉強も運動もできなくて…誰の役にも立てなくて…」

まどか「…みんなみたいに誰かの役に立てたら…」

まどか「…ごめんね、魔法少女なんてそんな甘い物じゃないのに…」

杏子「…」

杏子「…ほんとあまあまだよなー、まどかは」

まどか「…」

杏子「お前が魔法少女になっても役になんか立たねーよ」

まどか「っ…!」



36: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:52:55 ID:u9RlvbqzV

杏子「…ほむらは魔法少女のお前を助けたんじゃねー」

杏子「ただの少女、まどかを助けたんだよ」

杏子「取り柄がねー?笑わせんな」

杏子「…危険を知ってなお誰かの役に立ちたいって思えるお前の優しさが」

杏子「取り柄じゃねー訳ねーじゃんか」

まどか「…杏子…ちゃん」

杏子「変わりたいなんて思うな」

杏子「お前のままでいればいい」

杏子「勉強も運動もできなくて…」

杏子「魔法少女として役に立たない」

杏子「優しい」

杏子「まどかのままでいればいい」

まどか「…杏子ちゃぁん…!」

杏子「心配すんな、あんたは確かに役に立ってるさ」

杏子「…ありがとよ」

まどか「…ふぇ?」

杏子「なんでもねーよ」



38: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)16:55:41 ID:u9RlvbqzV

QB「…」

杏子「…」

QB「…」

杏子「…」

QB「素通りかい?」

杏子「…なんだよ…」

QB「…いや、ちょっとね」

杏子「はいはい、聞かせてみろ」

QB「…なかなかエネルギーが集まらなくてね…」

杏子「星に帰れば」

QB「ひどい」

杏子「うるせー」



61: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:04:55 ID:u9RlvbqzV

杏子「…今日に限ってなんだってんだどいつもこいつも…」

杏子「…まぁ、マミの奴は仕方ねーにしても」

杏子「あんな一斉に落ち込むもんなのか?」

杏子「…」

杏子「今日はそんな気分じゃねぇんだけどなぁ」

杏子「ほんと、魔女ってのは空気が読めなくて困っちゃうね」

杏子「…よっと」バシュッ

杏子「さぁて、行きますか」



62: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:06:38 ID:u9RlvbqzV

魔女「…」

杏子「随分静かだな…」

魔女「…」

杏子「まぁ、何もしねえってんならこっちから…」

魔女「ーーーーーーー!」キィン!

杏子「…!なんっ…だこれ…!」

杏子「…精神攻撃…!?」

ーーーーー

ーーー



?「よお」

?「気分はどうだい?」



63: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:09:25 ID:u9RlvbqzV

杏子「…誰だテメー」

?「あんたが一番わかってる筈なのに」

?「目をそむけるなよ」

?「どうだい?」

杏子「…最悪の気分だよ」

?「…それは…怖いからか?」

杏子「…」

?「失うのが怖いからだろ?」

杏子「…せぇな」

?「似合わないね、あの頃のあんたはもっとギラギラしてたじゃないか」

?「他人も家族も善人も悪人もなく」

?「自分のために生きてたじゃないか」



66: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:13:10 ID:u9RlvbqzV

?「あんたが正義の魔法少女って大層なものかよ」

?「あんたはクズだ」

?「自分のためにしか力を震えないクズなんだよ」

杏子「…そんなこと、知ってるよ」

?「ならなんでまだあいつらといる?」

?「なんであいつらとつるんでる?」

?「簡単だ、家族の変わりさ」

?「あいつらはあんたにとって代用品でしかないのさ」

杏子「…黙れ」

?「黙らねえよ、あんたの気持ちを察していってんだ」

杏子「黙れ、殺すぞ」

?「自分を殺すのか?」

杏子「…」



67: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:17:59 ID:u9RlvbqzV

杏子『あんたがそんなことしてるとまたずり落ちるぞ』

杏子『その手から滑り落ちるぞ』

杏子「…」

杏子『簡単なことだ、滑り落ちる前に手放してしてしまえばいい』

杏子「…」

杏子『もう一度あたしになればいい』

杏子「…悪いがそれは聞けねーな」

杏子『…そうかい』

杏子『でもこれだけは言わせてもらう』

杏子『あんたは疫病神だ』

杏子『あんたといる奴らは例外無く死ぬんだよ』

杏子「…っ!」





杏子『あんたは魔女よりも魔女なんだよ』

杏子「黙れええええええええ!!!」



69: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:21:01 ID:u9RlvbqzV

杏子「…はぁっ…はぁっ…!」

マミ「さ、佐倉さん…?」

杏子「…はっ…はっ…ここは…?」

マミ「あなた路地裏で倒れていたのよ?」

杏子「…」

杏子(…ってことは…あの魔女が…)

マミ「…大丈夫…?」

杏子「…大丈夫だよ、問題ね…」

例外無く死ぬんだよ

杏子「…」

マミ「どうしたの?」

杏子「わりぃ、マミ、邪魔したな」

マミ「…えっ?佐倉さん!?どこいくの!?」

杏子「…」



70: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:24:54 ID:u9RlvbqzV

さやか「…そうですか…そんなことが…」

まどか「それ以来姿は見ていないんですか?」

マミ「…ええ、友達に頼んでみたけど見滝原で赤い髪の女の子を見たこはいないわ…」

ほむら(友達いるのね…)

さやか「…ねぇ」

まどか「…」

さやか「…あいつさ、おかしくない?」

さやか「人にあれだけ鞭打っといて…いきなり出ていくなんて」

さやか「なんなのよあいつ…」

マミ「…美樹さん…」

さやか「…やっと仲良くなれたのに…」ぽろぽろ

さやか「…なんなのよぉ…!」

ほむら「…」

マミ「…」

まどか「…」



71: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:27:36 ID:u9RlvbqzV

QB「…方法がないわけではないよ」

ほむら「消えなさい」

QB「鹿目まどか、君はまだ魔法少女にはなっていなかったね」

ほむら「…消えろと言っているのよ」

まどか「…」

QB「君の願いで佐倉杏子を見つけることなんて簡単さ」

まどか「…QB」

ほむら「…まどか…?」

まどか「…私ね…ずっと昔から取り柄もなくて…」

まどか「…どんな形でも人の役に立てることができたら」

まどか「それは幸せなことだなって思っていたの」

マミ「…」

さやか「…」



72: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:31:49 ID:u9RlvbqzV

まどか「…でもね私はもうそんなものいらない」

まどか「…こんな私でも…できる事があるって分かったから…」

QB「…そうかい…」

まどか「私は、私のままの私で生きていくの」

ほむら「…まどか…!」

まどか「…でもこれは杏子ちゃんの請け売り」

まどか「…私の未来には杏子ちゃんが必要なの」

まどか「…だから皆…一緒に…」

さやか「…当たり前だよ…!」

さやか「こんな終わり方なんて認めない!」

マミ「…佐倉さんには…家族以上の物になる約束があるからね!」

ほむら「…当然よ」

ほむら「彼女は私達の大切な仲間なんだから」



73: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:35:27 ID:u9RlvbqzV

杏子「…そういや風見野に戻るのなんていつぶりだ…?」

杏子「…はっ、あいつらとつるんでたせいかどうも良く思い出せねぇ」

杏子「…」

杏子「…うっせぇな…分かってるよ」

杏子「…」

杏子「もういらねえ」

杏子「…元々なかったもんなんだ…」

杏子「一時でも、それはそれで幸せってもんさ」




76: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:37:55 ID:u9RlvbqzV

杏子「参ったね、偉そうに説教かましてたくせに」

杏子「自分の事となるとこれだもんな」

杏子「いつまで経っても成長しねぇなぁ、あたしは」

杏子「…」

杏子「…ほんと、空気読まねえ…」

杏子「…」

杏子「野暮なことすんなよ、あたしは今すげーイラついてんだ」



77: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:41:28 ID:u9RlvbqzV

魔女「アアアアアアア!!」

杏子「らぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

魔女「アアアアアアア!!!!!」

杏子「消えろおおおおおおおお!!!!!!!」ズドッ!!

魔女「…あ…あぁぁ…」

杏子「はぁっ…はぁっ…」

杏子「…ははっ、いつぞやのさやかかよ」

杏子「…グリーフシードも落とさねえんじゃやってられねーや」

魔女「…ぁ…」

杏子「悪かったな、やつあたりして」

杏子「…」

杏子「…ちくしょう………!」



79: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:46:45 ID:u9RlvbqzV

マミ「…どうやら風見野に居るみたいだわ…」

さやか「…」

まどか「…杏子…ちゃん…」

ほむら「…今は考えている暇なんてないわ…」

さやか「…」

さやか「…私さ、昨日考えてみたんだ」

ほむら「…」

さやか「…もしかして杏子は杏子なりの理由があって風見野に帰ったのかもしれない」

さやか「だから無理やり見滝原に連れ戻すのは自分勝手なんじゃないかって」

まどか「…」

さやか「…だから…素直に言うよ」

さやか「…私はあいつと一緒にいたい」

さやか「自分勝手でもなんでも私はあいつと一緒にいたい!」

まどか「…」

ほむら「…」

マミ「…ええ、私達も彼女が大好きよ」ニコッ

マミ「…取り戻しましょう?私達の日常を」



80: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:47:34 ID:pdFqYgfJe

さやか…!!(´;ω;`)ウッ



81: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:49:46 ID:u9RlvbqzV

杏子「…」

杏子「…」グウウ

杏子「腹、減ったなー」

杏子「…自分のために使えばいいのに…」

杏子「あいつらの顔がちらついてなーんでか出来ねーんだよなー」

杏子「…」

杏子「頼むよ、神様」

杏子「…やっと出来た友達だったんだ」

杏子「…せめてあいつらにだけは幸せな時間を与えてやってくれよ」

杏子「…」

ほむら「それがあなたの気持ちってわけね」

杏子「…!?」



82: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:51:36 ID:u9RlvbqzV

ほむら「…やっと見つけたわよ」

杏子「…どうしてここが…」

ほむら「あなたの帰る場所と言ったらここと後一つしかないでしょう?」

杏子「…?」

ほむら「…あなた何を考えているの?」

杏子「…何にも」

ほむら「…どれだけ自分勝手なの!」

ほむら「…みんなあなたのことを心配してたのよ!」

杏子「…」

ほむら「…」



84: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:57:02 ID:u9RlvbqzV

杏子「…あたしさ…これでも結構お前らが好きだ」

ほむら「…」

杏子「…でもよ…あたしは悪いこともしてる」

杏子「…それこそ盗みだけじゃねえ」

杏子「カツアゲ、強盗、生きるためには人殺し以外は殆どやったよ」

杏子「…だから…さ」

さやか「…ほんとにそれがあんたの気持ちだっていうの?」

杏子「…さやか」

さやか「…だったらなんであんたはそんなに辛そうなのよ!」

まどか「…杏子…ちゃん…戻ってきて…」

杏子「…あたしはこえーんだよ!」

杏子「あんた達が私のせいで危険な目にあうのが!」

杏子「…何よりも…こえーんだ…」



85: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)22:58:05 ID:u9RlvbqzV

杏子「…あたしさ…これでも結構お前らが好きだ」

ほむら「…」

杏子「…でもよ…あたしは悪いこともしてる」

杏子「…それこそ盗みだけじゃねえ」

杏子「カツアゲ、強盗、生きるためには人殺し以外は殆どやったよ」

杏子「…だから…さ」

さやか「…ほんとにそれがあんたの気持ちだっていうの?」

杏子「…さやか」

さやか「…だったらなんであんたはそんなに辛そうなのよ!」

まどか「…杏子…ちゃん…戻ってきて…」

杏子「…あたしはこえーんだよ!」

杏子「あんた達が私のせいで危険な目にあうのが!」

杏子「…何よりも…こえーんだ…」



86: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:02:42 ID:u9RlvbqzV

マミ「…あなたは…」

マミ「…私の家族よ」

杏子「…!」

杏子「い、いきなり何を言ってんだ!」

マミ「あなたが迷惑でも」

マミ「…もう迷わない」ギュッ

マミ「…もう離さない…」ギュゥゥ…

杏子「…いてーよ、マミ…」

マミ「…どこが?」

杏子「…いてーよ…いてぇ、痛すぎて涙が出ちまう…」

杏子「…心が…いてーんだ…」ぽろぽろ

ほむら「…今のあなたの帰る場所はここよ」

まどか「…もうどこにもいかせないんだから…」

さやか「…お帰り、杏子」

杏子「…たっ…ただ…いまぁ…みんなぁ…」



87: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:05:40 ID:u9RlvbqzV

マミ「そっちに行ったわ!佐倉さん!」

さやか「こ、こいつ!何もして来ないのに逃げ足はやっ!」

ほむら「…くっ…」

杏子「…おらぁ!」

魔女「…!」

魔女「ーーーーーーーーーーーーー!!!」キィン!

杏子「…ぐっ…あ…こ、これは…」

さやか「…あたまが…割れる!」

マミ「…ぐぅぅぅぅぅ…!」

ほむら「…っ…!」


ーーーーーーーー

ーーーーー

ーーー



杏子『ただいま』



88: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:08:19 ID:u9RlvbqzV

杏子『性懲りもなくまた抱え込んだんだってな』

杏子『ほんとあんたって馬鹿だよ』

杏子『…』

杏子『おい、疫病神』

杏子『クイズをしようか』

杏子『あんたは今真っ暗な部屋にいる』

杏子『誰の助けも来ない』

杏子『さぁ、あんたはどうやってそこから出る?』

杏子「…」

杏子「…はっ、なんだそりゃ」

杏子「クイズにもなりなしねぇ」

杏子『…』



89: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:15:12 ID:u9RlvbqzV

杏子「…」

杏子「簡単だ」

杏子「照らしゃいい」

杏子『…』

杏子「部屋に電気のスイッチがないなんて言ってねーだろ」

杏子『…ふ、あははは!なんだそりゃ!反則だ!』

杏子『…』

杏子『反則だけど、いい答えだ』

杏子「…暗い部屋に何があるかも分からねー」

杏子「だけど照らしてみりゃ」

杏子「案外一人じゃなかったってこともあるんだぜ」ズバンッ!

杏子『…正解だ』

杏子『…長いクイズだな』

杏子「…そうだな、数年越しだ」

杏子『もう迷わねーな?』

杏子「当たり前だ、ばーか」

杏子「ありがとよ」




魔女「…ぁぁぁああぁぁぁ…」サラサラ

杏子「…」



90: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:20:43 ID:u9RlvbqzV

マミ「…あ…ん…」

さやか「…う…」

ほむら「…ん…」

杏子「…ったく、こいつらと来たらのんきにお寝んねかよ」

杏子「おい、おめーら魔女は倒したぞ」ペチペチ

杏子「…起きやしねぇ」

まどか(…杏子ちゃん…一人でなんか言ってる…)ソーッ

杏子「…あんた達もあまちゃんだよ」

杏子「絶対早死するタイプだね」

まどか(…ツン)

杏子「…まぁあたしが守ってやらなくもねーさ」

まどか(…デレ…)

杏子「…大切な、仲間だもんな…?」ニコッ

まどか(…聖女みたいな笑顔!!)

杏子「…ありがとよ」







まどか「ツンデレ聖女杏子ちゃん!」

杏子「うぉぉっ!?まどかいたのか!?」



91: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:21:33 ID:pdFqYgfJe

スレタイ回収!!!



92: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)23:22:43 ID:u9RlvbqzV

おしまい
お前ら勘弁してくれよ
ほんとはただのバイト休憩の暇つぶしだったのに
杏子ちゃんはみんなのものだからな
杏子ちゃん補正でクソSSでも大目に見てくれよ
見てくれてありがとう
いい夢見ろよ
おやすみん




93: 予備軍◆QyAk6kZuQ9Ac 2014/09/28(日)23:23:50 ID:PDTgXWELA

やりきったね
お疲れ様
おやすみー



96: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2014/09/28(日)23:52:49 ID:cyvNnd6b1

遅れたが神SSでしたぁ!
いちおつ!!



97: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)00:48:25 ID:u9h83i5HE





98: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)00:48:51 ID:u9h83i5HE

途中送信してしまった

神SSをありがとう!



◆関連記事

ほむら「まどかの精液飲みたい」

悪魔ほむら「風俗少女まどか☆マギカ」

【マジキチSS】 ほむら「透明人間になれるようになったわ」 【注意】
 

おすすめ記事リンク!