1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:48:26 ID:1Xwn2ROq5

男「ムラムラしたからサキュバスを召喚しようとしたら」

インキュバス(以下イ)「我を呼んだからには願い事を言え」

男「ちょっとした手違いでインキュバスを召喚してしまった」

イ「おい、聞いているのか」

男「巨乳のねーちゃんと汗だくセクロスしたかったのにどうしてこうなった」



3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:49:40 ID:PvhI31DWw

コレは期待w



4: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2014/10/29(水)23:49:47 ID:ZoAC2jeVx

やったあ!!



5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:50:20 ID:R14bzajgW

わくわく



6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:50:36 ID:ZbBuVPsIR

ショタインキュバスはこの業界の鉄板ネタ



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414594106/l50




7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:50:40 ID:1Xwn2ROq5

イ「貴様、願いもなく我を召喚したとでも言う気か」

男「一回呼んだからには何かやってもらって生贄あげないと帰ってもらえないし」

男「どうしたものかな」

イ「我を無視するとはよい度胸だな、この虫けらめが…」



8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:53:44 ID:R14bzajgW

一人称が我だと思い出すのが……

1


9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:54:05 ID:ELmMlZKXi

笑わすなwww



10: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:54:17 ID:1Xwn2ROq5

男「色白巨乳悪魔っ娘を呼ぶ気でわくわくして魔法陣書いたのに」
 「しかも血を使ったから注射針の跡がじくじくするのに」
 「出てきたのが…(じー)」

イ「ふむ、やっとこちらを見たな、さあ願いを言え」
 「インポを治せばいいのか?それとも女を誘惑するか?」

男「(褐色ガチムチ巨体おっさんとか萎えるってレベルじゃない)」



12: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:55:37 ID:R14bzajgW

褐色ガチムチ巨体おっさん

2


14: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:56:32 ID:PvhI31DWw

>>12
こんなの来たら萎えるわ



13: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:55:55 ID:n89LM3dr7

超兄貴・・・



16: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:57:02 ID:1Xwn2ROq5

男「よし、じゃあインキュバス」

イ「なんだ?」

男「お前には女を発情させるのと、一発ヤったあとの記憶の消去をお願いしよう」

イ「ふむ、よくある願いだなこの凡骨めが」
 「それで?どの女を発情させればいい?」

男「俺の近くで一発やりたかった女といえば…」



18: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:00:38 ID:nAZKn81oy

幼馴染「男くん!一緒に魔術の練習しない?」

義母「ふふ、男くんを見ていると亡くなったあの人を思い出すわ」

義理の妹「兄貴、一緒に戦闘の訓練しようぜ!」

お隣さん「男くん、お料理作り過ぎちゃったんだけど…どうかな?」


男「さあ…誰にしよう?」
>>20



19: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:01:40 ID:JOZApfRFh

幼馴染



20: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:01:43 ID:vf2xNTpW4

義母で



21: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:01:58 ID:3PG5NowQF

義母www


ナイス



22: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:05:39 ID:nAZKn81oy

男「親父が再婚した義母さんがずっと気になっていた」
 「あのスイカなんて目じゃない爆乳」
 「背中に入ったでかい刀傷」
 「時々見せる蛇すら射殺すような研ぎ澄まされた殺気」
 「毒が仕込まれた右腕」
 「親父が死んでから、健康な一男子が一緒に過ごすにはちょっと刺激が強すぎる人だった」

 「あの人を抱こう」

イ「まじか」



23: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:07:56 ID:JOZApfRFh

義母の設定がすごいなw



24: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:08:32 ID:nAZKn81oy

男「あれが義母さんだ」

イ「あの女、背中から殺気がにじみ出ているんだが」

男「それじゃ、今から木刀で切りかかるから適当なタイミングで義母さんを欲情させてくれ」

イ「え、ちょ、ま」

男「うおおおおおお義母さああああああああん!!!!」



27: 船に乗れなかった船乗り 2014/10/30(木)00:12:20 ID:JOZApfRFh

インキュバスが引くレベルかよw



25: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:11:23 ID:3BnKekWjz

その義母ってもしかして……

3


26: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:11:42 ID:MD4oAWW2i

>>25
おなじこと思った



28: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:14:09 ID:nAZKn81oy

義母「何奴!」

男「うおおおおおお!!」

義母「男くん!?」

がぎんっ

男「(さすが義母さん…左手で難なく木刀を弾きやがった!)」
 「(しかし!これだけ接近できていれば!)」
 「うおおおおお一発やらせろおおおおおお」

義母「っ…くくっ!我が右手の毒手を忘れたか小童めが!」

男「しまっ」

イ「馬鹿者が!!」



29: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:18:39 ID:nAZKn81oy

義母「なっ!?貴様は何者!!?」

イ「我はそこの男に雇われた身、悪いが一発ヤらせてもらうぞ!」

ガシッ

男「インキュバス!ナイスアシスト!」

義母「くそ、なんだこの男は!なんという筋力!」

イ「今だ!ヤれええええええ!!!」

ぽわ~ん

義母「は、体が…」

男「もらったあああああ」



30: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:25:23 ID:nAZKn81oy

男「ずっと憧れていたこの爆乳!なんという柔らかさだ!」

義母「男くん、ダメよ、私たちは家族なのに…あんっ」

男「血は繋がっていない!親父だってもういないんだ!俺たちが男女として交わることを咎めるものなどいない!」

義母「…ふっ、血は争えんな。あの人と同じ、なんという燃えたぎる目をしているのだろう」
  「よかろう、第三者の手を借りたことは気に食わんが、その気持ち買った!!」
  「この身を好きなようにするがいい!」

男「元からそのつもりよ!(もみもみ)」

義母「ああん!乳首コリコリしちゃらめえ?母乳でひゃうのぉぉ」



32: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:29:14 ID:nAZKn81oy

男「義母さんっ義母さんん!」

パンっパンッ

義母「りゃめええええ!そんな?っ奥までっ?」

男「うおおおお射精るううううう!!義母さんのふかふかマンコにいっぱい射精すよぉぉ」

義母「ああん?男くん!壊れひゃううううううう」

どビュる!びゅるるる!!ドビュッシー!!!!

男「…ふう」

義母「(びくんびくん)」



33: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:32:43 ID:nAZKn81oy

イ「…終わったか」

男「ああ。義母さんの記憶を消しておいてくれ」
 「義母さんは親父を愛していた…きっと、あとで辛いだろう」

イ「まあ良かろう」

男「さて、どうしようか」

①続けて幼馴染を犯す
②続けてお隣さんを犯す
③続けて義理の妹を犯す
④インキュバスに「生贄」を与えてもう帰ってもらう
>>35



34: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:33:14 ID:LoEEl1dJo





35: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:34:12 ID:iyyADybNL

2



36: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:36:51 ID:3BnKekWjz

そう言えば

お隣さんの性別は

書かれてないな…………




38: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:44:11 ID:3PG5NowQF

>>36
おいwww



37: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:43:53 ID:nAZKn81oy

男「次はお隣さんを犯そう、インキュバス、やってくれるな」

イ「性に関して我に不可能はない、さっそく隣家へ行くとしようぞ」

男「よし、お隣さんは隣の地下ダンジョンに住んでいるから行くか」
 「気立てがよくて優しくて美しい黒い瞳」
 「胸はサイズはそこそこだが、そのぶん数は多い。複乳だからな」
 「ふっかふかの毛皮と七つのしっぽ、、狐の顔」
 「なんでも齢300年を超えているらしい…ゴクリ」
 「さあ行こうか」

イ「まじか」



39: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:45:56 ID:iszTs9cWR

バケギツネ?!



40: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:47:00 ID:FMxZaaDxw

えらいこっちゃwww



41: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:49:02 ID:nAZKn81oy

ピンポーン

男「お隣さーん、昨日もらった料理の入れ物を返しに来ました」

ガチャ

隣「男くん、わざわざダンジョンの奥までありがとう。」
 「せっかくだから上がって行きなさいな。その装備では帰りも大変でしょう」

男「ははっ、このくらい大丈夫ですよ」

イ「(なんだこの魔王城一歩手前レベルのダンジョン)」

隣「…そちらの悪鬼も、早く入りなさいな?」

イ「姿を消しているのに一瞬で気づくとは…貴様、白狐の中でも相当な力を持つと見た」

隣「ふふふ。それは、どうかしらねぇ…(ニタリ)」



44: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:52:47 ID:nAZKn81oy

隣「~♪」

男「よし、さっそく欲情させてくれ」

イ「…いいのか?奴は相当に危険だが」

男「お隣さんはもう何年もこのダンジョンの地下奥深くに住んでいて完全な男日照り」
 「少し術がかかるだけで、もうヘロヘロになってしまうだろう」

イ「うーむ、ではやるぞ?」

男「頼む!」

ぽわ~ん



47: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:54:36 ID:iszTs9cWR

あ、男逝った



48: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:00:00 ID:nAZKn81oy

~数時間後~

男「ああっ、お隣さん、もう、もう出ないいいい」

隣「ああん、だめよぉ?もっともっとだすのぉ?ほら、こうしてあげれば?」

もわもわ

男「あああ!?なんれえ!?もうでないのに!ちんこが、元気にっ!」

隣「ほらあ、おっぱいも吸ってえ!あん、上手よぉ?いい子いい子ぉ」

男「あ、あ、激じい!ちんこ壊れちゃうぅ(ちゅーちゅー)」

隣「あなたが悪いのっ、あんなっ、あんな悪鬼に術を頼むからっ!ああん!すてきぃ、しみこんじゃう?」

男「もう、もう出な、ああ!だめでりゅうううううう!!!」

びゅるびゅるびゅるううううううう!!びちっ

イ「数百年物ぶんの女の性欲だからな…まあゆっくりと楽しむが良い」

男「らめえええええええええ」



49: 船に乗れなかった船乗り 2014/10/30(木)01:01:28 ID:JOZApfRFh

男が食われたw



50: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:02:50 ID:YLxUuDXys

化け狐の性欲に耐える男の凄さ



51: 船に乗れなかった船乗り 2014/10/30(木)01:04:34 ID:JOZApfRFh

>>50
インキュバスが居るからなんとかなるだろ



52: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:06:10 ID:FMxZaaDxw

これは見えてたwww



56: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:09:44 ID:iyyADybNL

4


61: 船に乗れなかった船乗り 2014/10/30(木)01:16:54 ID:JOZApfRFh

>>56
これなら襲われたいな

…昇天しそうだけど(´・ω・`)



63: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:17:46 ID:xhlBX21PZ

>>61
二つの意味でか



53: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:07:35 ID:nAZKn81oy

~さらに数時間後~

隣「ふふ、またいらっしゃいね」

パタン

男「死ぬかと…死ぬかと思った」

イ「結局、記憶除去もあっさりはじかれたな」
 「たぶんあれ、また「次」があるぞ」

男「死んじゃう」

イ「料理の器を返しに行く時は気をつけることだな」
 「さて、我の術で性欲と体力は戻してやれるが、どうする?」

男「うーん」

①続けて幼馴染を犯す
②続けて義理の妹を犯す
③インキュバスに「生贄」を与えてもう帰ってもらう
>>55



54: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:08:19 ID:KiwkwteHx

2



55: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:08:49 ID:YLxUuDXys





60: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:15:41 ID:nAZKn81oy

男「お?」

イ「?」

妹「兄ちゃん!おとなりさんにお皿返しに行ったの?」

男「義理妹!学校から帰ってきたところか?」

妹「うん!今日はね!お友達といっしょに隣の山までかけっこして、誰が一番早く熊を3頭狩れるか競ったの!」

男「そうかそうか、どうだった?」

妹「もちろん妹が一番だったよ!」

男「義理妹はすごいなー(なでなで)」

妹「えへへ」

イ「(義理妹って…あれどう見ても機械人だよな)」



62: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:17:37 ID:FMxZaaDxw

男の周りはどうなってんだww



64: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:18:09 ID:f2BRwSkNR

>>62
幼馴染みは一体……



67: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:22:58 ID:nAZKn81oy

男「インキュバス、実は義理妹は親父が知り合いに押し付けられたアンドロイド(戦闘用)なんだ」

イ「ああ、見ればわかる」

男「お前の力は無生物でも可能か?」

イ「生命が宿っていればある程度は可能だ…え、あれを抱く気か?」

男「ずっと一緒に育ったかわいい妹」
 「戦闘用として優秀すぎたが故に前の持ち主を×××してしまった悲劇にもくじけず強く生きるいじらしい子」
 「天真爛漫故に、劣化したパーツの交換をあっけらかんと頼んできたりして…」
 「もう限界だ、今日こそあの子のすべすべの肌を堪能しながら幼い給油口に…」
 「最低の兄だと言ってくれていいぞ、インキュバス」
 「でも俺は、義理妹を抱く」

イ「まじか」



69: 船に乗れなかった船乗り 2014/10/30(木)01:26:07 ID:dI0dMqU0n

なんかインキュバスがかわいそうに思えてきた



72: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:27:24 ID:nAZKn81oy

妹「兄ちゃん、おかーさん寝ちゃってるみたい!」

男「ああ、疲れているんだろう。ゆっくり寝かせてやろうな」

妹「うん!あ、そうだ兄ちゃん」

男「?なんだ」

妹「あのね…義理妹、壊れちゃったところがあるから見て欲しいんだ」
 「最近、兄ちゃんのことを考えると給油口がおかしいの」

男「!!!」



73: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:31:47 ID:iyyADybNL

5

6

7


74: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:34:21 ID:nAZKn81oy

男「さて…じゃあ見せてごらん、給油口」

妹「うん、ここ」

するっ

男「オイルで、ぬるぬるしてるね?前からこうなのかい?」

妹「うん…にいちゃんのことを考えてね、こう、さわると…むずむずして、止まらないんだ」

男「(鉄にオイルが濡れ光って、なんていやらしいんだろう)」

妹「兄ちゃん、義理妹はどうしたらいいのかな?どうしたらむずむずが収まるんだろう?」
 「兄ちゃん、いつもみたいに、直して?」

男「…」

男「……」

男「…インキュバス」

イ「なんだ」

男「義理妹の体を過敏にして、初めてでも痛くないようにできるか?」

イ「造作もない」

ぽわ~ん



75: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:40:03 ID:nAZKn81oy

男「すぐに直してあげるよ、義理妹」

がちゃがちゃ、ぼろん

妹「兄ちゃん、それを、どうするの?(どきどき)」

男「ほら、これをここに入れるんだよ。ゆっくり息を吐いて」

妹「うん…」

男「うっ…」

ぐりっ、ガショーン…

男「(俺のが…義理妹のなかに入っている)」
 「(冷たくて、恐ろしい程の締め付けだがオイルのヌルヌルが気持ちいい)」

妹「兄ちゃんのパーツの一部が義理妹のなかに…なにか、へんなかんじ、あっ」

男「動かすぞ」

妹「あ、まって兄ちゃん、今動かれたら回路が暴走しちゃ…あああ!!」



76: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:40:48 ID:NEgcFjMSn

息子が反応してるだと!?



77: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:41:00 ID:3BnKekWjz

義理妹ってむしろこっちなんじゃ……

8


78: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:44:05 ID:nAZKn81oy

ガッション!ガッション!

妹「にいちゃ、あああ、義理妹おかしいよお、こんにゃのデータベースにないよぉぉ!!」

男「義理妹、義理妹…!」

ガシャン!ぶしゅー…ぱんっぱんっ!!

男「もう、出すぞ、俺のタンパク質をお前の中に!!」

妹「あっ、あっ、だめ、焼ききれちゃう!りゃめええええ」

びゅるるる!がっしょんがっしょん!びゅぐぐ、じゅううぅぅぅ…

妹「(びくんびくん)」

男「ふう…」



79: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:50:00 ID:nAZKn81oy

男「俺、義理の妹に手を出してしまった…」

イ「なんかぶすぶす言ってるけど大丈夫かあれ」

男「ああ、たぶん中で焼き付いてるんだと思う…ちょっと風呂に入れてくるな」

イ「ああ、ゆっくりしてこい」


~数分後~

男「癖になったら危険だから、義理妹の記憶の消去と…性欲の減退を頼む」

イ「(焦げ臭い)」

男「いつか中で出しても大丈夫なようにコーティングを施してやるから、そのときにまた…な」

妹「むにゃむにゃ、にい、ちゃん…」


イ「そろそろ日が落ちてきたな、どうする?」

男「じゃあ」


①続けて幼馴染を犯す
②インキュバスに「生贄」を与えてもう帰ってもらう
>>80



80: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:50:14 ID:HQKO6UUAU

1



81: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:56:04 ID:nAZKn81oy

男「最後に、幼馴染を犯そうと思う」

イ「ふむ、またろくでもない属性の女なのだろう?」

男「ろくでもない!?ふざけたことを言うなよ!」
 「幼馴染はなぁ、正義感が強くて、でも臆病で、いつも周りのために行動していて」
 「金髪で、貧乳だけど形は綺麗で、優しい笑顔が、すごく可愛くて」
 「家がうちとは違って高貴な出だから俺とは釣り合わないけど!でも!好きなんだよ!」

イ「それだけか?」

男「ああ!さあ、幼馴染の家に行くぞ」



82: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:57:06 ID:FMxZaaDxw

この男は真の漢だわ



83: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:57:36 ID:KiwkwteHx

幼馴染みは普通の女の子なんだな



84: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:04:44 ID:nAZKn81oy

幼馴染「男くん!どうしたのこんな夜更けに」

イ「(うっわあ)」

男「幼馴染…俺、お前に言いたいことがあって…その」

幼馴染「ごめん、よく聞こえない…いつもみたいに、私の肩に登ってきて」

男「ああ、ごめん、失礼するよ」

幼馴染「…男くん、その」

男「ん?」

幼馴染「今日、お父さんもお母さんも隣の国へ出張に行ってて…家に誰もいないの」

男「うん、見ればわかるよ」

幼馴染「…」

男「…」

幼馴染「…///ふ、ふたりきり…だね」

イ「100m近く離れてても見えるがな」
 「いや…遠目で見たら山があるようにしかみえないか」
 「ジャイアントの一族としては小さいほうだが…あいつ」
 
イ「まじか」



85: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:05:49 ID:xhlBX21PZ

まさかの巨人族wwwwwwwwwwww



86: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:08:10 ID:FMxZaaDxw

そう来たかwwwwww



87: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:12:19 ID:nAZKn81oy

幼馴染「…」

男「それで、話があるんだ」

幼馴染「うん、なに?」

男「(インキュバス、頼む)」

イ「(わかった)」

ぽわ~ん

男「俺、幼馴染のことが好きだ」

幼馴染「…///うん」

男「ずっと可愛いと思ってた…(ちゅ)」

幼馴染「ふわぁ///」

男「かわいい」

幼馴染「男くん、私も男くんのことが…(あれ?体がぽかぽかして)」

男「幼馴染…」

幼馴染「男くん…(どうしよう、私発情しちゃってる。男くんが欲しくてたまらなくなっちゃってる…!)」

男「幼馴染…いい、か?」

幼馴染「…うん、いいよ(頭がふわふわする)」



88: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:16:04 ID:nAZKn81oy

幼馴染「ごめんね、おっぱい小さくて」

男「いや、それでも俺ひとり簡単に包み込めちゃうんだから、すごいよ」

幼馴染「えへへ///ありがとう(むにむに)」

男「(全身柔らかくて気持ちがいい、ずっとこうしていたい…)」

幼馴染「んぁっ、乳首、かんじゃやらあっ」

男「こんなちいさな噛み跡で感じちゃうなんて、幼馴染は敏感なんだな」

幼馴染「もう、ばかぁ…(かぁぁ)」



89: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:17:10 ID:f2BRwSkNR

※なお、巨人族なので感じる度に地震が発生します



90: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:18:02 ID:FMxZaaDxw

男は普通サイズだよな



91: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:18:47 ID:xhlBX21PZ

>>90
インキュバスがなんとかするさ(適当)



92: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:22:48 ID:nAZKn81oy

幼馴染「いい、よ」

男「うん、すごく濡れてて、これならすんなり入れそうだ」

イ「(止めたほうがいいのかあれ)」

男「幼馴染、入るよ、中に」

ずにゅう

幼馴染「男くんが、私の中に入ってくりゅう?」

イ「(いちおう窒息しないように魔法かけとこ)」

男(膣内)「ああ、いいよ幼馴染!全身締め上げられて、気持ち、いいああああ!!」

どびゅうるるるる…びゅっ、びゅる

幼馴染「あ!ああ!そんな、乱暴に動いちゃりゃめええ?壊れちゃう!私、イきすぎておかしくなっちゃうにょおおおお」

イ「(街が壊れてる)」

幼馴染「もう…」

男(膣内)「また…」

「いっくうううううううう!!!!!」



93: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:23:39 ID:bj9y0hdyZ

街wwwwwwwwww



95: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:26:17 ID:nAZKn81oy

幼馴染「はー、はー、」

男「ふぅ」

ずるり

男「気持ちよかった…」

イ「あ、うん」

男「こんなことが彼女の両親にしれたら、俺はひとたまりもなく握りつぶされてしまうだろう」
 「インキュバス、頼んだ」

イ「うん、わかった、もう貴様は好きにしたらいいと思う」



96: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:28:04 ID:aAFKsW8R6

インキュバスがもう投げやりwwwww



98: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:28:52 ID:nAZKn81oy

男「さて」

イ「(あれ絶対他の人間にも見られているよな…あのでかさだし)」

男「インキュバス、今日はありがとう」

イ「ん、ああもういいのか」
 「では今日の働きに見合った生贄をもらうとしよう」
 「もちろん、極上の贄を用意してあるのだろうな?」

男「ああ、特上の生贄をあげるよ」



99: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:28:56 ID:FMxZaaDxw

!!



100: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:32:07 ID:nAZKn81oy

イ「貴様…これはどういうことだ」

男「さすがのインキュバスも淫魔用の拘束術式からは逃れられないか」

イ「人間の分際で、我に対してなんという無礼を!!」

男「まあまあ、生贄が欲しいんだろう?特上の、贄が」

もみっ

イ「なにっ!!?」



101: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:33:37 ID:MIGaDnvgR

ホモやん



102: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:33:51 ID:HQKO6UUAU

ホモくるか



103: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:35:24 ID:KiwkwteHx

ホモ展開ktkr



104: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:37:07 ID:nAZKn81oy

イ「男色のケはないと最初に…」

男「色白巨乳淫魔を呼ぼうとしたのに出てくるからだ。あっさりした蕎麦を食べようと店に行って
  こってりした特盛のラーメンを出されたら、いくら美味しくてもげんなりするだろう?」

イ「なんだその理屈…っつ」

男「さすがに淫魔、感度がいいな」

イ「触れるな!!我に男に抱かれる趣味は無い!乙女と見間違うような美少年ならまだしも、
  貴様のような凡骨になぜ抱かれなくてはならんのだ!」

男「あれ、まじか」



105: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:38:45 ID:HQKO6UUAU

でもインキュバスの見た目って>>12なんでしょ?



106: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:39:53 ID:MIGaDnvgR

たぶん男はそれ以上にムキムキなんだろ



107: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:45:17 ID:nAZKn81oy

ずにゅ

男「抱かれる趣味がないにしてはあっさり挿入ったな」

イ「き、貴様ぁぁ…」

男「まあまあ、すぐ終わらせるから」

イ「(行為が終わったらこの結界も壊れる、その瞬間にその首をもぎ取ってくれる!)」

男「あ~、さすがに淫魔なだけあって気持ちいい…」

ぱんっ、ぱんっ

イ「くそ、くそ、なぜ我がこのような…ぅんっ」

男「(お)」

イ「お?ま、まて、なにかおかしっ、いっ、あ、ああ!?」

男「せっかくの特上の贄だ、しっかり楽しんでくれよ?」

ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ!

イ「い、あああ!やめ、貴様、魔法陣に何をしこん、あぁあ!!!」



108: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:50:08 ID:FMxZaaDxw

なん・・・だと!



109: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:54:32 ID:nAZKn81oy

~数時間後~

イ「あああ!もうやらぁ!しりあにゃが溶ける、とろけちゃぅぅ?気持ちいいよおお!!」

男「(そろそろいいかな)」
 「インキュバス、提案があるんだけど」

ぴたっ

イ「???うああ、ちんこ止めないでぇ、もっと動いてぇぇ」

男「このまま俺の使い魔になったら動いてやるけどどうする?」

イ「…そ、それは」

男「ほんとはサキュバスが良かったんだけど、今日一日でお前もかなり使えることがわかったし
  あ、嫌ならいいよ抜くから」

イ「な、なる!なるから抜かないで」

男「よし、契約成立!あとは好きなだけ贄を楽しんでくれ!」

ぱんぱんぱーん

イ「んああああああイック!イグイグすごいのがきぢゃうぅぅぅぅ!!!」

どびゅるっしーびゅるーるー

男「ふぅ…」



110: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:55:13 ID:FMxZaaDxw

堕ちたか



111: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:55:43 ID:MIGaDnvgR

無限ループが可能か…



112: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:55:56 ID:HQKO6UUAU

魔方陣に何を仕掛けたんだ



113: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)02:58:13 ID:FMxZaaDxw

どびゅるっしーとか一々細かいところで吹く



114: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:03:42 ID:nAZKn81oy

男「そんなわけで、インキュバスは俺の使い魔になった」
 「能力もなかなか強力だし、毎日手が届かなかった女の子とヤレて楽しい日々を送っている」
 「今日は目隠れで笑い方がカ行のシリアルキラーなクラス委員長にしようか」
 「それともロリ巨乳一つ目っこの後輩にしようか」
 「嬉しい悩みで頭を抱えている」

イ「おうご主人、今日はどの女にするんだこの特殊性癖めが」

男「じゃあ今日は隣町で評判のケーキ屋さんの看板娘(手のひらサイズの妖精)にしよう」

イ「わかった。…なあ、そのあとで…」

男「おー、また金玉が空になるまでトコロテンさせてやるよ」

イ「うむ、では行くとしよう」

男「いってきまーす」


終わり



115: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:06:31 ID:nAZKn81oy

自分で書いといてなんだけど、なんなんだろうなこれ
おかしいな、最初はスレタイで釣ってインキュバスの妹とかでサキュバス出す予定だったのに

読んでくれた人はありがとう



116: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:07:07 ID:HQKO6UUAU

面白かった




117: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:07:18 ID:vf2xNTpW4





118: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:07:30 ID:FMxZaaDxw

乙!
腹がよじれるくらい笑わせてもらったよ



119: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:09:24 ID:nAZKn81oy

あと、なぜか途中からインキュバスのイメージがガノンドルフになってた
疲れてるのかな俺…お休み



120: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)03:13:21 ID:OE2rplzRj

乙wwwww
面白かったよ



◆関連記事

さっきまでサキュバスとセクロスしてたけど質問ある?

男「彼女をレズに寝取られたから夢魔(サキュバス)と契約した」

男「ついにオナ禁一ヶ月か……」サキュバス「なんか良い匂いがする」
 

おすすめ記事リンク!